REKION







"瓦礫音"




元GALNERYUSのシンガーYAMA-B氏による2ndソロアルバム。


かつてGALNERYUSのヴォーカリストとして熱きパフォーマンス
魅せていたが脱退し今はそれ以前から続けてきた自身の
プロジェクトに専念
するようになったマルチプレイヤー
YAMA-B氏
の古くから続けているプロジェクトの1つである!
ヴォーカリストとして認知されているYAMA-B氏だが
元々はギタリスト志望だったようで様々な楽器を
操るマルチプレイヤー
だがその中でも特にヴォーカルと
ギターが飛び抜けている
のだ!ドラムやシンセもプレイできるが
本作ではそれらのパートはプログラミングとなっている。

時代を感じるシンセによるシンフォニックで勇壮
イントロの1曲目からクサさを感じさせ続く2曲目は
メランコリックなピアノ、そして滅茶苦茶キーの高い
まるで女性シンガーのような高音Voが登場!まぁ若干
怪しい部分があるがそして疾走開始!この頃はやはり
線が非常に細く今とは別人のようだがその高さは
非凡じゃのう・・・!速弾きギターも流麗である!
3曲目はバグパイプの音色が大仰さを演出する
民謡的な雰囲気を持ったクサいメロディーが聴ける曲だ。
途中からやはり疾走する!ギターソロも速弾きを交えつつ
メロディアスだな。4曲目はやはり超高音で妙に
歌謡曲というか演歌っぽいフィーリングを放つバラード曲。
ギターソロも泣きのメロディーを奏でておりプロダクションの
軽さが無ければもっとエモーショナルに響いた事だろう・・・!
5曲目はチェンバロに始まりクラシカルでかなりクサいギターが
聴ける様式美系のインストでこの手にありがちなテクニックの
ひけらかしではなくあくまでもメロディー重視なのが良いな!
6曲目は珍しく低音Voが聴け日本語詩と相まって一昔前の
アニメソング
にありそうな雰囲気を感じさせる曲だ。
ギターソロも流麗なプレイを披露するぞ!7曲目はギターが
男の哀愁を放ちこれまた低めのVoが聴けるアップテンポ曲。
この頃は声量が無く彼が努力の人である事を伺わせる、
若かりし日のパフォーマンスである!8曲目は再び高音Voが
登場し異様に明るくハッピーな雰囲気を放つメロスピチューンで
ギターも非常にキレの良いリフを披露している!9曲目は
ピアノ、高音Voが聴ける妙にリリカルなバラード。10曲目は
本作中唯一のトランス系のうねるシンセで幕を開けパワフルな
リフ、ドラム
で疾走するメロパワチューンである!ギターソロも
フラッシーかつメロディアスでその後の鐘の音
聴こえるパートもクサメタラー好みの展開だな(笑)。


本作はGALNERYUS加入以前に作られたアルバムのようで
ヴォーカルスタイルが全く違っており線が細く弱さがあるも
キーの高さはGALNERYUS以降よりも凄まじくジャンルは違うが
A SKYLIT DRIVE辺りに通じるものがあるだろう・・・!
女性Voのようにも聴こえる超高音は修練で身に付くものではなく
天性の声の高さがなせる業だ!GALNERYUS以降はパワフルさを
重視
するようになりキーは下がったがこのスタイルのまま
磨きをかけていたら
一体どうなっていたであろうか・・・!?
楽曲面ではこの頃はまだ隙間が目立ち未熟さを感じさせ
プロダクションも軽く勿体無いがメロディーセンスの
良さ
はしかと感じさせてくれるな!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 瓦礫音、奔る風、白い砂、破壊者と世界







"その闇と生き抜くため 舞い散る華の
愛しきことよ"




GALNERYUSのシンガーYAMA-B氏のソロプロジェクト。


今や国内最強クラスのメタルバンドとなったGALNERYUSのヴォーカリストとして活躍する
YAMA-B氏ソロでリリースしたプロジェクトの2曲入りシングルである!
YAMA-B氏のソロプロジェクトといえば他にもGUNBRIDGEがあるがREKIONは
それとはやや違い、GUNBRIDGEがどこかジャーマン、正統派スタイルなのに対し
こっちはヴィジュアル系の要素が感じられるメロスピスタイルなのだ!
GALNERYUS、GUNBRIDGEが英語詩なのに対しREKIONは日本語詩だというのも
大きな特徴だといえる。

1曲目“その闇と生き抜くため”は日本語詩で紡がれる典型的メロスピスタイル
楽曲のクオリティーはさすがにGALNERYUSで活動するだけあって非常に高い!
ヴォーカルもこの頃はがなり成分が無く非常にクリアなハイトーンを聴かせてくれる。
まるで“DAHLIA”の時のTOSHIみたいだ・・・!
2曲目“舞い散る華の愛しきことよ”はミドルテンポ曲で、そのタイトルが示すとおり(?)
どこかヴィジュアル系の曲に近い雰囲気だがサビメロが凄まじくクサい!
V系も聴くクサメタラーである俺の琴線に激しく触れまくったぞ・・・!こりゃたまらん!


