MUSHA×KUSHA







"ボクとサクラ"




日本の独特の世界観を持つロックバンドの3rdアルバム。


国産ミクスチャーバンド、マキシマムザホルモンのベーシスト、上ちゃんが好きな
バンドらしく彼のことを題材にしたホルモンの曲“上原〜FUTOSHI〜”
歌詞にも出てきたバンドである!音楽的にはホルモンのようなミクスチャーではなく、
かといって軽いパンクでもない独特のへヴィさ、メランコリックさ、暗さのある
ロックをプレイしておりライヴでは“蟲役者”と呼ばれるパートのメンバーが
ステージ上で躍り狂うらしい・・・!

1曲目はミドルテンポ曲でヴォーカルもエモーションがあって良い。ホーンも導入され
サビは物凄くキャッチーだ!パンクとばかり思っていたが意外とハードで骨のある
ギター
の音に和と言えそうな、そうでもないようなどこか独特の雰囲気があるぞ!
ムックの“朽木の灯”からへヴィさとメロウさを取り除いた感じだろうか!?
2曲目は非常にへヴィなギターとシャウト交じりの荒々しいヴォーカル
聴ける曲だ!まるでブラックサバスばりのへヴィさがあるぞ!彼らはただの
パンクバンドではない!疾走するパートのリフはhide・・・というかマリリンマンソンの
“IRRESPONSIBLE HATE ANTHEM”に似ている
な。
その後ピコピコしたシンセみたいな音が入るのも面白い。
3曲目は哀愁に満ちたメロディーが聴けるミドルテンポのもの悲しい
ロックバラード風と言えそうな曲。良質なメロディーセンスがあるな!
4曲目はこれまた歌謡曲ばりのクサさを持つメロディーが聴けるミドル曲だ!
間奏でハーモニカ(?)がムック、メリーを思わせるレトロなフレーズを奏でる!
5曲目はピアノに導かれるバラード風の小曲でそれに続く6曲目はどこかジャズ風
言えそうな雰囲気を持つ曲でメリーに近いかもしれん。やはりメロディーは
クサくてたまらんわい(笑)。疾走感もありクサメタラーにも十分受けそうだ!
ラストはピアノでどこか聴き覚えのあるクサメロを奏でフィニッシュ!
7曲目は2曲目のようなへヴィなリフにシャウト交じりのヴォーカルが聴ける
ラウドロックチューンだ!こういう曲もカッコいい!!へヴィではあるが
メタルではない音作りである!蜉蝣に近いかもしれん・・・!?
リフはブラックサバスとかドゥーム系に近い感じだ。音質の悪さが実にパンク的
逆に生々しい味となって良いと感じるがどうだろうか!?8曲目は笛の音
聴けるバラードで最初こそ静かながら途中でギター、バンドサウンドが入り
盛り上がる王道のつくりで良い!ラストの9曲目はパーカッションみたいな木琴っぽい
音と鈴の音が民族風の雰囲気を醸し出すアウトロ的なインスト。


流石はホルモンが、上ちゃんが認めるバンドだけのことはある!
クサいメロディーが多く質も高いぞ!!ホルモンとはまったく違う
音楽性だがムックやメリー辺りのファン、HAWAIIAN 6あたりが好きな
日本語詩OKのクサメタラーにもオススメできるぞ!気に入った!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 86% お気に入り曲 全部







"反対側へ突き抜けろ!!"




日本の独特の世界観を持つ高品質へヴィロックバンドの5thアルバム。


6曲入りアルバムとライヴが収録されたDVDの2枚組としてリリースされた
意欲作である!これを書いている時点で彼らのアルバムはまだ“ボクとサクラ”しか
聴いていない
のだがそっちと比べて明らかにパワーアップしているぞ!!

ドラムロールと唸るベースに始まる1曲目はなんとハモンド、デス声が導入され
展開も激しくなったり静かになったりとなかなかに複雑(?)で面白い!
SYSTEM OF A DOWNに通じる要素があるといえよう・・・!

2曲目はなんとアコーディオンが登場し非常にクサいメロディーを奏で
ヴォーカルもSYSTEM OF A DOWN風の歌い方でクサメロを歌う!
その後ピアノも登場!一瞬へヴィなリフも現れサビはアコーディオンとへヴィリフ、
クサメロが交じり合う
非常に面白い楽曲である!そして間奏はまるでFINNTROLLの
如きクサクサポルカ、タンゴパート
になる!凄い!まさしく日本の
SYSTEM OF A DOWN!
マキシマムザホルモンとFINNTROLLとSOUND HORIZON、
そしてムック、メリーをSYSTEM OF A DOWN風に融合させるという普通ではありえない
変態的な楽曲
である!!一体何なんだこれは!!衝撃だ!!

