趣味工房にんじんわいん







"雅 MIYABI 幽冥歌聖"




日本のシンフォニックトランスのアルバム。


シンフォニックトランスなんてジャンルあるかどうか知らんが本作は
ホーンやストリングスを多用した映画のサントラの如き大仰なシンフォニック
サウンドにテクノ、トランス系のリズムが被さると言う独特のアレンジ
施されている。曲によってはメタリックなギターが入っているものもあるが
全て打ち込みで創られている。オーケストレーションも勿論打ち込みだが
チープさは皆無で生音に近い壮大さがあると思うぞ!
ちなみに本作は“上海アリス幻樂団”の楽曲のカヴァーアルバムである。

3曲目は陰陽座かKagrraを思わせる和の雰囲気が入った曲でアレンジも
ギターやドラムが入りメタル風と言えなくも無い。後半ギターが
対位法で絡み合い疾走する様はメタラーに訴えかけてくるだろう!
4曲目も最初は淡々としているがその後急にDRAGONFORCEばりに
爆走
しまくる!!シンセのピコピコ音とストリングスがユニゾンで
クサメロを連発する様はクサメタラーにとってたまらんわい!
バックで鳴るトランス音はまさしくクワイアの無いDOL AMMADってな
雰囲気だが正直言ってあっちより良い!!壮大なオーケストレーション
マジたまらん!!これはアルバム中トップのキラーチューンだろう!
5曲目はトランス色の無いオーケストラとアコギのみの壮大シンフォチューン。
まさに映画のサントラの如き音作りである!8曲目はイントロからオーケストラが切り込む
壮大さ爆発のシンフォチューン!これまた映画のサントラばりに大仰ながらメロディーもキッチリクサく
RHAPSODYばりの音世界がこれでもかというほど堪能できるぞ!
これでクワイアも導入されていたらさらにとんでもないことになっていただろう・・・!
バックでかすかにギターが鳴っているのもシンフォニックメタル的で
面白い。
9曲目もシンフォサウンドを従えてドラムがメロスピ的に疾走する!
ホーンも入り大仰さがさらに増しておりシンフォメタラーにかなりウケが良さそうだ(笑)。
11曲目はキラキラいうシンセが全面に塗されたメロスピチューンで珍しい事に
オーケストラがあまり目立っていない。リードフレーズを奏でるのはテクノというか、
プログレ的な音色のシンセだ。


中盤ダレを覚えるが音作り、アレンジ等質は高くトランス的なアレンジ、音色が
許せるシンフォニックメタラーなら聴いてみてもいいかもな!テクノ、トランスと
シンフォニーの融合
といった点ではDOL AMMADよりも良いと思うぞ!



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 80% お気に入り曲 遠野郷の迷い猫、
少女の犯した禁忌〜Paper Moon Rhapsody〜、天翔ける花びら、
桜花一輪の誓い、あやかしが恋し夢みし桜花、ゆうまぐれに佇む少女







"Shangri-la Storm"




日本のシンフォニックトランスのアルバム。


テクノ、トランスとシンフォニーを融合させたスタイルを持ち味とする
アルバムをリリースし気を吐く趣味工房にんじんわいんの新譜である。
本作も“上海アリス幻樂団”のカヴァー独自の
和風クサメロ
を聴かせてくれるぞ!

1曲目でいきなりトランスなシンセから始まったと思ったらすぐにホーンや
ストリングス
が現れ壮大になりその後はトランスサウンドのバックで
オーケストラが鳴る
という独自の展開が楽しめる。2曲目は唯一の
ヴォーカル入り。
女性Voで歌唱力はまぁまぁ。少々弱い気もするが
許容範囲だ。楽曲的には完全にトランスでメロディーはなかなか良い。
5曲目はシンフォサウンドはなく和・・・というか中華風フレーズが聴ける
打ち込み曲。三味線(?)の音が印象的で面白いな。
6曲目もトランス風だが途中でチェンバロがクッサイフレーズを奏でる
パート
があり悶絶!やがてストリングスも加わりクサさ倍増!!
やはりこういうアレンジこそが俺のツボである!そしてヴィタリ・クープリ風の
音色を持つシンセも加わり共にクサメロを奏でるぞ!
7曲目は前作にあったような映画のサントラの如きオーケストラが聴ける曲。
その重厚さは相変わらず打ち込み離れしているがリズムはドラムンベースだ。
8曲目もストリングス、ソロヴァイオリンの流麗な調べが流れるクラシカルな小曲。
10曲目もストリングス、そしてピアノが聴けるクラシカルな曲である。

オーケストラとトランスの融合が多くの曲で実践されまたメロスピ風の
アレンジ
が施された楽曲もあった前作と比べるとそれぞれが分離したと言うか、
シンフォ曲はシンフォ曲、トランス曲はトランス曲と別々になったといえるだろう。
そしてメロスピ色というかメタル色も薄れ個人的には前作ほどではなかったな・・・!
前半はトランス曲が多く後半でシンフォ曲が顔を出すといったところだろう。
メロディーも前作ほど印象的なものは無かったな・・・!だが音質は逆によくなったと思う。


個人的には前作のほうがオススメだがトランス曲と壮大なシンフォサウンド両方が
聴きたい人は本作も聴いて損はないかもな!?