またヴォーカルのみならずギターやベースもYAMA-B氏自身がプレイしているが本作を
聴く限りじゃ共に上手く、ギタリストとしても普通に活動できそうなスキルはある。
日本語詩が聴けるGALNERYUSのファン、クサメタラーは聴く価値十分だ!



オフィシャルで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 全部







"縛られる者達"




元GALNERYUSのシンガーYAMA-B氏による3rdソロアルバム。


かつてGALNERYUSのシンガーとして素晴らしいパフォーマンス、
楽曲を残してきたマルチプレイヤーYAMA-B氏がガルネリ脱退後
満を持して放つフルアルバムである!GALNERYUS以前から
数多くのプロジェクトを手がけておりREKION以外にも
GUNBRIDGE、RIVER END、AxBITESと多岐にわたる活動を
行っているようだ。マルチプレイヤーなので一人で全ての
パートを担当
し基本的に孤独な活動(爆)なのだがAxBITESだけは
バンド編成でライヴを多くこなしている。ヴォーカルの
イメージが強いが何気にギターもかなりの巧者でその
テクニカルなギタープレイも存分に楽しめるぞ!

1曲目はお約束とも言えるイントロ扱いのシンフォニックな
シンセ
が大仰さを見せる意外と長めのインスト。続く2曲目は
ギターがクサメロを奏で疾走する王道のメロパワ、メロスピ
シンセがバックで微かにシンフォさを演出、前作2ndと比べて
GALNERYUS以降の太さが身に付いた独特の朗々とした歌唱
披露する!勇壮さに満ちたサビはやはりクサくその後は
GALNERYUSでは見せることの無かった超高音ハイトーンが聴け
ギターソロも埋もれ気味だがタッピングを披露したりと
テクのある所を見せ付けるぞ!3曲目はドラマティックかつ
テクニカルなギターで始まる明るめの疾走チューンで
中盤でシンセオーケストレーションパートになりその後
ギタリストとして十分やっていけるスキルを持った
ソロが聴ける!ラストはメロディアスなギターフレーズだ。
4曲目は珍しく打ち込みダンス系のリズムが聴ける
デジタル色を感じさせる曲。サビのメロディーは和を
感じさせる
強烈なクサクサキャッチーフレーズである!
上海アリス幻樂団タイプのクサメロだ!5曲目はパワフルな
ドラム、リフが聴けるも疾走チューンではなくミドルテンポ
どこか男の哀愁を感じさせる雰囲気を持っているな。
いい意味でアニメソングっぽいのう・・・!比較的長めの
ギターソロも聴き所である!6曲目は泣きのギターと共に
ドラマティックに爆走するクサメタラー垂涎のメロスピチューンだ!
ヴォーカルもさることながらギタープレイも実に達者
そういう点ではSEX MACHINEGUNSのAnchangと並び賞される
ミュージシャン
だと言えよう!ラストのメロディアスな
ギター
もたまらんわい!7曲目は一転して明るめの
アメリカンメタル
風の雰囲気を持ったポップでライトな曲。
この曲はベースラインが聴き所か!?8曲目はメロディアスな
ヴォーカルで幕を開ける哀愁漂うメロハー寄りの曲調だ。
9曲目はピアノ、ストリングスがクラシカルな響きを放ち
ヴァイオリンの音色と共に疾走する明るめのライトな
ポジティヴ系メロスピ
でギターは引っ込んでいるがその分
ベースやストリングスが目立っているな。10曲目はアコギ、
シンセがメランコリックさを放つバラード。11曲目は
シンフォニックなシンセが大仰さを放ち疾走する待ってましたの
クサクサ爆走メロスピ
である!ギターソロもクサいのう!


