My Material Season







"EYES OF ENEMY"




日本のメロデスバンドのミニアルバム。


日本のメロデスバンドなのだが彼等の場合ただの北欧慟哭メロデスでも
チルボド以降のキラキラネオクラメロデスでもない!一言で言い表すなら
真性のXフォロワーで、その楽曲たるやまさにデス声になったX!!
曲を書く中心人物の担当パートはもちろんドラムとピアノである!(笑)
最近メンバー脱退やら何やらで大変な事になってしまったらしい
神戸のSERPENTもXの影響を受けたメロデスバンドではあるが
あっちが他にもいろいろなバンドから影響を受け確固たる
オリジナリティー
を持っているのに対しこっちはモロにフォロワーである。
しかしそれだけに曲のクサさ、爆走するドラム、随所に挿入される
ピアノ
等クサメタラーの琴線に触れる要素は多くパクリを気にしない
メタラー
ならば一聴の価値があるバンドだと言えよう!

1曲目からさっそくXの影響がモロに表面化しておりピアノと
ストリングス
で始まり語りが挿入されもろ“Silent Jealousy”
リフ、ドラムで爆走!ツインリードもそれっぽいぞ!ヴォーカルがデス声なだけで
それ以外はモロにX・・・Silent Jealousyである(笑)。デス声は加工に
頼った弱さ
が浮き彫りになっておりプロダクションもかなり劣悪、
オリジナリティーもぶっちゃけ皆無なのだがそれでも俺は好きだ(爆)。
サビ(?)にあたるパートではクリーンVoによるコーラスも聴けるが
やはり下手だ。2曲目もイントロの語りがもろX風で絶叫シャウトも
聴けるもののやはりどこか“VANISHING VISION”の頃のXを思わせる
雰囲気を持っている。3曲目はやはりYOSHIKIを思わせるストリングスと
ピアノで始まり頼りない絶叫と共にドラムが暴れ初期Xの如き曲調となる!
ギターの刻み、手数足数多く暴れるドラムがまさにBLUE BLOOD的だな。
途中ピアノになりなぜかすすり泣きが聴こえ物凄くキモいのだが(爆)その後は
絶叫と共に再び爆走!このナルシスト空気もやはりXの影響なんだろうな。
4曲目はブラストに近いドラムが聴けリフもメロデス寄りになりXの影響から
多少なりとも脱却できた曲だ。5曲目はピアノと下手糞なクリーンVo、
これまた下手な女性Voが出てくるバラード的イントロに始まり
やはりSilent Jealousy的に疾走するクサいメロスピメロデスだ!
途中のYOSHIKI的なクラシカルなピアノソロもたまらんのう!後半に再び
クリーンVoが出てくるがV系寄りのド下手歌唱正直入れないほうが
いいと思う・・・!
6曲目もピアノで始まりストリングス音のシンセも
顔を出しその後はやはりX系の刻み、ドラムで疾走するがリズムから
ズレまくり
の重ね録りデス声も下手でその点がかなり残念でならない・・・!
やはり途中で音外しまくりのクリーンVoコーラスが出てくる。
ラストにヴァイオリンシンセと共に再びド下手クリーンVoが飛び出し
ガッカリさせられてしまう・・・サンホラのRevoがマシに聴こえてしまう
稚拙さに唖然である!!(爆)


歌詞は乗っていないのだがやはり手首を流れる血とか薔薇とか
青い涙とか俺を殺して
だとか、そんなカンジなんだろうな(笑)。
ヴォーカルがデス声になったXそのまんまな音でオリジナリティーは
一切無いのだが初期のXが好きでメロデスも好きというような
俺みたいなメタラーには受け入れられるかもしれんがこの音質の
劣悪さ、そしてそれ以上に壊滅的に下手なクリーンヴォーカルが
最大の弱点だろう・・・!曲は良くこれさえなければ
かなり高評価となりうるだけに実に勿体無いのう!