3曲目はホルモンの“ROLLING1000tOON”みたいなリフで始まりベースとシンセが
効果的に使われた静かな歌メロパートに入りその後バンドサウンドが登場し
哀愁を放ちつつ盛り上がる曲だ!ピアノをバックに語りが入るのも面白い!
まるでQUEENみたいなドラマティックさだ・・・!そしてギターが
カオティックな変拍子リフを放ち最後はスパニッシュ風に
占める
とんでもない曲だ!(爆)

4曲目はまるでお経というかどこぞの民族の儀式みたいなパーカッシヴな
木琴(?)とヴォーカルが聴ける曲だ。コミカルな雰囲気もまた
SYSTEM OF A DOWNっぽいな。
へヴィなリフ・・・というかギターのノイズも出てくるぞ。
そしてへヴィリフが入りシンセがドラマティックさを演出!後半はシャウトも
飛び出しアグレッションも増加!そして再び儀式風のパートに戻る。

5曲目は琴の様なイントロに導かれかつてスコーピオンズがよくやっていた
“荒城の月”
みたいな雰囲気の和風哀愁メロが聴ける!荒々しいバンドサウンドの
合間合間に使われるリリカルなシンセがセンスの良さを物語る!ホント凄いバンドだな・・・!
途中語りも飛び出すが語りの雰囲気、音楽的にV系やサンホラではなく筋肉少女帯
真っ先に思い浮かべるな・・・!

そしてラストの6曲目は本作中最もストレートな曲調で彼らのロックバンドとしての
魅力が伝わってくるぞ!ブリッジでピアノも挿入されサビは非常にキャッチーだ!
演奏もタイトでサビ前の複雑そうな変拍子のキメを上手くこなしている!
そしてラストで一気に急展開しシンセが劇的さを醸し出しメロディーは物凄く
クサくなる!!
へヴィで荒々しくロックの初期衝動を忘れずそれでいてメロディーは
非常にクサい!こんないいバンドがいたとはな・・・!驚きである!!

そしてライヴが収録されたDVDの方だが・・・マジで踊ってるメンバーがいる(爆)。
MCとダンス担当の“蟲役者”がまるでメインメンバーであるかのように頻繁に映り
インタビューもある!ライヴ映像ではデスメタルばりのへヴィリフで疾走する
“地獄の炎”が一番カッコよかったな。しかし客が皆棒立ちなのが解せぬ・・・!
なぜ暴れないのだ!?モッシュ、ダイヴ当たり前の音なのに!?もしかしたら彼らのファンは
ロックファン、パンクスよりもアングラカルチャー好きの方が多いのかもな・・・!?


“ボクとサクラ”と比べてシンセが目立つようになり、かといってへヴィさが
薄れたわけではなくむしろさらにへヴィになりクサさ、メロディーの良さも
パワーアップ!
非常に質の高いオリジナリティーに満ちたMUSHA×KUSHA流
へヴィロック
が堪能できる!捨て曲などあろうどころか全曲キラーだ!
SYSTEM OF A DOWN、SOUND HORIZON、ムック、FINNTROLL、
HAWAIIAN 6、そしてマキシマムザホルモン・・・!
これらタイプの違う
バンド勢の中でどれか一つでも好きなバンドがいたら本作を是非とも
手にとってもらいたい!
また日本語詩が聴けるクサメタラー諸氏も十分
満足させられそう
なポテンシャルを内に秘めている!こういうバンドがいるから
俺はジャンル問わず音楽を聴くのだ!!




Amazon.co.jpで見てみる



満足度 90% お気に入り曲 全部。特に“アヤカシ”







"ろれるりら"




日本の独特の世界観を持つ高品質へヴィロックバンドの6thアルバム。


マキシマムザホルモンのベーシスト、上ちゃんが大好きだという
事で知られているバンドだがそれだけで話題になる程度のバンドではない!
音楽的にも実に優れたものを持っており和の雰囲気を放ちつつどこかほの暗く
メロは歌謡曲的哀愁クサメロバリバリでライヴにおいては“蟲役者”なるメンバーが
ダンスを繰り広げると言う、全てにおいて規格外のバンドなのである!
ロックに規定の概念は存在しない!“蟲役者”が、ダンサーがいても
いいじゃないか!
そしてそんな蟲役者、ジャケ裏にてブラックメタルばりの
白塗りメイク
を敢行しての6作目のアルバムである!