2nd以降リリースしてきたシングル曲が全て収録されており
純粋な新作というわけではないしメジャーバンドのGALNERYUSと
比べてプロダクションがどうも軽めだがヴォーカル、作曲能力等
前作とは比較にならんほどレベルアップしている!やはり
GALNERYUSでの経験が大きくモノを言ったのだろうな・・・!
今はインディーズにドロップアウトしているが今度は自身の
バンドで再びメジャーに上がるのも近いか!?モダンさのある
J-ROCK化
したGALNERYUSと違いあくまでもメタルの王道を貫く
スタイル
を彼には期待しようではないか!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 縛られる者達、
誰のものでもない意思、願いを込めて、便りは届いたか、
その闇と生き抜くため







"刃 進み行く/美しき瓦礫の山"




元GALNERYUSのシンガーYAMA-B氏によるソロプロジェクトの最新シングル。


ヴォーカルのみならずギターのスキルも確かなものがある元GALNERYUSのシンガーにして
マルチプレイヤー、YAMA-B氏によるプロジェクトの最新シングルである!GALNERYUS以前から
続けてきたプロジェクト
で過去にもシングルやアルバムを出してきたがGALNERYUSで経験を
積んでからリリースされた前作のアルバムは過去作と比べて明らかなクオリティーアップ
感じられ元々のメロディーセンスがさらに引き立つアレンジ、プレイが聴けたのう・・・!
そして続く本作も2曲入りのシングルだがしかとツボを押さえた楽曲が収録されているぞ!

1曲目は勇壮さを放つギター、ストリングスシンセと共に疾走し爽やかかつ浪々とした
ヴォーカル
が登場するメロパワ、メロスピ系の曲で、メロディーがキャッチーでドラムが
ただ2ビートを刻むのみではなく手数多く細かいフレーズを叩きサビはストリングス
バックでオブリを入れ飛翔系の明るさがあるぞ!サビ後は男クワイア系の雄々しいコーラス
顔を出しギターソロはメロディアスさ重視でハモリフレーズも登場、速弾きパートも
レガートでタイトなプレイ
が披露されラストのサビはさらに高音で飛翔感を増していき
大仰で実にポジティヴなムード
を感じさせラストはハイトーンシャウトも聴けるぞ!2曲目はアコギ、
うねるシンセが聴けバンドサウンドに電子音が乗るミドル〜アップテンポ曲。加工された
コーラスらしき声
も登場し中性的な声質があるな・・・!ギターソロはやはり流麗なプレイで
ギタリストとしても十分に上手いのう!



GALNERYUS時代は低め(?)のキーでがなったりして結構パワフルなヴォーカル
聴かせていたが脱退後は中性的かなりのキーの高さを見せるクリーンな
歌唱にシフトした
というか、本来のスタイルに戻ったと言うかでV系に通じるソフトさもあるが
やはりメタルシンガーなんで歌唱力は高く一聴して彼と判る個性があるのは
大きな武器である!哀愁を帯びたキャッチーなメロディーが聴ける2曲目も良いが
やはり疾走ナンバーの1曲目が好みだな(笑)。2曲しかないシングルなんで物足りないが
次なるアルバムが楽しみになる良質の1枚
と言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 刃 進み行く







"孤島が燃える / 無くならないもの"




元GALNERYUSのシンガーYAMA-B氏によるソロプロジェクトの最新シングル。


今のように数多くのメタルミュージシャン及びメタルファン同人音楽シーンに
目を向けるより遥か以前
からこのシーンで自主制作CDをリリースし活動を続け
その後GALNERYUSに加入しメジャーシーンでその実力を発揮してきた生き字引き的な
大御所ミュージシャン
による最新シングルで、GALNERYUS脱退以降は再び自主制作で
地道かつ堅実な活動
を続けており他にも別プロジェクトAXBITESでライヴ等もしており
最近はヴォーカルスクールも始めたようだが、本プロジェクトのREKIONでは全てを一人でこなし
シングルをちょくちょくリリースし曲が溜まったらアルバムを出すスタイルで活動しており、音楽的には
日本語詩で歌うメロスピと言うよりはメロパワ系の要素が強い曲調でプロダクションこそ
自主制作ゆえの軽さはあるが楽曲の質はやはり高いのう・・・!

