メリディアンローグ







"アースボール"




日本のポップスバンドのメジャーデビューアルバム。


歌詞にかなり力を入れていると評判のバンドらしく、本作が
メジャーデビューアルバムとの事らしい。俺はてっきり叙情エモコア系だと
思っていたのだがその音楽性は以外や以外、リリカルな雰囲気の
シンセにライトなバンドサウンド、キーの高いもろヴィジュアル系
ナヨナヨオカマヴォーカル軽薄で貧弱な、かなりポップス寄りの
セルアウトスタイル
を貫き通しているじゃねぇか!俺はてっきり叙情エモだと思っていたのだが
これは一体どうした事か!?(爆)いきなり魂売ってどないすんねん!
しかしギターソロなんかは音色こそ甘めのトーンだがプレイ、
フレージングはメタルの影響を感じさせるものでそこは良いぞ!
泣きの一音伸ばしから流麗なレガート速弾きなど正直この音楽性には
勿体無いギタープレイである(爆)。ここまでライトなポップスサウンドを
突き詰めているとロック要素はもう望むべくも無いが3曲目のような
バラード色濃い曲なんかは悪くない。ギターも泣いているしヴォーカルも
ナヨナヨV系スタイルではあるが下手ではなく味があるので個人的には
十分許容範囲だ。無駄にテクあるギターにヴォーカルの声質と、メタル要素の
無いMintJam
と言えるかも知れんな。4曲目はどこかシンフォニックな
アレンジ
も顔を見せるがやはりライトで明るすぎる。5曲目はメロトロンっぽい
音も登場しスペイシーさとほのかな哀愁があって悪くない。6曲目も
ピアノがメランコリックなバラードだ。ラスト10曲目もピアノバラード。


歌詞が先にたって音楽性が2の次になってしまった、BUMP OF CHICKEN辺りの
流れを汲む所謂文学、文系ロック悪い部分が詰まったかのような
典型的な見本と言えなくも無いだろう(爆)。パンクどころかロックか
どうかも怪しい
ようなライト極まるセルアウトポップスサウンドは
メタラーどころかパンクスにも受けないだろうがギターだけは無駄に良いな!
中盤辺りでバラードばかりになり、正直媚び売りまくりセルアウトポップス
連発されるよりは全然マシに感じてしまうのだがこのバラード多すぎの傾向も
BUMP OF CHICKENの系譜を受け継いだ流れなんだよなぁ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 65% お気に入り曲 フェアリーテイル、悲鳴







もどる


inserted by FC2 system