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部。特に“Last Hope I Wish”







"Bridal Aisles Of Tragedy"




日本のメロディックデスメタルバンドの2ndアルバム。


ピアノ・ドラマティック・デスメタルを自称する埼玉出身のメロデスバンドで、
デビュー当時から「メロデス化したX」と言われマニアックなクサメタラーの間で
話題
になっており、実際にメインコンポーザーがドラムとピアノを担当しており
思い切りXっぽいサウンドを出していたが
それと同時にヴォーカルデス、クリーン共に
壊滅的に下手糞
だという大きな欠点も抱えておった・・・!本作は2012年にリリースされた
通算2作目のフルアルバム
で、俺は上記のミニアルバムしか聴いた事無いんだが
当然それよりも遥かにパワーアップしており、プロダクションもまだ相当に
スカスカ
なんだがそれでもマシになっておりデスVoもメタルコア的咆哮スクリーモ、
V系のようなシャウト
では無く昔ながらのデスメタルらしいしわがれ低音
埋もれている印象があるも良くはなっているのう・・・!

1曲目は雨のSEピアノ、ストリングスシンセメロウさを演出、その後は
バンドサウンドと共に疾走しツインリードも登場、Xっぽいムードを放つが
やはりまだ音は非常に軽いのう・・・!デスVoはしわがれた低音咆哮で音作りが
メロデスと言うよりも完全にメロスピなんで強烈な違和感があり埋もれ気味なのも
気になるなぁ・・・!
2曲目はこれまたピアノとストリングスシンセ、軽めの
バンドサウンド
が聴けるが爆走はせずノリの良いリズムで展開、やはり音作りに
デスメタル要素が微塵も無いんでデスVoに違和感が付きまとうか!?絶叫系の
シャウト
も顔を出しこっちのほうが楽曲にはマッチしているな・・・!中盤のピアノ流麗で良いが
これも埋もれ気味なのが惜しいのう・・・!ギターソロはメロディー重視のプレイである。
3曲目もリリカルなピアノで幕を開け軽快なメロスピ的疾走感を見せるファストチューンだ!
デスVoは日本語MY PROOFっぽい雰囲気があるがリードギターは相当にクサくこの辺は
日本人らしいセンスである!4曲目はデジタル系シンセが顔を出し多少はイマドキっぽい側面
見せるもやはり音は軽くデス要素はヴォーカルのみである。後半は唐突にニューウェイヴ風になるぞ(爆)。
5曲目はここに来てようやくメロデスの要素が見られるリフが聴け絶叫と共に疾走開始!
仮にもメロディックデスメタルを名乗るならこういうリフをもっと披露するべきじゃわい!中盤はピアノが
穏やかさを演出
しギターソロもメロディアスさ重視である。6曲目はピアノ線の細い
中性的な女性クリーンVo
が乗るバラードでまぁ弱々しいのだがそれでも酷過ぎだった1stミニアルバムよりは
マシになっているな。7曲目はやはりピアノで幕を開けバンドサウンドが暴れ
ブラストビート
も炸裂するがやはり音は非常にライトである。ギターソロはツインリードで実に
クサいメロディーを奏でており
良いのう・・・!8曲目は明るめのリードギターが聴けメロスピ的な
疾走
を披露、ヴォーカルだけがデスVoで違和感モッコリだがクリーンVoだったらどこに
出しても恥ずかしくない完全なるメロスピ、クサメタル
じゃろうて・・・!中盤はピアノに
ストリングス
叙情性を放つ穏やかなパートになるぞ。9曲目は何とMY PROOFのカヴァー
方向性が近い事もあり違和感は無いがやはり軽さが目立つなぁ・・・!


Xの要素を多分に含んだピアノメロデスという事で確かにドラマティックでクサさも
ある
んだがやはりどうにも音がスカスカドラムなんか打ち込みみたいに聴こえるし、
音作りにデスメタル要素が微塵も無くメロスピとしても軽いほうなんでしわがれ低音系
デスVoに相当な違和感がある
なぁ・・・!例えるならケーキに少しだけ醤油かけて
食うようなモン
である!(爆)B級メロスピ同様リフが無いのもメロデスとしては
致命的
アグレッション、エクストリームさを求めると相当に肩透かしになるだろうが
まぁクサけりゃ何でもいいっていうクサメタラーならまだ楽しめるのではなかろうか!?
こういう音楽性ならヘナチョコハイトーンVoのほうが良いだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 74% お気に入り曲 Little Girl Alice  Twilight Memorial  Brutality Smile
Circurate Drama  Vanish







"Awaking to the Piano Dramatic"




