劣化コピーにも程がある!アイアンマンのバッタモン映画 メタルマン







劣化コピーにも程がある!アイアンマンのバッタモン映画 メタルマン










光ある所に影あり!
大作映画ある所にパチモン映画あり!
DIR EN GREYある所にガゼットあり!(爆)









ハリウッド大作を始め人気が出た映画に必ず纏わりつくのが便乗映画である!
レンタル屋のそこかしこで見られる、どっかで見た事あるようなタイトル、
どっかで見た事あるようなジャケ・・・!
“ほぼ300”“ほぼトワイライト”、
“×-MEN 最弱ジェネレーション”、“アホリックス”
なんかは昔から存在する
完全パロディー映画なんでここでは除外するが、志の低い映画制作会社関連作品と
間違えて買って(レンタルして)くれりゃラッキー
みたいな安易な考えで生み出された
どうしようもないクソ映画もあれば日本の配給会社がまったく別モノの映画に
人気作品っぽいタイトルを無理矢理付けた強引な例もあり、後者は映画自体は
ちゃんとしたモノ
も多々あるため、前情報をキチンと得てから観れば思わぬ
掘り出し物に出会える率
も高い・・・!“アバター・オブ・マーズ”なんかは
近年“ジョン・カーター”と言うタイトルで公開されたSF古典“火星のプリンセス”の
映画化
だし、海外ドラマ“プリズン・ブレイク”の便乗映画である“プリズン・フリーク”や
“プリズン・サバイブ”
なんかは普通に面白い良作だ!まぁ便乗タイトルの中には許せんレベルの
クソ映画
も多々あり、俺が人生の一本と豪語する位に好きな名作映画“ハングオーバー!”
1作目の名前を無理矢理パクった“ハングオーバー!?史上最低の泥酔ナイト”
ザック・ガリフィアナキスが一瞬しか出ず、後はひたすら中身の無い犯罪哲学延々と
喋るだけ
最低クラスのクソ映画“フレネミー〜史上最悪の無計画男たち〜”
マジでゴミクズとしか言えん!特にフレネミーのほうは映画自体がそもそも死ぬほどつまらん
ゴミっぷり
で、俺が人生で観てきた映画の中でもワースト1に挙げられる位に
酷い出来
である!あの“死霊の盆踊り”よりも俺の中じゃクソだ!(爆)

話が逸れたが、志皆無のクソ映画会社が適当に作った前者のほうとなるともう
手が付けられないくらいに酷いクソ映画が多々あり、言わずと知れた
“トランスモーファー”シリーズや“エイリアンvsアバター”、マジでよく見かける
適当に年号が付いただけ“アルマゲドン”シリーズなんかも実にヤバイ出来である(笑)。
ディザスタームービー系は総じてこんな感じの酷いのが多い印象があるが、他ジャンルも
負けず劣らずのクズ映画が揃っており、最近じゃ“ジャンゴvsエイリアン”なんてのも出て来たし、
“ジャックと天空の巨人”なんて同タイトルのショボいの俺2本くらい観たよ(爆)。
まぁその内一つはあの“キック・アス”で一躍名を挙げたクロエ・グレース・モレッツ
キック・アス撮影直後に出演しており、まだ幼さを残したクロエの姿が観れる最後の映画として
ロリコン野郎の間では価値があるだろうか!?(爆)

そして今回ここに紹介するバッタモン映画こそ、世に蔓延る幾多の偽者映画、
クソ映画
の中でもトップクラスにクソでカスでどうしようもない
ゴミムービー
である!劣化コピーにも程がある!アイアンマンの
バッタモン映画、メタルマンだ!









B級アベンジャーズ・アッセンブル!




ジャケは確かに赤かったハズなんだが、実際は紫!もうジャケの時点で騙す気マンマンの
詐欺商売振り
である(爆)。オリジナルのアイマンマンと比べてイングヴェイが写真に
写る時デブ隠しで無理矢理こけさせたような頬!変態仮面のように
尖った目つき!
実に悪人面である!まるでZガンダムみたいだ(爆)。
とりあえずストーリーなんて上等なモンは無いが、あらすじは以下の通りである。



天才発明家が生み出した戦闘用パワードマスクで悪を駆逐するヒーロー“メタルマン”の
活躍を描くSFアクション。装着すると超人的な戦闘能力が身に付くというアイテムを巡り
巨大な陰謀がうごめき始め、開発者である科学者・ピーターが暗殺されてしまう。




