摩天楼オペラ







"瑠璃色で描く虹"




日本のヴィジュアル系クサメタルバンドの2ndシングル。


かつて元MALICE MIZER、現Moi dix Moisの中心人物ManaがMALICE MIZER以前に
組んでいたバンドの名が“摩天楼”だったが人脈的には一切関係なく、
以前Moi dix Moisフォロワーとしてディスクユニオンメタル館にも
CDが置かれクサメタラーにもそれなりに認知されたヴィジュアル系
クサメタルバンド、Jeniva
が解散した後元メンバーによって
結成されたバンドである!もっとも本作はさらにメンバーチェンジ
起こった後始めてリリースされたシングルとの事である。
音楽的にはJeniva時代の方向性を踏襲したヴィジュアルシンフォ
クサメタル
でメロスピ的疾走感は無くなったがシンセによる
リフ
初期ROYAL HUNTの如きシンフォニックさを出しクサさは相変わらずである。
ヴォーカルは典型的V系ナヨナヨスタイルだが下手ではないな。

シンセによるホーン、チェンバロに始まりへヴィリフも顔を出し
シンフォメタル風に展開するぞ!ストリングスリフがクサいな!
そしてヴォーカルが入ると疾走開始!だがシャウトと同時に
再びテンポが落ちるも鋭い切り込みを見せるギターが熱い!
サビもシンフォクサクサで良いのう・・・!ギターも2本が掛け合い
メタリックなプレイを聴かせてくれる!2曲目はなぜかさらに音質が悪い
出だしだがその後大仰なシンセとともにメタリックさを演出!
メロスピ的疾走は無いがバックのアレンジはJeniva時代と比べて
成長の後がうかがえるな。ギターソロはメロディーを重視した
プレイスタイル
でシンセソロもそれに続きそして一瞬なぜか
都会的ジャジーなアレンジを見せたりもする。ラストは
初期ROYAL HUNT風ストリングスシンセが現れその後シャウトが登場!
そのまま3曲目に突入し今度は普通のV系っぽいAメロだが全体的には
やはりクサメタルスタイルである。そしてサビでメロスピ的疾走
始まるぞ!ストリングスがクサいフレーズを奏でる間奏も疾走しているな!
そしてソプラノVoも登場しラストまでクサく疾走してフィニッシュだ!


Moi dix Moisに始まり最近はHIZAKIなんかがこういったクサシンフォ系
ヴィジュアルメタル
をプレイしているがもっとこういった様式美系のバンド
出てこないもんかのう・・・!?メタリックな、へヴィなバンドも
多いといえば多いがその大半はDir en greyの流れを汲むへヴィロック、
メタルコア系
だからなぁ・・・!彼らにはサクセスして欲しいのう・・・!
前みたいにシングルちょっと出して解散とかせずにフルアルバム
リリースするまで頑張ってもらいたい
ものじゃ!



タワーレコードで見てみる



満足度 79% お気に入り曲 全部







"ANOMIE"




日本のヴィジュアル系クサメタルバンドの1stフルアルバム。


元メタル畑のメンバーで構成されたヴィジュアル系メタルバンド
待望のフルアルバムで、前身バンドの頃はメロスピ、クサメタル志向だったが
先輩バンドVERSAILLES様式美メロスピを追求しているのとは逆にミクスチャー、
ラウド、インダストリアル
その他モロモロ様々なスタイルをV系メタルに融合させ
独自性を出す方向
に進んでいる!バンド内に正式メンバーとしてシンセ奏者
いるのもこの手のジャンルとしては珍しいが特筆すべきはヴォーカルだろう!
ヴィジュアル系らしいナヨさを保ちつつも見事な高音を披露ししかとミックスヴォイス
習得している感があるぞ!その気になればメタルも歌えそうな実力を秘めているのやも知れぬ・・・!
他のメンバーも流石にメタル出身なだけあって演奏技術は高くVERSAILLESに引けを
取らない
どころか完全にメタルのスキルを披露しておる!

