Sentire







"PHANTOM OF MARIA"




日本の女性ヴォーカル要するユニットのシングル。


ある日ふとした事で彼らの存在を知り軽い気持ちで試聴音源を聴いてみた。
シンフォニックな味付けが施されたバラード系の楽曲で良かったがその中に
俺のハートを一瞬にして鷲掴みにした神の曲が紛れ込んでいたッ!!
死ぬほどクサくクラシカルな悶絶キラーチューン・・・それが本シングルの
タイトル曲“PHANTOM OF MARIA”だったのだ!!その場で速攻で
通販申し込んだ
さ!!他にもアルバムがあったが品切れ中だったので諦め
本作1枚を注文!銀行振り込みは初であった・・・!(笑)

音楽的には失禁しそうなほどクサくクラシカルで激的な生ギター入り
シンフォニック打ち込みスタイル
で似たタイプだとALI PROJECTや
LOVE SOLFEGEが挙げられる
だろう。雰囲気的にはヴィジュアル系の
Lacroix Despheresに近いかもしれん。しかしこのクサさは異常だ!全盛期の
DARK MOORに匹敵するかそれ以上
のクサメロである!!

そんな俺の琴線にビンビン触れまくったキラーチューン“PHANTOM OF MARIA”だがまず
チェンバロとストリングスによる超クラシカルなイントロの後ギターと
打ち込み音が壮大に盛り上がり死ぬほどクサいメロを女性ヴォーカルが歌い上げる!!
サビではクワイアも登場!!クサさがますます加速する!!サビ後は再び
チェンバロが現れクラシカルフレーズを奏でた後再び盛り上がりを見せる。
ギターも一瞬切り込むぞ!ヴァースもブリッジもサビもクサい!クサすぎる!!
アレンジも凝っておりインディー臭さは皆無!プロダクションも悪くないしヴォーカルも
ハズす箇所はあるもののソプラノ系で良い!ギターソロもタッピングを駆使して器用に
ピロピロ弾き再びサビに!ヴォーカルが多少加工され劇的さを増すぞ!!
ちょいとサビを繰り返しすぎている感があるも個人的には気にならない!
ラストのソプラノ超ハイトーンに失禁しそうだ!!たまらん!!最高!!
悶絶だ!!!

2曲目はテクノ、トランス色濃いシンセが聴けヴォーカルもかなり加工され
男ヴォーカルがヒップホップ的掛け声を挿入したりする。しかしブリッジ、サビは
哀愁が込められた良質メロである。女性Voはサビで曲調に合わせて
意図的に音を外している。

3曲目はフルートとパーカッションによるどこか中近東的なアレンジ
施された短いインスト。Sound Horizonの“魔法使いサラバント”や“エルの絵本【笛吹き男とパレード】”を
思い出すな。


とにかく1曲目“PHANTOM OF MARIA”に尽きる!!日本語詩、女性ヴォーカルが
聴けるクサメタラー及びALI PROJECT、Asriel、Lacroix Despheres、LOVE SOLFEGE、Moi dix Mois、
六弦アリス等といったバンド、ミュージシャンのうちどれか一つでも好きなのが
あったなら速攻でオフィシャル行って通販せなばならんほどの1枚である!!
値段も安いしな!!ここまでクサい楽曲にはそうそうお目にかかれんぞ!!
下にリンク張ったがmuzieで聴ける!まずは試聴から始めよう!!



オフィシャルサイトで見てみる

muzieで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 PHANTOM OF MARIA







"MIRROR-Salamandra"




日本の女性ヴォーカル要するユニットのコンセプトアルバム。


シングル“PHANTOM OF MARIA”にて超キラーチューンを生み出し俺を
激しく悶絶させたSentireの夏にリリースされたアルバムは何と
2枚同時リリースでそれぞれ“MIRROR-Salamandra”、
“MIRROR-Undine”
と題され対を成すコンセプトアルバムとなっているようだ!
HELLOWEENの守護神殿THERIONのLEMURIA/SIRIUS B
ようなモンだろうか!?ジャケの装飾もかなり凝っておりインディーズの自主制作とは思えんほどだ!

