Pizuya's Cell







"Eternal Circle Nine"




日本のメロデスミュージシャンによる1stアルバム。


これまた“上海アリス幻樂団”の楽曲のカヴァーで
同時期にリリースされたPXPのミニアルバム同様トランス系のシンセ入り
メロデス
にアレンジされている。本作もやはり多くのミュージシャン同様
インストアルバムでデス声が聴きたい俺としては物足りない感もあるが
まぁしょうがない。プロダクションは自主制作っぽさが残っているものの
へヴィさはそれなりにあるな。

ピアノによるメランコリックなイントロに続く2曲目は
へヴィなリフがグルーヴ感を演出しベースも唸り
トランス的なシンセが主旋律を奏でるスローテンポチューンである!
のっけからスロー曲とは度胸あるのう!(爆)3曲目も
イントロでベースが唸りまくるへヴィなスローチューンだ!
メロデスというよりドゥームではないのか!?
そして4曲目でようやく疾走開始!トランシーなシンセが
主旋律を奏でギターはメロデス的リフを刻みへヴィかつ
アグレッシヴに展開していく!5曲目もメロデスのリフで
疾走するぞ!ドラムの音は打ち込みだが生々しさが感じられて
良いな。主旋律はもちろんトランスシンセだ。
6曲目も同じような疾走メロデスだが途中ピアノによる
メランコリックな間奏
がありそこが聴き所か!?
7曲目はうってかわってリフが消えどちらかといえば一昔前の
ヴィジュアル系
の如き軽めのアレンジが施されたアップテンポ曲で
主旋律はやはり同じ音色のシンセが奏でている。
こういうアレンジになるとこれまでの楽曲がへヴィさで
アレンジ面の弱さをごまかしている・・・主旋律がシンセの
音色一つのみでオブリガードが一切使われていないと言う
欠点が浮き彫りになってくるなぁ・・・!8曲目は再び
ギターリフが登場し疾走する曲である!メロデス的な
リフではなくハードロック寄りのリフなのが特徴だ。


PXPがデスメタルとトランスを融合させようと試みている感が
あるのに対しこっちは主旋律をトランスシンセが奏でるのみで
融合させようという感じではない。ギタープレイはソロはおろか
リードプレイも皆無でリフオンリーだが問題点は特に無い。だがアレンジ面で
主旋律を終始同じ音色のシンセが奏でるのみというのは
疑問符がつくわい・・・!へヴィさで隠されているが
上記したようにアレンジは弱くまた曲調も速いか遅いかの
違いのみで基本的にはワンパターンだという欠点もあるな。
もうちょい曲を練りこんでもらいたかったわい・・・!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 67% お気に入り曲 Tropical Trick、
Bloody Flower Connection、Sadistic Dealings







"SYMMETRY BURZUM"




日本のメロデスミュージシャンによる2ndアルバム。


去年の暮れにインディーズデビューした新人ミュージシャン
音楽的にはENTER SHIKARIBLOOD STAIN CHILDの系譜に位置する
トランスの要素を導入したメロデス、メタルコアだったのだが
前作は練りこみが足りずアレンジの甘さが目立ちお世辞にも
良い出来とはいえなかったのだが2作目となる本作は早くも
前作の欠点が克服されリフ、メロディー、アレンジ共に
メタラーを満足させるに至るクオリティーを身につけているぞ!
ちなみに同時期に新譜をリリースしたMyonMyonの中の人
ベースをプレイしており、さらに1曲のみヴォーカル入り
あとはインストとなっている。

メランコリックなピアノが聴ける長いイントロに続く2曲目はさっそく
ピロピロしたメロデス、メタルコア的ギターが登場しトランス的シンセ
共に疾走開始!リフやアレンジが前作と比べて飛躍的に向上しているぞ!
中盤のもろトランスなシンセ、その後の叙情リフも面白い!
3曲目もシンセが目だったメタルコアでENTER SHIKARIや
BLOOD STAIN CHILDの流れを汲む聴き応えのあるトランスメタルコア、
レイヴメタルである!途中はハモンドっぽい音色のシンセも登場、
さらにトランスシンセが乗ったモッシュパートも顔を出すぞ!
4曲目もトランス的なシンセが目立ったへヴィなメタルコアだ。
シンフォニックさすら感じさせる大仰なシンセが良いな!アレンジ、
ギターリフも前作とはまるで別バンドのようだ・・・!
5曲目はシンセと共にさっそくアグレッシヴに爆走する!
プロダクション的にシンセが主体でリフが目立っていないのが
残念だがブルータルさはまぁ出ているな。6曲目はノリの良い
メタルコアリフ
に始まりシンセが聴き覚えのある有名なフレーズ
(この界隈限定で)を奏でるミドル〜アップテンポ曲。
7曲目もシンセと共に疾走するがこの曲は女性ヴォーカル入りだ!
アグレッシヴなメタルコア、メロデスリフに乗る女性クリーンVo!
MyonMyonの新譜もメタルコアに女性クリーンVo入れていたが
それと同様のアプローチだな。メタルにはあまり向いていない
声質
だが下手ではなく頑張っている。珍しくギターソロも聴けるぞ。
終わり方はかなり唐突だな。8曲目は完全トランススタイルのシンセで
始まりどちらかと言えばオルタナ系の雰囲気を感じさせるギターリフが登場、
全体的にラフなアレンジいかにもボートラって感じだが
ボートラではない(笑)。ラストはイントロで聴けたようなピアノで終了する。


