Pay money To my Pain







"Another day comes"




日本のラウドロック、メタルコアバンドの1stアルバム。


マキシマムザホルモンナイトメア、GALNERYUSが所属しことごとく
アニメとタイアップさせられる
ご存知アニソンレーベル、Vapから
メジャーでアルバムを出しているバンドで、やはり何かのアニメに
曲を提供させられている(笑)。
音楽的には古い言い方をすると
叙情派ニュースクールハードコア、今風の言い方をすると
メタルコアスタイルを貫いているがラウドロック、モダンへヴィネス的な
要素も強くメタルコアとラウドロックの間を行ったりきたりしているような
雰囲気だと言えるだろう。歌詞は全て英語でなかなかに本格的だな!
ちなみに彼らもPUNKSPRING 08への出演が決まっている。

1曲目はピアノによる暗いイントロに始まりギターもクリーントーンの
アルペジオ、そしてか細いトーンで叙情性を演出、その後
へヴィなバンドサウンドが登場!ヴォーカルはパンク的クリーン歌唱
英語詩を歌い上げるぞ。スクリームも勿論登場する!
全体的にはメタルコアというよりもスクリーモ寄りだな。
2曲目はメロデス的疾走を見せるがサビはクリーンVoでスローになる
典型的メタルコア、スクリーモスタイルの曲だ。3曲目もゴリゴリした
へヴィリフ
が聴けるがこの曲はどちらかといったらSLIPKNOT的な
ラウドロック的硬質さ
が感じられる。4曲目もラウドに爆走するぞ!
デス声は加工された感が強い声だがアグレッションはあるな。途中の
ビートダウンモッシュパートではなぜかスクラッチ音みたいな音も聴こえる。
5曲目もラウドな曲で途中マリリンマンソンの“THE FIGHT SONG”みたいな
パート
も出てくるぞ!6曲目はうってかわってピアノと語りで始まる
静寂さが現れその後インダストリアル的なアレンジとなる。
7曲目もメタルコアというよりはラウドロック的な雰囲気の曲で
スローテンポの気だるい雰囲気が遅れてきたニューメタルってな
塩梅で一昔前のアメリカのメタルシーンを思い出す(爆)。
8曲目はDir en greyの“CLEVER SLEAZOID”のイントロみたいな
シャウト
で始まるがその後はベース主体のバッキングがこれまた
ニューメタル的な雰囲気を演出するスロー、ミドルチューンである。
シャウトの質感もDirっぽいかもしれんな!?9曲目はクリーントーンの
ギターとアコギがバックを固める叙情エモバラード。サビから
バンドサウンドも入り盛り上がるぞ。


アルバム前半はスクリーモ色のあるメタルコアで楽しめたが
中盤以降はなぜかニューメタル系のへヴィながらタルい曲ばかりに
なってしまったのが何とも歯がゆいところじゃのう!全編スクリーモ、
メタルコアスタイルで貫き通してもらいたかったわい!
まぁ実力はありそうなので今後に期待できるバンドだと言えよう!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 79% お気に入り曲 Paralyzed ocean、
Unforgettable past、Lose your own、The sun, love and myself







"after you wake up"




日本のラウドロック、メタルコアバンドの2ndアルバム。


クサさキラキラしたシンセ、メロデス、メタルコア、テクニカルデスコア、
カオティックコア
今流行の要素を取り入れる事無くモダンへヴィネス系のグルーヴ
重視した本格的なラウドロック、スクリーモを聴かせてくれる国産バンドの2作目のアルバムである!
ともすれば時代遅れのレッテルを貼られる事にもなりかねんスタイルを追求しているがその分媚びが無く
全編英語詩でクリーン、デスVo共に本格的なヴォーカルと相まってかなりの洋楽思考バンドだと言えよう・・・!