1曲目はイントロでいきなりストリングスシンセとメタルリフ
シンフォニックメタル風味を醸し出しアルバム間違えたか!?と一瞬思うも
独特のヴォーカルが入ると彼等がMUSHA×KUSHAであることを
思い出させてくれる。ピアノが美しくサビは滅茶苦茶クサく
キャッチー
だ!哀愁漂う泣きのクサメロが実に強烈である!
疾走こそしておらずパワーバラード寄りなのだがそこいらのクサメタル、
シンフォメタルバンドが裸足で逃げ出しそうな劇的さ、美旋律が
堪能できるぞ!ラストに一瞬テンポが上がる。
2曲目はイントロでベースがリズミカルに登場しどこか
マキシマムザホルモンみたいな雰囲気のヴォーカルが聴けるも
その後はちょいフックあるメロが登場するミドルテンポ曲。
リズムなどどこかクラブアレンジ風と言えなくも無いが途中
ハモンドソロが登場し70年代ハードロックみたいな
雰囲気を演出するぞ!3曲目はハーモニカで始まり淡々としつつも
ナイトメアみたいな歌謡哀メロが聴ける曲。ブリッジのピアノ、リフが
印象的だな。サビはやはり哀愁クサメロバリバリだ!
4曲目はCACOPHONY・・・というかマーティ・フリードマンを思わせる
思い切り和風なギターがイントロで登場しヴォーカルメロもバリバリ
和の世界を演出している!ピアノがやはり美しくヴォーカルの声質と
相まって博徒、任侠の世界のようだ・・・!(笑)後半は雰囲気が変わり
飛翔感が感じられるアレンジとなる。5曲目は思わず
オメコにて生け花したり吹き矢を放ったり
バナナ、リンゴ切りを敢行
する
見せ物ストリップ
思い出しちまうタイトルだなんて思ったがよくよく見たら花電車ではなく
“花と電話と私”だったか!?こりゃ失敬!(爆)
それはともかく曲調は非常にメタリックなリフで始まるぞ!だがヴォーカルパートは
ベース主体になりどこかプログレライクなアレンジとなっているな。
6曲目はオルガン音がバッキングで流れ歌謡メロを朗々と歌うぞ。中盤ピアノが
非常にリリカルでメランコリックな調べを奏でまるで童謡の如きほの暗さ、
哀しさ
を演出する!7曲目はミュートリフの後デス声が炸裂するもアグレッションがあるわけではなく
やはり怪奇的とも言えるプログレッシヴなアレンジが施されている。
8曲目はアップテンポでキャッチーなメロディーを聴かせピアノがクラシカルな
フレーズ
を弾きメタリックなリフの後はメロウになる。ラストのコーラスも良い!
9曲目はどこか奇妙で暗くもキャッチーな雰囲気を持った曲。和になった
MALICE MIZER
と言ったら誤解がありそうだがそんな感じだな。
中盤でようやくバンドサウンドが入り壮大に盛り上げていくぞ。
その後のメロディーも良い!


どこか暗くどこかユーモラスで哀愁漂うMUSHA×KUSHAワールドは
健在ながら大人しくなったような印象があるな・・・。おそらくどの曲も
ミドル、スロー主体だからだろう。疾走を売りにしているバンドではないが
アップテンポ部分が非常に少なくメタリックなギターリフもあるがモダンな
へヴィさは消えている
のが原因だと思う。質は低くなく本作も聴いて損は無い
出来ではあるが個人的には過去のアルバムの方が好みだな・・・。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 85% お気に入り曲 メインテーマ、羽、
ろくでなし、ダウトを探せ、涙目のラルム







"一発やらせろ!"




日本の歌謡へヴィロックバンドの7thアルバム。


楽器はやらずリードヴォーカルもほとんどとらずライヴで
前衛舞踏風のダンスを披露し独特極まる世界観を演出する
“蟲役者”が中心人物の超個性的国産へヴィロックバンドによる
7作目である!パンク畑のバンドらしく基本的に収録時間が
これまでは短かった
のだが今回はボリューム満点の、
シークレットトラックを入れて全17曲48分である!


