Rentrer en Soi







"ゆりかご"




日本のヴィジュアル系バンドのミニアルバム。


のちにDIR EN GREYフォロワーと化すも、初期の頃はヨーロピアンテイスト漂う
ソフトタッチのメロディアスさ
を重視したライトなヴィジュアル系スタイル
見せていた今は亡きバンドである!本作は最初期の頃のミニアルバムで、この頃は
まだ音作りはスッカスカヴォーカルも演奏も弱々しくチープではあるが、ユルさの中に
生理用品のような包み込むようなソフトな優しさを見せているな・・・!

1曲目はデジタルサウンド怪しげなフィメールVoが顔を出しエキゾチックな
ムード
を演出する神秘的ながらもチープなイントロで、続く2曲目はのちのモダンな、
DIR EN GREYフォロワー
の要素が微塵も感じられないスッカスカな音作りだが
ソフトタッチのメロディアスさがあるのう・・・!サビはキャッチーだな。
3曲目は金ダライを叩くかのようなドラムが聴ける、スカスカながらも
インダストリアル寄りのムード
を放つ曲。シャウト系シンガロングも聴けるが
弱々しい事この上無く実にショボい!(爆)4曲目も昔のV系ライクなスッカスカさがあり
演奏もヴォーカルも非常にお粗末である・・・!特にヴォーカルの音程の不安定さがアカンな!(爆)
5曲目は淡々としたクリーンギターが聴けるバラード系だが、ヴォーカルのヘナチョコさが
曲を台無しにしてしまっており
実に惜しいのう・・・!6曲目は煌びやかさのあるシンセが聴け
ギターもスカスカながら多少は劇的さを見せ疾走!例によってヴォーカルは
滅茶苦茶弱々しく、
加工に頼っても限界がありシャウトもほぼ死に体なんだが
強引に突っ走るヤケクソ感はあるか!?7曲目はライトな売れ線ムード漂うよくあるアップテンポ曲。
その他大勢のV系バンド以上にソフトさがありこういった部分が彼らの個性か!?


のちにオリジナリティーを捨て去りDIR EN GREYフォロワー化するも、それによって
逆にクオリティーが上がるという皮肉な現象を見せる通り、この頃は未熟もいい所で
全体的にチープ
なんだが激しさ重視、メタリックさ重視のV系聴き疲れを覚える
リスナー
には逆に親切なバンドかも知れんのう・・・!







満足度 55% お気に入り曲 Fallen







"Sphire-Croid"




日本のヴィジュアル系バンドの1stアルバム。


よくあるDir en greyフォロワーではなくどこかヨーロッパ的な雰囲気を持った
バンド等と言われておりMALICE MIZERやLAREINEの系譜に位置しているとの事。
しかし最近はDirタイプに転進しているらしい・・・。とはいえMALICE MIZERほどコテコテな
クラシカル世界を持っているわけではなく軽い味付け程度でどちらかといえばLAREINEタイプだと思う。
メンバーは全員初期GALNERYUSを思わせるチープな革素材の甲冑
身を包んでおりルックスが一番ヨーロピアンだと思うがどうだろうか!?(笑)

気になるアルバムの出来だがへヴィな楽曲は少なく何と半数の曲がバラードである!
これはさすがにダレるだろう!AMADEUSほどのコテコテなクサさ、クラシカルさも無く
ミドル〜アップテンポの曲もサビで急にスローなバラード調になったりする!
あくまでもメロディーを重視したスタイルをとっているのはわかるが肝心の
メロディーもイマイチ弱く俺の心を掻き毟るには至らないなぁ・・・!
音質はスカスカで演奏もそれなり。ただギターの泣きはなかなか良い。
ヴォーカルはファルセットを多用する非常にナヨナヨした声質で例えるなら
クセの無いRAPHAELってな感じだ。シャウトもへヴィ寄りの一部の曲で使うが
予想通り弱弱しい叫びである・・・!

とりあえず3と7、8が劣化Dirといえるへヴィ曲だが最後までコアな
雰囲気を保っているのは8曲目のみであとはどれもサビでメロウな
バラード風になる。
それ自体は悪くは無いがどうもセンスが宜しくなく
せっかくのノリを殺いでいるようなアレンジにしか感じられない・・・!
こういうアレンジするならDirの“朔-saku-”などを徹底して見習ってくれい!

ただバラードの“wither”はメロディー、アレンジ等なかなかに質の高いものを
持っており
この曲には満足できたな!ギターソロの泣き具合も
たまらんわい!
5曲目“Eyes of forest”もどこか歌謡曲的なクサさがあって悪くないぞ!


