堕武者+ultraviolence+







"東方砕臓腑〜Tale in the gore."




日本のアキバ系グラインドコアバンドのカヴァーアルバム。


基本的に流麗な、独特のメロディアスさを追求している上海アリス幻樂団
彼らの楽曲をカヴァーする試みは数多くのバンド、ミュージシャンが
行っているが基本はメタル・・・メロスピやシンフォメタル、そしてテクノ、
トランス系
が主体でどれも疾走感とメロディーを重視したアレンジとなっているが
ここにそういった固定概念を根底から覆さんとする極めてパンキッシュな
精神性
を持ったバンドがついに現れた!上海アリス幻樂団チューンを、
あろうことかゴアグラインドにアレンジするバンド、その名も
堕武者+ultraviolence+の登場だ!!

ローファイなプロダクションにノイジーさを伴ったリフが垂れ流されつつも
リードギター、ピアノ、ハモンド(!)がメロディーを奏で発狂!
ヴォーカルは高音でギャーギャー喚きまくりたしかにゴアグラインドなのだが
そこにしかと息づく上海アリス幻樂団メロディーは正直かなり笑える!(爆)
ショートカットゴア的な強引な終わり方、曲の短さも面白いな。
4曲目はカオティックさすらあるノイジーな不協和音が聴けるぞ!
5曲目は非常に極悪なゴアサウンドながらやはりメロディーがあり
これはメロディック・グラインドコアなる新たなジャンルの登場か!?
6、7曲目など梅酒のCMやテレビかなんかのSEが使われており
BASKET OF DEATHPRINCESS ARMY WEDDING COMBAT
思わせる。曲調もノイズゴアだったりするぞ(笑)。まさにノイズ垂れ流し
カオスが渦巻きつつも独自のクサメロが爆裂する9曲目なんかまさに
メロディック・グラインドコア略してメログラ!!(爆)
新たなジャンルの登場である(笑)。彼らのフォロワーが登場するのも近いか!?
11曲目もピアノが乱舞するゴアだ(笑)。ピアノ・ゴア!!
ボートラの13曲目は昔なつかしの格闘ゲーム“ストリートファイターU”
SEが使われギターが何気にスウィープらしき事やってたりして面白いな(爆)。
曲調はノイズゴアそのものだ。そして最後にアングラ臭く加工されたモコモコ声
妙に真面目にアルバムのコンセプトを淡々と語っているのも
なんか笑える(爆)。


ドラムが打ち込みなのが残念だがギターやピッチシフトを使っていない
絶叫ヴォーカルなど非常に頑張っており強烈な存在感を放っているな!
プロダクションは意図的なローファイでまさにゴアサウンドってなカンジで良い!(爆)
音質は悪くていいのだ!楽曲もただのグラインドコアのみならずBASKET OF DEATH風
エレクトロノイズ・ゴアもプレイしているぞ!強引さはありつつも
上海アリス幻樂団メロディーとグラインドコアを融合させた彼らの手腕は
もっと評価されて然るべきものがあると思う!
そしてこれを機に上海アリス幻樂団カヴァーもノイズ、サイケ、インダストリアル、
果てはハードコアパンク、カオティックコア、クラストコア、
へヴィドローン
等といったエクストリームミュージック、
パワーヴァイオレンス系
が広まるやも知れぬ・・・!
そう、ロックに規定の概念なぞ存在しないのだ!!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 Deport me to the moon、
霧散する神々、I ate strange bird that you always look for to hunt、
Cool mud mud, Cute mud mud、流転するダークサイド、
黒赤緑金色マスタースパーク







"東方悔恨譜 〜Regret will prevail.〜"




日本のアキバ系グラインドコアバンドのカヴァー2ndアルバム。


時にメタル、時にトランス、時にポップにアレンジされ多くの
バンド、ミュージシャンがカヴァーしまくる上海アリス幻樂団
楽曲をあろうことがドロドログチャグチャのゴアグラインド
アレンジしカヴァーする荒くれ者達による2ndアルバムだ!
グラインドコアといえば初期NAPALM DEATHCARCASSに代表される
速く激しく耳障りで短い、あのスタイルをイメージするがそこに
上海アリス幻樂団特有のクサクサ中華メロが乗る事により
まさかのメロディック・グラインドコアなるジャンルが登場!(爆)
奇しくも彼らはこのジャンルのオリジネイターとなったわけだ(笑)。

