創聖のアクエリオン







"創聖のアクエリオン オリジナルサウンドトラック"




日本のアニメージョンのサントラ盤。


以前レビューした“AKINO from bless4”で有名な、家族との団欒が
すさんだ日常を緩和せしめん平穏なお茶の間に突如として
あなたとズッコンバッコン(死語)したいみたいな卑猥な単語
流れた事で有名なパチンコだかパチスロだかなんかのCMで
おなじみの日本のアニメーション“創聖のアクエリオン”
サントラで、一部の好き者メタラー、プログレッシャーからは
シンフォプログレとして認識されているようだ。主題歌を含め
すべての曲を有名なコンポーザー、菅野よう子が手がけている。
ちなみに俺はわざわざ言うまでも無いが、もちろんこのアニメもまったく知らん。

1曲目は“AKINO from bless4”がプレイした有名な
セックスソング(爆)。サントラに良くあるワンコーラスのみ
ではなくフルで収録されているのは良いな!
2曲目はストリングスリフクワイアで始まる大仰な
シンフォチューン
である!まるでTHERIONの如き音世界である!
3曲目もストリングス、オーケストラが暴れるシンフォチューンだ。
だが4曲目は一気に雰囲気が変わりインダストリアルなへヴィリフ
プログレ色濃いシンセ、ストリングス、打ち込みリズムが渾然一体となって
絡み合い民謡、民族音楽的コーラス、ホーミー(?)も登場する!
この辺がプログレ的素養か!?5曲目は再びオーケストラが聴ける
シンフォニックな曲だ!オペラティックな女性ソプラノVoも登場し
かなり本格的なクラシック、オペラ曲となるぞ!6曲目はか細い
シンセによる短い曲で7曲目は笛やアコギ、ヴァイオリンなどが
使われたかなり民謡、民族音楽要素が濃いこれまた短い曲。
8曲目はヴォーカル入りの曲で男ヴォーカルによる英語詩が聴ける。
楽曲自体は穏やかさのあるポップス風だ。9曲目もヴォーカル曲。
今度は女性Voによるバラードでストリングス、ハープ、アコギが良いな。
メロディーも泣きを伴った良質なものである!10曲目はトランス系の
アレンジ
が施されつつも重厚なクワイアが登場する!後半になるにつれ
盛り上がりが加速するぞ!11曲目はまた雰囲気が変わり民謡・・・というか
ヨーロッパ辺りの下町で催される祭りみたいな雰囲気のストリングス
オーケストラが聴ける明るめの曲。12曲目はインダストリアルな
リズム
ストリングスが乗りテクノ、トランスパートも顔を出す曲。
13曲目は1曲目同様AKINO from bless4のアルバムにも収録されていた曲だ。
こっちは民謡っぽいアレンジが施されているな。14曲目は重厚な
混声クワイア
のみで構成された曲。15曲目は壮大なオーケストラで始まり
オペラティックな男Voが朗々と歌い上げるゴシックメタルに通じる
雰囲気の重厚な曲だ!16曲目は再びAKINO from bless4の曲。
17曲目はガキンチョVo(爆)が聴けるリリカルな曲。18曲目は
アルバムのラストを飾る曲なのになぜかふざけたコーラスが登場する
わけわからん短い曲。アルバムのラストがこれでいいのだろうか!?


楽曲構成、曲調共にたしかにプログレ者に受ける要素はあるだろう。
というか日本のジャパニメーションのサントラのルーツはほとんど
プログレにあるようなもん
だからなぁ・・・!(爆)だが、あくまでも
プログレ要素があるというだけで、プログレッシヴ“ロック”ではないので
そこは注意が必要だ!俺もバンドサウンド、ハモンドが変拍子でバリバリ
暴れまくる音
をイメージしていたのでな・・・!だが流石はアニメファン、
メタラー及びプログレッシャー双方から高い支持を得るコンポーザーよ!
楽曲の質は高くシンフォチューンは本物のクラシックさながらである!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 83% お気に入り曲 創聖のアクエリオン お兄さまと、
アクエリウス、カルタゴ ノバ、鳥になって、聖アクエリオン







もどる


inserted by FC2 system