OPUS AVANTRA






"INTROSPEZIONE"




イタリアのプログレ(前衛?)プロジェクトの1stアルバム。


70年代のイタリアから出てきたプロジェクトだ!この頃のイタリアと言えばプログレッシヴ・ロックが
非常に強く、音楽史に残る名バンド、名盤が数多く出てきたわけだが、ここに紹介するオパス・アヴァントラも
イタリアンロックのマニアの多くが絶賛する存在である!

メンバーは音楽学校出身で、クラシック、前衛音楽について非常に高度な知識を持っており、
女性シンガーは本物のオペラの教育を受けた人物である。姪が世界的に有名な
テノール歌手
らしい。彼らのモチベーションとしては前衛音楽と
伝統音楽の融合
であり、それはバンド名にも現れている。
“アヴァン”ギャルドと“トラ”ディショナルを掛け合わせたものだと言う・・・。

こう書くとかなり難解そうなイメージがあるが実際はそれほどでもない。クラシックの香り濃い
バラード調の曲が多いと言えば良いのかもしれん。ここで使われている楽器は室内楽スタイルで、
2台のヴァイオリン、ヴィオラ、打楽器が基本で、ごく数曲のみでドラムとベースが
少し入ってくる
と言うもの。ギターは皆無で、もはやロックか
どうかもわからん・・・!
激しい音楽が好きな人には退屈かもしれんが、
一応たまに激しくなるので安心してくれ(笑)。しかし言葉にしづらい音楽性である・・・!


メロディーは美しい物が多く、1曲目とラスト曲のみ前衛スタイルであとはクラシックだ!
プログレッシャーなら誰もが知るであろうアルバムだが、それ以外の誰に進めれば良いかは分からん・・・(笑)。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 78% お気に入り曲 LES PLAISIER SONT DOUX、LA MARMELLATA、AH、DOULEUR、RITUALE







もどる


inserted by FC2 system