ぱっちりひつじ







"ゆめにっき 1"




日本の変態メルヘンチックプログレッシヴメタルバンドによる1stアルバム。


ふざけた名前だが好き者の間で話題を集めつつある国産変態プログレメタルバンドで、音楽的には
MARGE LITCH、TERU'S SYMPHONIAを近代的にアップデートしたかのような空気を発散する、
2010年以降のお城系プログレと言いたくなるような怪しいメルヘン要素を見せており、それでいて
プログレメタル的なテクニカルな構築美を誇り、さながらジャパニーズ・ギーク的感性のA.C.T、
メルヘン化してデスメタル要素を減退させたAILIPH DOEPA
と言った所だろうか!?
まさしく見た目はファニーで中身はグロい、サウスパークや
ハッピー・ツリー・フレンズをHM/HRで再現した
ようなモンである!(爆)

1曲目は民族的な怪しさを放つリズム、AILIPH DOEPAがやりそうなコーラスに続いてシンセ、ギター等が
プログレ的な空気を放ちつつメルヘンチックなムードを演出、ジャリのような女性Voは個人的に
苦手だがA.C.Tっぽさがあり低音男Vo、メロトロンも聴け、中盤はデスVoと共にヘヴィな展開
見せてくれるのう・・・!後半のハモンドクサさがありギターソロもエモーショナルである!
2曲目は音作りは完全にプログレメタルだが、女性Voが童謡ライクで好き嫌い分かれそうだな・・・!
俺も苦手な方向性だがバンドサウンドは良くギターソロも聴き所だ。3曲目は牧歌的な雰囲気の中に
凄まじくテクニカルなリズム
を繰り出すプログレメタルで、やはりヴォーカルがジャリ向けなんだが
そこに目を瞑ればガチのプログレメタルじゃのう!4曲目はピアノ、少しはマトモになった女性Vo
哀愁、叙情性を放ちメタルサウンドも登場、中盤の怪しげなコーラスワークAILIPH DOEPAっぽいな。
5曲目は叙情プログレらしいシンセ怪しい男女ツインVoが聴け胡散臭さも醸し出される
怪奇的なスロー曲で、6曲目はヘヴィリフコミカルさが乗りつつ相当に怪しく展開、
男女ツインVoもクサさを見せつつAILIPH DOEPAっぽい印象もあるぞ!7曲目はA.C.Tを髣髴とさせる
シンセが目立ちHM/HRな音作りながらヴォーカルは童謡丸出しで実にこっ恥ずかしいのう・・・!
8曲目は80年代アメリカンHMのようなギターリフ胡散臭いVoが登場、9曲目はピアノ女性Voが聴ける
珍しくマトモな(?)雰囲気のバラードで、途中からバンドサウンドが盛り上がり泣きのギターも聴け、
後半はシンセソロプログレメタルらしさを放つぞ。10曲目はユルめのメルヘンポップ調の出だしから
プログレらしい叙情性を放ち始め、さらにノイジーで捩れた音作りになりデスVoも交えた
ホラーテイスト溢れる変態プログレメタル展開
を見せるぞ!


猫も杓子もサンホラフォロワー、同じような同人ゴシックばっかの中にあって数少ない個性を
見せ付けてくれる実力派バンド
である!確かにナード的感性も強く、そういった部分は俺等の
ようなガチのメタラーとは相容れない部分
かも知れんが、A.C.T、EVIL WINGS、ICE AGEみたいな
叙情派の変態プログレメタルバンドを好むメタラーであれば楽しめる部分はあるかも知れんな。
ド変態テクニカルメタルという事でAILIPH DOEPAが好きな変態メタラーにもオススメである!
下手では無いがジャリ向け童謡丸出しの女性Voがかなり厳しいが、TERU'S SYMPHONIAが
我慢出来るなら聴ける
じゃろうて・・・!さながら本作は絵柄がマイリトルポニーな
アラン・ムーア作品
と言った所だろうか!?もしくはクリストファー・ノーランが
“ロッタちゃん はじめてのおつかい”を撮ったようなモン
だろう(爆)。




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 アイガ・アピア・アッキーア  むらさきのみず
ヘイシロガイとヘイクロガイ  ひつじ







もどる


inserted by FC2 system