MYPROOF






"Shining Stardust"




日本のハードコア寄りのメロディック・デスメタルバンドの1stアルバム。


サーペント、ブラッド・ステイン・チャイルド等良質のメロデスバンドが多いここ日本から
また新たなメロデスバンドがデビューしたぞ!彼らの紡ぎだす劇的メロディーは
上記した2バンドにひけをとらぬハイクオリティーなものだ!


シンフォニックさは無く、ギターの泣きメロで引っ張っていくスタイル
サーペントに近いといえるがサーペントがクラシカルさ、様式美色を持っているのに対し
彼らはハードコア寄りといえるスタイルで
それが独特のサウンドとなって彼らの個性を際立たせているぞ!

捨て曲らしい捨て曲は無く、どの曲でも彼ら特有のハードコアチックでありながら
強烈な泣きを持ったギターが堪能できる!個人的には2曲目と5曲目がお気に入り。
ヴォーカルは日本語。デス声のパートでは言われても気付かないだろう。
実際俺も最初聴いた時はアルバム途中まで気付かなかったぞ・・・!クリーントーンのコーラスが
ハードコアっぽさを醸し出す一番の理由かも知れんな。日本語だし。


将来有望なバンドだと言える!個人的にはハードコア色を抑えてよりオードソックスなメロデスに
シフトチェンジして欲しい気もするがこのスタイルもまた個性!やりたいようにやって高みを目指して欲しい!



満足度 80% お気に入り曲 Rain Brings Hope、Time is Gone







"REASON FOR MY JUSTICE"




日本のハードコア寄りのメロディック・デスメタルバンドの2ndアルバム。


メタルコア系と言えそうなサウンドに日本人ならではのクサさを塗し多くの
マニアッククサメタラーの注目を集めた彼らが帰ってきた!
本作の方向性は前作のようにクサメロデスながらどこかハードコア寄りの、
パンキッシュともいえそうな雰囲気があったわけだが本作はそのハードコアな
雰囲気が減退し、より正統派メロデス寄りのスタイルになったと言える!
俺が前作のレビューで願った事が実現したと言うわけだ!
こいつはめでたいぜ!(笑)
そして音楽的にもクオリティーが著しく上がり、
ギターのクサメロと相まってこれは名盤と言える出来になったと感じたぞ!!

とにかくギターがクサいメロディーを全曲に渡って披露しており激しく悶絶できる!
特に9曲目がヤベェ(笑)。このギターメロディーに悶絶しないクサメタラーは
居ないんじゃないのか
って思うくらいクサい!!
捨て曲は皆無でどの曲もクオリティーが圧倒的に高い!演奏、音質もかなりいいぞ!
歌詞は前作と同じ日本語詩で、サビがクリーンヴォイスになる所がメタルコアっぽさを
残している
がやはり歌詞が日本語と言う事もあってどこかヴィジュアル系っぽい
雰囲気があったりする
のは賛否両論ありそうだな・・・!個人的には全く気にならないが。

どうでもいいが6曲目の女性ヴォーカルが少し歌う小曲はなんかAramary脱退後の
Sound Horizonみたいな雰囲気
だな・・・(笑)。
それと彼らの曲は前作も思ったのだがなんかリフがメガデスの
“TORNADO OF SOULS”みたいな独特のダサカッコよさ
あるよなぁ・・・!(褒めてます)



ブラステ、サーペントに並ぶ国産メロデスの宝が今ここに誕生した!!
これら2バンドが好きな人で日本語詩が聴けるクサメタラーは聴いて損なしだ!!



満足度 90% お気に入り曲 全部







"The Sky Of Destiny"




日本のクサクサメタルコアバンドによるミニアルバム。


メタルコアがシーンに少しずつ浸透し始め出した頃に登場した
日本のバンドでその音楽性は泣きのメロデス要素を濃く取り入れた
当時で言うニュースクール・ハードコアなのだが彼らの書く曲は
その他大勢のバンドと違いひたすらにクサかった!アメリカから
大量に現れたバンド群がただ北欧のメロデスバンドの模倣
終始しているのに対し彼らは日本人ならではの歌謡テイスト、
胸を掻き毟る哀愁
をたっぷり詰め込み多くのクサメタラーから
絶賛されていた
のだ!そして本作はそんなクサクサメタルコア
プレイする彼らの久々の音源が詰め込まれたミニアルバムである!