ギターリフ、バックのアレンジ等前作と比べてかなり成長しており
このレベルなら十分シーンの中でも頭角を表わせよう!
上記したようプロダクション的にシンセがかなり前面に押し出されており
ギターソロが少なくリフも若干埋もれ気味なのが気になるが
全体的には自主制作としては良いほうだろう。それにしても
最近の上海アリス幻樂団カヴァーはメロデス、メタルコア系
流行っているんだろうか!?LOUD PARKの影響なのか!?(笑)
詳しくは判らんがそうなるとデスヴォイスを操るシンガーの不在
気になってくるな・・・!そろそろカラオケで2時間ぶっ続けで
デス声出しても声が枯れない俺の出番か!?(爆)
まぁこれは冗談だが、
実際このシーンは上手い女性ヴォーカルこそ山ほどいれど男性Voは
圧倒的に少ない
からな・・・!ましてやデス声を得意とするシンガーと
なるとほぼ皆無と言っていいだろう!有名なのは堕武者グラインドくらいか!?
誰かこれ読んでるデスシンガー、スクリーマーいたら
彼らにヘルプしてやってくれい!(爆)



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Desire、To Night Illusion By Fire、
Trick this Trick、Pholus5150(from Kuiper belt)







"Bibamus,moriendum est."




日本のメタルミュージシャンによるピアノアレンジアルバム。


最近はMyonMyon氏とのコラボレコーディングエンジニア、
マスタリング作業
が目立っているPizuya氏による最新アルバムは
やはり上海アリス幻樂団カヴァーではあるがメタルではなく
完全ピアノアレンジアルバム
である!本作の前にも
この試みで一枚出しているが、頭からケツまで一切
混じりっ気の無い、完全なピアノアルバムでしかも
東方という事で下手すると即効で聴き飽きてしまう
恐れがあるのう・・・!一体どうなってしまうんだ!?(爆)

そんなわけで音楽的にはショパン的クラシックスタイル
いうよりはどこか穏やかかつ明るい、ラテンというか
ラウンジ系フュージョンと言うべきか、そんな感じの
気軽に聴けるBGM風の雰囲気があり、まさに集中して
聴き込む
のではなく何かしながらのバックミュージック、
小洒落た食い物屋
がBGMに使っててもおかしくない様な
雰囲気があるのう・・・!1曲1曲の短さもそんな感じだ。


終始大人しく穏やかかつ聴き心地の良い生ピアノが鳴っており
メタラー的にはやはり好みのスタイルではないが、
やはりメタルで高い基礎的音楽能力を身に着けているだけに
こういったアレンジをやらせてもサマになっているって
訳じゃのう・・・!かつてDEVIN TOWNSEND「パンクスに
メタルはできねぇけど、メタル者はパンクなんて簡単に
出来るんだよ」
等と豪語してコンセプトアルバム1枚
つくっていた
がピアノアレンジもメタラーにとっては
それほど難しくないのだろうか!?いや音の絡みが
複雑でこれはこれで難しい
んじゃなかろうか!?
まぁ俺みたいな素人がいくら考えても無駄だが、
個人的に欲を言えばどうせピアノアレンジなら年明けに
いきなり深夜でやっててついつい付き合っちまった映画
“4分間のピアニスト”
のラストで観れた様な激しい
パーカッシヴ的な現音要素
のほうが好みかも知れんのう・・・!
あの映画は地味で暗くつまらんかったがあのシーンだけは
見る価値があったなぁ(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 魔法図書館で劫臈を経る







"Violet Lotus Requiem"




日本のメロデスミュージシャンによる3rdアルバム。


MyonMyon氏とのコラボエンジニア業でも知られるPizuya氏による久々のアルバムで、
CROW`SCLAWの新譜と共にリリースされた1枚である!本作もまた例に漏れず東方アレンジ、
上海アリス幻樂団カヴァー
となっており音楽性としてはピアノ、ストリングスを大々的に取り入れた
フィメールシンフォニックゴシックメタルとなっておりちょくちょくリリースしていた
ピアノアルバムの成果がここに来て現れたのかメタルコア、メロデススタイルからさらに
ミュージシャンとして歩を進めたかのような、一皮向けた印象があるのう・・・!