怪しいサンプリングのオペラ風Voが聴けるイントロに続く2曲目は
気だるく退廃的なリフに始まりどこかニューウェイヴ風の雰囲気を放つ
スロー曲で面を喰らうがヴァイオリンの音色も聴けサビは盛り上がり
ラップ風の歌唱を聴かせるパートも顔を出すぞ。3曲目はベース、
シンセストリングス
で始まり疾走!しなやかな歌唱を聴かせるヴォーカルは
まさにシーン規格外の歌唱力で浪々と見事に高音を歌い上げる!
6曲目はこれまたラップを披露するパートもあるがその後は疾走し
まぁメロディーにはクサさよりも普通のV系っぽさがあるが悪くは無いな。
ベースもソロやオブリでテクニカルに唸りを上げピコピコした電子音
顔を出しシンセソロも登場!7曲目は早速大仰に盛り上がりその後は
シャウトと共にチルボド風の雰囲気で疾走する!まぁヴォーカルは
クリーンだが途中ソレ系のギャウギャウしたデスVoも聴けベースやシンセが
何気にオブリを入れサビはキャッチーだな。ギターソロも完全にメタル
シンセソロも登場しこれまたメタルじゃのう・・・!10曲目はシリアスな
雰囲気
を放ちベースが唸りシンセも冷たさを出すアグレッシヴなメタルチューン
モダンというよりはこれまたチルボド寄りのメロデス風でギターソロは
スウィープで切り込み完全なるメタルのプレイだな。11曲目は
ピアノに泣きまくりのネオクラ系ギターが聴けるエモーショナルなインスト。
ヴォーカルが無いから完全に様式美メタルと化しておるのう・・・!12曲目は
クサいストリングスが登場しメタリックなアグレッションを出しつつも様式美の
要素
が根底に眠るミドル〜アップテンポチューンでちょいとジャジーな部分もあるが
前身バンドに最も近い雰囲気を持ち我々クサメタラーが彼等に求めているのは
こういったスタイルの曲なのだ!13曲目はアトモスフェリックかつ
シンフォニックなアレンジが施されたクラシカルなバラード。オーケストレーションが
実に巧み
じゃのう・・・!ボートラ扱いの14曲目はGALNERYUSみたいなギターで幕を開ける
待ってましたのメロスピチューンだ!ベースもかなり目立っておりシンセも
キラキラと舞いヴォーカル以外は完全にメロスピ、クサメタルである!


やはりミクスチャー、ラウド、打ち込み等様々な要素を導入した分
メロスピ、クサメタル的素養がかなり減退しておりメタリックな
ギターやシンセを取り入れつつも普通のV系に近くなっており
その点がクサメタラー視点で見るとどうにも不満に感じられるのう・・・!
前身バンドであるJenivaMASTERPIECEとは別物でありそれらが好きだった
クサメタラーにはウケが悪いだろうがV系メタルとして聴くと悪くないし
本格的なメタルの素養もバンバン披露されよくあるモダンへヴィネス系ではない
ホンマモンのメタル志向が垣間見れる1枚だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 ANOMIE、電脳パラノイア、EVE、
Sexual Entrapment、Utopia、瑠璃色で描く虹、Eternal Symphony







"COUPLING COLLECTION 08-09"




日本のヴィジュアル系クサメタルバンドのカップリング集。


この手のシーンによくあるシングル集だが本作はシングルスではなく
シングルのカップリングを集めた企画アルバムとなっているのだ!
シングル曲は何だかんだでアルバムにも収録されるがカップリングは
日の目を浴びずに人知れず消えていくもの・・・!となればこそ
こういったカップリング集もまた存在価値ある企画盤だと言えるだろう!
まぁこういうのが出るからわざわざシングル買う必要なんて
どこにもなくなってしまう
のだが・・・(爆)。

