桜blossom







"Moon Clock〜これは黒き風姫が
臨んだ崩壊の音〜"




日本のシンフォ系プロジェクトの1stアルバム。


重厚なクワイアを売りにしたプロジェクトのようでTHERIONのような音を
イメージするかもしれんが実際の音楽性は民謡色濃いスタイルでクワイアが
使われた曲も意外と少ない(爆)。ヴォーカルは例によって女性で
歌唱力はそれなりで声量も弱いがまぁ仕方ない。

リリカルなシンセと語り、そしてストリングスが聴けシンセによるクワイア
重厚さを演出するイントロの1曲目に続く2曲目はうってかわって穏やかな
音作り
となっている。だがどこか醒めているというか捻くれた雰囲気があり
プログレに通じる要素がありそうだ。3曲目はどこか民謡っぽい雰囲気を持った
イントロに始まり歌メロに入るとこれまたダークさをかもし出し捻くれた
雰囲気になる。ポストロックっぽさもあるな。バックで鳴るヴァイオリンは良い。
サビはキャッチーだぞ!4曲目は重厚な混声クワイアがイントロで登場する!
その後はパーカッションが鳴る民族的な雰囲気が発散される。5曲目は
ヴァイオリンがもの悲しいフレーズを弾く曲。これも民謡っぽい雰囲気があるな。
6曲目はパーカッションが印象的ながら琴っぽい音も使われ和の要素
持つ曲。サビのバックで聴ける笛も和風だ。7曲目はピアノとストリングスが
ポップなメロを奏でる曲でサビになると唐突に男ヴォーカルが出てくる(笑)。
8曲目はイントロでクワイアが登場しさらにそのあとメタリックなギター
挿入されるぞ!まぁ打ち込みなのだが(爆)。ヴォーカルが入ると例によって
静かになる。笛が聴けるもヴォーカルと同じメロを奏でているのが惜しいな・・・!
対位旋律で絡み合ってもらいたかったわい・・・!そしてメタリックなリフも入る。
9曲目もイントロで重厚なクワイアとシンフォサウンドが盛り上がる!!
本作中最も大仰だろう!打ち込みではあるが迫力あるぞ!


クワイアを売りにしている割にはあまり使われていなかったりするが
全体的に民謡、民族要素が濃くまた和の雰囲気もありメロディーも
キャッチーで悪くは無いな。もうちょいアレンジが凝っていれば
さらにクオリティーは上がるだろうがこのヒーリングっぽい音が
良い
という意見もありそうなので深くは突っ込まん(笑)。



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 76% お気に入り曲 Diva 〜時を刻む月の軌跡〜、
叶イ唄、Moon Clock







"Ophelia"




日本のシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの3rdアルバム。


かつてクワイアを大々的に導入した民謡要素のあるポストロック系のスタイルで活動しており
あまりメタラーの間では話題にはなっていなかったようだが久々のアルバムとなる本作で
いきなり方向性が変わり大仰なクワイア、オーケストレーションは壮大さを増し
さらにメタル要素を大々的に導入、女性VoとデスVoのツイン体制THERIONのような
シンフォニックゴシックメタル
を展開しておる!