音楽的にはALI PROJECTのようなクラシカル、様式美系の雰囲気
満ちていたPHANTOM OF MARIAとは違い民族、民謡色濃いスタイルと
なっており同郷、同シーンの霜月はるかencounter+等を
思わせる要素を持っているといえるだろう。そしてリズムは
打ち込みインダストリアル的でギターはハードロックの影響があるな。
数少ないギターソロではタッピングを披露している。
全体的にどこか淡々とした雰囲気となっておりヴォーカルも含めて
Queen of Wandに近いといえるかもしれん。あっちは様式美、
クラシカル系でこっちは民謡、民族スタイルだという違いはあるが。

シンフォサウンドとギターリフが聴け民族的なパーカッションが登場し
その後はストリングスがリフを奏でるメロディアスなHR調になる2、
打ち込みリズムで疾走しチャーチオルガンが重厚な調べを奏で
チェンバロ風キラキラ音も登場
し本作の中では異質なゴシック要素
感じられるインストの5が個人的に好みだな。ちなみに3曲目はタム回しと
ギターリフが70年代ハードロックの質感を纏うもリフが段々インダストリアル的な
歪み
となっていきギターソロは上記タッピングが聴ける曲でこれが一番
こっち(つまりメタル)寄りだろう。6曲目も民謡シンフォにハードロックリフが
聴ける曲
で穏やかながらもかすかに攻撃的で良いな。
ボートラはなぜかアルバム曲のテープ逆回転ヴァージョンが入っている。
インディーズ時代のSOUND HORIZONもこういう事やってお茶を濁していたが
一体何の意図があってこういうの収録するのかさっぱり判らんわい!


PHANTOM OF MARIAに勝る出来ではないが穏やかな民謡プログレハードとしては
まぁまぁ悪くないのでこういうスタイルの音が好きなら聴いて損は無いだろう。



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 The Star、Judgement







"MIRROR-Undine"




日本の女性ヴォーカル要するユニットのコンセプトアルバム。


シングル“PHANTOM OF MARIA”にて超キラーチューンを生み出し俺を
激しく悶絶させたSentireの上記した“MIRROR-Salamandra”と対を成す
コンセプトアルバム
で収録曲のアレンジ違いによる同曲で構成されている。

上記したMIRROR-Salamandraと同じメロディー、同じ曲名、同じ収録順なのだが
向こうがインダストリアル、ハードロック的アレンジなのに
対しこっちのほうがシンフォ色が濃く壮大になっているな。
まぁ曲にしか興味無いぜ!という音楽派のリスナーは正直どっちか1枚買えば
それで十分
だろう(爆)。個人的にはシンフォ色濃いこっちのほうが好みだ。
打ち込み電子音、インダストリアル系が好きならMIRROR-Salamandraのほうを
オススメするがな。3曲目なんか向こうはインダストリアルメタルなのに対し
こっちはファンタジックシンフォお城系プログレバラードとなっており
たまらん(爆)。アレンジ一つでここまで変わるといういい典型例だろう。
あっちはインダストリアルゴシック的アレンジだった5曲目はさらにシンフォ度がパワーアップ
重厚チャーチオルガンはそのままにフィメールクワイアが取り込まれ
テンポこそスローなもののゴサー、シンフォ者にさらに激しくアピールしうる
アレンジとなっておる!この厳かな雰囲気・・・たまらんのう!(笑)
6曲目もストリングスが強化されているぞ。ちなみにこっちのボートラは
シンフォゴスの5曲目を打ち込みリズムで疾走させたアレンジとなっており
このヴァージョンも良い!


インダストリアル、打ち込み要素が好きなら“MIRROR-Salamandra”、
シンフォ、お城系ファンタジックプログレが好きなら“MIRROR-Undine”を
オススメする!どちらか一枚買えば十分だろう!アレンジの差を楽しみたい人は
両方買っても良いがな。値段も安いし損した気分にはならんだろう。



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 76% お気に入り曲 The Star、The Moon、Judgement







"カクシウタ"




日本の女性ヴォーカル要するユニットの4thフルアルバム。


かつてALI PROJECTタイプ超絶クサクサシンフォゴシック
キラーチューン“PHANTOM OF MARIA”
を生み出したユニットによる
フルレンスアルバムである!シンフォニックゴシックの流れを汲む
ミュージシャンではあるが実はそれと同等かそれ以上に打ち込みによる
機械的なインダストリアル要素を持ち味としているようだ。非常に
ダークなポジパン、ニューウェイヴ系の音作りからは
MARILYN MANSON等に通じる要素が感じられるのだが本作は何とそういった
スタイルに和の世界観をブチ込んでいる!

