RAPID FIRE







"Guardian Heroines Final Original
Sound track"




日本のゲームかなんかのサントラ盤。


見よこのジャケ!アルガロードだのアレシウスだのホーリーサンダー
フォース
だとかいったマイティな単語が脳裏をよぎるだろう!!
そんなドーンオブヴィクトリーなジャケに惹かれて思わず
ジャケ買いしちまったさ!シンフォニックメタラーがこのジャケを
スルーできるわけが無かろう!(笑)
例え中身がクソだったとしてもだ!!(爆)

そんな本作の中身はと言うとやはりサントラだけにそれ以上でもそれ以下でもなく
短い曲が中心でそれぞれそのシチュエーションに合わせた雰囲気が出された
カンジだとしか言えん・・・だがハッキリ言って俺はこのジャケ見てRHAPSODYみたいな
アレンジが施されたシンフォニックメタルスタイルの楽曲が中心だと思っていたのだが
実際にはフュージョンだったりトランスだったりと個人的に求めていない
タイプの音
が殆どでまぁ中にはメタル曲もあるがアメリカンハードロック
スタイルでつまらん!
ジャケと中身がまったく一致しとらんわい・・・!1曲目は
主題歌らしく女性ヴォーカルメロハー無理矢理ラプソ風大仰
シンフォアレンジを施した
曲で良い出来だがいかんせん短すぎる・・・!
あと14曲目はシンフォメタル寄りだがラプソスタイルではなくどちらかといったら
ドリームシアターのSIX DEGREES OF INNER TURBULENCE
2枚目の1曲目
みたいなカンジだ。

1曲1曲が短く合計24曲入っており、17曲目以降はさまざまなミュージシャンが
収録曲をアレンジ
したセクションになっている・・・。俺は今のところ18曲目に
参加したSIAM SHADEタイプのV系寄りテクニカルハードロックバンド
“MintJam”
しか知らん・・・。彼らがプレイした曲はアメリカンスタイルのハードロックで
個人的に興味なし。他の曲もなぜか14曲目のシンフォメタルをトランスにアレンジしてたり
フュージョンだったりと非常に期待ハズレで面白くも何とも無い・・・!騙された
気分だ!!
決してクオリティーが低いというわけではなく演奏、アレンジ、プロダクションは
悪くは無いのだが肝心の曲がつまらんというか、俺が求めたサウンドでは
なかった
と言う事だ!まるでアイアンメイデンのジャケをパクった
SCUDELA ELECTRO
みたいだ(笑)。


まぁアルバムラストには1曲目を長くしたフルヴァージョンが収録されておりこの曲には
満足できたが・・・このジャケで本作を売るなと言いたい!!
実は半分ネタで買ったのだが(笑)、他にもジャケ買いして騙されたメタラーいるんだろうなぁ・・・!
メタラーにはまったくオススメできないがトランス、フュージョン好き
いけるんじゃなかろうか!?そっちのファン層がこのジャケ見て購買意欲が沸くか
どうかは疑問
だが・・・!?(笑)



オフィシャルで見てみる



満足度 40% お気に入り曲 BOSS"Last Battle"-the Last Battle-、
Opening-Righteousness soul-full size







もどる


inserted by FC2 system