1曲目からさっそく童謡(?)SEに始まり絶叫とブラストが炸裂する
高速グラインドコアが今回も炸裂!実に変態だ!
2曲目も凄まじいドラミングが聴けるがピアノも登場し
多少のリリカルさが感じられる。3曲目もゴアグラインドだが
ストリングス系のシンセが奏でるちゃんとしたメロディーがあり
面白い(笑)。4曲目もチープなシンセが登場しカオティックな曲調となる。
ラストのリフが熱いな!5曲目もメロディーのあるグラインドコアという
異様な雰囲気が展開される!6曲目はポルノゴア系エロSEに始まりピアノとリフが
メロディアスでグラインドコアなのだがシンフォニックさすら感じさせる
クレイジー振りが炸裂する彼らならではの楽曲だろう!SEは日本のAVだな(笑)。
7曲目はオルガン風のシンセ様式美メロディーを奏でるゴアだ!
まさかの様式美ゴアである!(爆)8曲目は比較的マトモなリフで始まるも
やはりチープなシンセが聴けるゴアだな!9曲目はスローな出だしで
ギターもチープ極まる音色(褒め言葉)でメロディーを奏でライナーノーツに
あるように初期CARCASSっぽいリフ、アレンジが施された曲だ!音質の悪さ
含めて実に初期のCARCASSライクである!10曲目はボーナス扱い
なぜかファンク系のカッティングをバックにお経のような呟き声が登場し
またしても加工された淡々とした喋り真面目なアルバム解説が聴ける(笑)。
そしてゴボゴボしたノイズとSEが始まりグラインドコアが登場!この曲は
どうやら彼らのオリジナルらしくメロディーの無いまっとうなゴア
なっている。激しいノイズも登場しBASKET OF DEATH
PRINCESS ARMY WEDDING COMBATのような
エレクトロノイズゴア的側面も伺えるな・・・!


ただゴアサウンドにクサメロが乗るのみならず原曲の影響か
シンセも使われシンフォニックな質感すら感じさせるのは
ある意味凄まじいな・・・!ラストのボートラで彼らのオリジナル曲が
聴けたわけだがいままでのカヴァーを生かし本格的にメロディック・
シンフォニック様式美ゴア
なるジャンルをシーンに定着させてみては
いかがだろうか!?(爆)もしかしたらNAPALM DEATHやBRUTAL TRUTH等といった
海外の大物に影響を与えたS.O.Bのような存在に
なれるかもしれん・・・といったら言いすぎか!?



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 落下する筆、羽根の黒、
沈想残り一回、Incestuous between holy winds and shooting stars、
Fall from the fall of putrefaction.







"東方自家中毒〜Vomiting opposite mirrors."




日本のアキバ系グラインドコアバンドのシングル。


上海アリス幻樂団の楽曲をゴアグラインドに
アレンジ
する今のところシーン唯一のバンドで高音絶叫シャウト
軽めのローファイ音質、アグレッシヴな中に上海アリス幻樂団らしい
煌びやかなピアノやシンセ、メロディーが確かに存在する様はまさに
メロディック・シンフォニックグラインドコアという唯一無二の
音楽性
が確立しているといっていいだろう!(爆)

今回も相変わらずのいい意味で劣悪なプロダクションに乗せて
繰り広げられる極悪ノイズ系ゴアグラインドで繰り広げられる
上海アリス幻樂団の楽曲が楽しめるぞ!2曲目はリフ自体が
けっこうカッコよく
勢いだけではない部分も感じられるな。
3曲目はシンフォニックさカオティックコア的不協和音、
ノイジーな音
など様々な要素が渾然一体となったかなり
キレた曲
だ!5曲目もかなりブチ切れたサウンドなのだが
チャーチオルガンも登場する!6曲目はエレクトロノイズゴア色が濃い
ノイジーな音の奥にかすかに上海アリス幻樂団メロが聴こえる曲。
途中からお約束ともいえる製作者のアルバム解説が入っており、
その後オリジナル曲がシークレットトラックとして聴ける。
和の要素を取り入れ琴の音色が聴けデス声も能を思わせる
フレーズを咆哮
するなかなかに興味深い楽曲である!


上海アリス幻樂団の曲を無理矢理ゴアグラインド、
エレクトロノイズゴアにアレンジ
しているからこそ
ただのエクストリームミュージックではない
メロディアスでシンフォニックな部分が、半ば
強引にではあるが盛り込まれているのだろう。元々オリジナルを
プレイしているバンドだったのだが上海アリス幻樂団で
名を挙げた
彼等。まぁそれもよいのだが個人的にはカヴァーで
得たセンス、スキルを糧にオリジナルのメロディック・
シンフォニックグラインドコアアルバムを聴きたい

思うがどうだろうか!?