1曲目はストリングス系シンセ、ギターが勇壮さを放ちドラマティックに盛り上がり
朗々とした日本語詩ヴォーカルと共にピアノも登場、しなやかな印象を放ち疾走こそせず
ミドル〜アップテンポではあるがメロディーは非常にキャッチーメロパワ系の要素も
強く
インストパートは劇的なギターのハモリから短いが疾走も見せメロディー重視の
ギターソロも聴けるぞ!
後半の2ndソロもまたメロディアスで良いな。2曲目は
パワフルさを増したギターリフが聴けモダンと言う訳ではないがストロングな
印象
を放ちシンガロング的な掛け声も登場、ヴォーカルのキーも気持ち低め
シンセに頼らずバンドサウンドメインのアレンジが施されておりいつになく男らしい
空気
を感じさせるな。ギターソロはやはりメロディー重視だが流麗な速弾きも聴けるぞ。


2曲ともメロスピ的な疾走こそせずミドル、アップテンポで展開しメロパワ的な
スタイル
を見せているがストリングスシンセの目立ったしなやかな1曲目、
ギター主体のストロングな2曲目
とそれぞれ個性が分かれており音質こそ軽いものの
やはり良質なクオリティーを誇っておるな・・・!相変わらず2曲のみのシングルなんで
物足りなさを覚える
がまぁ次なるアルバムを楽しみに待とうではないか・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 全部







"冥界 / 結晶 生きた証"




元GALNERYUSのシンガーYAMA-B氏によるソロプロジェクトの最新シングル。


今のように数多くの国産メタルバンド同人シーンに参入するより遥か以前から
一人プロジェクトで活動を続ける
シーンの生き字引的マルチプレイヤーによる
最新シングルだ!
また本作も従来通りの2曲入り日本語詩による良質の
メロディックパワーメタル
を聴かせてくれるが前シングルがミドルテンポ寄りだったのに
対し本作はバッチリ疾走しておりテクニカルさのある曲もありヴォーカルのみならず
ギター、マルチプレイヤーとしてのスキルも見せ付けているぞ!

1曲目は勇壮さを感じさせるバンドサウンド、ギターフレーズが聴け気持ちモダンな
ムード
も漂わせており緊迫感を醸し出しそして疾走!ヴォーカルはやはり安定の
上手さ
を見せておりV系的な朗々とした感じメタルの説得力を持ち合わせた歌唱
ブリッジはテンポダウンデスVo的なシンガロングも披露、サビはこれまた勇壮である!
モダンな部分を持ちつつもジャパニーズメタル特有のクサさがありギターソロもまた
ドラマティックで良いのう・・・!
2曲目はいきなりのギターフレーズが緊迫感を放ち
どこかプログレメタルに通じるテクニカルなパッセージを披露しモダンさを持ちつつも
ネオクラ的な質感も醸し出し疾走パートも顔を出すぞ!テクニカルな部分が前に出てきた感じで
リズムチェンジも印象的だがヴォーカルもかなりのハイトーンを見せておる!ギターソロが
メロディー重視の泣きのプレイなのもまた良いな。



ミドル〜アップテンポメインの前作と異なり疾走感あるキラーチューンで構成されており
ヴォーカルのみならずギタープレイの達者さも見せつけるテクニカルチューンもあり
たった2曲だが非常に聴き応えある1枚に仕上がっているのではないだろうか!?
ここ最近のシングルでは頭一つ抜きん出たクオリティーがあり次なるフルアルバムが
楽しみになってくるのう・・・!





オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"残像 / 軫 -MITSUKAKE-"




元GALNERYUSのシンガーYAMA-B氏によるソロプロジェクトの最新シングル。


GUNBRIDGEのほうでLIGHTNINGとの対バンも決定した同人メタルシーンの元祖にして
生き字引きが如き存在、YAMA-B氏によるプロジェクトの最新2曲入りシングルで、
英語詩でジャーマンメロパワスタイルを見せるGUNBRIDGEとは異なりREKION
日本語詩で楽曲もHM/HRではあるが疾走感よりもしなやかなメロディアスさ
重視
でどこかV系に通じる要素もあり本作もその例に漏れぬスタイルを見せておる!

1曲目は早速相当の高音Voピアノが聴けメロウなムードを演出、そして
バンドサウンドが顔を出し非疾走で音は軽い突き進むような突進力を感じさせ
ヴォーカルは中性的とも言えそうなしなやかな高音で歌っており、ギターソロが
また流麗
で以前からそうだがギタリストとしても高いレベルにあるのう・・・!ラストでは
バスドラ連打泣きのリードギターも顔を出すぞ。2曲目は淡々と刻まれるリズム
哀愁を纏ったリードギターが聴け疾走、ヴォーカルと共にマイルドになるがサビは
再び疾走するぞ!
ギターソロはメロディー重視でなかなかに劇的だな。


流石にホンマモンのメタルミュージシャンだけに安定した仕上がりを見せており
本作も軸がブレる事の無いクオリティー、方向性で安心させてくれるのう・・・!
自主制作らしい音の軽さがやはり未だ欠点だがまた近いうちにフルアルバムを
リリースして頂きたい
モンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 軫 -MITSUKAKE-







"まかり通る者 / 無頼 抗う"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトの最新シングル。


去年観たGUNBRIDGEのライヴの記憶も新しい、実力派マルチプレイヤー、シンガーによる
新たなシングルである!
いつもはコミックマーケットで音源をリリースしているが今回は
珍しくM3でのリリースで、本作はREKION名義なので日本語詩によるよりキャッチーで
メロディアスな方向性
を見せており安定のクオリティーとなっておる!

