Metal China Laboratory







"Death is the Only Salvation for "Us""




日本(?)のインディーズモダンへヴィネスプロジェクトの1stアルバム。


先日のM3にて恐れ多くも俺がライナーノーツを書かせていただいた
“Imperial Circus Dead Decadence”の区画で販売されていたアルバムで
オフィシャルサイトが全部英語なんだがどうした事だろうか!?(爆)
音楽的にはこのシーンでは珍しい、DyingLife、VAGUES同様本気で
エクストリームメタルをプレイ
しておりグルーヴ重視のスローで
ドゥーミーなモダンへヴィネスから爆走するデスメタル系の曲が
収録されているがそこにシンセによるヴァイオリンの音色を主旋律に
使用しメロディーラインもそれなりに主張を見せ音質、演奏、
アレンジ等はまだ弱い部分が目立つも一風変わった
ラウドロック
が展開されておる!

1曲目は唸るベースとドラムに始まりゴリゴリしたモダンな
へヴィサウンドが登場、デス声というよりは拡声器で
加工
したような声も出てくるがそのパートは少なくシンプルな
リズム
で展開していく感じだ。ベースとドラムは打ち込みでギタープレイは
生のようだが技術的にかなり甘く押弦、ピッキングやリズム感等厳しいものが
あるな・・・!2曲目も拡声器ヴォイスが登場するグルーヴ重視の
スローなテンポ
でモダンへヴィネス直径の音だな。ヴォーカルは語りのような声
中盤ストリングスも聴けるぞ!3曲目はここにきてついに疾走開始!
ギターの音はやはり弱弱しく切れが欲しいところだが俺は
こういう曲のほうが好みだな(笑)。シンセによるヴァイオリンも
登場し中盤でようやくヴォーカルが入るぞ!4曲目も疾走曲で
加工ヴォーカルは語りスタイルである。途中ベースソロも聴け
リフもカオティックになる!6曲目は再び疾走チューンで
ブラストっぽいドラミングも聴け多少はタイトさが出てるな。
9曲目はやはりモダンサウンドだがストリングスやリフワークにどこか
和の雰囲気を感じさせるフィーリングが込められた疾走チューンだ!


正直プロダクションは悪くギターの音がかなり潰れており
押弦、リズム等どうも稚拙さを感じさせ、グルーヴ重視の
アレンジもまだ隙間が多くヴォーカルもデス声ではなく
加工でごまかしている感があるんだがもしかしたらタイトな
へヴィグルーヴ
ではなくルーズな音作りアシッドな退廃感
表現しようとしてこういう音作りになったのやもしれんな・・・!
モダンへヴィネスと言うよりはサイケなドゥームメタルというか、
そんな感じである!まだまだアラは目立つがこのまま
クオリティーを向上させれば面白いモノが出来上がるだろう!
バンドサウンドはタイトにしてもらえると個人的には嬉しいな(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 69% お気に入り曲 Lost Ancient Cage、
Burning Jet-black Cross、A Rotten Apple、Lunatic Corpse







もどる


inserted by FC2 system