1曲目からさっそく童謡で始まりインダストリアルな
和風ゴシック世界
が展開されていく!煌びやかな
シンフォニックサウンドではなくここにあるのは
あくまでも無機質でマシーナリーな、ダークな音である!
2曲目はメロディーに多少キャッチーさ、クサさが出てくるも
アレンジはニューウェイヴ系である。だが疾走するパートもあり
その部分はクサメタル的だな(笑)。ラストには邪悪なバンドサウンド
登場する!4曲目は本作の中では意外な穏やかなラウンジポップと言うか
大人しいジャズ風の雰囲気がある曲だ。5曲目も打ち込み色が強い曲だが
バックにはバンドサウンドとシンフォニックさがあるぞ!
8曲目もトランス的な打ち込み曲でヴォーカルも抑揚皆無でまるで
初音ミクみたいなんだがメロディーは哀愁漂うクサメロで良いな。
10曲目は意図的に下手に歌っているかのような癖の強い男ヴォーカル
始まり和風打ち込みサウンドをバックにパンク的歌唱を披露する。
12曲目は男女ツインVoとなり男ヴォーカルの稚拙さ、ポジパン系の
地味なアレンジ
が気になるがサビはなかなかにクサいな・・・。
14曲目は前半こそSEだがチェンバロが登場しメタリックなギターも聴けるぞ!


和風になり女性ヴォーカルを取り入れたSchwarz Steinという
表現が一番判りやすいかも知れんな。バンドサウンドも
出てくるには出てくるが基本は打ち込みによるインダストリアルな
機械的サウンド
で和風ゴス、ポジパン、ニューウェイヴ色も
それなりにあり少なくとも“PHANTOM OF MARIA”で悶絶しまくった
クサメタラーに向いている音楽性ではないな。
繋ぎ繋ぎで出てくる
よく判らんラジオみたいなのも個人的には微妙だが逆にアングラ臭さを
演出しており
これはこれでアリなのかも知れん。本作を楽しめるのは
メタラーではなくダークなテクノ、トランス、インダストリアル系の打ち込み音を愛する
サイバーなリスナーだろう。また“PHANTOM OF MARIA”のような
クッサイシンフォキラーチューンやってくれんかなぁ・・・!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 ホームでの悲劇、Highway hypnosis







"LEAPRISM"




日本の女性ヴォーカル要するユニットの5thミニアルバム。


かつて恐るべき様式美シンフォクサクサキラーチューン“PHANTOM OF MARIA”
生み出し俺やその他多くのクサメタラーを悶絶の底へ叩き込みその名を
深く印象付ける事に成功したものの後に続かず期待していたフルアルバム
“カクシウタ”和の世界観を取り入れたはいいがどうにもデジタル要素、
インダストリアル要素
が強くメロディーもそれほどではなく肩透かしを食らった
印象
があった・・・!そして本作もまたそういったスタイルが多いがクサメタラー好みの
楽曲
もしかとありどうやら本格的トランスクサメロ様式美チューン、
2つの顔を持つユニット
のようだな・・・!

1曲目はトランス系のシンセ、リズム女性ヴォーカルが乗る
エイベックス系(爆)の雰囲気を持ったポップでキャッチーな曲。
2曲目はさらに電子音要素が濃くなりBPMは低くスローなもののコアな
雰囲気
を感じさせる本格的なハードコアトランスの様相を醸し出すも
中盤クラシカルでクサいシンセのフレーズが飛び出しスペイン産
ハードコアトランス、マキナ
を思わせる展開となるぞ!3曲目はうってかわって
クラシカルなシンセが聴けるクサい様式美系の雰囲気を持った曲となり
トランス2連発で戸惑うクサメタラーを落ち着かせ喜ばせるかのような
楽曲である(笑)。
やはり我々はこういう曲が好みなのだ!短すぎるものの
ギターソロも登場するぞ。4曲目は穏やかなアコギが聴けるインスト
バラード的な役割を果たしているな。5曲目はシンフォニックなクサメロ
期待させるもその後穏やかなポップス風になりヴォーカルが入るとメロウさに加え
重厚な民謡風パーカッションが聴けサビはギターも聴け大人しいながらに
盛り上がりを見せるぞ。