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 パッチュリー!、三代目西園寺メリー







"東方腐蝕葬送曲〜Buried lovers are burning brightly"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドの新たなアルバム。


シーンを8割以上占めている文字通りインディーズ界の
バビロン
と呼ぶに相応しい一大権力、上海アリス幻樂団
楽曲を変態染みたゴアグラインドにアレンジしカヴァーするという
野心的な男達による新たなフルアルバムである!一発ネタ的な
空気
を漂わせつつもアルバム重ねることにクオリティーを上げて
きており
原曲の流麗なメロディーラインも相まってグチャグチャの
ゴアサウンド
ピアノ、シンセが美旋律を奏でリズムワークは
カオティックコアに通じる変態的変拍子も普通に登場するという
何気にただ暴れるだけではない音楽性の高さも見え隠れし、ネタだと
笑い飛ばすことは出来ない領域に足を踏み入れつつあるな・・・!

怪しいダークなイントロに続き絶叫が登場!収録曲は多いものの
その大半が非常に短い、1分前後のゴアグラインドとなっているが
マイク・パットン的な雰囲気を放つパートありパーカッシヴな
ドラム、ベース
が聴けるトラックありカオティックな要素ありで
原曲がメロディアスで音楽として構築されているからなのかどうかは
知らんが短い中にも展開がありただ凶悪に爆走するだけではない
懐の広さを感じさせてくれるのう・・・!上海アリス幻樂団特有の
メロディーラインをピアノ、シンセが奏でるパート、グチャグチャの
グラインドコアサウンド、怪しく変態的なアレンジ
が交互に
押し寄せFANTOMASに通じるものがあり9曲目では何とクリーン
ヴォーカル
も登場しダークでゴシカルな雰囲気すら放つのが面白いな!
10曲目もクリーンVoが聴けるがどちらかといえばパンクというか
サイコビリー的な要素が感じられるのがこれまた凄まじいな・・・!
13曲目は途中クラシックフレーズがピアノで登場し変態振りにも
さらに磨きがかかるぞ!前半の1分半ほどAV女優か風俗か何かの声が
聴こえる16曲目もまた変態的である!この辺はポルノゴア系列だろう。
19曲目以降はヴォーカル抜きの所謂カラオケヴァージョン
3曲ほど収録されているが一体誰が歌うのだろうか!?(爆)
普通に淡々とバンドの宣伝をするように見せかけてゴアサウンドを
ブチかます22曲目も実にパンクで熱いのう!その後は
お馴染みとなった加工された声によるやけに真面目で
礼儀正しい(?)アルバム紹介
だ(笑)。23曲目はオリジナルの
ボートラでセックスSEも聴ける本格的なドロドロ
グチャグチャゴアグラインドだ!



ただブチ切れた爆走を披露するのみではない変態的アレンジ
まさしくカオティックグラインドコアと呼ぶに相応しく
FANTOMAS辺りのマイク・パットン関係が好きなら抵抗無く
聴ける
アルバムだろうし本作の良さがわかる上海アリス幻樂団ファンは
そういった変態ハードコアが楽しめるタイプのリスナーだろう!
まぁ曲の短さが個人的には気になるがそれがグラインドコアの
持ち味
なので仕方ないといえば仕方ないか!?5〜6分くらいの
長さで本格的な変態カオティックコアをやってもらいたいと思えるのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 墓標からの潜行、
リヴァイアサン・ボング、旧跡ダイヴァー、心の座敷牢、
少女腐蝕唱歌、直腸マントル、Fake Sunrise、
The unconscious freakshow、Bonus track







"メイドさんグラインド4〜Positive children's law"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドのオリジナルアルバム。


本来ならば2009年の秋のM3でリリースされる
ハズだったが結局延期し年末に発表された
オリジナルアルバム
である!実は過去にもオリジナルは
リリースしている
がここ最近はシーンお約束の
上海アリス幻樂団カヴァー
で名を上げてきたため
ここにきて久々に、満を持しての登場と言えよう!
流石にこれまでメロディーのクサさでメタラー間でも
知られた上海アリス幻樂団の曲をアレンジしてきただけあって
ただノイジーに爆走したまにエロSEを流すのみではない、
シンセ、ピアノがメロディーを奏でる箇所もあり凶悪に荒れ狂う
ノイズ
の中に差し込む光が如くメロウネスがギラついておる!

ノイジーなSEに始まりテンションの低い掛け声、
怪しい声
がまとわり付くイントロに続き絶叫、
爆走
で駆け抜ける2曲目、何気にリフが良い
やはりゴアグラインドらしい極悪な爆走が熱い3曲目、
クレイジーな台詞から爆走する4曲目とショートカット
ジャパニメーションポルノ(?)ゴアグラインド

矢継ぎ早に展開していく!シンセが怪しくも意外な
メロディアスさ
を出す5曲目なんかはやはり
上海アリス幻樂団カヴァーで鍛えられたセンスなのか!?
初期NAPALM DEATH臭満点の一瞬で終わる曲も当然のように
完備しているぞ!10曲目はノリの良いリフにジャジーかつ
カオティックなピアノ
も聴けただ爆走とSEのみではない
センスも持ち合わせている。クラシックピアノをバックに
前半は台詞、後半は極悪絶叫ノイズを撒き散らす11曲目も
実に強烈じゃのう!14曲目はノリの良いリフ、リズム
凶悪極まる絶叫が乗り怪しいシンセフレーズも聴ける曲。
16曲目はアバズレのファックSEでアキバ系ライクな
作り物っぽさが無いのが良いな(爆)。18曲目はAVをそのまま
抜き出したSE
が聴けるまさに日本産ポルノゴアだ!


