sonic&trip







"yes,please"




日本のUKロックバンドのアルバム。


UKロックに日本語詩をのせ浮遊感、穏やかさサイケ要素、
カオス
を演出するスタイルを持ち味としていると紹介されており
興味を持った日本のバンドで、帯タタキにはノスタルジックと
サイケデリック
だの静寂の中のカオスとレクイエムだのと
書かれており、さぞかしカオティックコアなどに通じる
狂気の要素があるのだろうなと思っていたが1曲目からいきなり
クリーントーンのギター甘いヴォーカル穏やかな雰囲気
思い切り肩透かしである!(爆)2曲目も滅茶苦茶穏やかな
静寂ポストロック風だ!これは一体どうしたことか!?だが
中盤から後半にかけてノイジーなギターが登場しやはり雰囲気は
ポストロック風なれどそれなりの轟音は聴けるな。へヴィさは皆無だが・・・。
4曲目も穏やかバラードだがヴァイオリンが聴けその辺はまぁ悪くない。
6曲目はようやくヘヴィさは無いがラウドなギターが登場しピアノ
印象的なフレーズを聴かせベースラインも目立っている。ようやくただ穏やかな
だけではない緊張感を感じさせる曲が出てきたな。
ヴォーカルはファルセット主体の線の細い声質でエモっぽさも
あるがやはりポストロックに近いな。やはり上手くは無い。


静寂の中にカオスとレクイエムがあるとか抜かしておきながら
あるのは静寂というか穏やかさだけじゃねぇか!(爆)サイケ要素や
カオスはどこにもない!これは何だ、新手の詐欺か!?
終始クリーンなギターがバッキングを奏でるライトで穏やかな
明るいバラード
ばかりで刺激を求めるリスナーにはまったくもって
向いておらず、正直ロックと呼べるかどうかも怪しいわい!
これだからUKロックはなぁ・・・!メロディーは部分的に歌謡曲っぽさ
出るがクサさは足りておらずフックもあんま無いな。アレンジが
シンプルすぎて全体的に抑揚が無いのも原因か!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 57% お気に入り曲 I can't、see you







もどる


inserted by FC2 system