roxie







"皇女の王冠"




日本のシンフォニックヴィジュアル系プロジェクトの2ndアルバム。


タレコミも来たプロジェクトで90年代に様々なV系バンドを
手がけた人物
がプロデュースしており音楽的にはまさに
クラシック、タンゴなどの影響を受けたヴィジュアル系・・・
つまりMALICE MIZERの流れを汲んだ音作りが施されているのだが
ただクサくクラシカルなだけではなく曲展開やフレージング、
バックのアレンジ等強引さを感じさせつつもカオティックで
変態的なプログレッシヴ要素
を持っておりそこもまた
MALICE MIZERフォロワー的な部分と言えるだろう!
ヴィジュアル系でありながらヴォーカルは女性
3人ほどのシンガーが参加しておりまぁ上手いというわけでは無いが
ハスキーだったり女性らしくなったりポップだったりと
音楽性にマッチしており悪くないな。

チャーチオルガンと物凄く音の悪いバンドサウンドで始まり
実に中性的なV系スタイルのヴォーカルが聴ける1曲目から
何とも怪しくクサい雰囲気を放っておりカオティックな
ブリッジ、早口のサビは実に初期の頃のMALICE MIZERを思わせ
洗練さとは無縁ながら(爆)この強引な展開、アレンジ
実に面白いな・・・!(笑)スラップを駆使したベースソロも
聴け後半はベースが暴れまくるぞ!2曲目はホーン、ストリングス
シンセで始まり笛とヴォーカルがクサく絡み合いドラムも
スカスカながら聴けシンセが盛り上がりを魅せクサく展開していく!
3曲目は中東ライクな雰囲気を持っておりシタールやパーカッションによるアレンジが
聴けベースもやはり目立っている。カオティック早口パート
飛び出しALI PROJECT meets SYSTEM OF A DOWNとでも
言えそうな様相を醸し出すぞ!4曲目はクサメタラーの好物と言える
キラキラしたチェンバロ、シンセがクサく盛り上がりキャッチーな
ヴォーカルメロディー
が聴けるアップテンポチューンだ!
バンギャが手をヒラヒラさせる光景が脳裏に浮かぶ(笑)
サビも実にクサいのう・・・!チェンバロと笛、ドラムが絡む
インストパートも良い!5曲目は笛シンセとベース、ドラムが
疾走しヴォーカルも低音部からシリアスに始まりヒラヒラと
舞う笛のシンセは初期ROYAL HUNTに近いものがある。サビは
歌謡曲的なクサメロだ!6曲目は大仰なホーン系シンセ
壮大さを演出しかなりシンフォニックな要素が濃い
クラシカルな曲調でこれで音が良ければなぁ・・・!7曲目は
クラシカルさ、シンフォニックさよりもポップな要素が前面に出た
曲で実にこの手のバンドらしいラスト曲だ(笑)。
掠れたヴォーカルは男シンガーには無い魅力だな。


劣悪なプロダクション、風変わりなアレンジ
B級っぽさが濃いもののそのクラシカルなクサさ、変態
カオティックプログレアレンジ
往年のMALICE MIZER
彷彿とさせつつもそれのみではない妖しさに満ちており
ALI PROJECTSYSTEM OF A DOWNが入り混じったような
雰囲気も強く様々な楽器が絡む対位法も普通に使われ
ヴォーカルメロディー、サビは実に日本人らしい歌謡曲的な
クサさ
に満ちている!課題はまだあれどこの時点で
クサメタラーを喜ばせるに十分なクオリティーは保っているぞ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 魔剣の柄を握る者、silver lining、
古の回廊、刹那舞い散る花言葉、ベメール・ド・ロアン城にての邂逅







"黄昏の王と教会の騎士"




日本のシンフォニックヴィジュアル系プロジェクトの3rdアルバム。


MALICE MIZERスタイルのシンフォニック
プログレッシヴ女性ヴォーカルの
ヴィジュアル系クサクサスタイル
でまだ知名度は
低い
ながらもクサメタラーの琴線を激しく揺さぶり話題を
かっさらう可能性
を感じさせてくれるプロジェクトの最新3rdアルバムだ!
帯タタキからしてヴィジュアル系とオーケストラの融合だの
中世ファンタジーだのといった好き者に激しく
アピールする魅惑のワード
が踊っているではないか!