とはいえ全体的にはまだまだな印象を受けたな・・・完全なDir en greyフォロワーに
なったとはいえ最近のアルバムのほうが質は高いかもしれん・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 68% お気に入り曲 wither、Eyes of forest、
Iconoclasm







"RENTRER EN SOI"




日本のヴィジュアル系バンドの2ndアルバム。


前作まではヨーロピアンスタイルのソフトさを武器にメロディアスさ重視の
ポップV系をプレイしていたが、
本作からついに色んな意味で吹っ切れたのか
DIR EN GREYタイプのシャウト多用型ラウドV系にシフト、
過去作よりもメタラーに
アピール出来る
ようにはなったがシャウトがとにかく弱々しく、デパートで
オモチャを買ってもらえず泣き喚くガキのほうが遥かに凶暴なシャウトをしておる!(爆)

1曲目はダークな不穏さを見せるピアノが聴けるイントロで、続く2曲目もダークで
怪しげなムードを醸し出すピアノ
デジタルサウンドも登場するがバンドサウンドは
過去作と異なるモダン寄りのメタリックさを見せておる!まぁそれでも音は軽く
どちらかと言ったら昔のV系っぽい部分があり、
ヴォーカルも例によってシャウトが
凄まじくヘナチョコ
ヘロヘロとただ喚いているだけで正直赤ん坊のほうがもっと
ブルータルな声で泣くと思うんだが(爆)
サビは一応クリーンだ。3曲目は売れ線寄りの
ライトな軽快さ
を見せるも前作よりはギターがハードさを見せているか!?4曲目も
音は軽めだがそれなりにハードさを見せており加工に頼ってもまだ弱いヘナチョコ過ぎる
シャウト
も多用されるぞ。5曲目はシンセ煌びやかなホーリーさを放ちハードな
ギターリフ
も登場、ストリングスシンセと絡みシンフォニックな印象もありモダンなノリと
彼ら本来の持ち味
であるソフトなメロウさが融合されておる!6曲目は穏やかなギターで幕を開け
食い放題の店に必ずカレーがあるようにこの手のバンドがアルバム1枚中1曲は必ず
やりたがる
歌謡ジャズ的なシャッフル曲。7曲目はモダンと言うよりはパンキッシュな勢いを見せる疾走曲。
弱々しいシャウトパンクと思えばそれなりに聴けるか!?8曲目もパンク寄りの疾走感を見せる
軽快なファストチューン。
彼らの持ち味である耽美さ、ソフトなメロウさが無いのは賛否分かれよう・・・!
ギターソロは何気にタッピングを披露しておるわい!9曲目は穏やかなメロウさを見せる淡々としたバラード。
ブリッジ付近からハードなギターが顔を出し盛り上がりを見せるがヴォーカルはファルセットが
やはり弱々しいのう・・・!
10曲目は中途半端にモダンな、昔のDIR EN GREYを強烈に
思い起こさせる疾走チューン
デスVoは低音寄りだがやはり弱々しいな。ギターソロは意外な
頑張り
を見せているぞ!11曲目はオルガンの音色も顔を出しダークで淡々としたムードを放つ
怪しげなミドル曲。サビはどこか歌謡曲風でギターソロもなかなかにエモーショナルだな。
12曲目はアコギのアルペジオ淡々としたヘヴィなギターが聴ける退廃的かつメロウなバラード。


本作からDIR EN GREYタイプのモダンV系にシフトしたが、正直現時点ではまだまだ
全てにおいて弱々しさが目立っており、
特にヴォーカル・・・シャウトの弱さたるや
筆舌に尽くし難いレベル
である!(爆)ラストのミニアルバムでようやくまっとうに
成長する
んだが正直遅すぎたな・・・!線香花火は消える直前が最も輝くがそれと同じだな(爆)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 PROTOPLSM







"THE BOTTOM OF CHAOS"




日本のヴィジュアル系バンドの3rdアルバム。


元々はクラシカルさ、歌謡曲クサさのあるスタイルを提示していたバンドなのだが
そういった世界観を表現する力量が備わっていなかった事を実感したのか
方向性が変わりもろDir en greyなフォロワーバンドに成り下がり逆に
クオリティーが向上した
なんとも皮肉なバンドである・・・!
ガゼットが許せるなら彼等も許せるだろう(爆)。

