ONE OK ROCK







"ゼイタクビョウ"




日本のエモコアバンドの1stアルバム。


演歌歌手である森 進一息子がシンガーを務めるバンドである!!(爆)
音楽的にはエモでへヴィさはあまり無いがアップテンポ憂いを内に秘めた
キャッチーさ
を持っている。ややポップ過ぎる嫌いがあるも
メロディーセンスは優れたものがありフックあるフレーズを聴かせてくれるぞ!
ヴォーカルの声質に独特のハスキーさがありなかなかに魅力的だな。
クセがあるとも言えるのだが・・・!ちなみに歌詞は日本語。

2曲目は打ち込みダンスビートっぽいリズムで始まるも
けっこうハードロックよりのラウドなリフが登場するぞ!
サビは哀愁エモキャッチーさに満ちており青臭いが純粋に良いな。
3曲目も湿り気のあるキャッチーなサビが聴けるぞ!
4曲目は疾走するイントロに始まり変拍子を設けたリズムに
ヴォーカルが乗る一筋縄ではいかない曲でサビはメロスピに通じる
哀メロ、疾走感
があるな!確かな実力のあるバンドである!
しかし5曲目は日本語ラップが登場してしまい実に鼻につくわい!
未だに日本語ラップは苦手じゃのう・・・!曲調もそれに合わせたのか
ミクスチャー寄りになりリズミカルなカッティングを決めるギターは良い。
7曲目はインダストリアル系のへヴィリフが聴けるもサビは
間の抜けたフレーズである(爆)。8曲目はエモバラード風に始まるが
サビは疾走するぞ!メロディーも良いな。


まだ捨て曲もあるが確かなポテンシャルを感じさせる期待のバンドである!
よくあるミドル〜スローテンポオンリーのエモコアではなく疾走感がありメロディーも
日本人ウケしそうな歌謡フレーズなのでクサメタラーに喜ばれる可能性も
あるかもしれんな!今後の成長が楽しみだといえよう!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Borderline、
(you can do)everything、夜にしか咲かない満月、ケムリ







"BEAM OF LIGHT"




日本のエモコアバンドの2ndアルバム。


1stアルバム“ゼイタクビョウ”が評判を呼んだ国産ミクスチャー・
エモコアバンド
が早くもリリースした2作目のアルバムである!
フルアルバムと言っても収録時間は30分も無いのだがまぁ
パンク系なのでこれが普通だろう(笑)。音楽的には前作同様
湿り気を帯びたバンドサウンドに独特の鼻にかかった声質を持つ
この手のバンドにしては上手いヴォーカル哀愁だだ濡れメロディー
歌い上げる高品質エモコアとなっており軟弱もやしエモキッズのみならず
哀愁メロディー好きのメタラーから一般ポップスしか知らない音楽に
興味ない層
にもアピールできそうである!

1曲目からさっそくエモ的な湿り気を帯びたバンドサウンドに始まり
アコギ、鼻にかかった独特の哀愁しなやかヴォーカルが登場!
典型的エモコアだがやはり質は高いな。どこかMY CHEMICAL ROMANCE
“WELCOME TO THE BLACK PARADE”を思わせるコーラスも出てくるぞ!
2曲目はベースとドラムが手数多いプレイを披露するアップテンポエモ。
ギターソロも哀愁ただようメロディーを弾いておりその後の展開も良いな!
3曲目はハードさが押し出されたロックンロール的アグレッション
感じさせるな。ギターソロも聴き所だな。ヴォーカルも普段のナヨナヨエモ
スタイル
を残しつつもやや攻撃的な感じになっているぞ。4曲目はクリーントーン
ギターが叙情的雰囲気を演出するイントロ的トラックでそれに続く5曲目は
ポップながら変わったリズムで展開する曲だ。サビは判りやすく疾走するぞ!
6曲目はイントロでツインリードが聴ける泣きの叙情エモチューン。
高いメロディーセンスが発揮されておりJanne Da Arcに通じる普遍的な
クサキャッチーさ
が堪能できるぞ!7曲目はベースが唸りギターも
ワウがかかったファンク的カッティングを披露する本作唯一のミクスチャーだ!
ヴォーカルもラップではないが早口のスキャットスタイルで歌うぞ!
テクニックの高さが伺えるな・・・。ワウをかましバキバキ唸るベースソロ
インパクト十分だ!8曲目はスカのリズムメロコア、ファンパンク的ライトな
疾走感を持ったポップ・パンクチューン。それでもサビは哀愁系なのだが・・・。