1曲目からさっそく荘厳なオーケストレーションが壮大に
盛り上がりハスキーめの女性ヴォーカルも登場!
部分的にいかにもV系なフレーズも聴け初っ端から
クサいキラーである!続く2曲目は笛の音色が牧歌的な
雰囲気を放ちドラムも聴けるどちらかといえば民謡寄りの
アレンジ
となるぞ。3曲目はベースで始まりオルガン風の
シンセが妖しい雰囲気を放ちヴォーカルやシンセ、
コーラスが複雑に絡む怪奇的なプログレ要素が前面に
押し出された曲だ!メロディーはやはりクサいがテクニカルだな。
かつてのMARGE LITCHに通じる部分もあるかも知れんがやはり
ハードロック要素は無いのでどちらかといえばMALICE MIZERだな。
4曲目もプログレッシヴでテクニカルなアレンジの曲で
ベース、ドラム、ギターにストリングスシンセが絡み合い
加工されたヴォーカルが3曲目以上にプログレ的な
雰囲気
を放つがサビはキャッチーでアレンジこそ技巧的でも
曲展開はごくノーマルなスタイルである。ツインリードの
ギターソロ
も短いながら聴けるぞ!5曲目は疾走感ある
ドラム、ベースが唸りシンセも目立つ様式美的な
ファストチューン
でヴォーカルも早口メロで絡み合い
オーケストレーションも目立ちサビは壮麗なクサさ
演出する!6曲目はタンゴ、ワルツ的なクサさを放つ
オルガン、アコーディオンが目立つ曲だ。


前作よりもそれぞれの楽曲に個性が出てきており
プログレの影響も強くなり質は上がっているのが
見て取れるが単純にクサさのみで図ると前作のほうが
クサかった
ような気がするのう・・・!プロダクションは
まだ軽いながら前作よりは良くなっているな。クサメタラーも
喜ぶがプログレッシャーにもオススメできそうか!?だが
対位法変拍子こそプログレだが曲展開はごくノーマル
Aメロ、ブリッジ、サビの手法から外れる事は無いので
その点で果たしてプログレッシャーを満足させる事が
出来るかどうか・・・!?このシーンにありがちな20分に
満たない短さ
も気になるのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 破戒の錫杖による憧憬、
祭壇の調べ、風に煌めく月の丘 〜le perdu〜、紫剣舞踏会







"宵闇のルクセント"




日本のシンフォニックヴィジュアル系プロジェクトのシングル。


ヴィジュアル系とオーケストレーションを融合させ我らクサメタラーが
泣いて喜ぶ
ような大仰かつ壮麗なシンフォニックサウンドを披露する
彼らroxie2曲入りシングルである!持ち味だった
各楽器の絡みへの拘りはキープされ、その上さらに今回生の音が使われており
ギター、ベースのみならずフルートも打ち込みシンセではない人間によるプレイである!

1曲目は大仰なオーケストレーションで始まりメタリックな
バンドサウンド
で疾走!タンゴ、ワルツ的なリズムも見せつつ
かなりクサいメロディー、アレンジ、展開を見せる早速の
キラーチューン
だ!フルートのオブリも良くギターソロも聴き所
その後の緊迫感ある展開、低音女性Voも実にシリアスチェンバロによる
クラシカルなパート
も登場し実に練りこまれた楽曲である!2曲目は
メランコリックなピアノによるインストの小曲。叙情的でクラシカルな
アレンジ
がこれまた良いな。


非常に短いシングルだがとにかく1曲目の出来がかなり良くHR/HM色を
増したアグレッシヴな疾走感、ストリングス、ティンパニ、チェンバロが
豪華に絡み合うシンフォニックなアレンジ練り込まれた曲展開
かなり高いレベルで仕上がっておる!このクオリティーでフルアルバムが
リリースされたらあまりの凄まじさにクサメタラーは全員窒息死して
しまう
やも知れぬ、そんなレベルである!どうやら100枚限定らしいので
入手は難しいかも知れんが次作への期待が滅茶苦茶高まる、シングルとして
非常に正しい役割を果たす1枚だと言えそうか!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 宵闇のルクセント







"異端者の剣劇"




日本のシンフォニックヴィジュアル系プロジェクトのシングル。


ヴィジュアル系シンフォニックな様式美系サウンドを融合させたプロジェクトの
200枚限定リリースの3曲入りシングルで既にソールドアウトしてしまって
いるのだが本作にもまた相当なキラーチューンが収録されておりクサメタラーなら
卒倒間違い無しのクッサイ様式美メタル
を聴かせてくれるぞ!