1曲目はデリデリしたギターに始まりモダン系のへヴィでグルーヴィーなバンドサウンドが登場、
ヴォーカルもデスVoで一発シャウトするが基本はクリーンVoでブリッジからスクリーモ然とした
シャウト
が聴けサビは再びクリーンVoになる王道を行くラウド/スクリーモ系の作りだな。
ベースラインも響いてくるのう・・・!2曲目はアグレッシヴなへヴィリフ、手数多いドラム
幕を開け疾走開始!ヴォーカルは高音で喚くような絶叫を披露し主にグルーヴィーなパートと
爆走パート
のみで展開、途中ビートダウン風のパートも顔を出しメロディー要素は皆無
極めてアグレッシヴである!3曲目はモダンでグルーヴィーなバンドサウンドが聴け
気だるいクリーンVoが登場、ミドルテンポでへヴィながらも淡々としたニューメタル要素
強い曲だな。後半でワウをかましたギターも聴けるぞ。4曲目は退廃したムードから
クリーンギターが叙情性を演出するスローテンポのパワーバラード風と言えそうな曲。
中盤でアコギ、壮大なティンパニが登場しエモさが増強されるのう・・・!5曲目はどこか
ポストロックに通じる静寂ムードがありクリーンギター、エフェクト掛かったスローなドラムが
空間系の要素を感じさせるインスト。6曲目はモダンへヴィネス然とした邪悪なへヴィリフ
ラップ風のヴォーカルが乗りそして軽快さを見せるSlipknotっぽい曲だ!ラストでは高音絶叫
聴けるぞ!7曲目はアグレッシヴさを期待させるへヴィサウンドが聴けるもやはりグルーヴ主体の
ミドル/スローテンポ
でヴォーカルもヒップホップの影響下にあるニューメタルスタイルで
ノリは良いな・・・!そして絶叫も登場し途中から疾走開始!演奏も音作りも本格的なんで
もっとこういうファストチューンが聴きたい
のう!8曲目はクリーンギター、軽めのバンドサウンドが
エモ的なムードを醸し出す穏やかなバラード系の曲。9曲目はこれまたクリーンギター、クリーンVoが
気だるい雰囲気を演出する穏やかな叙情スローバラード。中盤からへヴィサウンド
顔を出すがテンポ、ノリ、ムードは変わらずパワーバラード的な作りになるだけである。


今時珍しくメタルコア的なムードが無くグルーヴィーなニューメタルスタイルが主体となっており
疾走チューンもある事はあるが少なく基本はミドル/スローでグルーヴ重視の姿勢をとり
ギターソロも皆無と、極めて潔い姿勢を見せており非常に硬派な部分は好感持てるのう!
ニューメタルとしては叙情性が強くこの辺りが日本人らしい所で悪くは無いが個人的には
爆走チューンももっと聴きたかったわい・・・!気だるくムーディーで軽いバラード系
やけに多くこの辺でダレを覚えるのも課題だな。ソロは皆無だがバンドサウンドはタイトで
音楽的にも極めて本格的
なんで余計に期待してしまうなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 Position、Terms of surrender







"Remember the name"




日本のラウドロック、メタルコアバンドの3rdアルバム。


今時珍しくメタルコア要素の無いグルーヴ重視のミドル/スローテンポラウドロック、
ニューメタル
を本格的な海外バンド色濃いサウンドでプレイする国産バンドの3作目である!
前作までは叙情性が濃くもよくあるニューメタル、モダンへヴィネスから脱却し切れておらず
タルいスロー曲、穏やかなバラードも多くダレを覚える箇所も多かったが本作はちょいと
方向性が変わり壮大なムードを醸し出すようになった感があり、部分的にストリングスや
アコギ、コーラス、電子音
も使うようになり知らんうちに引き出しが増えたのだろうか!?
ヴォーカルも絶叫シャウトは減退したがクリーンVoは表現力が増しており確かな成長が
感じられるな・・・!ちなみに本作には通常盤DVD付きの初回盤があり、通常盤には
ボーナストラックが1曲収録されておりまぁぶっちゃけヴィジュアル商法以外の何者でもない(爆)。

