REDHEAD







"Till The End Of Time"




日本のインディーズで活動するキーボーディスト率いるプロジェクトのアルバム。


以前楽曲のクオリティーの高さをダイアリーで紹介したプロジェクトで、
1年くらい前からオフィシャルサイトで音源を公開しておりまだギターが
打ち込みだった頃
から知ってて注目していたのだが去年末に入って
ギタリストにMintJamのa2c、そしてCafe Au Laitを招きアルバムをリリースすると
情報が入り期待が高まり、延期を重ねてようやくリリースされたのが本作である!
元々の楽曲のよさに加えて日本のインディーズシーンを代表する
テクニカルギタリスト2人
を迎えてのアルバムと言う事で多くのギターキッズ、
メタラーを狂喜させた
事は言うまでもないだろう・・・!ん!?知らないって!?
な、何を言ってるんだねチミは!(笑)
MintJamはかなり有名だろ!?ホラ、シャムシェイドに近いタイプの日本語
テクニカルハードロック
をプレイしているミュージシャン集団だよ!!うちでも
レビューしてる
だろホラ!Cafe Au Laitは確かに知名度MintJamと比べると
劣る
だろうが音楽性は個人的に超ツボのミュージシャンだよ!ネットメタラーご用達の
インディーズ音楽公開サイトmuzieで活動してる両手タッピング
得意とするテクニカルギタリストの一人プロジェクトでその音楽性は様式美
シンフォニックメタルとマリスミゼルなどといったヴィジュアル系の
要素を融合
させた超クサクサテクニカルプログレ様式美シンフォニック
ヴィシュアル系メタル
(なんだこのジャンル)をプレイしている名手だよ!
これもうちのサイトでレビューしてるのでヒマなら見てくれい!
ヤングギターに書いてあることだけを鵜呑みに
するのはよくないぜ!!(笑)


そんなギターキッズのカリスマとなるべき2人を迎えて製作された本作の内容はというと
ソプラノ系の声質を持つ女性シンガーが日本語詩で歌い上げ、メロパワから
クサクサメロハー、バラード、ポップチューン
などさまざまなスタイルを持つ
楽曲が取り揃えられたもので非常に日本人好みのクッサイメロディー
そこかしこに息づいている良質のアルバムだと言えるだろう!

大仰なシンフォインストの1曲目に続いて流れるアルバムタイトルチューンの2曲目
“Till The End Of Time”はフルでダウンロードできる楽曲でまさしくNIGHTWISHと
Xを融合
させたかのような女性ヴォーカルシンフォメロスピチューンである!
MintJamのテクニカルギタリストa2cがネオクラシカル系のソロを披露しヴォーカルメロディーも
しなやかさ、華麗さを持ちつつもフックあるクサメロとなっている!!名曲だぞ!
3曲目“Overcome”はまるで歌謡曲かと聴きまごうほどに日本人好みの
クッサクサなメロディー
が凝縮された曲。もはや演歌の領域にまで足を突っ込んでおり
聴いててこっ恥ずかしく感じる者もいるだろうがクサいもの好きにはタマラン
1曲
となっている。4曲目“いとしい君よ”はこれまた哀愁漂うクサメロが聴ける
シンフォニックなバラード。5曲目“Starlight”は待ってましたの爆走メロスピチューン!
2曲目に比べると正統派よりだと言えそうだがBPMは本作中最速だろう!
ギターソロでCafe Au Laitが参加、得意の高速ボスハンドタッピングが聴けるぞ!
そして短いインストに続く7、8曲目はボーナス扱いでまるでアニメの声優みたいな
声質
を操る違うシンガーが歌っており曲調もそれに合わせたポップな
仕上がり
となっている・・・。

楽曲の出来は良く演奏もバカテク、ヴォーカルも線は細いが上手く良質の
メタルが聴けるがほとんどの曲がダウンロード出来、特に個人的キラーが
フルで聴け
しかも1年前からデモを聴いていたとあって新鮮味に欠けるように
感じられたなぁ・・・!ちょいとサービスしすぎたんじゃなかろうか!?
まぁこれは音楽性とは関係無い事。本作で初めて彼らに接するリスナーには
新鮮な感動を与えてくれるだろう!そして本作を聴きギタリストに興味持ったら
是非MintJam、そしてCafe Au Laitの曲も聴いとくれ!(笑)


NIGHTWISHやX JAPANのファン、女性ヴォーカル、日本語詩が聴けるクサメタラーなら
聴いて損無しのナイスアルバムだ!!



オフィシャルで見てみる



満足度 82% お気に入り曲 Till The End Of Time、
Overcome、Starlight







もどる


inserted by FC2 system