オフィシャルサイトで見てみる



満足度 74% お気に入り曲 Doll Master、
Seventh Wonder、Paradice Quartet、Princess Departed Soul







"Garnet Bride"




日本のクラシカルシンフォ系プロジェクトのコンセプトアルバム。


これまでは上海アリス幻樂団の楽曲をオーケストレーションで包み込んだ
トランス
にアレンジしシンフォニックにカヴァーしており長い事ノーチェックだったが
本作は何とヴァンパイアをモチーフにした完全オリジナルのコンセプトアルバム
勝負を掛けてきたぞ!方向性が方向性だけにメロスピ、民謡と並んでこのシーンで
最も人気あるジャンルの一つとされるクサクサシンフォゴシック
スタイルに仕上がっており、女性ヴォーカルはこの界隈で高い知名度を誇る葉月ゆらなるシンガーを迎え、
それに伴いバンド名(?)も海外を視野に入れたヴィジュアル系バンドのように(爆)
“Hobby Atelier CarrotWine”と英語表記になり恥ずかしさが消え失せたのは良い事じゃて・・・!(笑)。

1曲目はクラシカルなピアノとストリングスが優雅さを演出するインスト
続く2曲目はチェンバロ、ストリングスに打ち込みのドラム、ギター、ベース等
バンドサウンドも登場しクラシカルな女性VoのV系っぽい雰囲気を演出する
よくあるスタイルだが(爆)やはりクサさを感じさせてくれるのう・・・!
ストリングスソロがまたクラシカルでクサいぞ!3曲目は打ち込みリズム
ストリングス、ギターリフ、クワイア系のコーラスシンセチャーチオルガン
登場しミドルテンポで淡々としつつもゴシカルなメロディーが聴ける曲。
デジタルリズムをバックに聴けるヴァイオリンソロがやはりクサいのう!
4曲目はこれまたクラシカルで優雅なストリングスに笛の音色
重なり打ち込みリズムにティンパニも登場、ヴォーカルが入ると淡々とした
展開
になりベースも主張するぞ。5曲目はピアノで幕を開けタンゴ調の
3連リズム
になるこれまた淡々としたスロー曲。6曲目はチェンバロにバンドサウンドが聴け
スローテンポでゴシカルさを出しオルガンも聴けクラシカルさを演出、ベースも
目立つがギターは無くゴシックメタルと言うよりはヴィジュアル系に近い
スタイルでソプラノ系のシンセ等が聴ける間奏がやはり一番クサいか!?
7曲目は壮麗なストリングスに始まりこれまた淡々とした雰囲気を持った
ゴシックチューン。
楽器は少ないが盛り上がりはしかとあり本作中最も
壮大さを感じさせるがリズムは打ち込みでヴォーカルも加工され溺れているかのような
声質
になっているな(笑)。8曲目はホーンが登場し結婚式のフレーズを奏で
オルガンがバッハ的なクラシカルフレーズを披露し打ち込みリズム、鐘の音も顔を出し
そしてダークで重苦しいバンドサウンドが聴けインダストリアルな
モダンサウンド
に接近するぞ!オーケストレーションが実に重厚で良いのう・・・!
後半のストリングス、ギターフレーズは実に暗くその後再びホーンが結婚式フレーズを
披露し結婚は人生の墓場とでも言うべき邪悪な雰囲気を放つのも面白いな(笑)。


打ち込みリズムもあるがかつてのトランスサウンドではなくバンドサウンドにチェンバロ、
ストリングス、チャーチオルガン、さらにクワイア系コーラスとクサメタラーが愛して
止まないクサクサ楽器
が乗っかったスタイルになっているもヴォーカル以外全て打ち込み
そこが賛否別れそうだし、方向性の安牌振りとは裏腹にあまりメロディーにフックが無く
確かにクラシカルでゴシカルではあるが日本人の琴線に触れる激クサメロディーと
いうわけではなかった
のう・・・!ヴォーカルが知名度高い割にはそこまで滅茶苦茶上手いと
言うわけでもなく
淡々とした抑揚の無い歌唱だったのも要因かも知れんな。ストリングスの
間奏が何気に一番クサかった
だろうか!?打ち込みながらバンドサウンドもあるがメタルではなく
疾走チューンも無い
のでそこは勘違い無きよう・・・。まぁとうに飽きて久しいカヴァーではなく
全曲完全オリジナルと言うだけでも評価は出来よう・・・と言いたい所だが本来企画モノ、
トリビュートモノ
でもない限りオリジナルやるのが普通なんだがなぁ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Innocence [白い少女]、
Labyrinth [迷えし者に闇を]、Garnet Bride [血婚葬送曲]







もどる


inserted by FC2 system