1曲目はバンドサウンドにストリングス系シンセ、キャッチーさ満点のヴォーカルが
早くも炸裂するアップテンポナンバー
で、Aメロは珍しくデジタル風のピコピコした
音色
も顔を出すがブリッジではストリングスが登場、サビも勇壮かつクサくその後の
ツーバス連打で疾走するパート
フックになっておるな・・・!ギターソロもなかなかに
エモーショナル
安定感あるプレイを披露しているぞ!2曲目は打ち込みらしさが
残るピアノの音色が顔を出し
これまたAメロはデジタル音が登場、淡々としたムードの強い
ミドル曲
だがサビはやはりキャッチーさがあるのう・・・!ギターソロもまたメロディアスである!


ジャーマン、正統派寄りのGUNBRIDGEと異なり、ある意味V系やJ-ROCKに通じる
キャッチーな音作り
を見せており疾走感と言う点では物足りないがメロディーは良く、
YAMA-B氏の声質的にはこっちの方向性のほうがマッチしていると言えるだろうな・・・!
まぁ個人的には当たり前だがJ-ROCKよりHM/HRのほうが好きなんでGUNBRIDGEのほうも
また大いに期待したい所である!





オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 まかり通る者







"光り輝くもの -REMIX&NEW MATERIAL-"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトのリミックスEP。


別名義のGUNBRIDGEフルアルバムをリリースしツアーも精力的に行っているが、
本作はREKION名義による最新音源となっており4曲入りのEPと言える内容だが、純然たる
新譜
という訳では無く過去曲のリマスタリング新曲1曲で構成されており、
ある意味企画盤的なシングルと言える1枚だろう・・・!

1〜3曲目は過去にリリースされたフルアルバムの楽曲リミックス及び
リマスタリングした音源
で、当然ながら音は良くなっており勇壮さ漂う
楽曲の良さ
がさらに引き立っているな・・・!疾走曲ばかりチョイスされているのも
好印象である!新曲の4曲目はオーソドックスな正統派ハードロック色濃いギターリフが聴ける
意外と淡々としたミドルテンポの曲調で、サビはキャッチーさを感じさせちょいと
J-ROCKに通じるムード
が感じられるか!?過去曲が疾走曲で占められているのだから
この新曲もファストチューンにして貰いたかったなぁ・・・!


新曲1曲が聴けるものの過去曲はリレコーディングでは無くリミックス音源のため
流石に新鮮味はあまり無く、REKIONファンじゃないとそこまで満足行くCDでは
無いだろうなぁ・・・!
まぁ曲自体は良いため過去曲の音源が手元に無いのであれば
いきなり本作を聴くのも十分にアリなのだが・・・!最近はシングルのリリース
大半を占めているんだが、GUNBRIDGEでフルアルバムをリリースしたのと同様
こっちでもまたフルレンスのアルバムが聴きたい所である!




オフィシャルで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 縛られる者達  誰のものでもない意思  願いを込めて







"ANIME-SONG SELECTION"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトのアニソンカヴァーEP。


別名義であるGUNBRIDGEともどもシリアスなHM/HRサウンドをクリエイトする、
実力派シンガー
にしてマルチプレイヤーであるYAMA-B氏だが、どうやら彼は90年代の
ジャパニメーションに滅茶苦茶造詣が深いらしく
本作はそんなマニアックなチョイスで
セレクト
された、まさかのアニメソングカヴァーEPとなっておる!当然の事ながら俺は
この手のアニメにまったく詳しく無い
んで一つも知らないんだが、アニメタル等で
耳にした事がある曲
も一応はあるな・・・!