1曲目はデリデリしたギターとクリーンギターが交わりさらに珍しくストリングスも登場、
叙情的に盛り上がり
そしてバンドサウンドが登場しへヴィ過ぎない音作りでメロウな
ラウドロック
を展開、アレンジが結構凝っておりアコギも顔を出したりサビで再びストリングスが
顔を出したりスケールのデカいコーラスも聴けたりと練り込みが見られるのう・・・!2曲目は
クリーンギターが聴けつつアグレッシヴなバンドサウンドも登場し疾走、ヴォーカルの声質は
スクリーモっぽいムードを放ちメロディー重視でテンポダウンするパートはやはり壮大な
要素
を感じさせ日本人らしい感性洋楽思考サウンドが融合したかのような印象を受けるな・・・!
途中でラップ風の絶叫シャウトも畳み掛け穏やかなパートも続き後半ではコーラスも聴けるぞ。
3曲目はどこか軽快なノリを持った曲でダンサブルと言えそうなリズムが印象的な曲だ。
中盤以降でアコギ、デジタルリズムも顔を出すぞ。4曲目はへヴィ寄りではあるがゴリゴリ感は無く
どちらかと言えばスクリーモ寄りのムードを醸し出しており途中でやはりクリーンギターの
穏やかなパート
が登場するミドル〜アップテンポ曲。中盤から後半にかけてアグレッシヴに
疾走する
箇所もあるがやはりメロウな部分が強いな・・・!5曲目は電子音シンセで幕を開け
なぜかニューウェイヴ風のスカスカで怪しい音作りが見られるこれまでにない楽曲だが
加工された絶叫シャウトも登場、一応はアグレッシヴさもありサビはストリングスリフ
バックで鳴りキャッチーな部分があるな。後半でパーカッシヴなドラムソロ(?)になるぞ。
6曲目は早速の絶叫、ツーバス連打メタル色濃い曲調になりリフもメタルコアに通じるハモリで
ヴォーカルはファルセットも効果的に駆使したキャッチーなクリーンだ。7曲目も
電子音シンセ交じりだがメタリックなギターフレーズが聴けモダンな要素の濃い
アグレッシヴなアップテンポチューン
になるぞ!ヴォーカルはデスVoだがサビはやはりクリーンだ。
中盤でトランス系のデジタル音も顔を出しデスVoコーラス(?)も登場だ!8曲目はこれまた
モダンなムードの強い曲だがリフはメタルコア寄りでヴォーカルは高音絶叫で
捲し立てそして爆走!
サビはスローで例によってクリーンVoになるがこの曲はモダンへヴィネスではなく
かなりメタルコア寄りになっているな・・・!通常盤のみのボーナストラックである9曲目は何と
パンク、ハードコア色濃いデリデリしたギターリフで爆走!ヴォーカルは絶叫で喚き散らし
実にアグレッシヴである!中盤でビートダウンスラムダンスを誘うノリになるぞ!
10曲目は前作までにもよくあったクリーンギターが穏やかなムードを醸し出すスローバラード。
11曲目はこれまたクリーンギターが穏やかでソフトな質感を見せるスロー曲だ。12曲目は
スクリーモ寄りのバンドサウンドが湿り気を纏いつつも多少のHM/HRムードを出しエモーショナルに
展開
するミドル〜アップテンポ曲。13曲目もエモ的な要素を持った曲でバンドサウンドは途中から
メタリックさを出すが攻撃性は無くメロウな要素が強いな。14曲目も
アコギが穏やかさを出すスローバラード。