日本のメロディックデスメタルバンドの3rdアルバム。


デビュー時から「メロデス化したX」等と呼ばれ、デモの頃からマニアの間で知られて来た
埼玉出身のバンド
である!ピアノメロデスを自称するようにその音楽性は叙情派メロデスに
ピアノを大胆に導入、
まぁ何だかんだでXっぽさが抜け切らないんだが、それだけあって
クサさは相当なものを見せており、通算3作目のアルバムに当る本作も音楽的には
まんまXなピアノ、ストリングスシンセ入りメロスピ、クサメタル無理矢理
デスVoを乗っけたような仕上がり
を見せており、相変わらず音質は相当に悪いんだがクサさも
期待通り
である!ちなみにゲストでTHOUSAND EYESの道元氏、GYZEのRyoji氏、
EARTHSTREAMのDAICHI氏
がヴォーカルを披露しているぞ。

1曲目は早速のピアノX・・・と言うか“Silent Jealousy”っぽい幕開けを見せるイントロで、
続く2曲目はこれまた実に“Silent Jealousy”っぽい音作りでクサく疾走!やはりプロダクションが
凄まじくスカスカ
前作より悪くなってそうな感じなんだが(爆)、この曲も過去作同様デスVo以外は
まんまメロスピな音作り
じゃのう!ちなみにヴォーカルは道元氏がゲストでまるまる1曲歌っており
パワフル過ぎて音楽性にマッチしてない
印象があるな(爆)。3曲目はメロスピ通り越してもはや
メロハーなノリを放つ明るめの曲調
だがヴォーカルはギャウギャウ系の喚きデスVoで、道元氏の
直後というポジション
が実に厳しいがこれくらい軽いメロデスにはこういう軽いデスVoのほうが
マッチしとるのう・・・!
4曲目もライトなムードを醸し出す軽快なメロハーデス(?)で、
この曲はGYZEのRyoji氏がデスVoを披露しているがサビは同人メタル風の女性クリーンVoである。
5曲目はピアノ、ストリングス叙情的でありつつもはやJ-POP並の快活さを放つイントロに続き
ドラマティックに疾走開始!リードギターがやはり“Silent Jealousy”っぽさ満点で強烈なクサさを
これでもかと言う程に放ちまくっておるわい!
6曲目もまたYOSHIKI臭プンプンな
ピアノの出だし
から叙情的なリードギターと共に軽く疾走、呟くような低音Voも聴けるが
すぐに喚きデスVoに戻りギターが終始クサく、途中ドラムソロまで登場する!7曲目は叙情的なシンセ、
リードギター、ピアノ
メロウさを放ち淡々と展開するバラード風のスローチューンである。
歌謡曲ばりのクサメロを奏でる泣きのギターソロが聴き所だな・・・!8曲目はピアノ、シンセストリングス
なかなかに壮麗なムードを演出、その後はブラストで爆走いかにも打ち込みな無機質さ
漂っているんだが、ヴォーカルは道元氏プロダクションに不釣合いなパワフルさを披露、
EARTHSTREAMのDAICHI氏も参加しておりツインデスVoの様相を呈しているな。
9曲目は戦隊モノみたいなチープさ漂うホーン相当にダサく、曲調も歌謡曲的ながら
また相当にダサいインストで、10曲目は定番のXなイントロに続きXなバンドサウンドで疾走する、
道元氏がカラオケでXの曲を歌ってくれているようなメロスピメロデスである!(爆)
ツインリード等はやはりクサくギターソロも聴き所じゃのう・・・!


プロダクションが相当に劣悪で、ドラム等打ち込みにしか聴こえず正直デモレベルなんだが
やはりクサさだけはしかとあり、ピアノやストリングスシンセ、リードギター等そこかしこで
日本人の琴線に触れるクサメロをしかと披露しており楽しませてくれるな・・・!ただやはり
2014年にあって前時代的過ぎるスカスカさに加えデスメタル的アグレッションを
微塵も感じさせないライトなバンドサウンド
は賛否分かれるだろうなぁ・・・!曲によっては
もはやメロハー並の音作りになっているものもあるが、この辺はもう彼等の個性だと
強引に割り切ろうでは無いか・・・!(爆)
ホント、曲は良いだけに音質が惜しいのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Divine Blaze  Awaking to the Piano Dramatic  Black Dahlia
Disengage  Lost Forsaken







もどる


inserted by FC2 system