Sads







"THE 7 DEADLY SINS"




日本のベテランヴィジュアル系バンドの2枚組アルバム。


ヴィジュアル系黎明期より活動を続けているベテランシンガー清春率いる
バンドが7年振りに活動を再開してリリースした最新アルバムにして
これまでのキャリアを振り返るベスト盤も付属した2枚組である!
個人的に清春と言えばやはり黒夢のイメージが強く、その頃は初期V系のダークな
耽美ビートロック
でその後Sadsでパンキッシュになったとか聞いており、そういう
イメージで本作に接してみたのだがこれが何と意外や意外、十分にメタリック
ゴリゴリしたタイトなバンドサウンドが聴けヴォーカルこそクセのあるV系爬虫類声なれど
それ以外はモダンさを携えた本格的なメタルと言い切ってしまえるではないか!曲によっては
ツーバス連打でザクザクとスラッシーに疾走したりタッピング速弾き
しかとしたメタルの技巧を見せるギタープレイも登場!7弦、8弦ギターを使用しているようで
こんなにこっち側(つまりメタル)の音を出すバンドだとは思っても見なかったわい!
疾走チューンは屍忌蛇先生でお馴染みDEATH DEVILを思わせるストロングさがあり
演奏もかなりのもので活動再開にあたってメンバーを総入れ替えしたようだが
どうやら本職が勢揃いしている様で一切の不安は無い!ただ清春のヴォーカルは
上記したよう爬虫類的な非常にクセの強いV系ナヨナヨ声質をしており好みは
分かれる
だろうなぁ・・・!決して下手ではなくむしろこの手のシンガーとしては
上手いほう
なのだが・・・。デスVoというよりはいかにもV系なイヤらしい
シャウト
も随所で見せ、さらに喉を絞り上げホイッスルに近い咬み切り声
多用するがこれは正直弱くホイッスルの失敗例みたいになっており
もうちょい要練習と言った所だろうか・・・!


ただこの良質スラッシュメタルを聴いてしまうとおまけ(?)のベスト盤
やはりチープで荒々しいただのパンクに聴こえてしまうなぁ・・・!
実は曲展開、メロディー等音楽性、雰囲気は同じなんだが演奏一つでここまで
変わるもの
なのか・・・!当然俺はメタラーなんで荒々しい勢い任せの
パンク
よりもタイトでへヴィでテクニカルなメタルのほうが好みである!
そんなわけでメタラーが本作に触れる機会があったならば必ずベスト・・・
つまりパンクサイドのほうから聴いた方がいいぞ(笑)。先にメタルのほう
聴いてしまうともうパンクのほう聴けんからなぁ・・・!(爆)まぁパンクの
ほうも結構メロディーとかキャッチーなんで頭を切り替えれば
十分に楽しめるしアルバム後半はモダンになるぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 EVIL、VENOM、WEEKEND IN THE LUST、SADISM、
忘却の空、Hate、Because







もどる


inserted by FC2 system