1曲目はストリングスリフにうねるデジタル音で始まりへヴィなバンドサウンドも登場、
鐘の音も響き女性Voはこのシーンによくあるタイプのアニソン系の声質を持っているが
音楽性はWITHIN TEMPTATION等に近いフィメールシンフォゴシックでサビの歌唱は
LIV MOON的なコケティッシュさがあり歌唱力は高く意外にマッチしておるのう!
2曲目は湿り気を帯びたピアノに始まりストリングスも盛り上がりを見せる叙情的な
シンフォゴシック
だ。重なり合うサビのバックで聴けるストリングスのオブリが良く
後半の静寂パートもエモーショナルである!3曲目はストリングスで始まりピアノも登場、
バラード的な色合いを持った叙情的な曲でヴォーカルの歌唱力の高さが判るのう・・・!
フルート系の音色も良くサビはこれまたヴォーカルが重なり合いを見せ哀愁を放つぞ。
4曲目はモダンへヴィネス系のリフにシンフォニックなストリングスが切り込み大仰な
ムード
を醸し出しヒステリックなムードシンフォブラックに通じるものがあるが
なぜか媚びた声のシンガロングは音楽性に合っておらず不要だなぁ・・・!サビはどこか
ALI PROJECTっぽいメロディーを淡々と歌いギターソロはワウを効かせたメロディー重視の
プレイでCROW`SCLAWに通じるものがあるな。5曲目はここに来てなぜか脱ゴシックし本来の
メタルコアいうかニュースクール系のスタイルに戻りヴォーカルはYAMAGEN氏がとっており
シーン屈指のデスVo、クリーンVo双方を披露、エモ、スクリーモ的なムードもあるが
途中ストリングス、ピアノも登場しこの辺はゴシックの流れか!?6曲目もメタルコア、
ニュースクール的なムード
を持った男Voの疾走チューンでやはりクリーンVo、デスVo双方が
聴けアコギによる穏やかなパートも顔を出しギターソロはメロディアスだな。7曲目はさらに
音楽性が変わりピアノ、アコギ、女性Voが穏やかなラウンジ、フュージョン的静けさを演出、
その後ストリングスも顔を出し脱メタルしたスタイルになるのう・・・!8曲目は3曲目の
ヴォーカル無しカラオケヴァージョンで9曲目は7曲目のカラオケだ。


CROW`SCLAWの新譜と揃って叙情性、エモーショナルさを追求したのかどうかは知らんが
モダンな要素を持ちつつもメロウさが前面に押し出されており、CROW`SCLAWがオルタナ、
エモ、グランジ系のスタイル
になったのに対しこっちはシンフォニックゴシックの様相を
醸し出しておりメタラーに喜ばれるのは本作のほうだろう・・・!だがアルバム中盤で
なぜかニュースクール・ハードコアと化しライヴでモッシュ、テコンドーを誘う空気が
プンプンと放たれさらにラウンジ系の叙情非メタルチューンもラストに待っており
正直ゴシックメタルと呼べるのはアルバム前半だけだが俺が一番ガッツポーズ出来たのは
ニュースクールチューンの5、6曲目だったのは公然の秘密だ(笑)。叙情性を放つ
オーケストレーション、ピアノのアレンジは非常に良いのでニュースクール、メタルコア
シンフォニックな要素を取り入れたらさらに凄い事になりそうじゃのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Lost sacrifice、Violet Lotus Requiem、
CAPTAiN ZOMViE、A Light In A Darkened ESOTERIA、H,S,T,N







"Merciless Lazuli Rose"