海外のマッチョ達がスポーツ感覚爽やかに、気楽に、
健康的にファックする
のとは異なる、日本人ならではの
陰気なセックス気質が剥き出しにされた1枚である!(爆)
日本のアダルトグッズのクオリティーの高さに世界が
ついていけない
という評判を耳にしたことがあるがそれも
日本人らしいムッツリスケベ体質、決してオープンに
されることが無い故に蓄積されまくった欲望がそうさせて
いるのであろう・・・!日本人のセックスというものについて
深く考えさせられる、極悪でありながら極めて深遠な
テーマが隠されたアルバム
だと言えよう!日本人の
裏でコソコソやる背徳に満ちた陰のセックス、欧米、欧州の極めて
オープンでスポーティな陽のセックス、あなたは果たして
どちらがお好みであろうか!?(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 ウルトラバイオレンス音頭(南関東風)、
メイドリフレの果てに、Devotion to 3D







"東方マカダミア104〜Stab me if you can."




国産カオティックアキバグラインドコアバンドの5曲入りミニアルバム。


前作“メイドさんグラインド4〜Positive children's law”が
遅れを見せたためそれと同時リリースの形となった
最新ミニである!あっちがオリジナルだったのに対し
本作はこれまで通り上海アリス幻樂団カヴァーとなっているが
今回はいままでにない新機軸もいくつか取り入れられており
変わった側面、引き出しを披露している!

へヴィ寄りのイントロからピアノと共にいつも通りの
絶叫、爆走を見せ東方クサメロをシンセが奏で最後に
なぜか製作者の愚痴(?)まで収録された1曲目、
ノイジーかつまっとうなリフに始まり絶叫シャウトが聴け
そして中盤でなぜかベンチャーズ化する2曲目、これまた
爆走しつつもノリの良いリフが聴ける30秒に満たない
3曲目と従来通りのカオティック変態ゴアサウンドが展開するも
4曲目は珍しいアカペラでクリーンなVoが聴け途中から
バンドサウンドが入り後半は絶叫にピアノも登場する
エモ/スクリーモを意識したと自称する曲である!
まぁ少なくともそういうスタイルではないが(笑)、
カオティックなピアノは確かにCHIODOSっぽさがあるか!?
5曲目はブラストも聴ける彼等らしいアグレッシヴなグラインドコアだ!


多少の新要素を見せつつも従来どおりの極悪変態ノイズまみれ
ゴアグラインド
が詰まった短い1枚である!しかしここ最近
かつては軽かった絶叫がかなりパワーアップしているな・・・!
非常に耳障り(褒め言葉)な超高音は加工っぽさを感じさせつつも
実にアグレッシヴかつブルータルである!これで低音ガテラル
入ればさらに芸風が広がると思うがいかがだろうか!?
上海アリス幻樂団の名を借りて好き放題やる愛すべき漢達らしい
長さはシングル並のミニアルバムだ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 小さな元賢将は、SINK、虎と梟雄







"MONSTERHUGECUCUMBER.COM"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドのミニアルバム。


ニュースクールハードコアプロジェクトPositive Suicideと組んでリリースされたスプリットアルバム
さらなる凶悪な姿を見せつけたジャパニーズアンダーグラウンドアキバ
ゴアグラインドバンド
による最新ミニアルバムで、収録曲は10曲だが例によって
1曲1曲が短いので実質ミニアルバムである。最近はオリジナルもやるようになってきたが
本作はジャケを見ても判らんし内容も判別するのは難しいが上海アリス幻樂団カヴァー、
東方アレンジ
になっているもどうやら東方以外のカヴァー(?)オリジナルも
収録されている
ようで本作も方向性は変わらず独自性を持った凶悪かつノイズまみれの中に
妙に煌びやかな音作りが施されたショートゴアグラインドを聴かせてくれるぞ!

