OPUS ATLANTICA






"OPUS ATLANTICA"




北欧シーン髄一のワーカホリック、ピート・サンドべリの新たなバンド。


ピート・サンドベリといえばその強面からは想像もつかぬあま〜〜〜い(スピードワゴン風)
ヴォーカルを聴かせてくれる安田大サーカスのクロちゃんのような
シンガー(ルックスは似てないぞ。念のため)
であり多くのバンド、プロジェクトを
結成しそのつど様々な音楽性で我々を楽しませてくれるミュージシャンであるが、
そんな彼がメロスピ寄りの音を聴かせてくれる
新たなバンドを引き連れ我々の前に姿を現した!!


また今回一度袂を分かったベーシスト、ヨナス・レインゴールドと再び組んでいる事も見逃せない
ポイントだ!おそらくピートのほうがヨナスに一歩譲ったのだろう。ここで聴ける音は明らかに
ヨナスが志向する音だからだ。

音楽的には先に書いたようにメロスピで、様式美の香りも漂わせているが
これがまたクサいのなんのって・・・!こんなにクサいのは
ダークムーアの2nd以来だぜ・・・!

1曲目“LINE OF FIRE”からネオクラ独特のダークな雰囲気が全体を支配し、
クサい展開が聴ける!
中盤のコーラスもいい!

2曲目“JUDAS CALL”は早速のキラー!サビが死ぬほどクセェ!フィメールクワイアと
共に急に疾走!異様なまでにクサいメロディーを歌い上げる!!たまらん!悶絶!!

3曲目“HOLY GRAAL”これもまたキラー!イントロのチェンバロからもう反則級なのに
これもサビでフィメールクワイアが滅茶苦茶クサいメロを
歌い上げる!マジヤバイ!!


4曲目はダークなバラードで5曲目はギターが舞うインスト。まあまあかな。

そして6曲目“FALLING ANGEL”はこれまたキラー!イントロで荒れたキーボードが退廃的な
雰囲気を演出。疾走する曲調にクサいメロが乗る!この曲はフィメールクワイアはなし。
それでもたまらん!ドラマティック!!

7曲目“ENDLESS SLAUGHTER”も強力なキラーチューン!イントロからフィメールクワイアが
怪しげな空気を発散し、サビでこれまた疾走しつつクワイアと共に
強烈なクサメロが!悶絶!!
そしてキーボードソロ、ギターソロも死ぬほどクサい!!最高!!

あと3曲入っているのだが残りは全て捨て曲。7曲目までといえるなこのアルバムは。
全部聴いても40分程度だが捨て曲を飛ばすと30分に満たない。
だがキラーは何度聴いても飽きん!!初めて聴いて時はそのあまりのクサさに
キラーチューンのみヘビーローテーションしまくったものだ・・・!


捨て曲のせいで評価は下がるがキラー曲のためだけに買っても後悔しないぞ!!
クサいのが好きなメタラーは是非とも聴いてくれ!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 LINE OF FIRE、JUDAS CALL、HOLY GRAAL、FALLING ANGEL、ENDLESS SLAUGHTER







もどる


inserted by FC2 system