榊原ゆい







"PHANTASM 〜 End Prophecy"




日本のフィメールアニソンゴシックメタルバンドのアルバム。


DELUHI程ではないがうちのサイトにちょくちょくと
タレコミが来た
バンドで、詳しいことは判らんが
榊原ゆいなる女性シンガーを中心に据えたアニソン関係の
バンド?
のようで音楽的にはEVANESCENCE辺りの流れを汲んだ
シンフォニックなフィメールゴシックヴィジュアル系
影響下にあるアニソンメタルで、演奏もギター、ベース、ドラムと
打ち込みではなくシンセ以外は全て生の音で我々メタラーの
鑑賞に堪えうるしっかりとしたメタルサウンドを展開している!
ヴォーカルはハスキーというわけではないがハキハキと
タイトに歌うタイプ
で所謂媚び声ではなく好感が持てるな。
歌唱力もなかなかのもので部分的にメタル系女性シンガー
ようなパワフルな声も出すぞ!

1曲目はSEに始まり今風(といっても90年代辺りだが)の
モダン寄りのリフが聴けノリの良さを演出、キャッチーで
メロディアスな典型的アニソンメタルでどこかV系に通じる
雰囲気も持ち合わせているな。中盤電子音が暴れその後
打ち込みリズムが聴けるソフトなパートに突入しギターソロの
代わりの役割
を果たしている辺りはいかにもちょい前のギターソロの
無いモダンへヴィネス系のアレンジ
だが曲のラストでは短いながら
トレモロ系の速弾きも少し出てくるぞ。2曲目は打ち込みリズムに
クワイアが登場しホーリーさを演出、そしてバンドサウンド、
ストリングスが登場しゴシカルさのあるシンフォメタル風になり
この辺はいかにもEVANESCENCE以降のサウンドだな。3曲目は
アトモスフェリックな電子音、チャーチオルガンが穏やかながら
重厚で荘厳な雰囲気を演出しサビではバンドサウンドも登場、
リフもなかなかに練られており良いな。4曲目は大仰な
オーケストレーションがWITHIN TEMPTATIONっぽさを放ちまくり
さらにフィメールシンフォゴシック要素が濃くなるのう・・・!
短いながらもクラシカルなギターソロも聴き所だな。5曲目は
SEで始まり珍しくアップテンポでノリの良いリフ、電子音が
聴けモダンさ、インダストリアル要素を演出しておりサビは
やはりアニソン的なキャッチーさに満ちている。この曲も
リフワークが好印象だな。6曲目は激情ハードコア風の
哀愁ギター
で始まりカオティックなパートに突入するも
その後はまたしても穏やかなHR/HMバラードになってしまうなぁ・・・!
メロディーはキャッチーで良いがこういう曲ばかりだと流石に
飽きを覚える
のう・・・!7曲目はピアノ、環境系打ち込み音
バックでギターが泣き咽びクラシカルさアトモスフェリック要素
混ぜ合わせたようなスロー曲。ホントスローな曲ばっかだな!(爆)
だがサビはバンドサウンドとともに盛り上がり叙情性に満ちた
泣きのクサメロ
を聴かせてくれるぞ!8曲目はミドルテンポで
インダストリアル系リフ、打ち込みリズムで展開していき切々と進んでいく
哀愁を感じさせるモダンメタルである。ドラムソロ
続き泣きのギターソロ、アコギパートが連続しここら辺は実に
エモーショナルである!9曲目は冷たいピアノがドラマティックさを
放ちようやくアップテンポになる待ってましたの曲だがヴォーカルが入ると
やはりスローになるのう・・・(爆)。ブリッジで再びテンポが上がり
サビは王道を行く典型的アニソンクサメタルだ!ギターソロも
速弾きながらドラマティックに構築されているな・・・!
ちなみに本作にはDVDが付属しておりライヴの映像が3曲ほど観れるが
ファッションのダサさはマジで何とかしてもらいたいものじゃ・・・!(爆)
何も知らないアニソン畑の人間にこれがロック、メタル(のファッション)だとは
思われたくないのう・・・!


メタルサウンドが主体なのだが意外とアトモスフェリック
電子音に打ち込みリズムも多く曲調もシンフォニックゴシック
言うよりはメタルバラード的な雰囲気を持ったものが多く全体的に
スロー
でちょいとダレを覚えるやも知れんのう・・・!
アニソンメタルにしては珍しくリフがきっちりと構築されており
安易なコード弾き、メロスピのような16分刻みに陥っていない
所は評価できるな!日本語詩、アニソン畑だという点に目を瞑れば
普通に質の高いフィメールシンフォニックゴシック・・・
今風の言葉で言うならば「嬢メタル」だと言えよう!(爆)
やはりスロー曲ばかりというのが大きな欠点だ!疾走曲を
もっと聴かせてくれい!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 密教の首飾り(Black Mass Ver.) 、
闇に光を灯す者、アレルイヤの福音(Extra Solo Ver.) 、嘆きのアラベスク







もどる


inserted by FC2 system