1曲目は電子音によるイントロに続きへヴィリフが現れデス声が登場、
もろDir en greyな雰囲気に満ちたスロー、ミドル曲である。だがデス声(シャウト)は
以前よりはマシになったもののまだ弱くクリーンVoも相変わらず
非常に線が細い・・・!プロダクションも悪くへヴィさが生きていないのが
残念だ・・・!2曲目もへヴィリフから始まるがその後アコギも混じり
叙情性を感じさせるアレンジが施されている。サビメロは悪くないな。
4曲目はアップテンポのへヴィチューン。これまたもろDirでオリジナリティーは
皆無
だが曲としては悪くは無い。5曲目はバラード寄りのエモーショナルな曲
中盤のハープが聴けるクラシカルなパートが美しいぞ!こういうところは
Dirにはない彼らの美点だろう。7曲目ももろDirなへヴィチューンだが
サビメロはメロディアスだ。9曲目は非常に美しいバラード
彼等はありきたりなDirコピーよりもシンフォ要素のある美麗バラードの方が
実力を発揮できるバンドなのだろう・・・!なぜこの美しさをへヴィチューンにも
取り入れない!?上手いこと融合させればオリジナリティーを出せると思うのだが
どうだろうか・・・!?11曲目はイントロでへヴィに爆走するがヴォーカルが
入るとスローになりガッカリさせられる曲だ(笑)。


ガゼット並にDir色が濃いのだが部分部分で顔を出す叙情性、美を極めた
バラード
が彼らの個性か!?まぁちょい前に出たガゼットの新譜よりは
クオリティーが高いのであっちが不満だったリスナーにはオススメできそうだ。






満足度 78% お気に入り曲 JUST MAD PAIN、
THE ABYSS OF DESPAIR、THORNY RAIN BREAK、神話







"MEGIDDO"




日本のヴィジュアル系バンドのラストミニアルバム。


本作リリース後に解散を表明しこれが彼等の最後の音源となった葬式アルバムである!
音楽的には初期の頃はソフトな質感のヨーロピアンテイストを感じさせつつも
力量不足でやりたい事にスキル、センスが追いついていなかった感があった・・・!
だがその後は典型的なDIR EN GREYフォロワーと化し、ヴォーカルの線の細さを残しつつも音楽的には
クオリティーが向上したもののまだまだ二流のバンド止まりで結局中堅所のまま
バンド活動に幕を閉じるハメになってしまった・・・!そんなわけでラストミニアルバムとなった本作の方向性だが、
へヴィでアグレッシヴな要素を見せつつも叙情性、ソフトなキャッチーさ
残しておりデスVoもかなり向上、最後の最後に集大成をぶつけて来た感があるな・・・!

1曲目はクリーンギター、ソフトなヴォーカルで幕を開け音は軽いが
HR/HM系のバンドサウンドでアップテンポになる曲。ヴォーカルが
しなやかな質感を出しており、どこかKagrra.から和の要素を取り除いたような
雰囲気もあるな。2曲目はそれなりなアグレッシヴさを持ったバンドサウンドに
これまたソフトでキャッチーなヴォーカルが聴け、前よりはマシになった
ガテラル寄りのデスVo
も登場しアップテンポで展開する中期DIR EN GREYタイプの曲調だ!
3曲目はアグレッション、へヴィさが前面に押し出された曲で、いかにもDIR EN GREYな
フォロワー臭プンプン
なれどクリーンギターも顔を出しメランコリックさを
残している
辺りが彼等らしいな・・・!デスVoはかなりパワーアップしておりまぁ京に
似ている
が逆に言えば一昔前のDIR EN GREYを再現出来るくらいスキルアップしている
言った所だろうか・・・!途中で急にクリーンVoが登場しこの辺はやや唐突じゃのう・・・!
4曲目はどこかワイルドなHR的質感を持ったミドル曲で、怪しい雰囲気も強くギターリフが
印象的だな。ベースもスラップでソロを披露しワウをかましたギターソロも聴けるぞ。
5曲目はクリーンギターで始まりヴォーカルが切々と歌いギターも物悲しいフレーズ
聴かせてくれるバラード曲。中盤のヴォーカルメロはファンタジックなクサさを感じさせ
その後のギターソロもクラシカルでクッサイ泣きのフレーズを紡ぎ、シンフォさは無いが
彼等の持ち味が前面に出ておりやはりバラードに強いバンドだと言えるだろうな・・・!


残念ながらまだ典型的DIR EN GREYフォロワースタイルの域を脱し切れておらず
曲の出来も凡庸だが、クリーンギターやソフトなヴォーカルの声質等メランコリックな
要素
をそこかしこに残しており、元々叙情バラードに非凡な才を発揮していた
バンド
だけにアグレッシヴな曲にもそういったメロウさをバンバン取り入れていけば
いつの日か化けた可能性もあっただけに解散はいささか惜しいかもな・・・!
ヴォーカルは相変わらずソフトタッチだが意外とガテラルが良くなっており
まぁ声量は無いがこの点は評価出来るのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 BAPTISM、METEMPSYCHOSIS







もどる


inserted by FC2 system