RANCID







"RANCID"




南カリフォルニア出身のパンクバンドの1stアルバム。


今やパンクシーンを代表するバンドにまでのし上がったRANCID
記念すべき1stアルバムである!かのThe Clash同様のちに幅広い
音楽性
を吸収する事になるも初期の頃は非常にわかりやすい、
愚直なまでに爆走しまくる荒々しい疾走ハードコアパンクをプレイしていたのだ!

もちろんメタルと比べると音は軽いしヴォーカル、演奏も
上手くは無いのだが心地よい疾走感に満ちており彼らのアルバムを
全部聴いたわけではないのだが個人的には本作の方向性が
一番好き
だな。メタルに疲れつつも速い曲が聴きたいときに
重宝するアルバムである!またベースが異様に巧者で実に目立つ
印象的なラインを刻む事でも知られているのだがその才覚は
この時点で既に顔を出しており印象的なプレイが耳に残るのう・・・!


へヴィな音、上手い演奏が聴きたいメタラーには
ウケが悪いだろうがたまにはこういうスタイルのアルバムを聴くのも良い!
ドライブのお供なんかにピッタリの一枚ではなかろうか!?
まぁ俺はペーパーだけど(笑)。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 全部







"Let's Go"




南カリフォルニア出身のパンクバンドの2ndアルバム。


今年(2008年)のPUNKSPRINGトリを勤める大御所パンクバンド
2作目のアルバムとなる本作、のちに様々な要素を取り入れるようになるが
この頃の音楽性は終始キャッチーさを放ち疾走するスタイルで
ハードコア的な荒々しさはあまり無くどちらかといえば
アップテンポ主体のメロコアと言ったところだが青春パンク的な
軽薄さ
は感じられない硬派なメロコアである!ヴォーカルは
パンクだけに上手くは無いが独特の枯れたハスキーな味わいがあり
実にエモーショナルだな!

カントリー調のメロディアスなフレーズを奏でるギター、
バックで唸るベースが印象的な疾走チューンの2、ミドルテンポの
キャッチー極まるメロコアの4、ロックンロール的なノリの良い
ギターが聴ける10、吐き捨てるがなりヴォーカルがひたすら熱い15、
ベース、ギターがカッコいいアップテンポの17等佳曲揃いで
収録曲も23曲とかなり多いのだがそこはパンクらしく
アルバム全体で45分程度なのでダレを覚えることも無い。


全体的にかなりベースが目立っておりカントリー要素を感じさせる
キャッチーさに満ちたノリのいい疾走メロコアをプレイしている!
この後スカを取り入れたりさまざまな実験的要素を導入し
まるで3rd以降のTHE CLASHみたいになっていくのだがこの頃は
奇をてらわない分かりやすい王道のパンクバンドだ!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 77% お気に入り曲 Radio、Gunshot、
Black & Blue、Dope Sick Girl







"...And Out Come The Wolves"




南カリフォルニア出身のパンクバンドの3rdアルバム。


ファンの間で名盤とされている3rdアルバムである!シンプルな
疾走ハードコアからだんだんとスカなど幅広い素養を取り入れ
出し始めた頃のアルバムとなったのかどうかは知らんが、本作で聴ける
楽曲は疾走感は控えめメロコア色濃いミドル曲、スカ、レゲエの要素が
感じられる楽曲など色々な表情を見せるぞ!

基本的にパンクバンドなのでヴォーカル、演奏はやはり微妙だったり
するのだがベースだけはなぜか妙に達者で1曲目のラストで聴ける
ベースソロなど実に熱いプレイである!また4曲目なんかはスカ色濃い楽曲で、
ストレートなハードコアから幅広いパンクスタイルを身に付けつつある
彼らの実験精神が見て取れるな。まぁ個人的には愚直なまでに疾走しまくる
判りやすいハードコアスタイルの方が好みなのだが・・・!


疾走感が減った分なのかどうかは知らんが妙にキャッチー
パートが増えメロコアに接近した印象を受けるな。
世間的には名盤かもしれんが個人的には疾走しまくりだった1stのほうが好みだ。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 68% お気に入り曲 Maxwell Murder







"Life Won't Wait"




南カリフォルニア出身のパンクバンドの4thアルバム。


かつてはストレートな疾走メロコアを聴かせてくれた彼らだが前作に当たる
3rdで方向性が変わりミドル、スロー曲が増えスカ、レゲエ要素
顔を出し、よく言えば音楽性が高まったと言えるが悪く言えば
散漫になったと取れなくも無い変化を見せたわけだがそれに続く
4作目の本作も方向性的には前作を踏襲した幅広い雑多な影響
取り入れたスタイルに落ち着いたようだ・・・。

いきなりピロピロ始まり語りが聴けるイントロに驚くも2曲目は
ミドルテンポでノリの良さを見せつつもやはり以前のような
分かりやすい疾走パンクではなくなっているな・・・!
4曲目はミドル〜アップテンポでベースが従来どおり
唸りを上げギターも良さげなリフ、リードプレイを聴かせる曲で
以前と比べて音作りがハードになってきた事もありハードロックっぽさ
感じさせるな・・・!そして5曲目はスカやレゲエの影響が前面に出た
実に怪しい曲調ハモンドも使われあきらかにパンクではない音作りである!
まぁコミカルさがあって面白いがストレートなパンクを求める
ダイハードなパンクスには受けが悪かろう・・・!8曲目はハモンド入りの
スカコア。
9曲目もピアノが使われたコミカルな
レゲエ風の雰囲気
を持った曲でもはやパンクではない(爆)。
13曲目はノイジーなギターブリブリ唸りまくるベース
へヴィな印象を持たせる曲。17曲目はかなり古臭い(爆)、大昔の
ロックンロール風
で逆に新鮮だ(笑)。


