SERPENT






"CRADLE OF INSANITY"




日本、神戸出身のメロディックデスメタルバンドのメジャーデビューアルバム。


これまた凄いバンドが出てきたものだ!!彼らはかつてデモアルバムをリリースし、
それがネットメタラーの間で評判となったことで知られるが、このデビューアルバムは俺に日課の
オナニーの回数を減らさせ、かわりに音でイカせる程の
威力を秘めた
まさにクサいメロディーで
ゴミ箱がクサくならないアルバムである!!
(超下品でスマン・・・!)


このバンドの特徴として挙げられるのがギターの強烈さだ!全ての曲で異常なまでに
クサく美しいメロディーを連発し聴き手を決して休ませてくれない!!
バッキングやリフがあんま無く、クサいリードが舞いまくる様はまさに圧巻!!
そしてそれに絡みつくピアノの触れると崩れてしまいそうなほどに繊細で
儚い美旋律!!
マジにスゲェ・・・最高だ・・・!

音質は篭り気味で悪めだが個人的には曲の良さがあるので気にならない。
アルバムを重ねれば解決する問題だろう。

バンドのリーダーである作曲家でピアノとドラムを兼任するKeijaはXのYOSHIKIの
影響下にあり、
ドラムやピアノのスタイルにそれが見て取れる。そして抜群のセンスもYOSHIKI譲りだ!

捨て曲は皆無。全曲キラーチューンとも言えそうな勢いでアルバムは進んでいくが、キラー揃いの本作において
個人的に最もやられたのは4曲目“Siren Night”だ!この曲で聴ける旋律はまさに
慟哭という表現が相応しく、
そのあまりにも悲しく狂おしいメロディー、
展開はまさに神!!中盤聴ける間奏が最も凄まじい!
ギターが究極の泣きを披露した後ヴォーカルがデス声で
慟哭の旋律をなぞる!そしてギターが壮絶なプレイを魅せ、
その後ピアノが間髪入れず儚いプレイを
挿入する!!凄い・・・凄すぎる!!マジにセンスいいわぁ・・・
最高だ!!


この曲に限らず彼らの曲には他人の真似ではない確固たるオリジナリティーが感じられたぞ!
その慟哭の旋律はサーペント節といってしまってもいいほど。
是非とも世界に羽ばたいて欲しいぜ!!


2005年のベストアルバム候補の最右翼!!こんなに凄まじい
メロディーにはそうそう出会えるもんじゃない!超名盤だ!!




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 98% お気に入り曲 全部、特にSiren Night







"xGODx"




日本、神戸出身のメロディックデスメタルバンドの2ndアルバム。


X JAPANGARGOYLEなどに強く影響を受け、YOSHIKI同様ドラムと
ピアノをプレイする
中心人物Keijaによって結成された神戸出身の
メロデスバンド
でかつてネットクサメタラーの間であまりのクサさに
評判になり
その実力が認められサウンドホリックから1stフルアルバムを
リリース、クオリティーの異常なまでの高さに俺も悶絶しまくり
聴きまくり、その後何とヴィジュアル系バンド、Phantasmagoria
中心人物KISAKIによるコンピレーションアルバムに参加し
KISAKIの畑であるジャンルがジャンルだけに賛否両論ありつつ
ライヴも敢行、しかしその後は音沙汰がなくなり1stで悶絶しまくった
我々をやきもきさせまくり、そしてようやく3年ぶりに届けられたのが
2ndにあたる本作である!

