Metis Gretel







"The Scene of Transmigration"




日本のヴィジュアル系バンドのベストアルバム。


メンバーが女装しているのが当たり前の近代ヴィジュアル系だが
彼らは珍しくヴォーカルが女装しており、そのためなのかどうかは
知らんがルックス、パフォーマンスと相まって“狂ったローゼンメイデン”などと
呼ばれていることがあるような、無いような、そんなバンドだ!(爆)
デビュー当時のCHILDREN OF BODOM“狂ったイングヴェイ、
狂ったROYAL HUNT”
と呼ばれ、syrup16g“黒いMR.CHILDREN”
称されているのならば、彼らMetis Gretel“狂ったローゼンメイデン”なのだ!(爆)
音楽的にはシンセが前面に押し出された煌びやかなヴィジュアル系
ハードロック
でDir en grey等のようなへヴィさ、メタリックさはない
それなりに疾走しており絶叫シャウトも使われているが基本はあくまでも
メロディー重視だ。今は亡きPhantasmagoriaを思わせるスタイルだと言えよう!
ちなみに本作は彼らのこれまでの楽曲を集めたベスト盤で、こういう
アルバムがリリースされたと言う事はすぐに判るだろうが本作を持って
その活動に幕を下ろしている。

キラキラしたキャッチーなシンセが聴ける1曲目はハードロック的
バンドサウンド等どこかメロハー的アレンジが施されているな。
ヴォーカルはV系特有のナヨナヨさがあり音も若干ハズしているがまぁ悪くは無い。
途中でこの手のバンドの黄金率と言える語りも登場!
2曲目はデス声(シャウト)に始まりこの手のバンドお約束の
“親愛なるデスマスク”風の出だしを見せるがシンセも使われ
サビ等クリーンVoパートも聴ける。シャウトパートの質感は
Dir en greyの“残-ZAN-”を思わせるな。3曲目はチャーチオルガン
なぜか様式美的なクサフレーズを奏でるイントロに始まるも
バンドサウンドは普通の疾走V系ロックという、Phantasmagoriaに
似たタイプの曲。バックで終始チャーチオルガンが鳴り響き
メロスピ的疾走を魅せるが基本はあくまでもV系だ。途中チェンバロと
シンセ
クサいクラシカルフレーズを聴かせてくれるぞ!
ラストはチルボド風オーケストラヒットも登場する!4曲目も
へヴィではないがそれなりにアグレッシヴな疾走感のある曲。
シンセが特徴だがやはりメタルではなく王道のV系だな。
危なっかしさを残しつつもメロディー重視のフレーズを弾く
ギターソロも悪くない。途中アコースティックなパートも登場する。
5曲目はクサいピアノに始まり彼らの中でもへヴィ寄りの
バンドサウンド
でダークに疾走するアグレッシヴな曲だ!
よく言えばカオティック、悪く言えばゴチャゴチャした演奏が
いかにもB級だがサビのメロディーはなかなかにクサくて良いな。
ストリングス系シンセも聴かせてくれるぞ!6曲目もダークな雰囲気に満ち
CHILDREN OF BODOM系オーケストラヒット、チェンバロ
クサさを出そうとするもバンドサウンドはやはりV系だ。キレた
絶叫シャウト
もバンバン飛び出すぞ!サビはこれまたクサメロである!
ギターソロも泣きのフレーズ、ネオクラ系速弾きメタルに
影響を受けたプレイ
を披露するぞ!7曲目もストリングス、チェンバロに
始まるクサクサ様式美ヴィジュアル系だ!疾走し大仰なオーケストラヒットも
クドさを覚えるほどに登場しサビはやはりクサメロとなっている。ギターソロも
メタル的プレイだ!8曲目は久々のミドル曲で9曲目はバラード系の曲。
10曲目はチェンバロに始まり再びオーケストラヒットと共に疾走を開始する
様式美チューンである!途中バッハのフレーズを奏でるチャーチオルガンも
登場しギターもMALICE MIZER風のフレーズを奏でその後はネオクラシカルソロだ!
そしてギター後のヴォーカルがもろRAPHAELなクラシカルクサメロ
歌い上げる!ムックも、Asriel似たようなクサメロ使ったのう・・・!
11曲目はピアノに始まりアップテンポだがこれまでの様式美チューンとは違い
よくある典型的V系のライトな疾走感が感じられる曲だ。まぁそれでも
ブラスト的なリズム、シンフォニックなシンセは聴けるのだが・・・!
12曲目はリリカルなシンセと軽めながらダークなへヴィリフが聴ける
V系特有の狂気を感じさせる疾走曲。サビはやはり様式美的
クサメロだ!
13曲目は彼ららしからぬライトで明るい曲。ギターは結構
バッキングで面白いフレーズを弾いているな。14曲目は再びダークな雰囲気
演出されるも疾走はせずミドルテンポで始まりサビはお約束のクサさを放つ!唸るベースも良いな。


ヴィジュアル系ながら初期CHILDREN OF BODOMに影響を受けたかのような
大仰オーケストラヒットやシンフォニックなシンセサウンドが
バンバン登場し疾走感も抜群、Phantasmagoriaタイプではあるが
あっちよりもメロディーそのものがクサくメロスピ的な要素もあり
クサメタラーに受けるだろう!高音絶叫シャウトは一聴するとかなりの
キレっぷり
を感じさせるが実際のところはけっこう加工されており
さらに一度録ったテイクを何度も使いまわしている感じがするのが
気になるな・・・!ギターも1本なのでツインリードになればもっと
クオリティーは上がっただろう。それにしてもクサメタラー的に見て
質の高いバンド
だったので解散は実に惜しいのう・・・まぁメタラーの
間じゃ無名の存在だったので仕方ないのかもな!?音楽を聴かず
バンドマンのチンポしゃぶる事しか考えていないバンギャ連中しか
ファンにつかないといくら中身が優れていようともあっという間に
こういう末路を辿ってしまうという典型的な見本だ!




タワーレコードで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 MASK、Ghost Whisper〜死の魔導〜、
SPIRAL HUMANITY、...last scene,continued...、
ヴァンパイア フォレスト、Sinner、Metamorphose〜Second Image〜、
Crucifixtion、混血







もどる


inserted by FC2 system