日本のメロデスミュージシャンによる5thアルバム。


ここ最近はコンピレーションアルバム等への楽曲提供をしたりピアノアルバムを
リリースしたりといった活動
が目立っていたPizuya's Cell通算5作目にあたるアルバムで、
本作もまた言うまでもなく東方なんだが数多くのゲストミュージシャンを呼びシアトリカルな
シンフォニックゴシックメタル
をプレイしており自らシネマティックメタルと名乗っているようだ・・・!
女性Voはアニソン色濃い声質でどうにも好みではないがその一方で何とBLOOD STAIN CHILDに
新たに加入した女性シンガーSOPHIA嬢
も参加しておる!まぁ上手くは無いシンガーなのだが・・・!(爆)

1曲目はノイジーな音ピアノ、モダンなへヴィサウンド不吉なムードを
演出し女性Voが登場、
加工された声とクリーンな声が交互に顔を出しストリングスをバックに
壮大なメロ
を歌い上げるスローテンポのシンフォニックインダストリアルゴシックメタル
展開するぞ!ギターソロは流麗さがあるな。2曲目はストリングス、ピアノモダンというよりは
エモ的なムードを持ったバンドサウンドに抑え目のアニソン声質女性Voが聴けアップテンポで
キャッチーに展開、ギターソロはエモーショナルなプレイストリングスアレンジも良いな。
3曲目はストリングス、ピチカート、ピアノシアトリカルなムード
醸し出すインストで4曲目はインダストリアル的なデジタルサウンドモダンな
へヴィサウンド、ヒステリックなストリングス
ダークながらノリの良さを醸し出し
六弦アリスに通じるムードを見せるのう・・・!シンフォニックな壮大さを持った
インストパート、流麗なギターソロも聴き所じゃ!5曲目はピアノが叙情的なムードを醸し出すインストで
メロディーは聴き飽きたフレーズ集中力が途切れてしまうのが惜しいな・・・!
6曲目もまたインストで重厚なチェロ、不協和音を見せるピアノカオティックに絡み合う
ミステリアスな曲調になっており途中からオーケストラ壮大な盛り上がりを見せるも
その後のストリングスがまた東方フレーズだな・・・!7曲目はピアノで幕を開け重厚なチェロが切り込み
モダンなバンドサウンドも登場、BLOOD STAIN CHILDのSOPHIA嬢がヴォーカルを
とっており上手いシンガーと言う評判は無いがやはりメタルバンドに加入するだけあって
アニソン的な媚びは無くこういう音楽性にはこういうタイプのヴォーカルのほうが
向いている
と言えるだろう!安心して聴けるな(笑)。ギターソロはテクニカルなトリッキーさを見せ
バックのアレンジも不協和音が何とも怪しいムードを醸し出すがカオティックにはならず
緻密に計算された音の並びを見せておる!8曲目はロマンティックな泣きの
ストリングス、アコギ
デジタルリズム、しなやかな女性Voが聴けるバラード系の楽曲だ。
サビはソプラノ系のファルセットで歌い上げアニソン要素を持ちつつも歌唱力の高さを見せているな。
9曲目は穏やかなピアノで幕を開けモダンなへヴィリフ、ソプラノスキャット、クワイア風の
が登場しゴシックメタル的なサウンドを見せる重厚なスローチューンだ。
やはりヴォーカルだけが音のマジさ加減付いて行けていないなぁ・・・!後半のクワイア、
ストリングス
はかなりシリアスでドラマティックなムードを醸し出しているぞ!10曲目は
ピアノ、ストリングスがメロウかつ神聖な空気を見せるシンフォニックな曲でSOPHIA嬢のヴォーカルは
どちらかと言ったらポップス系の声質なんだが媚びは無いのでやはり安心感があるな。
まぁホンマモンのオペラシンガーが歌ったらもっと凄くなっただろうが・・・!
11、12、13曲目は1、2、10曲目のカラオケヴァージョン。


一応は東方アレンジではあるが緻密で壮麗なアレンジがメインのフィメールシンフォニック
ゴシックメタル
と化しており原曲のムードがまったく感じられないのが好印象である!
オーケストラアレンジが相当に練り上げられておりバンドサウンドもモダンながら
エモい湿り気、叙情性を内包しておりシアトリカルなムードも満点、シネマティックメタルの
名に恥じぬハイレベルなクオリティー
を有しておるわい!東方っぽさも皆無なんでこりゃ
東方だからと敬遠するのは惜しい1枚だと言えるだろう!曲間に挟まれるインストの
小曲
も過去のピアノアルバム等で鍛えられたのかシアトリカルさの増強に一役買っているな。
それだけにアニソン色濃い女性Voだけが個人的には勿体無く感じられるのう・・・!
こういう本気の音楽性だからこそヴォーカルは本格的なオペラやミュージカルの素養を持った
媚びの無いシンガーに歌ってもらいたかったわい!MARIO'†CHILD、AmbrosiaのMicaiah嬢が
最適な人員
なんで次こういうアルバム作るなら是非とも彼女に声を掛けて頂きたいものだ・・・(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Losing your season  Plastic mind feat  SUPER HOPPING VAMPIRE
Dizziness  Merciless Lazuli Rose  DESIREDRIVE