前に出たフルアルバムはメロスピ、クサメタルのみならずラウドロック、
ミクスチャー
要素等様々なスタイルを盛り込み先輩格のVERSAILLES
様式美に徹するのとはまた異なるアプローチを見せ気を吐いたが
本作もまたメロスピ、クサメタルのみならずバラードちょいモダン、
ミクスチャー風
の曲、キャッチーでライトな普通のV系寄りの曲なんかもあるが
楽曲のアレンジはやはりルーツを隠せないのかヴィジュアル系バンドとしては
非常に珍しいシンセワークシンフォニックさを演出しここら辺の
アレンジはまさしくヨーロピアンクサメタル以外の何物でもない!
ストリングス系の音色のチープさ
がまたそれっぽくて逆に嬉しくなるな(爆)。


企画盤の域を出ないアルバムでこれまでのシングルを揃えていると
何の価値も無いがシングル未聴ならば普通に最新アルバムとして
楽しめる
であろう!カップリングだからといって手を抜かない・・・
いやむしろ日の当たらないカップリングだからこそやりたい事を
好きにやったマニアックな楽曲
を持ってくる事が多いのはまさしく定石!
まぁ本作は聴きやすい楽曲が揃っておりそこまでコアな印象は無いな。
個人的にはもうちょいメロスピ、クサメタルに専念してもらいたいものだが
VERSAILLESと同じことをやらずあえて違う方向を往く道を選んだのだろう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 忘却セルロイド、Faust







"Abyss"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドのミニアルバム。


VERSAILLESの後輩バンドという立ち位置ながらも先輩とは共通点を持ちつつも
異なる部分を前面に押し出す実力派ヴィジュアル系メタルバンドDVD付き
ミニアルバム
である!元々メタル畑出身なだけに演奏スキルは十分あり
音楽的にもメロスピ、クサメタルを基本としているがアルバムではそれ以外の
要素
も大々的に導入しミクスチャー然とした部分もありそこがクサメタラー的には
微妙
なんだが総じて高いクオリティーを見せており売れ線軟弱ポップV系連中とは
端から格が違う!
大仰なシンセがシンフォニックな彩りを放つドラマティックさ
満点
テクニカルな本格派ヴィジュアルメタル振りを見せ付けてくれるぞ!

1曲目はモダンさを感じさせるメタル然としたリフストリングス系の
シンセサウンド
が乗りシャウトを交えたヴォーカルも登場、アップテンポで
V系ながらもシンフォメタル色濃い曲調になりギターソロは実にフラッシーな
速弾き
を見せベースソロも聴けテクニカルさも十分である!2曲目はピアノが
美麗なバラード的出だし
からモダンなヘヴィリフ、シンフォニックなシンセ
ゴシカルなムードを放つも途中からテンポアップしドラマティックな盛り上がりを
見せるぞ!
ギターソロはメロディー重視で良いのう・・・!3曲目はメタリックだが
シャッフル系のリズムで軽快に展開し歌謡ジャズ的なムードを放つ最近のV系に
ありがちな曲
になっちまうなぁ・・・!4曲目は荘厳な空気を放つイントロで幕を開けバンドサウンドと
共にクワイアも登場!メロスピと言うよりはもはや完全にシンフォニックメタルと
呼べるスタイル
になっておりヴォーカルが挿入されるとピアノバラードになるが
曲展開も実にドラマティックで大仰さ満点!スローチューンだがスローである
必然性を感じさせる
良質の楽曲じゃのう・・・!5曲目はデジタルリズムピアノが乗り
アトモスフェリックなムードを放ちストリングスシンセ、バンドサウンドが
湿った叙情を放つアップテンポチューンでサビはポップ寄りのキャッチーさ
見せるもバックがやはり大仰なシンフォメタルなんでメタラーも十分に楽しめるぞ!
ベースも目立ちギターソロシンセソロも聴けるのう・・・!6曲目はアコギが
哀愁を放ち
ヴォーカルが切々と歌いバックでストリングスシンセも聴けるバラード。
7曲目はソプラノVo、ピアノに始まり泣きのギターが登場、バックはシンセが
シンフォさを放ち
どこかネオクラ的なフレーズを聴かせてくれるがその後
プログレというかフュージョン的なムードも放たれるインストだ。