曲によってはヒップホップ要素も取りれられ10-FEETタイプの
ミクスチャー・メロコア
と言えそうだった前作と違いそういった要素は減り
ノーマルな疾走感ある叙情エモと化した感があるな。この方向性は好みである!
エモはエモでもミドル、スローバラード中心の骨抜きサウンドではなく
適度にハードさ、疾走感があるのは良い!海外の下手なエモバンドよりも
彼らをオススメするぞ!歌詞は日本語詩なのでそれが苦手なら無理には薦めないが・・・!



Amazon.co.jpで見てみる

タワーレコードで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 Melody Lineの死亡率、光芒







"感情エフェクト"




日本のエモコアバンドの3rdアルバム。


デビュー当時から高いクオリティーを持っており高い評価を
与えられてきた国産エモコアバンドの3作目のアルバムである!
1stはミクスチャー要素が盛り込まれており10-FEETをさらに
エモにしたかのような雰囲気を持っていたが2ndはそういった要素が
減退しストレートなエモ、メロコアスタイルに変貌した。
そしてそれに続く3作目の本作は切れのあるストロングさを持ったリフや
泣きのリードフレーズ、ソロ等ギターがHR/HM要素を出し始め
我々のようなメタルヘッズに温かく迎えられそうなスタイルになった印象があるぞ!

1曲目からさっそくハードロック的なリフが聴けメロディーは
非常にキャッチーである!ギターソロもなかなかメタル的
ドラマティックだ。2曲目もメタルライクな泣きのリードギター
聴けるぞ!メロディーは叙情的でこれまた良い。3曲目も
実にキャッチーなメロディーを聴かせるアップテンポチューンで
やはりギターが目立っている。6曲目は結構モダンな印象
感じさせるヘヴィなリフが聴ける曲。7曲目もへヴィさを受け継ぎ
HR/HM要素が濃いアップテンポ曲だ!ギターがやはり印象的だな。
10曲目はゴリゴリしたギターリフが聴けるなかなかにメタリックな曲だ!
どちらかといえばアメリカンな、LAメタルの雰囲気を持っておりサビのコーラス
そんな感じだがメロディー自体は日本人に優しいキャッチーさがあるな!
サビ後に絶叫シャウトも飛び出すぞ!11曲目もサビで
アリーナ的空気を演出するコーラスと共にキャッチーなメロディーを
聴かせてくれる!曲名どおり俺らの大好きなモッシュピットを題材にした曲だが
GOOD 4 NOTHINGの“In The Mosh Pit”とは違いあまりモッシュ向きとは
言えない、
むしろハードロック系の曲調なのが特徴だ(笑)。


1stの“夜にしか咲かない満月”、“ケムリ”のような破壊力抜群の
キラーチューンは不在
だがどの曲もエモ特有の湿り気ある叙情味
湛えさらにハードロック寄りのバンドサウンドで展開し粒ぞろいの
印象があるな。メロディーが非常にキャッチーなのも良い!
無難に纏まったともいえるが安定したクオリティーに仕上がっていると言えよう!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 81% お気に入り曲 恋ノアイボウ心ノクピド、どっぺるゲンガー、 皆無、存在証明、Reflection、Viva Violent Fellow 〜美しきモッシュピット〜







"Nicheシンドローム"




日本のエモメタルバンドの4thアルバム。


デビュー当時はエモにミクスチャー、インダストリアル要素
持ち込んだスタイルでラップ電子音を使う事もあったがアルバムを
重ねるごとにそういった要素は減退していき段々とHR/HM的なスタイルに
チェンジ、
今やすっかりエモメタルへと変化した国産バンドによる
最新作である!本作の方向性はやはり近年のメタリックなエモ
海外勢には無い日本人バンドらしいキャッチーなメロディー、
へヴィではない
がかといってあまりペラペラだというわけでもない
メタル然としたバンドサウンド
が聴け曲によっては完全にスクリーモと
化したスタイル
のものもあるぞ!

