毎日五月病。







"Lament"




日本の女性Voシンフォニックロックプロジェクトのアルバム。


東方ヴォーカロイド系も一応はやっているが本作はマジメなオリジナルのアルバムで、
音楽的にはよくあるサンホラ直系女性Voモノファンタジックシンフォ系
思わせておいてバンドサウンドHM/HRと言うよりは意外とオルタナ系の
ムード
が漂っておりストリングス系シンセも使われてはいるがそこまで
大仰なシンフォニックさがある訳では無く
かと言ってゴシカルだったり
様式美だったりする訳でも無く
この手のスタイルとしてはなかなかに個性的と
言えるかも知れんな・・・!
ちなみに女性Voはロータスルートオーケストラの
悠花嬢
アニソン、J-POP系ハキハキした確かな歌唱力を見せているぞ!

1曲目はオルゴールの音色に始まり意外とオルタナ寄りのムード漂う軽めの
バンドサウンド
シンセが乗りアニソンタイプの確かな歌唱力を持った
女性Voが登場、サビの歌い上げっぷりが見事じゃのう・・・!インストパート
多少ながら変拍子が顔を出しプログレ的な要素もあるか!?2曲目はストリングス
音色にバンドサウンドが聴けしなやかなシンフォさを見せるもAメロは淡々とした
スローパート
になり気だるさを見せ途中で語りも聴けるぞ。3曲目は軽めの音のピアノに
語り
で幕を開けストリングスシンセ、バンドサウンドが疾走!ここに来てようやく
メロスピ色濃いスタイル
を見せクサメタラーを喜ばせてくれるキラーとなるぞ!
中盤も語りが聴け曲名も含めてこの曲はサンホラ要素が強いな(爆)。4曲目もまた
軽快な疾走感を見せるが音作りはやはりパンク、オルタナ系の軽さがありピアノの
音色も印象的じゃのう・・・!
後半ではギターソロも聴けるぞ!5曲目もまた
アップテンポ曲だがストリングスが明るめのムードを放ちどこかAsrielに通じる
雰囲気もあるな。
ヴォーカルはキャッチーさが強いぞ!6曲目はオルガン風の音色
語りが聴けストリングスシンセバンドサウンドが聴けこれまた疾走!ギターリフは
16分の刻みも見せメタル要素が強くなった印象がありヴォーカルメロディーもクサさが
漂っておるわい!
中盤はベースが目立ちプログレメタル然としたヘヴィさと
テクニカルさを見せる変拍子パート
になるぞ!語りは棒読み気味だが・・・!(爆)


サンホラフォロワーと見せかけてバンドサウンドはHM/HRではなくパンク、オルタナ系の
ライトさが目立ち
どちらかと言ったら少女病の影響が伺える音作りを見せており
まぁ生の弦楽器、オーケストラやクワイア、プロの声優を大々的に起用出来る
金持ちプロジェクトのあっちと比べるとバジェットは天と地の差があるも楽曲面では
なかなかどうして向こうに負けてはおらず改めて音楽は技術、予算ではないという事を
教えてくれるかのような1枚
である!この手のスタイルにしてはメタリックさも無ければ
ゴシカルさ、様式美要素も無く
良くも悪くもストレートではあるがシンセよりもバンドサウンド
メインでありがちの音作りには陥っておらず個性があると言えなくもないか・・・!?




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 Thanatos  優しい嘘  サバト







"period"




日本の女性Voシンフォニックロックプロジェクトの1曲入りシングル。


少女病タイプのシンフォニックエモ/オルタナ系を基本としつつもその気になれば
ゴリゴリにヘヴィなメタルサウンドも出来る隠れた実力派プロジェクトによる
1曲のみ収録されたシングルで、音楽的にはやはり少女病の流れを汲んだ
ストリングス多用
女性Voシンフォニックエモ/オルタナだが、それと同時に
プログレハード的なアンサンブルも顔を出しテクニカルな部分もあるぞ!

1曲目は・・・と言っても1曲しか無いんだが、ピチカート音に始まりストリングス
顔を出しシンフォニックファンタジックなムードを演出、続いてライト寄りの
バンドサウンド
も登場し軽快に疾走!ハキハキした個性的な声質の女性Voも顔を出し
サビはキャッチーさを放つがその後のストリングスはダークさがあり、さらに続いて
勢いを感じさせるギターソロに続きベースソロも聴け、その後はプログレッシヴな
アンサンブル
を披露し女性Voもソプラノ系の歌唱を見せテクニカルな側面を見せるぞ!


1曲のみと言う事で、あくまでもお試しCDの色合いが強いが質は高く、次なるアルバムが
楽しみになってくる1枚だと言えよう・・・!バンドサウンドが硬質メタルでは
無い
もののそれに通じるタイトさがあるのも好印象だな。




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 period







もどる


inserted by FC2 system