1曲目はいきなりのノリの良い軽快なリフで始まりカオティックな変態リズムで
爆走する短いトラック
で2曲目はまるで豚の鳴き声のような呻き声お経のような
歌唱
が聴けバックでは煌びやかなピアノやシンセも顔を出す実に怪しい曲。
3曲目は絶叫、ブラストによる凶悪な爆走、ピアノが聴けるショートチューン
4曲目は妙に怪しいリズム、スタスタしたブラストざわつくような声、シンセが乗る
これまた短い曲。5曲目はモダン風のブルータルなリフ、軽いドラム、絶叫が聴けハモンド風の
シンセ
も顔を出し6曲目は幼女台詞(!?)に始まり爆走しつつも妙にノリの良いリフが聴け
畳み掛ける絶叫アグレッシヴさを出しているぞ!7曲目はドラムと絶叫のみ
構成されたマイク・パットンがやるようなフリースタイルのヴォーカルソロ(?)と言えそうな、
彼らとしては長いトラックで8曲目も台詞で始まり今度はドラムも何も無く全てが
絶叫で構成されたまさしくヴォーカル(シャウト)ソロと言えそうなトラックだ!語る内容は
ゲイネタでこの辺のセンスはオリンポス16闘神に通じるものがあるな・・・!
あっちもこういう朗読ネタやるし(笑)。9曲目は未完成とされている曲でドラム、ベースと絶叫、
まるで夢の国の某ネズミが如き怪しい裏声が聴け10曲目はチープなシンセ、ドラム、
絶叫
が登場し奇妙なピアノの音色も顔を出す彼らとしては長め・・・といっても2分程度の曲だ。


殆どの曲が東方アレンジなんだが普通に聴いただけではまず判別がつかないであろう
相変わらずの凶悪ゴアグラインドアレンジが嬉しくなってくる1枚だ!台詞(絶叫)のみの
トラックも彼等の方向性に妙にマッチしており緩急つけた(?)ブチ切れシャウトは意外と
ヴォーカルソロとして聴き所があり今後も1〜2曲くらいはアルバムに入れて磨きをかけ、
やがてマイク・パットンのフリースタイルソロの領域にまで足を踏み入れてもらいたいモンじゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 六道逆走友の会、メ△ンブックス秋葉原店のテーマU、
朗読劇(1)、朗読劇(2)







"MONSTERHUGECUCUMBER.COM .exe"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドのアルバム。


ここ最近はオリジナルでも色々と面白い事をやってくれる国産変態カオティック
ショートカットノイズグラインドコアバンド
による最新19曲・・・いや19トラックで
構成されたアルバム
である!本作は上海アリス幻樂団カヴァー、東方アレンジと言える内容だが
バックのシンセがかろうじてそれっぽいフレーズを奏でているかどうかってな位で基本的に
ブチ壊しまくりの凶悪アレンジが施されておりこのリスペクト精神の無さが良いのう!
今はみんな小遣い稼ぎで東方やってるもんなぁ・・・!(爆)もっと自分に正直になろうぜ!

1曲目は曲ではなくなぜか日本むかし話風の語りオンリーのトラックで(爆)、一応バックで
ノイジーなギターや絶叫も聴こえるが基本は台詞&語りだ。2曲目はピコピコ音交じりの
爆走暴虐グラインドコア
で途中シンセによる牧歌的パートも登場、3曲目はバックで
シンセも聴ける早口絶叫によるノイジーなカオティックグラインドコアで4曲目はピアノ
使われつつもやはりグチャグチャに荒れ狂うノイズが強烈じゃのう!5曲目はドラムに始まり
リフが意外とマトモな(?)正統派っぽいフレーズを聴かせてくれるな・・・!6曲目は
これまた台詞トラックインチキ通販のCMのような内容だ(笑)。後半でグラインドコアとなるぞ!
7曲目はこれまた意外と正統派ライクなリフワークで展開しつつも絶叫シャウトが凶悪に
荒れ狂い
そしてクリーンVoのコーラス、ピコピコシンセも登場する!8曲目は妙にノリの良い
リズム
童謡フレーズが一瞬混じる短いトラックで9曲目はピアノも顔を出すアグレッシヴな
ノイズまみれの曲
だがバックにはシンセが流れ後半はダンサブルな打ち込みリズムになるぞ!
10曲目はベースが聴け絶叫、裏声ヴォーカルが実に怪しくそして狂った呻き声も聴ける
ヴォーカルが強烈じゃのう!11曲目はストレートに爆走しピアノ、ピコピコシンセも顔を出す
変態ノイズグラインド
だ。12曲目は今度はニュースのSEに始まり爆走、ガテラル系の低音咆哮
聴け13曲目はこれまたヴォーカルがトチ狂った爆走チューンで14曲目はピアノ、ノリの良い
リフ
からノイズを垂れ流しつつ爆走、15曲目は語りトラックで中盤からノリの良いバンドサウンド、
絶叫が顔を出すぞ!
16曲目はシンセが妙にノリの良い雰囲気を出しリズムも軽快な曲。17曲目は
ラーメン二郎を卑猥に解釈し、18曲目はお馴染みのゲイネタによる絶叫も交えた語りオンリーの
トラック
で内容などこの辺が日本のアングラバンドっぽい所か!?ゲイネタはやはり鉄板じゃのう!(笑)
19曲目はこれまたお馴染みのバンドメンバーによる挨拶だ(笑)。