イントロに続く2曲目はメタリックなリフにいきなりの絶叫シャウト
炸裂する完全なるスクリーモサウンドである!まぁシャウトは
正直弱いがメロディーは実にキャッチーだな!リフも良い!
3曲目は少々マイルドになったメロディアスなミドル曲でサビは
これまた判りやすいキャッチーさがあるぞ。4曲目もいかにも
エモメタル然としたリフ、バンドサウンド
が聴け軽快さを出す
アップテンポ曲でシンガロングはライヴで盛り上がりそうだな。
5曲目はDirty Old Men辺りを思わせる国産バンドらしい叙情性を帯びた
キャッチーなメロディーが聴けるパワーバラードと言えそうなミドル曲で
ここら辺はいかにもエモだがメロディーラインは実に日本人らしいのう・・・!
6曲目はいつになくワイルドなリフでへヴィというわけではないが
それなりに重さを感じさせつつ軽快さも持ち合わせたノリの良い
アップテンポチューン
だ!7曲目はここに来てかなりモダン寄りの
へヴィリフ
スラップベースが聴けアグレッシヴさを出すも
ヴォーカルが入るとやはりキャッチーな雰囲気が演出される!
後半でちょいとポストロック風の叙情パートになるのう・・・!
8曲目はストリングスシンセ、ミュートリフが聴けサビで盛り上がる
海外のエモバンドがやりそうな空気を纏った叙情的なパワーバラードだ。
メロディーがやはり良いのう・・・!9曲目はアコギが聴け終始叙情性を
感じさせるメロウなバラード
でこれまでのパワーバラードと違い
へヴィではないノーマルなバラードだな。10曲目はパンキッシュな
勢い
を感じさせるアップテンポチューンでバンドサウンドは十分に
ハードロック寄り
でサビはバックで絶叫も聴けスクリーモ然とした
雰囲気
も強いのう・・・!11曲目は物悲しいクリーンギター、エモい
ヴォーカル
で幕を開けその後はバンドサウンドが盛り上がるもこれまた
叙情性が強調されたミドル曲でサビはノリが良くなるぞ!この曲も
メロディーの良さが大きな武器である!12曲目はいかにもエモメタルな
勢いのあるバンドサウンド
が聴けアップテンポになるもヴォーカルが入ると
メロウさが演出されサビで再び盛り上がる彼等によくあるタイプの曲だが
やはりこういうスタイルが一番良いか!?メロディーラインは実に
日本人らしいセンスがあるな・・・!
13曲目はクリーンギターで始まり
幾らかモダン寄りになったリフが聴けるも基本はやはりメロウなエモ曲。


アップテンポのエモメタルと盛り上がりつつ叙情性に満ちたエモバラード
2パターンで構築されたアルバムでテクニカルではないがタイトな
バンドサウンド、上手さ、説得力を増したヴォーカル、
そして海外の
エモバンドの影響下
にありつつも実に日本人らしいクサさすら持ち合わせた
キャッチー極まるメロディー
が融合され実に質の高い楽曲を聴かせてくれるぞ!
中途半端に打ち込みラップを取り入れダンサブルになってしまう
エモバンド
も多い中メタル、スクリーモという我々好みの方向性に
接近してくれてありがとう
と言いたいバンドだろうか!?(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Never Let This Go、Yes I am、じぶんROCK、
Liar、Riot!!!、アダルトスーツ、未完成交響曲







