NOVELA






"魅惑劇"




日本の伝説のプログレバンドの1stアルバム。


このアルバムがリリースされたのは1980年と意外と古く、その当時は世界的に
パンクブームがまだ吹き荒れていた時期
と言え、ハードロックは隅に
追いやられていた時代。ましてやプログレともなると世間的にはほぼ絶滅したなどと
思われていたことだろう・・・。しかし彼らはそんな時代をものともしない強力なバンドだったのだ!
解散した後もメンバーは日本プログレ界の重鎮としてシーンを
活気付けてきた!
偉大なバンドだと言える。

そして彼らはその特異なスタイルにより一つのジャンルの元祖だと言われている・・・そう、彼らは
元祖ヴィジュアル系バンドだったのだ!
ド派手なメイク、ファッションに身を包み、
耽美志向あふれる歌詞、そして独特のヴォーカル・・・!彼らのライヴに来るファンは
彼ら同様、時には彼ら以上のド派手ファッションに身を包み、女性ファンは今でも見られる
ジェラルミンケースにメンバーのステッカー貼りまくり
という、
90年代前半の中学高校でよく見られたスタイル・・・!ヴィジュアル系の元祖は
Xではない。彼らノヴェラなのだ!

まぁ、デヴィッドボウイや初期クイーンは既にこんなカンジのメイクしてたが・・・キッスやオザンナは無視(笑)。

音楽的には独特のナヨナヨしたハイトーンで歌われるハードロック的な
音を持つプログレ
だと言える。人によってはこのヴォーカル、日本語詩が
受け付けないだろうが楽曲的には海外のバンドにひけをとっていないと思う。演奏技術も高く、
楽曲も大作から疾走曲、バラードなど幅広く、高度な演奏技術を見せ付けるスタイルではなく
ドラマティックさを強調したシンフォプログレだといえる。
オリジナリティーもしっかりしており、はまる人ははまるだろうな!


ここで提示したサウンドが後続によって脈々と受け継がれ、彼らのスタイルは
多くのバンドに直接的、または間接的に影響を与えている・・・。

個人的にマリスミゼルやサウンドホライズンなどから似た雰囲気を感じられた。
そういう意味でも日本ロック界にとって重要なバンドだったと言えるだろう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 79% お気に入り曲 レティシア、少年期〜時の崖







もどる


inserted by FC2 system