相変わらず東方をブチ壊しまくりのクレイジーなノイズまみれ変態カオティックグラインドコア
これでもかというほど炸裂する凶悪極まりない1枚だが過去作と比べて着実にプロダクションが
向上してきている
感があり、一般的にはまだ軽いが段々と説得力が増してきているのう・・・!
これのどこが東方なのかまったくもってサッパリなんだがそこが良いな(笑)。
下ネタ、格闘技、プロレスネタは国産ミクスチャー/ハードコア系の3大テーマだが彼等は基本
下ネタ、ギークネタ主体なんで格ネタ、プネタもそのうちやってもらいたいのう(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 あなたの町の不審者情報、樹海を見上げて、ニコイチPSG、
Deadfrog、ボーナストラック2







"グラインド慕情〜日本全国美人妻"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドのデモCD。


元々はオリジナルだが東方で名を上げ、最近はそれ以外にもいろいろと面白い楽曲
聴かせてくれる変態グラインドコア/ゴアグラインドバンド次なるアルバムに備えた
デモ音源
で、コンセプトとしては日本の民謡をグラインドコアにアレンジしカヴァーするという
何とも凄まじい試みを見せておりジャパンの牧歌的なムード漂う民謡フレーズ、三味線
グチャグチャギャーギャーの変態グラインドコアと見事に融合させ世界的にもあまり
例を見ない日本人ならではのアレンジ
に仕上がっており実に壮絶な音世界が展開しておる!

1曲目はデモらしくより軽めの音だがやはりカオティックで気が触れたような絶叫、
せわしないアレンジ
グチャグチャに爆走しつつ軽快な三味線の音色も顔を出し
民謡フレイバー溢れるクリーンなコーラスも顔を出し非常に面白い曲調になっておる!
2曲目は怪しめの語り、バンドサウンドに始まり野郎シンガロング酔いどれムードを
醸し出し
そして爆走&絶叫シャウトアグレッシヴに暴れる変態色濃い曲。
3曲目も変態グラインド三味線の音色が乗り軽快なノリすら感じさせる曲だ!
絶叫もやはりブチ切れとるのう!4曲目はモロ民謡なムード漂うノリの牧歌的な曲で5曲目、6曲目は
震災で地獄を見た気仙沼の食、文化、風俗(射精産業じゃないよ)等についてのアジテーション
絶叫で繰り広げるヴォーカルソロ(?)と言えそうなトラックだ。


全6トラックでちゃんとした曲(?)は前半3曲のみだが日本のほのぼの牧歌的民謡
グラインドコアが見事に融合しておりただ暴れるだけの変態ではないアレンジセンスの良さ
感じ取ることが出来る1枚である!アレンジ、カヴァーモノでもありきたりな東方は
もう飽き飽き
だがこういう試みは良いな!他のバンド、プロジェクトももっと東方ばっかじゃなく
こういう面白いアレンジ、カヴァー
すりゃええのになぁ・・・!何はともあれ次のアルバムが
かなり楽しみになってくる1枚
だと言えよう!ちなみに震災へのチャリティーCDになっており
映画でのジャイアンよろしく普段荒くれた無法者ほどいざと言う時はいい人振りを発揮する
好例と言えそうか!?(爆)





オフィシャルサイトで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 佐渡おけさ、むぎや節、塩釜甚句







"手コキババア紫〜鶴見緑地公園編"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドの最新アルバム。


シーンに蔓延しまくる東方アレンジにおいて初めて(?)それを真っ向から
ディスった(皮肉った)ような音楽性
を叩き付け飽きを通り越して嫌気すら
覚え始めた
リスナーの喝采を浴びる(?)極悪ゴアグラインドバンドによる
最新アルバムで、元々オリジナルもやっており最近もそういった音源を
ちょくちょくリリース
してくれているが今回はまた東方アレンジのようで、
500円で一発オメコさせてくれる上野公園に生息するホームレスのババァ
“500円ババァ”を彷彿とさせるコンセプトが実に凶悪である!東方に対する
愛情の無さ
及び紙に描かれた平面のアマに欲情するナード、ギーク勢に対する
皮肉を感じさせ好感が持てるが俺もバンドマンだったらやっぱり同じような
コンセプトブチ上げる
だろうな(爆)。ちなみにベースとクリーンVoを担当するメンバーが
ここに来て新たに加入したようだ。

