ささき ちか







"すき、きらい、すき!"




日本の女性シンガーソングライターによる1stアルバム。


Sprite WingのMAYA氏が関与している秋田出身の女性シンガーソングライターによる
1stフルレンスアルバムで、シンガーソングライターという響きにあまりいい印象を
持っていない
のが我々の性なんだが(爆)よくあるタルい自己満足弾き語り系の
つまらんサウンドではなく
音楽的にはJ-POPが根底にありつつもバンドサウンドが
しかとあり
ロックではないがダイナミズムは備わっているぞ!ヴォーカルの声質は
気だるい中に多少の掠れた要素を見せる感じでパワーは無く上手くも無い
媚びやギーク要素も無く音楽性にマッチしており好印象だな。

1曲目はアコギの軽快なカッティングJ-POP的かつハスキー成分も内包した
女性Voが聴けさらにロック要素は薄く軽いながらもバンドサウンドも顔を出し
ギターがバックでそれなりにオブリを入れピアノも聴けギターソロも短いながら
泣きのトーンを披露
しているぞ。2曲目はワウを効かせたギターによるファンク調の
カッティング
ピアノも聴け基本はポップスだがブリッジやサビではやけに
ドスの効いた荒々しい(?)歌唱
も登場するぞ。3曲目は淡々としたピアノメロウな
ムード
を醸し出すバラード寄りのちょいと長めの曲。4曲目はこれまたピアノに
打ち込みリズム
が聴けバンドサウンド、ハモンドも登場し盛り上がりを見せる
アップテンポ曲
でどこかSEBASTIAN Xに通じるムードがあるか!?5曲目は穏やかな
アコギ、クリーンギター
まったりしたマイルドさを見せる淡々とした曲。
後半でドラムが顔を出しピアノがテクニカルなリズムを披露するのう・・・!
6曲目はこれまた淡々としたピアノで幕を開け弾き語りスタイルではあるが本作としては
メロディーにフックがあるほうだな。7曲目はハーモニカの音色で始まり
アコギ、ヴォーカルが登場しやはり穏やかで淡々とした曲調になるもハモンドも聴け
バンドサウンドがしかと顔を出し
さらにクリーンな音色のギターソロも聴けるぞ。
8曲目はクリーンギター、ヴォーカルによる淡々とした弾き語り曲。


ただのアコギ弾き語り系かと思いきや意外にもちゃんとバンドサウンドが
バックに入っており
勿論HM/HR要素は皆無でそれどころかロックかどうかも
怪しい
んだがバンドサウンドがあるというだけで相当に取っ付き易く
感じられる
のは我々の耳がHM/HR耳だからだろう(爆)。本作を聴く層は
J-POP畑の人々なんだろうが我々としてはスタジオミュージシャンの
仕事振りがどんなモノなのかを確認出来る1枚
だと言えなくも無いか!?
まぁ基本的に明るめのポップスクサさやフックは無くこの辺をどうにか出来れば
アレンジは良いだけに我々も楽しめるクオリティーに仕上がるだろうな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 66% お気に入り曲 未来







もどる


inserted by FC2 system