MASTERMIND(JP)






"SONG FOR THE NEW WORLD"




日本の様式美系正統派メロパワバンドの1stをリマスタリングして再発したアルバム。


アクセプトのウド・ダークシュナイダーの声域を倍以上に広げた、ラウドネスの
二井原実を思わせるパワフルなハイトーン様式美系のフレーズを弾きまくる
テクニカルなツインリードを武器に、積極的にライヴ活動を行うことで知られる
何気にキャリアの長いベテランバンドの今は廃盤になった1stを
リマスタリングしたアルバムだ!

だが大人の事情からオリジナル盤に収録されていた“Never Say Never”
外されてしまい、そのかわりボートラとしてデモ曲が2曲収録されている。
まぁ“Never Say Never”は2ndにも収録されているのでそっちを聴けば
いいわけだが、本作とはレーベルの違う2ndに収録したからこっちに
収録されなかったのだろう・・・(笑)。



音楽的にはこのころから彼らのスタイルが確立されており2nd以降が
気に入った人なら本作でも楽しめるであろう・・・だが個人的には
2nd以降増量されるフックに乏しいと感じたな・・・!
演奏、ヴォーカルはこの頃から高いレベルにあるぞ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 70% お気に入り曲 Say Tour Prayer







"The Way I Go"




日本の様式美系正統派メロパワバンドの2ndアルバム。


精力的なライヴ活動、本格的な正統派メタルが認められ2ndにして
メジャーデビューアルバムとなった本作は前作よりもネオクラフレーズ、
メロディーなどにフックが増え、
非常に聴いてて心地よいアルバムに
仕上がったといえる。

基本は限りなく正統派に近いメロパワだが所々で聴ける
ネオクラシカルなツインギターが様式美を愛するメタラー(つまり俺)の
琴線に触れるたまらない出来だ!また引き出しも広く全編疾走ではなく
ミドルテンポ曲、アメリカンな曲等さまざまなタイプが収められている。
個人的にアメリカンロックは好きじゃないが彼らのポテンシャルの高さは
伝わってくるな。ヴォーカルはかなり個性的でパワフルだがそれがアクの
強さにも繋がりこれが苦手と言うメタラーもいるだろう・・・。
また本人はそうならないよう気を使っているようだがどうにも
一本調子の印象を受ける
な・・・!


疾走チューンのクオリティーは高い!それ以外の曲もギターが良いので
安心して聴けるアルバムだと言えよう。ジャーマン好き、様式美、メロパワ好きにおすすめだ。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 79% お気に入り曲 The Way I Go、The Ancient Dream、
Fight To Survive、Never Say Never、Back Against The Wall







"To The World Beyond"




日本の様式美系正統派メロパワバンドの3rdアルバム。


メジャーに移籍しての2作目に当たるアルバムだ。彼らは人脈が広いらしく
前作も多くのゲストミュージシャンが参加していたのだが本作にはなんとあの
名キーボーディスト、イェンス・ヨハンソンがゲスト参加している!
彼が参加しているのは6曲目と9曲目だ。他にも多くのゲストが楽曲に彩を添えているぞ。

楽曲的にはこれまでどおり様式美フレーズが聴ける正統派寄りのメロパワ
今回これまでより疾走曲が気持ち多めに感じたな。ギターソロパートはどれも
聴き応え十分だ!この琴線に触れるネオクラフレーズが彼らをその他の正統派、
メロパワ勢と一線を画している大きな理由だと言えよう。
10曲目のソロはイングヴェイ・・・というかALCATRAZZの
“JET TO JET”だ(笑)。
だが2度目のハモリで裏にさらにクラシカルな
オブリが追加され
原曲よりも熱いものに仕上がっている!


ネオクラフレーズがどれもハイセンスなので正統派好き、メロパワ好きは勿論、
ネオクラ好きにこそ聴いてもらいたいアルバムだと言えよう!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 Over Enough、Loud & Proud、
Devil In My Heart、Under Fire (I Want To Cry For You)、
Without Mercy







"From Here To Eternity"




日本の様式美系正統派メロパワバンドの4thアルバム。


前作から2年以上の間隔が開いてのリリースとなる久々のアルバムだ!
音楽的には本作もこれまでどおりの正統派様式美メロパワでクオリティーが
落ちる事も無く安心して聴けるアルバムに仕上がったと言えるだろう。
だが今回は収録時間が短い事も影響しているのか疾走曲が2曲と少ないのが
やや気になったがミドルテンポ曲もテクニカルなネオクラギター
バンバン飛び出しダレる事は無い!

すでにスタイルが出来上がっているのでクオリティーが急に飛躍する事は無いが
音楽性が変化する事も無く安定して良いアルバムをリリースしてくれるのは
ありがたい事だ。そのため書く文章がかなり少なくなってしまうのだが(笑)、
今回ギターの切れがこれまで以上に向上していると感じたな。
速さがアップしているぞ!ちなみに疾走曲は2と8だ。それ以外も充実しているぞ!


安定したクオリティーがあるので今作も彼らのファン、正統派好き、
様式美好きにオススメだ!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 84% お気に入り曲 Phoenix Rising、Cold-Hearted







もどる


inserted by FC2 system