PHOENIX Project







"Mechanized Emotion"




日本のエモ/スクリーモのアルバム。


以前から目をつけていたが店頭で手に入らずM3でゲットに成功したアルバムで
自主制作のCD-R。さまざまな音楽性のアルバムを創っておりテクノ、トランス系
アルバムも出しているが本作の方向性は判りやすくいうとDir en greyっぽい雰囲気の
スクリーモ
と言った所だろうか・・・。明るいポップな曲もあるがモッシュ上等の
へヴィな楽曲
もある!ヴォーカルはTHE MARS VOLTAタイプのハイトーン
シャウト(デス声)も一部で使われている。クリーンVoは初期の京みたいに
多少はずし気味
だが味のある声で良い。デス声はやはり京に比べると
迫力や狂気の点で劣っているがまぁ仕方ない。日本語で歌われておりそこも
Dir en greyっぽさを引き出していると言えなくもないな。メタリックなギターソロもある
速弾きは弾ききれておらず稚拙である・・・。

どうやら自作のオリジナル曲カヴァー曲で構成されており
有名な日本のアニメ“涼宮ハルヒの憂鬱”の曲やネットメタル界でも有名
“鳥の詩”等をエモコアにアレンジしてプレイしている。個人的には
スクリーモスタイルの“雪、無音、窓辺にて。”が
聴きたかった
わい・・・!(笑)7曲目“God knows…”はエモというよりはヴィジュアル系
寄り
の曲調でフックあるキャッチーなメロディーを聴かせてくれるぞ。アウトロで
聴けるギターソロもこの曲ではちゃんと弾けてて良い。ちなみにこれも涼宮ハルヒの曲。

だが人によって気になるであろう点は一部でもろDir en greyをパクったフレーズ
あることだろう!これはもう意図的にパロったとしか思えんパクりかたで
思わず爆笑してしまう・・・!ガゼットか!!(タカアンドトシ風)
4曲目“Days”なんかリフなど全体的にどこか“THE FINAL”っぽいし
5曲目“淵底”もイントロリフなんかもろ“MERCILESS CULT”だ。そして8曲目
“OBSTACLES”に至ってはもはや“Я TO THE CORE”のカヴァー状態である・・・!
聴いてて思わず「バカ〜はァ〜お前だよォ〜」「何ィ〜もォ〜
救〜えないィ〜」
がなり声で歌ってしまう(爆)。
他にもありそうだがまぁこれはガゼット的なパクリではなくアニメタル的な
遊び心の産みだした拝借フレーズ
だと解釈しよう(笑)。元々カヴァー曲中心だしな。


日本語エモ/スクリーモが聴ける人、パクりが気にならない・・・ガゼットが許せる
Dir en greyファン
は聴いて損はなかろう!個人的には欠点も憎めない、
なんとも味のあるアルバムで好きだ(笑)。



オフィシャルで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Last My Music、淵底、鳥の詩、
God knows…、OBSTACLES







"Resolution Trigger"




日本の雑食メタルミュージシャンのアルバム。


上で紹介した“Mechanized Emotion”では所々にDir en greyの拝借フレーズ
導入したエモメタル、スクリーモスタイルを提示してきたPHOENIX Project。
メタル系ミュージシャンとの繋がりがあるようで彼等もまたメタルミュージシャンだと
認識されがちだが実際にはテクノ、トランス辺りの素養もあるようで
幅広い曲調をこなせるようだ。ヴォーカル曲ではTHE MARS VOLTAタイプ
中性的なエモ系ハイトーンを聴かせてくれるが本作はインストアルバムである。

気になる今回の音楽性だがどうやら本作は“クロノ・トリガー”とかいう
日本のゲームの曲をカヴァーしているようだ。俺はやはりこれもまったく知らんが
テクノ、トランス、ハードロック、シンフォ、民謡風とさまざまなスタイルで
アレンジされており散漫な印象があるのは否めない・・・!テクノ曲は正直好みではないしな。

1曲目はトランス色濃い曲で正直ハズしたかと思ったが2曲目は実にラプソっぽい
フレーズ
が聴け民謡的な展開が堪能できるハードロックで一安心である。
笛の音がやはりというか、ラプソのフレーズである(笑)。だが3曲目になると
メタル色が薄れ打ち込みリズムにジャジーなホーンが舞うスタイルになってしまう・・・!
プログレッシヴと言えないことも無いが好みではないな・・・!次もテクノ、トランス系
面白くは無いが5曲目はハモンドが唸る待ってましたのハードロックだ!
ディープパープル的な雰囲気が感じられる古き良き70年代スタイルを今に
継承しておりジョン・ロードキース・エマーソンを思わせるクラシカルな
オルガン
が実にツボだ!6曲目はクラシカルなストリングスとチェンバロが
シンフォさを演出するもバックのリズムはテクノだ。7曲目はフレーズがクサい
民謡シンフォ。
9曲目はシンフォニックなイントロに続きベースがゴリゴリ唸るダークでスローな
メタル
を聴かせてくれるぞ。10曲目は再びハモンドが唸るプログレッシヴな曲だ!
11曲目はシンセとギターを伴い疾走するプログレメタルである!このアルバム
中盤から良くなってくるな(笑)。途中のストリングスと笛のシンセも良い!
緊張感漂う曲調でホーンの音色が壮大さを演出するぞ!
14もハモンドが聴けるメタルチューンでホーンの音色を伴い疾走、ストリングス音等
シンセがいい仕事しているわい・・・!ラストの17曲目はシンセが壮大さを出し
シンフォニックメタル的質感が感じられるもどこか淡々とした雰囲気である。


ハモンドが聴けるプログレッシヴ・ハードは俺のツボを突いてくれるが
正直彼等には個人的に興味ないテクノ、トランスや多くのミュージシャンが
行っているメタルではなく日本人バンドが少ないスクリーモをやって
もらいたかったわい・・・!NEW STARTING OVERやFACTほどのへヴィさは無いが
そのかわりDir en greyっぽいダークさを持った“Mechanized Emotion”が
俺は好きだった・・・!最早この方向性は望むべくも無いのだろうか!?



オフィシャルで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 KAERU、 Motorcycle chase、
Yearnings of the Wind、Desperate Struggle、
Showdown with Magus、







もどる


inserted by FC2 system