王族BAND







"IRREGULAR VOICES feat 赤飯"




日本の超絶技巧ド変態ヴィジュアル系バンドの3rdアルバム。


主にネット上で活動しているメンバーが終結した技巧派が集まったようで、
詳しい事は全く判らんが本作がバンドとしてはどうやら3枚目にあたるアルバムのようで、
典型的V系スタイルからメタリックなシャウト、さらにニューハーフが
身に付ける技術
とされる(?)、女声を出す発声法であるメラニー法までも
修得しこの世に存在せしありとあらゆる歌唱をこなせるという触れ込みの
超絶技巧ド変態シンガーをフィーチャーしているようだ!(爆)一応は世界一の
ニューハーフ
という肩書きを持つはるな愛がコレを身に付けるに至っておらず
汚いダミ声でしか喋れないという醜態をさらしてしまっているなぁ・・・!(笑)
うちのサイトにもかつてタレコミが来たシンガーで誰が呼んだか日本のマイク・パットン
称されているとか、いないとか・・・!Dir en greyの京長年の研鑽に次ぐ
研鑽
によってようやくパットンの領域に片足を突っ込む事に成功した感があるも
こっちは既にパットンクラスのスキルを持っているのだろうかッ!?
ヴォーイ!ヴォーイ!プルゥッコクァクァッ、ンガガガッ、ンガガッ、
ポゥアアアーーーーーーーーーー!!!(爆)

1曲目は電子音で始まりモダンへヴィネス系のギターリフが聴けるも
軽快なノリを持ったミドル〜アップテンポ曲でヴォーカルは低音の
完全V系スタイル
を披露し曲調もまぁよくあるヴィジュアル系と
言える
だろう。中盤で一発デスVoも披露しギターソロはメロディアスだが
無難なフレーズ
である(爆)。2曲目はモダンさを保ちつつも疾走
ベースも唸りメタリックなハイトーンを披露、声色はハードロック寄りの
声質
になり後半は完全にメタルである!3曲目はちょいとファンキーな
印象
がある曲でホーンも登場するが特にスカというわけではなく
ヴォーカルはハードロック寄りの歌唱になるぞ。4曲目はスローで
ムーディーな曲
でヴォーカルは低音ヴィジュアル系だがしかとした歌唱力が
あるのでどこかJAM PROJECTABINGDON BOYS SCHOOL風に聴こえなくも無いな。
メタルを歌えるV系のシンガーってな塩梅だ(笑)。5曲目もオシャレな雰囲気
持った穏やかなミドル曲でここにきてついにメラニー法のスキルが炸裂!
男声と女声を巧みに使い分け
かつてQUEENのフレディ・マーキュリー
“Brighton Rock”でそれっぽい事を披露していたあのスキルじゃ!そしてヴァイオリンソロ
聴けるぞ!6曲目はハードロック寄りのアップテンポチューンでヴォーカルは
低音V系である。ソロはギターとヴァイオリンが速弾きで絡み合うテクニカルさがあるが
短いのが勿体無いのう・・・!7曲目はハードロックサウンドでマイルドさを
出しヴォーカルは若干メラニー法が混じったソフトなV系歌唱だがシャウト寄りの
も披露し後半では一人で男女双方の声を出したコーラスを披露、HEAVENLY
一人で混声クワイアをやっていたがこっちはまぁあくまでも軟弱なポップスだな(爆)。
8曲目はエモーショナルなギターソロで幕を開けるハードロック寄りの出だしから
マイルドでムーディーな雰囲気を出しフュージョン的な素養も感じさせるインスト。
ヴォーカルばかりが取り沙汰されるが楽器陣も技巧派である事を主張するかのようだが
特に変拍子とか難易度の高いプレイはしていない。9曲目は若干モダンな印象
放ち加工されたヴォーカルが聴こえるがこれも自分の喉で加工していたりして(爆)。
そしてV系のクリーンになりハードさはあっても曲調はライトで
キャッチーなノーマルなV系風
である。


確かに歌唱力は高い!変態的な技巧云々以前に基礎的なスキルが高く
飛び道具的なスタイル
はやはり根元の部分がしっかりしていないと
不可能
だという証拠を突きつけるかのようじゃ・・・!だが肝心の楽曲面は
あまり面白くは無いポップ寄りのスタイルが濃くへヴィな曲も
根底にあるのはポップさオシャレ風の曲も目立ち一言で言うなら
凡庸という他無い!(爆)各メンバーのスキルこそコアなのに曲が
ライト
とはこれ如何に!?プロダクションもやはり篭り気味で若干の
聴き辛さがある
しなぁ・・・!ヴォーカルももっとマイク・パットンみたいな
変態奇声
を多用し1曲の中で10パターン以上の声質を駆使するものかと
思っていたが基本はV系でちょいと肩透かしじゃったのう・・・!クリーンVoの他
高音絶叫、咆哮、ガテラル等各種デスVo、ボイスパーカッション、
フラジオレット(ホイッスルヴォイス)、シュトローバス(超低音)、
ベルカント、カウンターテナー、演歌、民謡、
さらにはホーミー
ありとあらゆる歌唱スタイルがこの一枚に詰め込まれているのかと期待したんだがなぁ・・・!(爆)まぁやろうと
思えば余裕で出来そう
だが・・・。楽器陣も超絶技巧のド変態プレイヤー揃い
マティアス・エクルンドマイケル・アンジェロみたいなギターが聴けるかと
思っておったが蓋を開ければ無難なスタジオミュージシャン的プレイで上手い事は上手いが
折角のスキルが勿体無いのう!ベースは手数多くて良いのだが・・・!
まぁ我々が聴きたいコアな変態プレイは今後に期待か!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 69% お気に入り曲 Liberation







もどる


inserted by FC2 system