ピアノによるメランコリックなイントロに続く2曲目から
さっそく激情の慟哭を見せるリフで疾走!ギター、シンセが
実にクサいぞ!そしてまさにSERPENT節と呼びたくなる
クサすぎる慟哭のリードギターが登場!デス声で咆えてるバックでも
バリバリクサいオブリをブチ込んでくるぞ!その後のギターソロも
良いな!ツインリードで泣きまくっておるわい!3曲目は
どこか淡々とした曲調ながらギターのオブリがやはり強烈だ!
間奏で疾走しその後ヴァイオリンの音色によるソロも聴けるぞ!
4曲目はイントロからクサすぎるツインリードで始まり爆走だ!
ヴォーカルが入ると淡々としだすもソロはやはり強烈である!
速弾きでもメロディーを構築しており起承転結あるフレーズ
紡ぎ出しているのは良いな。デス声も中〜高音域のわめき声低音グロウル
交互に使い分けている。低音はちょいと弱いが・・・!
そして最後はブラストで爆走!!5曲目も疾走曲でギターが
オブリを入れバッキングは白玉シンセだ。ギターの音がシンセに
埋もれている
のは残念だがまぁ仕方ない。そして途中ピアノとアコギ、
ソプラノフィメールVoシンセが登場しシンフォニックさを演出、
さらにシンセが奇妙なメロディーを奏でそしてギターソロに突入!
速いながら感情のこもったプレイはやはり屍忌蛇スタイルか!?
6曲目はこれまで以上にへヴィでモダンなリフに始まりヴォーカルも
より低音で邪悪な咆哮を聴かせその後はシンセをバックに広がりのある
パートとなる!最近のIN FLAMESやSOILWORKを思わせるな。ギターソロは
もはやブルージーとすら言えそうなほどにエモーショナルな
フレーズ
を聴かせてくれるぞ!7曲目はデス声がのっけから飛び出し
爆走!低音のグロウルを聴かせるがこの声は弱めだな・・・!
だが曲はいつもどおりのSERPENT節極まる叙情クサクサギター
爆走する高品質メロデスだ!サビ(?)におけるバックのリードギターは
まさしく彼らならではだな。そしてその後3連のタンゴリズムになり
ピアノとストリングスがクサ過ぎるメロディーを聴かせワウをかました
情感豊かなフレーズが登場!さらにピアノとストリングス、ギターが
恐ろしいまでにクサくエモーショナルなフレーズを対位法で奏であげる!
8曲目はミドルテンポでやはり慟哭のフレーズを奏でるギターが印象的な
曲だ。デスバラードと呼べそうな楽曲でヴォーカルはデス声ではなく
低音で呟く様な歌唱を聴かせるぞ。この歌唱とリズム面、クリーントーンの
アルペジオはどこかポジパン風だがその後やはりあまりにもクサすぎる
クラシカルなリードギター
が登場しヴォーカルのバックで切なく響き渡る!
さらにシンセがシンフォニックさを演出するぞ!シンセは前作よりも目立っているな。
そしてラストはメランコリック極まるピアノで締めだ!この儚すぎる旋律
実に素晴らしいのう・・・!泣けるわい!9曲目はツインリードで始まり
ブラストで爆走!これまたSERPENT独特のクサすぎる旋律が飛び出し
ピアノをバックに疾走だ!ヴォーカルも高音絶叫低音グロウルを使い分け
再び劇クサギターが登場!彼らのクサメロにはタンゴやワルツ、
そして歌謡曲がルーツにあるのではなかろうか!?そしてギターによる
クサメロのバックでシンセが幽玄さを演出しその後は情感豊かに泣きと
高速プレイを聴かせる慟哭ギターソロが炸裂する!ここのギタリストも
成長したもんだなぁ・・・!ラストの10曲目はピアノに導かれ
ヴォーカルが下水道デスヴォイスを披露するデスバラードだ(!?)。
やはり強烈な慟哭振りを見せるギターが印象的で下手なゴシックメタルバンドが
裸足で逃げ出す
ほどの絶望感、慟哭、嘆きを演出することに成功している。
ギターソロも勿論泣きまくっているぞ!ラストにはタンゴ的と言えそうな
ヴァイオリンソロも登場し儚い旋律を奏でている。

ちなみに俺はディスクユニオンで買ったので特典として未発表曲
1曲収録されたCD-Rがついてきた。ピアノとシンセ、アコギが聴け
その後ギターが泣きの慟哭叙情フレーズを紡ぐメランコリックな
バラード的インストでこの曲もやはり良いのう・・・!
ギターのエモーショナル振りがこれでもかというほど堪能できるぞ!


ちょいと音質が篭もり気味だった前作とは違い輪郭がはっきりした
プロダクションになり、ギタープレイも若干もたついていた箇所
無きにしも非ずだった前作と比べて成長しており、特に泣き、慟哭といった
感情表現に非凡なスキルを身につける事に成功しているぞ!
LIGHTNINGと並んで屍忌蛇スタイルの後継バンドとなれそうだな!
だが前作では気にならなかったヴォーカルの低音グロウルの弱さが気になり
さらにアレンジ面も前作と比べてちょいと淡々としていると言うか
隙間があるように感じられたな・・・!ライヴでもアルバムの音を
再現できるようあえて作りこまずこういうアレンジになったのだろうか!?
個人的には音を詰め込んだ感のある前作のようなアレンジが好みだ。
だが本作も彼らの持ち味であるクサすぎるメロディー、リフより
目立つオブリの数々
は健在である!もちろん捨て曲は無い!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 96% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system