1曲目はやはりいつものようにノイジーに荒れ狂う凶悪バンドサウンド、喚き散らす
絶叫シャウト
が実に強烈な出だしからパーカッシヴなドラム、何とも怪しいクリーンVo
登場、ワウをかましたリフも聴けただのゴアグラインドに終わらない展開になり
ミクスチャー的な部分もあるか!?とりあえずイントロ扱いのようだがこれまでの
ショートカットゴアとは思えぬ無駄な長さがあり途中でいつもはアルバムラストに
収録されているメンバーのアルバム紹介
まで登場しこの何でもありな無法振りが頼もしいか!?
2曲目以降が本編でいつものようにスカスカな音凶悪に暴れ狂いノイズを撒き散らし
バックでシンセも顔を出すショートカットゴアグラインドが聴けるが非常に怪しげな、
デューク・エイセスを数段チープにした
かのようなクリーンVoも顔を出しこの辺は
新機軸であろう・・・!3曲目も同じような曲調だが4曲目はキラキラしたシンセ、
ストリングス系の音色
も顔を出しクリーンVoと相まってまるで様式美グラインドコアとすら
呼んでしまいたくなるムード
を醸し出しておる!(爆)メロディーが東方なんで
普通にクサい
のも衝撃じゃ!5曲目は怪しいコーラス芝居がかった語りのような声も
聴こえやはり爆走!6曲目も勢いの良さがありシンセもバックで聴け絶叫シャウトも
実にアグレッシヴ
だがどこか祭りライクなムードもあるな。7曲目はチープな
オルガン風シンセ
で穏やかに幕を開け絶叫シャウト「死ね!死ね!」と叫びまくり
メインは絶叫だが途中アトモスフェリックなアレンジすら顔を出しもはや何でもアリである!
後半はシンプルなピアノも聴けるぞ。8曲目はSEに始まりノリの良いノイズ、絶叫
畳み掛け怪しい声も聴こえる凶悪さに特化したグラインドコアだ。


いきなりイントロから珍しく長々したトラックパーカッション、生ベース、怪しい
クリーンVo
新機軸を取り入れつつ何だかんだでやっている事はいつもとそう大差無い
ノイズ塗れの凶悪ゴアグラインド
なんだが、やはりこれまでに無いクリーンVo
アルバム全体に新鮮な空気を吹き込んでおりかなり面白い仕上がりになっているのではないだろうか!?
イントロ以降は短い曲が続くが構築された部分もありただドロドログチャグチャしているだけの
ゴアグラインドバンドよりずっと「音楽的」である!この方向性でオリジナルも聴いてみたいものだ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 ギャングバングウィッチーズ  遠野山伏辞世の句







"ハードコア将棋名人戦"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドの最新オリジナルアルバム。


東方アレンジオリジナル双方をプレイし強烈なネタ要素を持ちつつ音楽的にも
なかなかに面白い変態グラインドコアバンド
最新オリジナルアルバムで、
先日に催された春のM3において何故かハードコア将棋と称した将棋イベントを開催し
笑いを取ったが本作はそんなコンセプトがあるのか無いのかはよう判らんが(爆)
過去曲を再録したりしておりどちらかと言ったら企画アルバムのような立ち位置のようだ。

1曲目はまるでサイコビリー的な怪しさムンムンのチープなシンセが聴け
まるで軍隊マーチのようなノリを見せるシンガロング、メロが聴ける怪しい曲
実に胡散臭いのだが何げにメロディーが良くクセになる曲じゃのう・・・!
まるでアタック・オブ・ザ・キラートマトのテーマソングみたいだ(爆)。
続く2曲目はストレートなグラインドコアノイジーでシャリシャリした音
披露するも3曲目はこれまた怪しいチープなシンセの音色が聴け奇妙なムードを放ち
4曲目はスタジオアコギ弾き語りでジャムるかのようなトラックでちっとも
グラインドコアではない(爆)。
5曲目は以前にうちでも紹介した気仙沼ネタの
グラインドコアナンバー
で6曲目から10曲目までは過去曲の再録となっており
11曲目は1曲目の音質が悪くなっただけのような(爆)別バージョンだ。


最新オリジナルアルバムではあるが過去曲の再録が多く上記したように企画盤
呼べるであろう1枚だな。ただマーチング調の1曲目みたいなインパクトを残す曲もあり
ファンなら見逃せないアルバムだと言えよう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68% お気に入り曲 堕武者帝国軍歌  食べて笑顔の気仙沼ホルモン







"手コキババア紫 ザ・リアル"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドの最新東方アレンジアルバム。