プロダクションは良くなり曲によってはハードロック的な
音作り
に近づいた感がありその点は良いのだが非常に雑多な内容で、
さらに70分近くあるという、パンクとしては異例な収録時間の長さ
物凄くダレる大きな要因となってしまっているなぁ・・・!
ストレートなパンクを求める向きに合わないのは当然として、
この手のスタイルでこれだけ長いとどう考えてもだらけるのは当然としか
言いようが無いだろう!もうちょい曲数削っても良かったなぁ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 55% お気に入り曲 Black Lung







"Rancid X"




南カリフォルニア出身のパンクバンドの5thアルバム。


どこかメロコア調ながら疾走感、荒々しさを前面に出したハードコアな
音楽性
を持っていた彼らRANCIDだが3rd、4thで方向性をチェンジし
スカ、レゲエの要素を幅広く取り入れ雑多なスタイルとなり賛否両論を
巻き起こしたわけだがそれに続く5作目にあたる本作は己の本分を
取り戻した
のかどうかは知らんが再びかつてのようなストレートに
疾走するハードコアパンク
をプレイしており疾走命のパンク野郎の
溜飲を下げる1枚に仕上がっているぞ!

1曲目から硬派でストロングな超短い曲だ!2曲目も爆走ショートカット
ハードコアチューン
で実に荒々しいぞ!ギターソロもパンクらしからぬ
速弾きまで披露しておる!3曲目もタフで荒々しい爆走チューンで
かつてのハードコアなRANCIDがさらにパワーアップして帰ってきたぞ!
ミドル曲ももちろんあるがスカ、レゲエ要素は完全に鳴りを潜めあくまでも
パンクであることを主張するかのようなアレンジである!演奏スキル、
プロダクションが初期よりも向上しているためさらに荒々しいアグレッションが
うず巻いているぞ!ベースの唸り具合も良いな!5曲目も激熱爆走ハードコアだ!
12曲目のイントロのギターも熱いのう・・・!ベースもゴリゴリに唸りまくり
疾走する!13曲目のイントロのベースもかなり目立っているな・・・!
ベースの自己主張振りがハンパではない!ソロはギターとベースが
同時に違うフレーズを弾くがギターよりも全然音がデカいな(笑)。
15曲目の疾走感もかなりのものでギターやベースの暴れ具合から言って
もはやハードロック、メタルの域に足突っ込んでると言ってもいいかもしれんな!?
しかしベースはマジに凄いな・・・!パンクは演奏下手だなんてコレ聴いたら
口が裂けても言えんのう!19曲目のベースもやはり凄まじくヴォーカルも
がなるような歌い方を披露しカッコいいぞ!20曲目も完全にベースが主役と
なっている
爆走チューンだ!ギターの陰が実に薄いものの
ソロで良いプレイを聴かせてくれる。


RANCIDのアルバムの中でも最も爆走しており最も激しく
ハードコア寄り
なのでそういったパンクが聴きたい人ならまず本作をオススメする!
俺もRANCIDのアルバムのなかでも本作が最も好きだ!ベースのスキルが
ハンパではないのでベースを志すプレイヤー志向の人も本作を
押さえておいたほうがよさそうだな。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 87% お気に入り曲 全部







"Indestructible"




南カリフォルニア出身のパンクバンドの6thアルバム。


1st、2ndで疾走感のあるメロコアを提示、続く3rd、4thでスカやレゲエの
要素
を導入しパンクスたちを困惑させ、その後5thで再び原点開始
圧倒的な疾走感を持った、ハードコアばりのタフさを備えたメロコアを
生み出し喝采を浴びた彼らRANCID。そんな5作目に続く本作の方向性は
これまでの集大成的な出来となっており疾走感のある硬派なメロコアから
やはりスカやレゲエの要素を取り入れた曲、さらにへヴィチューン
バラードと、彼らの持つ素養を全てブチ込んでいると言えるだろう!

1曲目はカントリー的な雰囲気のある疾走メロコアでよく耳にする
有名なギターフレーズが聴けるぞ!しかし2曲目はいきなりハモンド
登場しムーディーな雰囲気を演出する!しかしそれ以降はどこか哀愁のある
アップテンポメロコア
になるぞ。3曲目はハモンドが使われたレゲエ調の曲で
コミカルな雰囲気は4thに通じるものがある。4曲目はアップテンポのメロコアで
コーラスがかなりキャッチーで共に歌いたくなる衝動に駆られる事間違いなしの
曲である!ギターソロも良いな。6曲目は彼らにしてはへヴィ寄りのリフが聴ける曲。
続く7曲目はどこか陰りのある疾走メロコアでギターがカッコいいな!
ドラマティックでダークなカントリー風と言えばいいのか!?(爆)
ベースも勿論唸りまくっているぞ!8曲目はまるでムード歌謡のような
穏やかな雰囲気垂れ流しまくりのバラード風だ。12曲目はカントリー調の
雰囲気
を纏った疾走メロコア。ライトな雰囲気が漂っているな。
17曲目は疾走メロコアでシンガロングが熱い!


様々なスタイルの曲が収められていると言うことで3rd、4thと
同じ方向性を向いているアルバムだと言えるだろう。
まぁ4thほど長くはないのでそっちと比べるとダレはあまり
感じないだろうがやはり俺は徹頭徹尾爆走ハードコアで通した
5作目の方向性が良かったわい・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 Indestructible、
David Courtney、Django







もどる


inserted by FC2 system