1曲目はキャッチーなノリを放つリードギターに始まり結構オーソドックスなハードロック寄りの
アレンジ
が施されており、アニソンらしい勇壮なメロディー曲調にマッチしたヴォーカルが
朗々と歌い上げておる!
2曲目は哀愁漂うアコギ、クリーンギター叙情性を放つイントロから
パワーメタル然とした疾走感を放ち、ヴォーカルは結構低めで歌っているがサビではオクターブ上で
ハモリを披露
しておるのう・・・!3曲目も90年代アニソンらしい勇壮なリードギターに始まり
疾走開始!Aメロ以降は淡々としているがサビは再び疾走しギターソロもメロディー重視の
プレイ
となっているのう・・・!4曲目はソフトなヴォーカルクリーンギターメロウな
空気
を醸し出すバラード系のアレンジで、穏やかなAORに通じる空気があるだろうか!?


原曲は知らないんだが、完全に原曲をブチ壊すようなアレンジでは無くおそらく原曲に
忠実なアレンジが施されているであろう事が伺える雰囲気
が漂っており、原曲のノリのまま
ハードロック的な音作りにしている
ような印象があるだろうか!?自主制作らしい音の悪さ
惜しく、もっとツインリードをバンバン入れて派手にして欲しかったりもするんだがYAMA-B氏の
ヴォーカルはこういったアニソンに相当にマッチしておる
のう・・・!同人メタル界隈
東方から艦コレと、何だかんだで皆売るためにやっているのを尻目に本当に自分がやりたい曲を
カヴァーするこの姿勢!
本来カヴァー、アレンジとはこういう動機でやるべきなんだよ!
俺がもしミュージシャンだったら絶対シンプソンズとかサウスパークとか、
フィニアスとファーブとかのカヴァーやってるもんな(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 とべ!グレンダイザー  チェイス!ギャバン







"ANIME-SONG SELECTION 2"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトの2ndアニソンカヴァーEP。


超実力派シンガーにして様々な楽器をもプレイするマルチプレイヤーYAMA-B氏による
プロジェクトREKIONの、まさかの90年代国産アニメソングカヴァー第2弾である!マルチプレイヤー過ぎて
ジャケまで自ら手がけているが、どうやらこの頃のアニソンに対する情熱はホンモノのようで
本作もまたTVのバラエティー番組で一昔前にたま〜にやってた昭和アニメ特集では
絶対に取り上げられないようなマニアックなアニメの楽曲をチョイスしておる!当然ながら
俺もまったく知らないんだが、3曲目のトランスフォーマーマイケル・ベイの
映画
とかで当然ながら知っておるわい!ファミコン版はそれはそれは相当なクソゲーとして有名で、
何とあの有野課長も挑戦した事があるぞ!(爆)

1曲目は早速熱さを感じさせるイントロから雄々しく勇壮なヴォーカルが登場!低音主体で
力強く歌い上げており、ギターソロはメロディアスかつ流麗ギターも上手いのう・・・!
2曲目はうって変わって穏やかなムードを放ち、ヴォーカルもソフトテイストの高音
しなやかさを演出しているな・・・!3曲目は海外アニメ(と言うかLIONの曲)だけあって
洋メタルテイスト漂いまくりな雰囲気で、基本的にオーソドックスな正統派HM/HRらしい
アレンジ
が施されているがおそらく原曲もこんな感じなのだろう・・・!ギターソロも
カッコいいぞ!
4曲目は男らしいシンガロングと共に低音Voが登場、これまた勇壮で
力強い雰囲気
が放たれておる!ギターソロもドラマティックな印象があるな。
5曲目は叙情的なアコギ美声ハイトーンで歌い上げるバラードで、
サビにフックがありギターソロはエモーショナルな泣きのプレイを聴かせてくれるぞ!


これまた原曲は知らないのだが(爆)、本作も丁寧な印象のあるオーソドックスなHM/HRアレンジ
施されており今風の派手さは無いのだが、この質実剛健な印象がまたHM/HRらしいな。
良くも悪くもシンプルだった
前作と比べてよりギターフレーズが目立つようになっており
美味しいオブリがちょくちょく挿入されるのも正統派HM/HRとして実に熱いぞ!
ヴォーカルも高音や低音曲によって器用に歌い分けており実力の高さが伺えるのう・・・!
個人的には海外アニメの曲ももっとやって頂きたい所だが・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 飛べ!グロイザーX  The Transformers







"ライカ 闇夜裂く赤い月"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトのシングル。


ここ最近は趣味に走った(?)アニソンカヴァーも手がけるようになった、日本が誇る
実力派シンガー/マルチプレイヤーYAMA-B氏
率いるソロプロジェクトによる、久々の
オリジナルシングルである!もう一つのGUNBRIDGEバンド形式でライヴも頻繁に
行っており、
音楽的にもジャーマンライクな硬派さを誇るパワーメタルなんだが、
こっちのREKIONはあくまでもソロ的な立ち位置で、ギターやベース等もYAMA-B氏自ら
プレイ
しており音楽的にもシンセ入りのメロディックメタル路線で、キャッチーな
空気も強く
歌詞も日本語詩となっており、そんな路線は本作でも不変である!