1曲目から早速荘厳なオーケストレーション、クワイアが盛り上がりを見せノイジーな音も登場、
期待を煽り2曲目はバンドサウンドが顔を出すも疾走はせずゴシックメタル的な退廃感ある音作り
施されクワイアと相まってTHERION思わせるスタイルになっており、クリーンな女性Vo、しわがれた
絶叫タイプのデスVo
が登場し日本語詩であるという事以外はまんま欧州シンフォゴシックだな。
デスVoとしてはちょいと弱い感じだが喉の締め付けが強いのかホイッスルじみた絶叫も登場する!
3曲目はモダン寄りのリフが聴けストリングスも登場、ベースが唸り淡々とした雰囲気を出すも
途中ツーバス連打で疾走するパートもあるな。後半でデスVoも登場しモダンさが強まるぞ。
4曲目はチェンバロで幕を開け男の英語語り、ストリングスリフが徐々に顔を出しそして絶叫と共に
バンドサウンドも登場、チェンバロの音色以外はやはりモダンな要素の強い退廃ゴシックメタルである。
中盤で僅かに疾走しデスVoがノリの良い畳み掛けを見せ良いがその中で一瞬かなり
ヘナチョコな高音クリーン声
が登場しズッコケさせてくれるなぁ・・・(爆)。5曲目は淡々としたピアノによる
インスト
で6曲目は壮麗なクワイア、ピアノ、インダストリアルな打ち込み電子音リズムが聴け
引っ掛けるようなギターリフ、ストリングスも登場、ブリッジ辺りから疾走し始めサビ辺りは
メロスピ的な空気を醸し出しようやくこのシーンで聴けるシンフォゴシックらしい
スタイルになるぞ!インストパートはやはりギターソロは無くその代わりクワイアが聴けラスト間際で
デスVoも登場しクワイアと共にさらに疾走するぞ!7曲目はオルゴールで始まりストリングス、
バンドサウンドが珍しく歌謡曲的な哀愁を放ちちょいとばかしオルタナバンドがやるようなカオティックな
リズム
も聴け、サビはクサさを感じさせ良いが女性Voの声質は媚び系で好みじゃないなぁ・・・!(爆)
そしてクワイアからまるでテープ逆回転ヴォーカロイドのような怪しすぎる声も登場!
ジャッキー・チェン映画の広東語のモノマネをする中川家のように聴こえなくも無いが(爆)
その後はデスVoも顔を出すぞ。8曲目は穏やかさを持ったピアノが聴けるこれまた短くは無い繋ぎ的な
インスト
で続く9曲目はオルタナ系というかLED ZEPPELINの“STAIRWAY TO HEAVEN”みたいな
叙情性に満ちたクリーンギター、電子音、DJ的なターンテーブルがいきなりの肩透かし感を放ち焦らせるもその後は
モダンなリフ、ストリングスが聴けシンフォメタル化した初期LOSTPROPHETSと言えなくも無いアレンジになるぞ(爆)。
10曲目はノリの良いピアノにモダンなリフ、デスVoにホーンがジャジーさを出しジャズデスメタル的な音楽性となるぞ!
女性Voもそんな感じのスキャットを披露しDIABLO SWING ORCHESTRAの影響があるのか!?(爆)
11曲目は大仰なクワイア、オーケストラで始まりその後は叙情的なピアノ、笛が聴けそして
打ち込みリズムと共に民謡的な雰囲気になるインスト。クサさもあり映画というよりは
RPGのサントラでありそうな感じでこういう曲調が一番ウケが良さそうだな・・・!12曲目は打ち込みによる
インダストリアルなパーカッションが聴けそしてTHERIONのような重厚かつ淡々としたモダンな
シンフォメタル
となるぞ!クワイアもバンドサウンドもリズムも雰囲気もまんまTHERIONである!(爆)
サビはデスVoも登場しメロディーはなかなかにキャッチーで良いな。


このシーンで人気を博すメロスピ的な疾走感クサメロを持った派手なシンフォゴシックとは
異なり本場欧州のフィメールシンフォゴシックメタルに近い音楽性となっており、
女性VoとデスVoの交錯、PARADISE LOSTの流れを汲んだミドル、スローテンポで退廃した雰囲気、
フックが弱くギターソロも無い雰囲気重視の曲調と、クサさ、疾走感を求めると思い切り肩透かしを
食らう
だろうし妙に長く冗長さもありダレを覚える箇所も目立つがこれが本来のゴシックメタルなのだ!
Sound Horizon、Dragon Guardian和製RHAPSODY OF FIREだとするなら
こっちはさながら和製THERIONといった所だろうか!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 SCARLET、ONE DAY STRAWBERRY KNOB、JUDGEMENT、FIFTEEN







もどる


inserted by FC2 system