1曲目はオルガンに始まり様式美要素を放ち疾走!中性的なハスキーさを持った
女性Voとアニソン、J-POP的な声質の女性シンガー2人によるツインVo体制を見せ
クサさを放ちサビは軽快なノリでどこか民謡ライクなムードを見せておるのう・・・!
2曲目は打ち込みっぽさのあるチェンバロの音色にソフトなウィスパー系女性Voが乗る
クラシカルかつ淡々とした曲で3曲目はピアノソロによる穏やかさを見せるインスト曲だ。


上記の通り200枚限定のようで既にソールドアウトしてしまっている
本作の目玉と言えるキラーチューンの1曲目は次のアルバムにも収録されているので
そっちをゲットする事がオススメじゃのう・・・!実にクサく強烈な、我々の期待を
裏切らない強烈な様式美シンフォニッククサメタルチューン
である!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 異端者の剣劇







"交響曲第6番[遠き王国のイストワール]"




日本のシンフォニックヴィジュアル系プロジェクトの4thアルバム。


ヴィジュアル系ロイヤルシンフォニーと称しV系サウンドオーケストラを
大々的に融合
シンフォニックでクッサイ様式美サウンドを聴かせてくれる
鳴り物入りプロジェクトによる待望のフルレンスアルバムである!音楽的には
クラシカルさの強い叙情的なサウンドを見せているがその実ピアノやオルガン、
リュートによるソロの間奏
がかなり多くバンドサウンド入りの曲もあるが基本的に
ヴォーカル曲が圧倒的に少なく半数以上が間奏曲となっておりこの辺は賛否分かれよう・・・!
ちなみに本作は数多くのゲストミュージシャンを招いているようでバンドサウンドは勿論
フルートやヴァイオリン、ピアノにリュート全て生でプロダクション、
パフォーマンス等過去作と比べて相当に向上しているのが伺えるな。

1曲目は意外と爽やかなムードを醸し出すピアノ、軽快なバンドサウンド
アニソン的な要素を感じさせる女性Voが聴けバックでホーンの音色が顔を出すも
サビ等相当にキャッチーでまさにポップ系アニソンと呼べそうじゃのう・・・!
ただ中盤ではストリングスが顔を出しシンフォニックさの片鱗は覗かせるか!?
2曲目は優雅さのあるピアノが聴けるインストで3曲目はホーン、ストリングスの
シンセ
で幕を開け中性的なハスキーさを持ったヴォーカルを始め複数のシンガーが登場、
バンドサウンドは無いがクラシカルでどこかミュージカルライクなムードがあり
サビのコーラスは相当に盛り上がるぞ!4曲目はチャーチオルガンが素朴さを
演出、
5曲目はクラシカルなピアノ優雅なムードを醸し出すインストだが6曲目は
何とメロスピ要素の強い疾走感を見せるメタリックナンバーでギターもピロピロ鳴り
ストリングス、ピアノ、笛系の音色
男女ツインVoを配し実にドラマティックで
クッサイキラーチューンに仕上て来ておるわい!
7曲目はこれまた優雅さのあるピアノの
ソロによるインスト
で8曲目はアコギ・・・ではなくリュートによるソロのインスト
9曲目はこれまたオルガンによるインスト流石にダレてくるんだが10曲目は
前シングルにも収録されたストリングス、オルガンを配しつつクラシカルかつクサい疾走感を見せる
様式美メタルチューンだ!フルートのオブリも叙情的で複数のVoもシアトリカルさ
見せておりまったくこういう曲をメインでやって欲しいもんじゃわい!(爆)
11曲目は定番のオルガン曲で12曲目は彼らのもう一つの側面である怪し気な
ムード
を醸し出す90年代初期V系ライクなダークさを見せつつもサビはメロスピと化すぞ!
ピアノ、フルートが絡み合うソロ
がまたクラシカルで恐ろしくクサいのう!