1曲目はギター、シンセメロディアスさを放ちミドルテンポで王道かつキャッチーな
空気を放つメロディックメタル
となるぞ!ピアノやハモンドの音色も顔を出し
相変わらずの美声Voだな・・・!ギターソロもメロディー重視のプレイである。
2曲目はキャッチーさ漂うリードギターに始まり疾走!GUNBRIDGE路線と言えそうな
印象がありサビも実に熱いぞ!


本作も自主制作らしいプロダクションの軽さが惜しいが、正統派路線の
メロディックメタル
キラーチューンもあり、個人的にはもうちょい
ギターソロ等で主張が欲しい所
だが、王道路線のメロディックHM/HRが
好きなら楽しめるシングル
である!やはり2曲は少なく物足り無さが残るな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 闇夜裂く赤い月







"瓦礫連鎖"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトの4thアルバム。


ここ最近はマニアックなアニソンカヴァーで話題を集めた超実力派マルチプレイヤーにして
同人音楽、同人メタルの生き字引き的存在であるYAMA-B氏によるソロプロジェクトの、
待望のフルアルバムである!シングルは多々リリースしているがアルバムは久々な印象で、
前のアルバムは既存のシングル曲が一通り収録されていたが、本作は上記のシングル曲
“ライカ”1曲のみ
であとは新曲となっており、パワーメタル路線のGUNBRIDGEとは
また異なる、勇壮かつ叙情的でメロディアスな楽曲を存分に楽しめるぞ!

1曲目はシンフォニックサウンドにギターも聴けるイントロで、2曲目は正統派HM/HRらしくも
アニソンに通じる勇壮さが見られるドラマティックなミドル曲となり、キラキラした
シンセとギターのユニゾン
も良く、ギターソロがまた相当に構築されておりたまらんなぁ・・・!
3曲目は上記シングル曲で、美麗なピアノが聴けつつサビ等かなりのキャッチーさがあるな。
4曲目はストリングス系シンセメロウなギターが聴ける疾走チューンだ!
ピロピロギターの上にメロディアスなギターが乗る後半も面白いな。5曲目は穏やかな
アコギ
メロウな情緒を放つバラード。途中からバンドサウンドも顔を出し盛り上がる
定番の展開を見せ、ギターもなかなかに泣いているな。6曲目は勢い良く疾走する
メロパワ寄りの曲
で、シンセも結構目立っており北欧メタルに通じる印象もあるだろうか!?
サビのハモリが心地良いのう・・・!7曲目は13分を超える大作で、早速の劇的ギター
幕を開け意外とヘヴィなダウンチューニングリフも聴けつつ疾走!サビがかなり
ドラマティックなフックを持っておりギターソロもメロディアスである!
中盤以降のポジティヴなギター、後半の低音Voも印象的だな。8曲目は3曲目の
カラオケヴァージョンである。


パワーメタル、ジャーマン的な疾走チューン多めのGUNBRIDGEとは異なり、日本語詩で
シンセも多用され、疾走感に頼らずミドル曲主体ではあるが正統派のツボをしかと押さえた
音作りにアニソンの持つ勇壮さ、キャッチーさを存分に取り込んだメロディアスで
ドラマティックなHM/HR
を追求しておる!YAMA-B氏のヴォーカルが絶品なのは
今更わざわざ言うまでもない話だし、ミドルテンポでいい曲を書いているのが実に頼もしいな・・・!
とは言え本作で突出しているのはドラマティックな事この上無いメロディーを持った
7曲目の大作チューンだろう!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部。特に“瓦礫と縛られない者達”







"瓦礫大全"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトのシングルベストアルバム。


超実力派シンガーにしてギター等他の楽器も操るマルチプレイヤー、YAMA-B氏による
GUNBRIDGEと並ぶもう一つのプロジェクトによる、新曲3曲に加え2010年から
2013年にかけてリリースしてきたシングル曲10曲を纏めた、シングルベストと
称すべき13曲入りアルバム
である!そんなわけでこれまでシングルを一通り
揃えてきたリスナー
にとっては新鮮味に欠けるかも知れんが、新曲もしかとあり
ファンであればチェックせねばならない1枚だろう!