音楽的には従来と変わらぬクサい叙情フレーズがそこかしこで聴ける
日本語デス声によるメタルコアサウンドで良質なプロダクション、
荒々しいデス声、いかにもメタルコアなクリーンVo、叙情的極まる
リードギター等古き良き慟哭系メロデスが好きならかなり琴線に
触れる
ものがあるだろう!1曲目から早速泣きのリフが聴けそして疾走!
実にカッコいいリフである!ラストはクリーンVoになりそこはメロディーも
いかにもメタルコアってな感じだがこのパートはほんの僅かである。
2曲目なんかピアノが使われ悲しく美しいバッキングの上にデス声が乗り
クサクサなギターがむせび泣くメタルコアバラード(!?)だ!ベースが
かなり唸っているな。このクサ哀愁はアメリカのバンドには
中々出せないだろう・・・!しかしこの曲かなりクサいのう!
泣きまくりのギタークサすぎるフレーズをバックで終始奏でており
クサメタラーならば確実に撃沈するであろう!3曲目のサビなんか思い切り
飛翔系で疾走感と相まってまるでメロスピのようだ(爆)。
ヴォーカルもサビはクリーンだしな!ツインリードはもちろん
クサすぎる!4曲目はシンセも使われシンフォニックな質感を演出。
やはりギターがもの凄くクサいぞ!


相変わらずの異様なまでのクサさがさらにパワーアップしているように
感じられたな!ラストの5曲目はピアノによるアウトロだがそれを含めても
捨て曲は皆無!近いうちに新たなフルアルバムも聴いてみたいのう・・・!
まぁ彼等をまだ知らないリスナーは何言っているかハッキリ判る
日本語詩によるデス声
違和感を感じるだろうが
そんなの些細な問題よ!メタルコア、メロデス好きおよび
クサメタラー全般にオススメできる高品質アルバムである!!






満足度 88% お気に入り曲 全部







"Pupil of Astraea"




日本のクサメタルコアバンドによるEP。


日本人的な哀愁漂う歌謡曲然としたメロディー強烈なクサさを放ち最初期から
クサメタラーの間で話題を呼んでいたメタルコアバンドで、本作は以前にリリースされた
7曲入りのEPとなっており音楽的には過去作のスタイルを踏襲しつつも新たな試みとして
デジタルサウンドを導入した曲
に加え過去曲のリミックスヴァージョンまで収録、
メタル者としては非常にイヤな予感しかしないのだがどうか・・・!?

1曲目はピアノとデジタルサウンドによるイントロで続く2曲目はヘヴィサウンドと共に
やはりデジタル音が登場するもその後はメロデス的リフと共に疾走!退廃的なムード
醸し出しながらヴォーカルは日本語デスVoを披露、サビはクリーンVoで相当にJ-POP臭さ漂う
メロディー
を歌いデジタルシンセも目立ちチャラさがあるか!?(爆)3曲目は非常に
キャッチーで明るいムード漂うバンドサウンドが聴けるも勿論メタルコアなんで軽さは無く
ワイルドなノリ
も見せるぞ!サビのギターフレーズがまたキャッチーじゃのう・・・!
4曲目もノリの良さを感じさせギターフレーズはクサさ満点!ブリッジはトレモロリフと
共に疾走し
サビは日本語クリーンキャッチーに歌い上げるぞ!速弾き系のギターソロ
顔を出すがやはりその後のクサさ漂うツインリードこそ彼らの持ち味である!5曲目は
結構ブルータルな印象を放っておりリフやグロウルも低めで邪悪さを演出、リズムはやはり
軽快さがありサビはこれまたクリーンである。泣きまくりのギターソロがまたたまらんのう・・・!
後半はゴリゴリなビートダウンも登場だ!6曲目は1stの曲のリメイクドラムに始まり
メタルコア然としたリフノリの良さを見せバックのギターがやはりメロディアスじゃのう・・・!
サビのクリーンVoも昔と比べて上手くなっておるな。7曲目は1stの曲の
デジタルリミックス
で完全にダンスミュージック化しておりこれはメタラー的には
捨て曲以外の何者でも無い!(爆)
こういうアレンジで一体誰が喜ぶのだろうか・・・!?