全12曲入りの待望のフルレンスアルバムになったと言いたい所だが実際の所は
大半が間奏曲となっておりヴォーカル曲は僅か5曲しか無くそのため取っ付き易さは薄く
相当に掴み所が無い
印象もあるがキラーチューンはしかとありオペラ的なアルバムとして
聴いた方が本質を掴めるかも知れんな・・・!普通にHM/HRをやれば相当に良さげなだけに
冗長な間奏はやめてまっとうなアルバム構成にして頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 葬送行進曲変イ短調 Rs.5  Le lis et destin
異端者の剣劇  あぁ、優しき此の歌よ 〜le perdu〜







"bal masque2"




日本のシンフォニックヴィジュアル系プロジェクトのシングル。


自らヴィジュアル系ロイヤルシンフォニーと名乗りV系シンフォニックな
オーケストレーションを融合したHM/HR
をプレイするプロジェクトによるシングルで、
どうやら本作は別プロジェクトであるDark Bloody Moonの楽曲にヴォーカルを乗せた
テイクらしく、Dark Bloody Moon某動画サイトヴォーカロイドを使った活動をしているらしい・・・!

1曲目はメタルと言うよりはV系寄りのバンドサウンド重々しい低音クワイアが乗り
ヴィジュアル系らしさ満点のヴォーカルに加え女性Voも顔を出し怪しげなムード
醸し出すがサビはキャッチーさがあるか!?2曲目はリリカルなピアノ女性Voが乗り
軽快なバンドサウンドも登場、やはりHM/HRと言うよりはヴィジュアル系でありそうな
雰囲気
を持ったライトな曲調である。


元々はヴォーカロイドによるリードメロが生身の人間のヴォーカルになった事で
原曲は未聴だが言うまでもなく必然的にクオリティーは向上していると言えよう・・・!
やはり人間様の歌唱でなければヴォーカルとは言えんのじゃ!まぁそれはともかく、
本作はメタルと言うよりもヴィジュアル系の要素が強く目立っておりそっちの
方面のリスナーにオススメ
だろうな・・・。




オフィシャルで見てみる





満足度 60% お気に入り曲 縁覚の無間地獄







"王華再譚"




日本のシンフォニックヴィジュアル系プロジェクトのマキシシングル。


世界観の演出に力を入れているためか、間奏的なトラックが多くHM/HRとしては
物足り無さを感じさせる
もののクオリティー自体は確かなものを見せている、
オーケストラヴィジュアル系を融合させシアトリカルなサウンドを世に放つ
シンフォニックV系プロジェクトによる最新作で、とりあえずはシングル的な
扱い
らしいが曲数は多くインストの間奏を入れて6曲収録されており、
さらに本作もコンセプト作のようで何と短編小説も付属しておる!

1曲目は早速の忙しないクワイア、ストリングスで幕を開け疾走感を放ちつつ
シアトリカルな性急さを見せており、メタリックなバンドサウンドに女性Voも
顔を出すが
バックで低音男クワイア自己主張しておるのう・・・!サビがまた
大仰で実にクサく、
その後は生ヴァイオリンも登場しギターソロ、ヴァイオリンソロ
続いていきピアノも顔を出すぞ!2曲目はピアノソロによる間奏的なインストで、
3曲目は意外にもオーソドックスなハードロックに近いギター、リズム
軽快なノリを見せるが生のホーン系サウンドも登場、シンフォニックな大仰さを放っているな。
4曲目は叙情的な弦楽アンサンブルフルートも顔を出し、どこか牧歌的な
民謡系のムード
を演出しておりこれまたクサいのう・・・!サビはキャッチーさが強いな。
5曲目はこれまた流麗なピアノソロによるインストで、6曲目はイントロから早速のクワイア、
ギター
高いテンションを見せ疾走開始!高音女性Voはヴォーカロイドのようにも
聴こえるが、曲調はカオティックな性急さがありこういうノリはメロスピ、
シンフォニックメタル
と言うよりもヴィジュアル系に通じる部分だろうな・・・!
ギターサウンドも昔のV系っぽい感じである。


二人いる女性Voこそまだ弱さがあるものの、楽曲クオリティーは相当に高く
生のストリングスや管楽器、クワイア
等を導入したシアトリカルでオペラティックな
シンフォニックメタル
相当に大仰でクサいのう!ΜΟΟΥΣΕ'IΟΝに通じる物もあるが
向こうが民謡ファンタジーなのに対しこっちはヴィジュアル系直系のダークなゴシカルさ、
オペラティックなシアトリカルさ
があるな・・・!バンドサウンドはこっちのほうが
上である!
あとはこのクオリティーで是非とも冗長な間奏、繋ぎの無い本格的な
フルレンスアルバム
をリリースして頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 新約 エスキースの双剣  新約 嘯く夜に  悪魔ノ瞳







もどる


inserted by FC2 system