1曲目はハードロック然としたリフに珍しいうねるスペイシーな
シンセ
が聴けサビはキャッチーさと共に疾走するシンプルな曲
2曲目はベースで始まりどこかプログレに通じる凝ったリフに
これまた電子的なシンセが聴け変拍子も登場、テクニカルな
印象を受ける曲で途中祭りのようなリズムになり絶叫も聴けるぞ!
3曲目はアグレッシヴでへヴィだがメタルというよりはやはり
ハードロックに近い音が聴け静と動の演出が施された曲。
後半で疾走しハモンドも登場する。4曲目はハモンドが
クサいフレーズを奏でノリのよさが滲み出たアップテンポで
途中テンポチェンジし歌謡曲的なクサメロも登場だ!
5曲目は過去作“ボクとサクラ”に収録されていたかなりの
クサさを持った曲
のリレコーディングヴァージョンで
基本的なアレンジは変わっていないが途中ピアノが聴け
ジャジーな雰囲気になりそこが相違点だな。6曲目はパンク的な
側面
が前面に出た爆走はしないが一瞬で終わる短い曲。7曲目は
ハモンドの乗ったHRでこれまた祭拍子のようなノリを見せ
極めて日本的なクサメロも聴けるぞ。8曲目はまるで
シンフォニックブラックのような重厚で邪悪な壮大さを見せ疾走、
ヴォーカルも絶叫で、本気でそういった雰囲気を出している
流石にブラスト、トレモロは無いな。ラストはピアノで
リリカルに締めるぞ。9曲目はノイジーな出だしに続き
NAPALM DEATHの“YOU SUFFER”が如く一瞬の爆走で終了、
10曲目はマキシマムザホルモンの“ぶっ生き返す”みたいな
ノリの良いリフで疾走し早口ヴォーカルもそんな感じである!
ベースもスラップしまくり上ちゃんリスペクトなのか!?
11曲目は穏やかなアコギ、シンセがオシャレなラウンジ風
雰囲気を演出し笛の音も登場、12曲目はアコギのストロークに
クサいメロディーが聴けバンドサウンド、シンセも登場する
ハードロックスタイルを踏襲した曲。歌謡曲的なクサメロ要素が
かなり濃く
俺みたいなリスナーが彼等に求めているのは
こういうタイプ
だろうな・・・!後半なぜかインディアン風の
掛け声
が聴けその後コミカルな遊園地風の雰囲気が演出されるぞ!
13曲目はシンフォニックなシンセが北欧あたりのアンビエント系
ブラック
に通じる荘厳な寒々しさを演出しヴォーカルも聴ける
短くも妖しい曲だ。14曲目は語り(ポエトリーリーディング)
聴ける雰囲気重視の曲。こういう曲は好みじゃないなぁ・・・!(爆)
15曲目はプログレ的な変拍子が聴け妖しいシンセも登場する
カオティックさに満ちた奇妙さがあるのう!16曲目は
シンセストリングス、バンドサウンドが怪しいリズムを刻み
何とも言えないコミカルかつホラーチックな雰囲気があるが
サビはクサくキャッチーで彼等らしいメロディーラインだな!そして
シークレット扱いの17曲目は蟲役者、梅原 江史によるヘナヘナした
ヴォーカル
が聴けるお遊び色濃いおまけ的なトラック。


シンセ、ハモンド多様でアレンジもハードロックやプログレ、
パンク、ラウドロック
をルーツに歌謡曲だったり
ジャズやボサノヴァ、ラウンジ、フュージョン、果ては
ブラックメタル等様々なジャンルを貪欲に取り入れており
複雑な曲展開を持っているが意外とアレンジ自体は
シンプル
だったりする。今回結構クサさも減退しており前作の
“メインテーマ”のような超絶キラーも無く過去曲の
“からくり人形言葉なし”が一番クサくあとは
12、16曲目くらいというのはどうかと思うがそれでも
個性・・・アクは非常に強く、様々なタイプの曲があるが一本芯が
通っており
つくづく一言で言い表せない風変わりなバンドじゃ!
どうやら本作リリース後の年末にメンバーがゴッソリ抜けて
しまった
ようだ・・・!今後の動向が気になるのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 カルマ、からくり人形言葉なし、
ガイナ、ほたえなや、バケクラベ







もどる


inserted by FC2 system