デジタルサウンド導入非常にイヤな予感がしたが蓋を開けてみればちゃんと
従来通りのメタルコア
胸を撫で下ろしたがやはりリミックスメタラー的には
邪道
以外の何者でも無く悪いイメージしかないなぁ・・・!曲も小粒な印象が
あるかも知れん
が当然悪くは無くクサさはしかと健在である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 70% お気に入り曲 Invisible Force  Flower Dance  The Life Of Nature







"Metal For Silent Fury"




日本のクサメタルコアバンドによる3rdアルバム。


エクストリームメタルは現代HM/HRの世界においてイケてる側のスタイルに位置している思うが、
そこにイケてないHM/HRの代名詞である(!?)クサメロを大々的にブチ込み独自のメタルコア
展開し個性を放つ国産バンドによる待望の3rdアルバムである!ニュースクール・ハードコア畑から
姿を現したのにも関わらずその歌謡曲然とした芳醇極まりないクサクサギターフレーズ
デビュー当初からクサメタラーの間で話題となるものの前作のEPではデジタルサウンドや
ダンス系リミックス
等と言った余計なモノに手を伸ばし評判を貶めた・・・!本作は反省したのか
余計なシンセサウンドを排除しバンドサウンドオンリーでストロングに攻めてきた!
勿論独自の歌謡曲的クサクサメロディーを奏でる泣きのギターも健在である!

1曲目は意外にもシンセオーケストレーションシンフォニックなムードを演出、
まるでドラクエのような雰囲気を放つイントロで、続く2曲目は非常に無骨で
男らしさを漂わせる硬派なメタルコアサウンド
を展開、疾走はせずミドルテンポで
力強さを見せ
途中のリフは正統派HM/HRらしさも醸し出しておりサビ(?)に当たる
パート
のギターフレーズは実にクサい!3曲目はこれまた叙情性溢れるギターフレーズ
展開し疾走パートも交えストロングさを演出、ギターソロがまたメロディアスさ満点で
たまらんのう・・・!
4曲目はイントロから勢い良く爆走!リフは意外と正統派寄りで
IRON MAIDENに通じるムード
もあり面白いな。リードギターはやはりクサく中盤は
ちょいとビートダウン寄りになるか!?その後のハモリギターソロはやはり正統派ライク
クリーンVoも登場!5曲目はスローテンポで退廃的なムードを醸し出すが
その後はテンポアップし疾走、サビはクリーンVoが顔を出しこの辺は
J-POPライクじゃのう・・・!やはりギターフレーズが実にクサく泣いておるわい!
6曲目はこれまた疾走チューン無骨さを見せやはりギターのメロディーが素晴らしいのう・・・!
7曲目は正統派メタルに接近したシンプルなノリの良さを見せ、ギターリフもそんな感じだが
嘆くようなデスVoがやはりエクストリームメタルである。サビのギターが
またクサさ満点でギターソロは疾走し珍しくピロピロ系のフレーズも披露するぞ!
8曲目は退廃的な叙情性を撒き散らすリフで幕を開けミドル〜スローテンポだが
ミュートリフクサさを放ちキャッチーな印象もあるな・・・。サビはクリーンVoだ。
中盤ではピアノも顔を出しエモーショナルさを放ちギターソロもメロディアスな泣き
披露しており短いのが悔やまれるわい・・・!9曲目は再び勢い良く疾走する
ファストチューン
だがテンポダウンストロングさを見せるパートも目立ち
これまたバックのギターが印象的である!ブラスト風のドラミングも披露され
サビはクリーンVoキャッチーに歌い上げておるわい!ギターソロも
構築美に溢れておりポップさすらあるか!?ラストではピアノも顔を出すぞ。
10曲目は泣きまくりのエモーショナルなギター強烈な哀愁を放つ短いインスト
続く11曲目はストロングさ満点のパワフルな疾走感を見せる硬派で無骨なメタルコアだ!
やはりバックのギターフレーズが恐ろしくクサい!まるで80年代歌謡ポップスが如き
妥協の無い垢抜けなさである!(爆)ギターソロも当然のようにクサく
まるで久石 譲が歌謡曲化したかのようなフレーズだ!


余計な要素を削ぎ落としギターメインのストロングなメタルコア一本で勝負を
掛けてきた感があり、無骨さすら漂う硬派なメタルサウンドに乗る泣きまくりの
激クサ美メロ
を奏でるリードギター凄まじくエモーショナルでたまらんのう・・・!
シンプルとすら言える無駄の無い音作りギターを引き立たせており
ある意味正統派HM/HRに通じる部分すらあるか!?前EPは微妙な面もあったが
やはり彼らのフルアルバムにハズレは無い!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 87% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system