ヴィジュアル系メロスピ、クサメタルバンドとして高いクオリティーを持ちながら
中途半端にモダンになったりミクスチャー化したりでそのスキルを持て余している感が
過去作にはあったが
どうやら最近はストリングス系シンセを派手に取り入れた
大仰でドラマティックなシンフォニックヴィジュアルメタルという
独自のスタイルを確率し始めており4曲目なんかが特にそんな感じである!
それだけに3曲目のような捨て曲の存在がもどかしいわい!(爆)もうこういう曲は
やる必要なんて無いじゃろうに・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 INDEPENDENT  もう一人の花嫁  coal tar







"Justice"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。


この手のバンドには珍しいシンセプレイヤーを擁しVERSAILLESのような様式美
メロスピ要素
を保ちつつもよりシンフォニックな音作りに特化した新進気鋭の
実力派ヴィジュアルメタルバンド
最新アルバムである!前ミニアルバムでメジャー行き
果たしていたがセルアウトの徴候は無くむしろ方向性が絞れよりパワーアップした
印象
があり壮麗なシンセストリングスやクワイアを配した大仰で
ドラマティックなシンフォニックメタル
の方向に活路を見出した!そんな彼等独自の
スタイルは本作でもしかと見受けられ疾走曲は勿論、モダンなスロー曲にも
大仰なシンセサウンド
を大々的に導入しておりDMoi dix Moisとはまた異なる
個性あるシンフォニックメタル振りを見せ付けているぞ!

1曲目は早速ミステリアスさのあるシンセに始まりクワイア、ストリングスシンセ
登場しギターも速弾きを披露、そのまま疾走しヴォーカルはキャッチーなメロを
歌い上げる
アップテンポのシンフォニックヴィジュアルメタルだ!サビ前の
ホーリーなパートがフックになっておるな。2曲目も大仰なシンセ、クワイア
聴けるもモダンなバンドサウンドがへヴィなムードを放つスロー曲になりヴォーカルも
いつになく低音で怪しい爬虫類系の歌唱を披露しているな・・・!ヴォーカルメロディーは
キャッチーさが強くこの辺はV系らしい部分である。3曲目も大仰なオーケストラシンセに
クワイア
が聴けつつモダンというかメタルコアに近い重厚なバンドサウンドが聴け疾走!
シンフォニックなアレンジが生きた劇的な事この上無いキラーチューンに仕上がっているぞ!
ギターソロもドラマティックキラキラしたシンセも顔を出すのう・・・!4曲目は
まるでWITHIN TEMPTATIONのようなムードを醸し出すオーケストラ、クワイアが聴け
バンドサウンドはモダン寄りでゴシカルな空気を放つミドル曲。テクニカルで流麗な
ギターソロは流石じゃのう!5曲目はいかにもV系ライクなポップ色濃い曲調ではあるが
こんな曲でもクワイアが自己主張しており中盤はバッハ(THOUSAND LEAVESではない)が如き
クラシカルさを見せつけ自分達のアイデンティティーを主張しているかのようである(爆)。
6曲目はデジタルシンセモダンなへヴィサウンドが聴けラップも登場、
サビこそ疾走するもメロはポップな半端ミクスチャー路線が戻ってきてしまった捨て曲だ・・・。
7、8曲目もポップなムードが強いそんじょそこいらのV系連中でも出来そうな曲。
9曲目はクワイア、高速ギターで幕を開けメロパワ然とした疾走感を見せる待ってましたの
キラーチューン
だが何とインストで途中からプログレメタル化テクニカルな
アンサンブル
を見せ付けるぞ!ハモンドも顔を出しどこかイトケンライクか!?
10曲目はホーン系のシンセ大仰なクサさを放ちストリングス、フィメールVoも
顔を出し勇壮に疾走するシンフォニックメタルだ!本作中最もクサメタル色濃い楽曲
Dragon Guardian辺りを意識してそうなムードがあるのう・・・!ギターソロは勇壮な
メロディー
を奏でつつもやはりテクニカルドラムソロを途中交えクラシカルかつ
ファンタジックなフレーズ
も披露、ベースも一瞬唸りを上げキラキラシンセも聴けるぞ!
11曲目はSEに始まりこれまた壮麗なストリングス、大仰なバンドサウンドが聴け
モダンな部分を持ちつつもシンフォニックな色合いが濃くヴォーカルはアッサリ風味
漂いつつもアップテンポでこれまたファンタジックなフィーリングを内包した
シンフォメタルチューンである!中盤は雰囲気が変わりオペラティック
言うかシアトリカルな側面を見せるぞ。12曲目はアカペラに始まり
チェロ音のシンセ、ピアノにバンドサウンドが聴け淡々と展開するバラード。
13曲目はアトモスフェリックなムード漂うシンセが聴けデジタルリズムに中華風の
ヴァイオリン
が登場、さらにトランス系の音作りにクワイアが乗るダンサブルな曲だ。