見よこのいい意味で吐き気を催す(爆)醜悪極まりない実写ジャケ!以前にリリースされた
“手コキババア紫〜鶴見緑地公園編”のコンセプトを引き継いだ東方アレンジ・・・いや、
東方disアルバムの最新作である!知る人ぞ知る有名ブス専風俗“鶯谷デッドボール”
許可を取り撮影されたこの痛烈なジャケアンチ東方、ひいてはアンチアキバ系の最高峰と
呼べる代物で個人的にはジャケだけなら満足度99%は固いだろう!
アンタ等絶対東方嫌いだろ!!(爆)

1曲目は結婚式ソングをその場で適当に歌う女性Voに始まりグラインドコアとなる
ほぼSE扱いの曲で2曲目は相変わらずのチープな音色を放つシンセをバックに
従えたコミカルな印象のあるグラインドコアナンバーだが東方アレンジだけに
しかとメロディーもあり怪し気なコーラスがバックで聴けるぞ!3曲目はベースが
結構目立った印象
があるもやはり軽いバンドサウンドにシンセ、絶叫が聴ける
カオティックさもある変態的グラインドコアだな・・・!4曲目はまるでミシンの
ようなブラスト
で爆走しノイズを撒き散らす短い曲で5曲目は昔のファミコン
ありそうなデジタルっぽいベース音シンセ、ピアノが乗り雰囲気モノのムード
醸し出す風変わりな短いインスト。6曲目は定番の(?)アルバム解説トークだが
時間が無かったのか非常に短くこれくらいの長さなら校長の朝礼で
貧血になるヤツもおらんじゃろう・・・!(爆)



猫も杓子も東方のキャラクターが股開いて売春婦の真似事をしている
ジャケが散漫するシーンを強烈に皮肉ったジャケのインパクトが全て持って行って
しまっている1枚
である!アンチ東方シーンには相当いるであろうが
そういう人間全てが喝采する反面「先を越された!」と悔しがり枕を涙で
濡らす
であろう最凶ジャケ!“セックスアピール2次元売女”というワードに対する
見事過ぎる回答と呼びたくなる1枚である!マジで先を越されたわい!
興味が少しでもあったら是非とも鶯谷デッドボールのほうに足を運んで
一発カマしてみようぜ!
これもある意味ジャッカスだ!(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 68%(ジャケ、コンセプトだけなら99%) お気に入り曲 Zombie ate my mools
思慮の足らない姫様は、白目泡吹き足袋を喰む  







"セイタロイド1号の軌跡(仮題)"




国産カオティックアキバグラインドコアバンドのオリジナルデモアルバム。


ネタ色強くもハードコアな姿勢を見せつける凶悪バンドによる最新作だが、
どうやら本作はデモ扱いとなっておりそのためプロダクションはこれまで以上に軽く
劣悪でノイジーさも相当なモンで、
ヴォーカルもブレスが思い切り残っているんだが
まぁこれも彼らの味のうちだろう(爆)。全14トラックが収録されており
従来の彼ららしいショートカットグラインドコアチューンが大半なんだが
頭3曲曲らしい長さとなっており音は悪いがある意味聴き易いか!?
ゲストミュージシャンも何人か招いているぞ。


1曲目はノイジーかつライトなギターの刻み早口の語りが乗りパンキッシュな
ノリの良さ
を放ち絶叫シャウトも聴ける、実にノイジーで荒々しいハードコア
2曲目はどこかニュースクールと言うか激情ハードコアっぽい、淡々とした中に
退廃したムード
を醸し出すスローチューンで、青臭さのあるクリーンVo
ニュースクールっぽいシャウトが乗るぞ。後半は軽快な疾走感を見せるのう・・・!
3曲目はメタルコアと言うかモダン寄りのへヴィリフ日本語ラップが乗る
相当にミクスチャー要素の強い曲
で、彼ららしからぬサグなシャレオツ感が
感じられるだろうか!?(爆)
4曲目以降はいつもの彼ららしいショートカット系の
短いグラインドコア
となりノイジーなハイテンション振りを見せ付けているぞ。
13曲目は何と2013年のM3で披露されたパフォーマンスがそのままライヴで
収録
されており、他のバンド、サークルの音とか思い切り混じっているんだが
大丈夫なのだろうか!?(爆)14曲目はフェラチオ音に始まるエロ台詞
定番のアルバム解説(?)である。


上記したよう頭3曲目は意外とマトモな尺の曲で、モダンなリフを披露したり
ラップを導入したりと新機軸も見せているがその後はいつも通りのスカスカな
ハイテンションショートカットグラインドコア
となるぞ。ある意味本作最大の
聴き所
13トラック目、M3のライヴ音源だろうなぁ・・・!(爆)




オフィシャルで見てみる





満足度 66% お気に入り曲 ロリショタロケンロール第3章







もどる


inserted by FC2 system