"残響リファレンス"




日本のエモメタル/スクリーモバンドの5thアルバム。


アルバムを重ねるごとにHM/HR要素が増し今やすっかりエモメタル、スクリーモと化した
感のある国産バンドの最新作である!初期の頃はミクスチャー要素も目立った叙情エモ
当時から良質だったがそれ以降はミクスチャー色を消しその代わりHM/HR的な硬質な要素
取り入れ始めるもガチのメタル、ラウドロックになる事は無くあくまでもエモメタル、
スクリーモレベルのメタリックさ
で、そこに他のエモ、スクリーモには無い
日本人らしさ満点の歌謡曲に通じるキャッチーなクサメロを混ぜ独自性を
出す事に成功
したバンドである!パンク畑のみならずメタル畑、果ては一般ポップスの
シーン
でも話題を増しているだけにセルアウトの危険性もあるが本作は果たしてどうなのだろうか!?

1曲目はピチカートエレクトロニカ系のデジタル音が聴ける怪しげなイントロ
続く2曲目は早速勢いのあるバンドサウンドが聴けヴォーカルも基本クリーンだが
バックでシャウトが混じり淡々としたパートも見せつつ湿り気のあるエモさ、
スクリーモ的な無機質プラスティック要素
が混ざり合ったアップテンポ曲だ!
3曲目は出だしこそ淡々としているがサビは勢いを増し非常にキャッチーな
コーラスが聴けるぞ!
ギターやドラムが結構バックで手数の多さを見せているな。
4曲目も勢いあるスクリーモ然としたムード漂うアップテンポ曲でヴォーカルも
シャウト気味のがなりを見せサビ、ギターフレーズはキャッチーだがそれ以外は
完全にスクリーモだな。5曲目は穏やかなクリーンギターで幕を開け淡々とした
マイルドなムード漂うバラード曲。
6曲目もどうにも静かで淡々としたムード漂う出だしで
音は軽いがモダン風のリフも登場、メロはクサさよりイマドキのJ-POPみたいなオシャレ感があり
微妙だな・・・!7曲目は珍しく・・・というか久々にデジタル音が目立ちリズムも打ち込み
かなり微妙な、売れ線に走ったバンドが悉くやるようなダンサブル系の捨て曲だ(爆)。
8曲目はアップテンポで勢いを感じさせるがサビがどうにも売れ線臭プンプンじゃのう・・・!
9曲目はピアノ、アコギ、淡々としたヴォーカルが聴けるバラード。中盤以降でストリングス
出てくるがこれもどうにも売れ線J-POPがよくやる売れるためのテンプレート臭が漂っており
印象は悪いなぁ・・・!(爆)10曲目はアップテンポパーカッシヴなドラム
印象的だがギターは軽くデジタル音も顔を出しサビはキャッチーだがどうにも
パッとしないのう・・・!11曲目も軽めのバンドサウンド軽快なノリを出す
明るい売れ線ポップス臭プンプンの駄曲。


全体的に確かにキャッチーで質は高いと思うがどうにも過去作にあったような
日本人らしい歌謡曲的クサさ
が減退しており“Nicheシンドローム”
“感情エフェクト”で聴けたエモメタル、スクリーモ歌謡クサメロを取り込んだ
独自性も失せちょいとキャッチー日本語交じりのただのエモ、オルタナに
なってしまったような質感
があるなぁ・・・!音作りはタイトで洗練されている
売れ線のコーティング加工みたいな感じも強く悪い意味で作り込まれ過ぎている
印象がありロックとしての勢いも無くなってしまいメタリックさもアルバム後半に
なる程減退し
ただの売れ線スカスカポップロックに成り下がった感が強いわい!
FUCK!ついにONE OK ROCKもセルアウトの毒牙にかかっちまったか!
それでもムックよりは全然マシなんだが・・・!(爆)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 64% お気に入り曲 LOST AND FOUND  NO SCARED







もどる


inserted by FC2 system