最近よく見られるヴォーカルだけV系でそれ以外は完全メタルな流れを踏襲した
バンドだがこのシンセやクワイアのシンフォニックなアレンジはむしろ
男VoになったLIV MOONとすら言えそうなムードが漂っておりヴォーカルメロディーの
キャッチーさなんかもそんな感じだな。ただアルバム中盤位になるとまた半端に
ミクスチャー路線
を取り入れたりポップ色が濃くなった捨て曲が目立ち始め
ガッカリさせられるのう・・・!折角シンフォニックでドラマティックな
キラーチューン
が作れるのだからこういった捨て曲はいい加減やめて本気の
シンフォニックメタル一本に絞って頂きたい
モンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Justice  落とし穴の底はこんな世界  Helios
Just Be Myself  アポトーシス  ニューシネマパラダイス







"喝采と激情のグロリア"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドの3rdアルバム。


ヴィジュアル系様式美クサメタルの帝王VERSAILLES亡き後この手のV系メタルが
段々と下火
になりつつある中気を吐く実力派バンドによる通算3作目のアルバムである!
ヴォーカルだけヴィジュアル系それ以外は完全メタルと言うバンドの中でも彼らは
専任キーボーディストを抱えており、その音楽性もメロスピ、クサメタル以上に
シンフォニックメタル的な要素が相当に強く、壮麗なオーケストレーションクワイア
バンバン多用、NIGHTWISH やLIV MOONがV系男Voになったような印象すら見せる程だが
本作もまたそういったシンフォニックメタルスタイルを踏襲、オーケストラはシンセだが
クワイアは生の混声合唱団を起用しておりさらなるスケールアップを図っておる!

