奥島左珠







"記されえぬ個人の悲劇に纏わる小品集"




日本の女性ミュージシャンによる1stアルバム。


珍しく御本人様より紹介頂いたアルバムで、前にうちでも取り上げたAlchemy Crystalの加藤晴信氏が
ギターやアレンジ、ミックス等
で参加しており、音楽的にはとりあえずは女性Voシンフォニックゴシックと言える
スタイルではあるのだがそこまでメタリックでは無く、むしろバラード的なスタイルとなっており
シンフォニックな要素もあるがそこまで派手で大仰なオーケストレーションは登場せず、
あくまでもダークでメランコリックな空気を淡々と放つために最低限の装飾で
しんみりと聴かせるタイプになっているな。
そして最大の持ち味としてこの手の
国産フィメールゴシック系
ありきたりなファンタジーに傾倒する中にあって
現実の事件や戦争をコンセプトとしておりかなりロックでパンクな空気漂うシリアスな
メッセージ性
を放っておる!俺もファンタジーを好まずリアルさを好むタイプだと言うのは常日頃から
公言しているが、本作はこの手のジャンルにあって数少ない歌詞を読む価値のある1枚だと言えよう!

1曲目はアジテーションSEによるイントロで、続く2曲目はメロウさ漂うピアノ、ストリングスシンセ
切々と歌う女性Voが登場、ゴシックと言うよりは暗めのバラードで、メロディーがなかなかに歌謡曲的な
要素があり好印象
だが、途中から顔を出すドラムスカスカな打ち込みなのが惜しいな・・・!ギターも
音は悪いが流麗さのあるソロ
を披露するぞ。3曲目はクリーンギター、シンセ穏やかな空気を放つ
淡々としたスロー曲
で、これまた歌謡曲的な叙情、哀愁を持ったメロディーラインが実に日本人的だな。
ギターソロはメロディーラインをなぞるプレイである。4曲目もまた相当に暗いムードを漂わせた
淡々とした曲
で、このダークさがゴシック的な部分だな。ギター、ドラムも途中から顔を出すが
決してテンションが上がらない所がまた暗さを放っており印象的だろうか!?ギターの泣きが良く
流麗なソロも聴かせてくれるが、
ヴォーカルにはもうちょい歌唱力を求めたいのう・・・!
5曲目は本作としては最もメタリックな音作りで、ダークなギター冷たいピアノが顔を出し
淡々とした女性Voも登場、途中からテンポアップゴシックメタル要素も醸し出されるぞ!ギターソロがまた
相当にエモーショナル大きな聴き所となっておるのう・・・!6曲目は穏やかな空気を醸し出し
メロディーラインにこれまた歌謡曲的な印象があるだろうか!?ギターのメロディーがちょいと民謡風だな。
サビの朗々とした歌唱がなかなかに良く、さらにゲストでAlchemy Crystalのシンガー伊藤道大郎氏が参加しており
本格的なオペラヴォーカルツインVo体制で披露してくれるぞ!7曲目はゴシック的な
暗さを漂わせたピアノ、女性Vo
強烈なメランコリックさを放ち、サビでなかなかに盛り上がりを見せる
バラード系のダークな曲調である。こういう曲調だとヴォーカルにもっと歌唱力が欲しい所だな・・・!
中盤で戦場SE語りが聴け、本作が戦争を題材にしたリアルなコンセプト作である事を感じさせてくれるのう!


本作はコンセプトありきで制作されたが故に全曲バラード系となっており、そこがメタラー的には
物足りない
だろうがバンドサウンドの音はかなり悪いので逆にこういうスタイルで良かったかも知れんか!?
ヴォーカルはまだまだ上手いとは言えないが音楽性には合っており今後の成長が期待出来よう・・・!
メロディー、雰囲気に光るものがありシリアスなコンセプト個人的には大歓迎である!
次はもっとヘヴィさや実験的要素を強めるらしいのでプロダクション、歌唱スキルを向上させて
さらに成長した姿を見せて頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 土埃の花嫁  幼子の涙  Their Last Agony







もどる


inserted by FC2 system