本格的トランスナンバーと様式美クサクサシンフォチューンという相反する
楽曲
が収録されており全く異なる素養を持っているのは面白いがこの2つの
ジャンル双方が好き
だと言うリスナーはかなり少ないと思うんでどちらか一つ
(出来ればクサメロ方面)に寄ってくれると嬉しいがまぁこれが彼等のやりたい
スタイル
なのだろう・・・プロダクション的にギターが奥に引っ込んでいたり
まだヴォーカルが弱かったりと気になる部分もあるがメロディーセンスは
やはり確かなものがある
のでトランス曲でもクサさを出してくれればより
俺好み(クサメタラー好み)となるだろう!どうやら次のアルバムはあの
“PHANTOM OF MARIA”を収録したクサメロ寄りらしいので楽しみじゃわい!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 67% お気に入り曲 Claret Storm







"セラフの晩餐"




日本の女性ヴォーカル要するユニットの6thミニアルバム。


様式美シンフォニッククサメロスタイルトランス、
インダストリアル系
双方のスタイルを武器とし本格志向のソプラノを操る女性シンガーを
配したユニットの最新ミニアルバムである!本作以前はあまりクサメロが無い、
クサメタラー的に好みの方向性ではないアルバムもちょくちょくあったが
本作は違うぞ!クサメタラーならばおそらく誰もが(!?)ガッツポーズ出来る
あろうシーン屈指の超絶キラー“PHANTOM OF MARIA”が収録され
全体的にもそういった方向性を見せるコンセプトアルバムになっており
シンフォニックでクラシカルな様式美サウンドで統一されておる!

クリーンギター、ソプラノVoによるスキャット、シンフォニックな
オーケストレーションが期待を煽るクラシカルなイントロに続く
2曲目はチェンバロ、チャーチオルガンクサさを放ち
メタリックなバンドサウンドも登場!ヴォーカルは低音で歌い
シンフォニックメタル的な音作り
が展開されるぞ!3曲目もクラシカルなイントロ
幕を開けオルガンメタルサウンドが登場、ギターリフはモダン寄り
テンポはスローだが実に様式美的な雰囲気を放ちブリッジから疾走する!
バックのチェンバロがまたクサいのう・・・!インストパートもオルガン
また様式美ライクギターソロも速弾き部分に多少のラフさ
感じさせつつも勢いがあって良いな。4曲目はシンセオーケストレーション
壮麗かつ叙情的な雰囲気を演出しヴォーカルは多分ラテン語か何かで
歌っておりサラ・ブライトマン直系のポップスソプラノで説得力があるのう!
途中からドラム、ベースが挿入されちょいと歌謡曲というかイタリアンプログレ的
空気になるも基本はバラードである。そして5曲目が待ってましたの
超絶キラー“PHANTOM OF MARIA”
だ!メタル、ロックスタイルのバンドサウンドが
聴ける他の曲と比べるとリズムは打ち込み系の電子音になっているがヴォーカルメロディーの
クサさ、テンションの高さ、気迫等他の曲と比べるとやはり頭一つ飛び抜けており
一線を画している!
6曲目は加工気味のオルガン(?)がクラシカルなフレーズを奏でまるで
ロマンシング・サガの曲みたいな雰囲気を放ち篭り気味だがバンドサウンドも聴け
他の曲と比べるとデモ音源っぽいがクサさ、クオリティーは遜色無く途中で
モーツァルトの“魔笛”みたいなソプラノスキャットも登場、ラストは
ギターの速弾きシーケンスフレーズで幕となるぞ!


これだ!こういう音だ!彼等にはこういうアルバムを求めていたのだ!
シンフォニックでクラシカル、様式美臭プンプンクッサクサな
メタル要素
も多分に含んだこの方向性を望んでいたのだ!
ヴォーカルメロディー自体もなかなかにキャッチーだがバックのアレンジがまた
ツボを心得ており一口にクサメロといっても最近はアニソン的なキャッチーさ
重宝されている傾向にあるが個人的に最も琴線に触れるのはこういった様式美・・・
バロック音楽
の要素が色濃いクラシカルでシンフォニックなメロディー、アレンジなのだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 88% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system