1曲目は早速のストリングス、クワイアシンフォニックなムードを放つがその後
リズムがデジタル系のダンサブルなモノになってしまうイントロで、続く2曲目は
意外と正統派HM/HR的なリフが聴け疾走開始!メタリックではあるがヴォーカルメロは
ポップ寄りでこの辺はイマイチか!?
音質も篭っている上にスカスカ非常に劣悪だが
サビはクワイアも共に歌い上げまるでRHAPSODY OF FIREのようだ・・・!ソロは
ベースに始まりシンセ、ドラム、ギターと続き各楽器が見せ場を設けておる!3曲目はリフこそ
ちょいとモダン寄り
だがシンセの音色は80年代ライクノリの良いキャッチーさを
放つアップテンポ曲。
4曲目はデジタルライクなシンセ冷たいピアノ、ストリングス
顔を出す淡々とした曲だがクワイアも聴けるぞ!ギターソロはなかなかに泣いておるのう・・・!
5曲目はシタールエキゾチックなムードを醸し出しヴォーカルも得意のビブラートかけまくり
怪しく歌い上げドラムが勢いを放ちアップテンポで展開、サビはクサさを放ち疾走アコギソロ
哀愁バリバリで良いな!6曲目はゴリゴリのベースモダンなリフ、シンセが聴けるワイルドな曲。
音質の悪さ
が足を引っ張っておるのう・・・!ギターソロは勢いのある速弾き完全にメタルである!
その後はちょいとプログレメタル化するぞ。7曲目はモダンなグルーヴを放つヘヴィなスロー曲。
バックのストリングス
は良いんだがヴォーカルメロは売れ線系で微妙だな・・・(爆)。8曲目はイントロから早速の
クワイア、チャーチオルガン
が顔を出しフィメールスキャットと共に疾走開始!待ってましたの
シンフォニックメロスピ、クサメタルとなるぞ!こういう曲が聴きたかったんじゃ!
・・・と言いたい所なんだがヴォーカルメロディーだけはどうにもフックが無くイマイチじゃのう・・・!
シンセ、ギターのソロバトル
は熱くアレンジは良いな。9曲目はクワイア、ストリングスに
チャラいデジタルサウンド
で幕を開けシンフォニックに疾走開始!本作としてはようやくの
フックあるクサメロ
が顔を出しブリッジなんか相当にRHAPSODY臭が濃いぞ!(爆)サビは
ちょいとJ-POP寄りになってしまうがもっとこういう曲をやって頂きたいモンじゃて・・・!
ギターソロもメタリックさ満点のシュレッドだ!10曲目は物悲しいピアノ、歌謡曲的な
クサさを持ったヴォーカル
が聴けるバラード曲。途中からバンドサウンドが盛り上がる
定番の展開
を見せるぞ。ギターソロもエモーショナルな泣きである。中盤以降のストリングスが
またクサく、
その後のクワイアもツボを突いておるわい!11曲目はこれまたメロウさ満点の
ピアノ
で幕を開けその後はGALNERYUSみたいなギターフレーズホーン系シンセが聴け、
さらにキラキラ系チェンバロギターネオクラシカルなユニゾンを見せる
様式美ジャパメタ丸出しなインストチューン。何気にメタラーに最も響く曲だろう!
12曲目はキレのあるギターリフオーケストレーション、クワイアが聴け疾走するラストを
締め括るに相応しいキラーチューン
である!ブリッジのピアノパートの意外性も面白くサビはRHAPSODY的な
クワイア
に加え今は亡きVERSAILLESを受け継ぐかのようなメロディーが聴けるぞ!


国産メジャーバンドだけに音質は悪いんだが(爆)、生のクワイアやシンセによる
壮大なオーケストレーションを交えたシンフォニックさ満点のHM/HRサウンド
普遍となっており良いんだが・・・どうにもヴォーカルメロディーHM/HR的な大仰さ
歌謡曲的な哀愁系のクサいフックが無くありがちなJ-POP、売れ線V系風に
なってしまっている
のが不満じゃのう・・・!あのVERSAILLESでさえもアルバムを
重ねていく内に段々とポップ寄りになってしまっていた
だけにこれがメジャーの
恐ろしい(クソな)所
だろうか・・・!楽曲もシンフォニックメタルメロスピのみならずまた
半端にモダンな曲が顔を出すようになってしまっておりこの中途半端さがアカンな!
まぁアルバム後半で相当に持ち直してくれるのが救いだが・・・!もっと彼らにはガチの
様式美メタルやクッサイシンフォニックメタル
を披露して頂きたいモンじゃわい!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 GLORIA  Freesia  SWORD  Innovational Symphonia
永遠のブルー  Midnight Fanfare  喝采と激情のグロリア







"AVALON"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドの4thアルバム。


ヴィジュアル系見た目だけで中身の無いバンギャの慰み者等と蔑まれていたのも昔の話、
今やホンマモンのHM/HRバンドに何ら引けをとらない高度な演奏スキルを持ったバンドが
当たり前のように存在するようになり、ジャンルとしての進化をまざまざと感じさせて
くれるのだが、彼等摩天楼オペラは普通にメタル畑出身で、この手のジャンルとしては
珍しくシンセ奏者を抱えており、
さらにここ最近では生のクワイアを導入しよくある
DIR EN GREYフォロワー
では無くRHAPSODY OF FIRENIGHTWISH辺りの影響を感じさせる
壮麗にして大仰なシンフォニックメタルをプレイし個性を見せ付けておる!オルタナや
パンク、V系等非HM/HR畑のバンド
キャリアを重ねたりメジャー行ったりすると決まって
クソつまらん売れ線ポップスセルアウト我々を失望させるのがお約束で、彼等も
だんだんとメロディーラインがそんな感じになって来ており凄まじく不安なんだが、
本作では何と1曲目のみなんだがゲームミュージック畑のクサメタル帝王、イトケンこと
伊藤賢治とコラボしておる!もっとメロスピチューンでもコラボしてくれい!(爆)

