のあのわ







"ゆめの在りか"




日本の女性チェロシンガー擁するプログレエモコアバンドのミニアルバム。


チェロとヴォーカルを担当する女性ミュージシャン率いる
バンドと言う事で同じタイプのチェロシンガー、分島花音
比較されている国産バンドで、音楽的には遊園地的な
明るさ
のあるチェロ入りのエモ系で分島花音のようなゴス色、
インダストリアル要素は無い。
壮大に盛り上がるパートもある
シンフォニックな雰囲気も持ち合わせておりプログレに通じるものも
感じさせてくれるがヴォーカルは思いっきり媚び売ってる系の
超アニメ声
で硬派パンクスには確実に受け入れられないだろう(笑)。
下手ではないが・・・。チェロのみならずピアノやアコーディオン、
アコギ
等も聴けアレンジは中々に凝っているな。ラウンジポップ的な
アレンジが施された曲、音響的な要素を含んだ部分もあり全体的に
激しさは無くメロディーを重視したバンドだと言えよう。その中でも
5曲目はタンゴの3連リズムで展開しクラシカルなチェンバロ風の
メロディー、QUEEN風のコーラス男クワイア風のコーラスも登場し
クサさを放つ曲である!こういう曲調が俺好みだ!(笑)


エモ、ギターロックというよりはドリーミーでファンタジックな
プログレ要素入りのポップロック
と呼べそうな音楽性は
パンクス、エモキッズよりもアニソンが受け入れられる
プログレッシャー
のほうが評価しそうだが元々日本のプログレは
こういったジャパニメーションファンタジック要素が濃く
お城系と呼ばれ重宝されてきた過去があるだけに彼らもそういった
リスナーに愛される可能性は充分にあるだろう!まぁまだ小粒な
印象
は拭えないがこのままクサプログレ方面にシフトしてくれれば
より俺ら好みとなるのう・・・!PANIC AT THE DISCOの女性Vo版みたいな
大作を聴いてみたいがどうだろうか・・・!?



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 ゆめの在りか、すばらしい世界







もどる


inserted by FC2 system