"EXCELSIOR"




日本のメロデスミュージシャンによる6thアルバム。


本来はメタルミュージシャンなのだがそれ以外にも幅広いジャンルの素養を
持ち合わせており
過去にはピアノアレンジのアルバム等もリリースしていたが
本作はクラブジャズ系のアレンジが施された1枚である!ぶっちゃけ前知識無く
普通にメタルと思い込んで勢いで買ってしまったんだが(爆)
そこは流石に
実力派ミュージシャン/アレンジャーだけに非常にこなれた、洗練された
クオリティー
を見せており楽器類も可能な限り生音を使用しておりドラム以外の
バンドサウンド
は元よりフルートやサックス、ヴァイオリンチェロも生音で
ヴォーカルは音楽性にマッチした気だるさを持った確かな歌唱力のある女性Voだ。

1曲目は優雅さのあるストリングスで幕を開け打ち込みデジタルリズムに
女性Vo
が登場、落ち着いたオシャレ感を放つポップス系のムードが漂っているが
バックで流れるストリングスアレンジが実に良いのう・・・!ピアノソロや
フルートソロ
アコギソロも後半付近で顔を出すぞ!2曲目はオシャレ感漂う
サックス
がどこかゴージャスなムードを醸し出しているがヴォーカル等基本は
ポップス系で聴き易さがあるのう・・・!
ストリングスも優雅さを見せているな。
3曲目は淡々としたピアノが聴けストリングス、フルート、デジタルリズムも登場、
フルートの音色を無理矢理プログレと解釈して楽しむ事も出来そうなインスト
4曲目はデジタル系のベースストリングス、ピアノが乗り女性Voも登場、
加工された変な声のような音もバックで畳み掛け流行りの四つ打ちリズム
ダンサブルさを見せているがサビは華やかなポップス要素が見られるぞ。
5曲目はジャズと言うよりは歌謡曲然としたクサさを見せるストリングス、チェロの音色に
ソプラノ系のしなやかさを持った歌唱を見せる女性Voが聴けるメロウな叙情バラード系
クサメタラー的にはこういう曲がやはり好みだな(笑)。ヴォーカルもこういう歌い方の
ほうがええのう・・・!
中盤のストリングスメロクサくたまらんなぁ・・・!
バックではパーカッションも部分的に聴けピアノソロも顔を出すぞ。6曲目はまたピアノで
幕を開けストリングスも登場、
実に優雅なムードを醸し出しやはりクサさも見せるが
サックスはジャズ的でヴォーカルが入ると同時に穏やかなポップスと化し歌い方も相当に
媚びたスタイルで好みからは遠ざかってしまう
のう・・・!7曲目はピアノ
デジタルリズムが聴けオシャレ感無機質さ、テクニカルさを見せるインスト。
8曲目はどこか明るく華やかなフルートが聴けヴォーカルもポップス、アニソン的ながら
大人っぽい(?)歌い方を見せるNHKみんなのうたオシャレジャズが入り混じったかのような曲だ!
ストリングスはやはり壮麗フルートソロも顔を出すのう・・・!9曲目はストリングスと
打ち込みデジタルサウンド
が絡み気だるい歌唱のヴォーカルが聴けるマイルドさのある
アレンジ
聴き飽きたメロを披露するミドル〜アップテンポチューンアコギソロ
顔を出すぞ。10、11、12曲目は1、2、5曲目のカラオケヴァージョンである。


クラブジャズでさらに東方という事ですわ失敗か!?と思いきやこれがどうして
非常に高品質なアレンジが施された実にクオリティーの高いハイレベルな1枚
勿論メタルどころかロック要素もプログレ要素も無いのだがバックのアレンジが
実にこなれておりストリングスやホーン系の音色オシャレに絡みつつジャズ特有の
技工のひけらかし
には走らず女性Voのおかげかいい意味でポップスの領域に
踏みとどまっており
実に耳障りの良い仕上がりを見せておるわい!とはいえ個人的に
好みという訳ではないが(爆)、
ジャンル問わず質の高い音楽が聴きたければ
一聴の価値は十分にある
だろうな・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 スペクタクルドリーム  忘却の未来







もどる


inserted by FC2 system