まぁストーリーはあって無いようなモンで、博士の下で助手をしていた大学生が
アイアンマン・・・もといメタルマンスーツを成り行きで装着するハメになっちまうんだが、
このアイアンマン・・・もといメタルマンスーツ、一度装着するともう二度と脱げない!(爆)
食事
とか用足しとかシャワーとかどうすんのと早速ツッコミたくなるが、食事はクッソまずい
缶詰
を摂取する他無く、という人生の大きな楽しみの一つを無理矢理奪われた形となる。
用足しとかシャワーは知らん(爆)。作中でも一切の説明は無い!

ちなみにメタルマンスーツにはステルス機能があり、これを使うとスーツが透明になり
外見上は生身の人間の姿になれる
んだが、エネルギーの消耗が激しいようで
連続しては使えないようだ・・・!


悪党の陰謀により殺された博士だが、メタルマンに博士の人工知能データらしきものが
インプットされているようで、これにより主人公は事ある毎にプライバシーもへったくれも無く博士に
呼び出され
うだうだと絡まれる事になるのだ(爆)。この辺のやりとりがまた相当に
冗長でダラダラしており、
この辺りの纏まりの悪さB級以下自主制作映画クオリティーよのう・・・!

どうやらメタルマンは現時点では未完成らしく、パワーを完全に引き出すためにチップを
埋め込まなければならない
ようだが、実際にチップを埋め込んでも特にどこが
どのようにパワーアップしたかは
不明である(爆)。


「これで君の潜在能力は遥かにアップしたぞ!」

「すごいや博士!これで一体何が出来るようになるんですか?」

「ワシにも判らん!」


何だこのやる気の無いやりとりは!
ふざけてるのか!!








一応はスーパーヒーロー映画なんでアクションもするぞ!まぁ日本の
チャチな戦隊モノアクション
の領域から脱し切れないチープな殺陣なんだが(爆)。
ちなみにメタルマンはアイアンマンのように飛行機能なんざ備えておらず
移動手段は普通の車である(笑)。








気になるヴィランメタルマンマスクだけを被った謎の女!
ペッパーじゃないよ!メタルマンレディーだ!
ただマスク被ってるだけなんで
無敵ではないハズだが、この辺のツッコミも野暮ってモンだろう(笑)。








ラスボスは緑のメタルマンスーツ!さながらグリーンゴブリン的な
容姿のウォーマシン
と言った所だろうか!?何故か闘いの舞台はほのぼの感漂う牧場だ!
牛もいるぜ!!クン・パオ!燃えよ鉄拳








そして最後はメタルマンメタルマン女デキちゃって終わり(爆)。
元々この女は敵のボスに利用されていただけなんでこういうオチなのも納得だが、
そもそもメタルマンスーツ脱げないのにどうやってよろしくやるのであろうか!?(爆)
それにしてもこの被り物カップル異様さは半端では無い!誰か次のコミケで
メタルマンコスプレでもしてくれないだろうか(笑)。
メタル マンコ スプレ
(特に理由は無いが変な所で区切りたかっただけ)



とりあえずざっと紹介してみたが、まぁぶっちゃけわざわざ金払って観る価値も無く、
レンタル
すらも小銭&時間の無駄としか言えん!こんなん観る位なら他に見るべき
映画多々あるわい!
上で張り付けたYoutube“2分でわかるメタルマン”で
本作は十分じゃろう・・・!
とりあえずうちもメタルサイトの端くれなんで
メタルマン取り上げてみたけど、他のメタルレビューサイトメタルバンド
別にこんなクソ映画取り上げる必要も無ければ観る必要も無いからな!(爆)


クオリティー的にはアマチュアもアマチュア、演技も演出もストーリーも衣装も
アクションもCGも全てにおいて下の下なんだが、単にクオリティー面では日本の
“HK 変態仮面”どっこいどっこいなのが何とも言えんのう・・・!(爆)
まぁ変態仮面のほうは俺が原作好きという事もあって普通に楽しめたが、
最近公開された実写版ガッチャマンはどうやらかつてクソ映画界の伝説となった
実写版デビルマンの再来と言われている程酷いらしいからなぁ・・・!












おまけページにもどる

トップにもどる


inserted by FC2 system