これまでの叙情派ラウドロック/ニューメタル的な部分が若干鳴りを潜めその分
壮大なスケール感を増しており、アレンジもより練り込まれ様々な要素を曲に取り入れており
良くも悪くも海外バンドのフォロワー然としていた過去2作と比べて個性を身に付けたと
言えなくは無いだろうか!?
今時珍しい無骨で硬派なモダンへヴィネスが聴きたい
リスナー
からしてみればへヴィさの減退した本作はアゲインストかも知れんがアルバム中盤で
メタルコア色を増したアグレッシヴなへヴィチューンが顔を出すので一応は安心か!?
まぁその後はアコギのタルいスローバラードばっかになっちまうけど(爆)。多用さを増した
個性的な音
が聴きたいならば楽しめるだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Weight of my pride、13 monster、Atheist、
Wallow in self pity、Greed







"gene"




日本のラウドロック、メタルコアバンドの4thアルバム。


これまで着実に活動を続けてきたが、去年にシンガーが急逝してしまい現在は
フロントマンが不在の状態になってしまっておる・・・!本作は既にヴォーカルを
取り終えていた曲
に加えインスト曲、それと名の知れたゲストシンガーを数人迎え
レコーディングされた曲
で構成された、およそ3年振りにリリースされた
通算4作目のフルアルバムである!


1曲目はアトモスフェリックなムード漂うイントロで、続く2曲目はいきなりのブラストビートで
アグレッション
を見せ付けるも音作り自体はどちらかと言ったら激情ハードコア寄りで、
リフワークもブラックメタルライクなトレモロなんだがヴォーカルのシャウトは
やはりスクリーモ系じゃのう・・・!
サビは勿論クリーンVoになり、中盤は穏やかな
エモさ
を見せつつシンガロングも聴けるぞ。3曲目はラウドロック要素を増すも早い段階で
キャッチーなクリーンVoが顔を出し疾走するエモ、スクリーモ的な曲調になるな・・・!
4曲目もラウドな音作りだが、ちょいとカオティックな印象もありヴォーカルの乗り方も
面白さを感じさせるな。
5曲目もまたどちらかと言ったらラウドロックなノリを感じさせる曲
CrossfaithのKenとTeruが参加、6曲目もラウドな中にスクリーモ系のギターが乗りアップテンポで展開、
WAGDUG FUTURISTIC UNITYKYONOがヴォーカルを披露しているぞ!7曲目はエモ寄りの
穏やかな出だし
と思わせてアグレッシヴなシャウトと共にラウドに疾走!
8曲目はクリーンギターに始まり叙情ハードコアライクな壮大さを演出、これまでで初の
スロー曲
となっておりcoldrainのMasatolynch.の葉月ヴォーカル参加している!
9曲目はやけにソフトなコーラスで幕を明けるエモ寄りの淡々とした曲。デジタルシンセも
味付け程度
に顔を出しヴォーカルもクリーンオンリーである。10曲目は淡々としたドラム
幕を開けラップも登場、タルさのあるスロー曲でサビもオシャレ感が目立っているなぁ・・・!
RIZEのJESSEが参加しているようだ。11曲目もクリーンギターメインの穏やかで大人しいスローバラードで、
ONE OK ROCKのTaka日本語で歌いらしさを発揮しているな。ギターソロが
なかなかにエモーショナルだな。12曲目もどこかエモ要素の感じられるマイルドなスロー曲。


フロントマンの死去、著名ヴォーカルのゲスト参加云々を抜きにして良質の1枚である!
アルバム前半の流れが良くどれもアグレッション満載ラウド、スクリーモスタイルの
エクストリームメタル
疾走感、勢いと共にキャッチーさも内包しており捨て曲皆無の
強烈な仕上がり
を見せているんだが、例によって例の如くアルバム後半になるとスローダウンし
微妙な曲、あからさまな捨て曲
が目立ち始めてしまうのう・・・!同じスローチューンでも
8曲目のようなドラマティックな激情ハードコア系ならいいのになぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Sweetest vengeance  Last wine  Truth fragile
Respect for the dead man  God drive  Invisible night 〜murderer〜







もどる


inserted by FC2 system