1曲目は上記したイトケンとのコラボチューンで、ちょいチープながらもファンタジックな
印象
のあるホーン等シンセオーケストレーションに始まりストリングス重厚なクワイア等
顔を出すイントロ的インストで、2曲目は同じようなファンタジックな勇壮さを放つホーンに
ヘヴィ寄りのバンドサウンドも登場し疾走!
ヴォーカルは相変わらず癖が強いが楽曲自体は
しかとシンフォニックメタルしておる!ギターソロも流麗シンセソロも聴けるのう・・・!
3曲目は煌びやかなシンセをバックにライトなノリを見せる一昔前のJ-ROCK寄りアップテンポ曲だが、
大仰なオーケストレーションメタリックなギターリフも聴け、ギターソロも流麗さがありテクニカルだな。
4曲目はどこか和っぽい音色に始まりホーンも大仰さを演出、その後はヘヴィリフ細かいオブリ
放り込まれサビで疾走するぞ!5曲目はピアノ、ベース怪しげなムードを醸し出す気だるいスロー曲。
中盤でヘヴィサウンド、大仰なオーケストレーションが聴けギターソロもトリッキーさを見せているぞ。
6曲目はギターストリングスユニゾンでリフを奏で、続いてクッサイ様式美系のメロディーを奏でるリードギターが
聴けるインスト。安易な売れ線アニソンJ-POPメロディーでは無くこういうメロディーが俺の好みじゃわい!
7曲目は大仰なホーンが盛り上がりクワイアと共に疾走開始!サビも結構エピック的な印象があり
ギターソロ
火を吹くような豪快なシュレッドである!8曲目は半端にハードロック風のリフが聴けるよくある
つまらんJ-ROCK。
9曲目はヘヴィリフと共に疾走するがよくあるモダンV系っぽい感じで、ヴォーカルが
デスVoを使えない
ので物足り無さがあるなぁ・・・!10曲目はよくある典型的V系メロディー
微妙さを放つもオーケストレーションのアレンジだけは光るものがあるバラード風のスロー曲。
11曲目も大して面白味の無いよくあるバラードだが12曲目は分厚いクワイアに始まりオーケストレーションも
エピカルなシンフォニックメタル風味
疾走開始!ギターソロはも構築美を感じさせつつ
シンセとテクニカルに絡むプログレメタル然とした展開
も披露、なぜこういう曲を
もっとやらんのじゃあ!(爆)



流石にメタル出身だからか安易な売れ線に走るよりもイトケンとのコラボが物語るよう
音楽性の高さを追求している姿勢が見られ好印象だが、本作もやはりメロディーラインが
よくあるアニソンJ-POP、J-ROCK風
安易で安いキャッチーさが目立っておりそこが不満だな・・・!
彼等に限らずヴィジュアル系オルタナ、アニソン、J-ROCK系全般に言える事なんだが
こういうタイプの薄っぺらいメロディーすぐに飽きが来てしまうのだ!6曲目のようなシリアスで
クサいメロディーライン
が聴きたいモンじゃて・・・!ホーン等のオーケストレーションも
何故かチープ
で、得意のクワイアも前作と比べてかなり減った印象があり楽曲自体も捨て曲が
多く散漫な仕上がり
になっているなぁ・・・!どうでもいい捨て曲なんざやらず
摩天楼オペラならではのシンフォニックメタル
をもっとやって貰いたいモンじゃて・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 75% お気に入り曲 journey to AVALON  天国の扉  Stained Glass
Jolly Rogerに杯を  天国の在る場所







"地球"