気になる新曲の1曲目は早速のギターに始まりメロパワ的に疾走!勇壮さを備えた
ヴォーカルラインが聴けかなりの高音で歌い上げており、ギターソロも勢いがあるな。
2曲目はメロウなムードが見られるメロハー寄りのキャッチーなミドル曲で、
3曲目はピアノの音色が叙情性を放ち、湿った憂いを醸し出すバラード
朗々と歌い上げるヴォーカルがやはり良いな・・・!


4曲目以降は上記したようシングル曲で、プロダクション面で新曲と比べて
やや劣る部分があるものの、疾走チューンからキャッチーな曲、意外と
ヘヴィな曲
まで幅広い楽曲が収録されており、纏めて聴けるのが有難く、
これまでシングルを聴いて来なかったリスナーにとっては全曲新曲なんで
ボリューム満点のフルアルバムとして楽しめるだろう!パワーメタル色濃い
GUNBRIDGE
と異なりキャッチーでメロディアスな印象があり、メロディー派に
とってはREKIONのほうがピンと来るだろうな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 星影  刃 進み行く  孤島が燃える
冥界  結晶 生きた証  残像  軫 -MITSUKAKE-







"ケイガン/尊き誓い"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトのシングル。


年末リリースの最新アルバムに先日リリースの新曲入りベスト、そして台湾ライヴ
精力的な動きが見られるREKIONの最新シングルである!かなりマニアックなアニソンの
カヴァー
もあったが、今回はオリジナル2曲となっており、メロディアスでドラマティックな
フックあるエピック風正統派HM/HRにスラッシーな突進力が見られるアグレッシヴな
ファストチューン
と、たった2曲だが異なる個性を持った良曲が収録されているぞ!

1曲目は早速ドラマティックなギターフレーズで幕を開け朗々としたVoも登場、
どことなくエピックメタル的な勇壮さが見られ、ギターソロも構築美を感じさせるな・・・!
2曲目はうって変わってスラッシーとすら言えそうな無骨でアグレッシヴなリフに
ダミ声Voが聴けパワフルに疾走!グロウルも一瞬聴けるが朗々とした美声クリーンVo
しかと顔を出すぞ!ギターソロもこっちはシュレッド主体で勢いがあるのう・・・!


GUNBRIDGEと比べて幅広いスタイルを見せるREKIONの振り幅というものを堪能出来る1枚で、
メロディアスな劇的さを放つミドルチューン、スラッシーなアグレッションを放つ
ファストチューンと異なる方向性の2曲だが、決して今風にはならず正統派HM/HR、
ジャパニーズメタルの硬派さ、メロウさ
が見られるのが良いな・・・!毎度の事だが
僅か2曲というのが物足りないが、シングルというのはそういうモンだからなぁ(笑)。




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 全部







"内なる剣/優しさ探求プリズナー"




日本のマルチプレイヤー/シンガーによるソロプロジェクトの最新シングル。


同人音楽シーン全体がスローペースになる中、一貫して我が道を行き
ペースも変わらない重鎮、REKION
による最新シングルで、硬派なパワーメタル
追求するGUNBRIDGE、よりメロディアスなアプローチでありつつ振り幅の広い
様々なスタイルの楽曲を聴かせてくれるREKIONと、住み分けがキッチリしており
本作も日本語詩で基本的にはジャパニーズメタル的なキャッチーさと共に
イマドキ系バンドには見られないHM/HRならではの勇壮さ、ヒロイックさ
感じさせてくれるんだが、その一方で何とJ-ROCK通り越して国産オルタナ風な
要素
すら垣間見せており、YAMA-B氏の器用な面が感じられるのう・・・!

1曲目は早速の勇壮なギター、珍しく低音で渋い歌唱を見せるVoが新鮮な
空気
を感じさせつつサビは爽やかなコーラスが登場、今更言うまでもないが
相変わらずの美声っぷりに痺れるわい!ギターソロもなかなかに劇的で良いな。
2曲目もまたドラマティックなギターが聴けるが、ヴォーカルラインは
アニソン、J-ROCK的なアプローチ
でシンセも目立っており、早口Voやサビ等
意外にも国産オルタナ的な印象すらあるが、その手のジャンルでは考えられぬ
歌唱力の高さ
でメタラーも安心して聴けるな(笑)。


メタラーとしては硬派で勇壮な1曲目を推したい所だが、意外性と新鮮味
2曲目が何気にインパクトを放っており楽しめる1枚である!まぁこういう
国産オルタナ、J-ROCK風の曲が増えてしまうと首を傾げるが、1曲位なら
遊び心としてこういうタイプの曲があるのも悪くは無いな。




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 内なる剣







もどる


inserted by FC2 system