Qomolangma Tomato







"Limelight Blue on the Q.T."




日本のエモ/カオティックコアバンドの2ndアルバム。


エモコアの気だるさ、叙情性とカオティックハードコアの
変態性を併せ持った国産バンドである!地元の地道な活動から
のし上がりサマソニに出場する権利を獲得し2年連続で出場するなど
実力派のバンドのようだ・・・。音楽的には気だるいエモ、ポストロック
基本としつつもそこにカオティックコアの持つ混沌とした雰囲気、グルーヴ
持ち込みへヴィではないが一筋縄ではいかないロックでヴォーカルに
特徴があり声質こそ普通のエモ系のよくある高音だが
普通に歌うという事をせずわざと音を外して下手に歌ったり
ラップ的なスタイルを披露したり無気力さを感じさせたり

賛否分かれそうな方法を模索している!

1曲目はクリーントーンのギターに音外しまくりの無気力ヴォーカル
始まりラップ的早口トーキングスタイルのヴォーカルが
うっとおしいがバックの演奏はギターが弾き倒しタイトなベース、
ドラムがなかなか良い。2曲目はちょっとした絶叫も聴けとりあえずは
普通に歌っているな。3曲目は比較的ノーマルなカオティックコア
エモの合いの子的なスタイルで悪くない。だがこの女々しい声質のせいか
途中で聴ける台詞がなんか無性にムカつく!(爆)4曲目はまたラップVo
登場し曲調はライトながらも奇妙なカオティックさが感じられる。
5曲目はどこか大人しめになりポストロック的雰囲気を放ち
淡々と展開していく。後半ではバンドサウンドが荒々しさを魅せるぞ。
6曲目はノリのよさとダーティーさを感じさせる妖しいロックだ。
7曲目はこれまた下手糞スキャットで始まりギターがバックでいい仕事しつつも
ヴォーカルがそれをブチ壊す新手のミクスチャー曲(爆)。
8曲目は静けさを演出したポストロックだ。


気だるいカオティックエモコアということで同郷のKAMOME KAMOME
通じるものがあるかも知れん。9mm Parabellum Bullet凛として時雨等とは
違いカッコよさ、熱さがあまりなくその代わり現代の無気力な若者
思わせる雰囲気がありその辺が鼻につくリスナーも多いだろうな・・・!
普通に歌えばエモで悪くないヴォーカルも普通に歌わないから余計だ(笑)。
世の中に文句タレながらもテメーは責任を負わず現実逃避して
リストカットしたがるオカマ野郎
が脳裏に浮かぶのは俺だけだろうか!?(爆)
まぁこういう根暗感覚イマドキのキッズのリアルな心理ってコトで
パンクと言えなくも無いんじゃないの!?(笑)バンドサウンドはなかなか良いが
よく言えば独特、悪く言えば無気力、下手、貧弱なヴォーカルが良くも悪くも
このバンドを受け入れられるかどうかの秤と言えそうだな・・・。



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 69% お気に入り曲 FIVE SENSES-FIVE MINUTES / 自分のしがらみに溺れるな、 距離を感じる / 僕だって青い世界へ行きたいよ







もどる


inserted by FC2 system