日本のヴィジュアル系シンフォニックメタルバンドによる5thアルバム。


2010年以降のヴィジュアル系メタルDIRフォロワーを通り越してそれなりに
メタルコア、ポストハードコアな要素を打ち出すようになって来たのに対し、
意外にもメロスピ、クサメタル的アプローチのバンドはVERSAILLES位しかおらず、
歯がゆい思いのクサメタラー諸氏も多いと思うが、彼等摩天楼オペラ
出自がクサメタルのためそういったスタイルを見せており、さらにV系シーンでは珍しく
シンセ奏者
を配し、シンフォニックメタル的な部分も見せておりシーンでも
一目置かれる存在にのし上がってきた・・・!ただこの手のジャンルの限界か、
アルバムを出す毎に次第につまらなさを見せ始めつつあり今後が不安でもある・・・!
本作は通産5作目のアルバムで、方向性としては従来通りのV系メタルなんだが、
シンフォニックサウンドがよりチープになり、一時期見せていたクワイアも減退した代わりに
メタルコア寄りのヘヴィな音作りを導入しており賛否分かれるかも知れんな。

1曲目はいきなりのモダンなヘヴィサウンドで疾走しつつもVoメロが典型的
ヴィジュアル系
で、2曲目はチープながらシンフォニック系のシンセも聴けつつ
これまたヘヴィな疾走感を放っており、サビはこの手のバンドらしからぬ
ハイトーン
で歌い上げておる!3曲目は今風のチャラさを見せるシンセが登場、
J-ROCK寄りな印象があるな。4曲目はピアノヘヴィ寄りのリフが聴け、疾走感はあるが
Voラインが売れ線J-ROCKでつまらんな・・・!5曲目はアコーディオンの
音色
が聴けるも、民謡要素は無くこれまたつまらん売れ線J-ROCK寄りの捨て曲だ。
6曲目は民謡ライクなシンセが登場、フォークメタル路線と見せかけてAメロ以降は
半端に気だるいジャジーなオシャレ感が見られ鼻に付くのう・・・!一応サビは疾走するが
チャラさも強いな。
7曲目は8分ある曲で、フォークメタル調だが半端にWHITESNAKEを
意識したようなパート
もあり、V系ヴォーカルでは流石に説得力に欠けるな・・・!
ギターソロは本格HM/HRで良いぞ。8曲目は今風デジタル音ヘヴィなギターが聴け、
テクニカルなアンサンブルが見られるインスト。ネオクラシカルな部分もあり
もっとこういう要素を前面に出して頂きたいモンじゃて・・・!9曲目はチープな打ち込みだが
ようやくクワイアが登場し、シンセもシンフォニックメタル然としたクサさが見られ疾走!
Voメロも悪く無くクラシカルなピアノもクサいぞ!こういう曲が俺等の求める路線じゃ!
10曲目はこっ恥ずかしいコーラスに始まりストリングス系シンセ、ヘヴィな
ギター
が登場、曲調自体はJ-ROCK寄りだな。11曲目は子供コーラスで幕を開けシンセ主体で
ロック要素が見られないマッタリした曲。12曲目も穏やかでユルい微妙なスロー曲だ。


シンセが目立ったシンフォニックメタル路線に加え今風メタルコア寄りの
ギターリフ
を導入しており、より近代的になった感じでアグレッシヴさ
増しているんだが、やはり本作もヴォーカルメロがあまり面白く無く、
典型的V系、アニソン、J-POP、J-ROCK寄りなチャラさ
が残っておりそこが
個人的にはピンと来ない部分じゃのう・・・!一時期導入していたクワイアを
捨て去ってしまった
のも勿体無いわい!前作同様捨て曲も多く散漫な感じで、
折角HM/HRバンド並の演奏スキルがあり、Voもこの手のバンドの中では
頭一つ抜きん出ている
が故に余計に勿体無いな・・・!彼等に限らず
HM/HRシーン以外の最近のバンドは全体的にチャラチャラしておりシリアスさが
足りんのじゃ!
俺達メタラーはいくら時代遅れと言われようとチャラさは
嫌いなんじゃ!
俺が音楽に求めているのはポップ&キャッチーじゃねぇ!
ドラマティック&哀愁なんだ!
ガチのHM/HRバンド以外でそういう要素を
見せてくれるバンドはいないのか!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 BURNING SOUL  SILENT SCREAM







もどる


inserted by FC2 system