matryoshka







"coctura"




日本のエレクトロニカポストロックユニットによるリミックスアルバム。


電子音主体のポストロックをプレイしオランダ等
国外で評価されてきた女性ヴォーカルとコンポーザーによる
2人組ユニットで、本作は彼らの1stアルバム“zatracenie”
リミックスしたアルバムのようで我等メタラーからしてみれば
このリミックスというのは安っぽい電子音、打ち込み
トランス、インダストリアルに改悪されてしまうような
イメージがありいい印象は皆無なのだが本作は退廃的な雰囲気
満ちたゴシック的なスタイルを持っており生のストリングス
打ち込みリズム、気だるい女性ヴォーカルが淡々と歌い上げ
80年代のニューウェイヴ、ポジパン等ルーツ的な音から
ALI PROJECTのスロー曲、黒百合姉妹のような国産ゴシック
通じる要素を持っており元々そういう要素があったからと
いうのもあるだろうが電子音もマッチしているな。
変にダンサブルになっていない分ゴサーも十分聴けるだろう!
曲によっては志方あきこに通じる民族音楽スタイルを取り入れた
箇所が出てきたり電子音シンセがカオティックに交錯し
変態的な雰囲気を放ったりポストロック、シューゲイザー的な
アレンジになったりと一口にゴシックといっても本作には
様々な要素が取り入れられているぞ!


ダークで退廃的な雰囲気はゴサー受けするに十分な音なのだが
ALI PROJECT等が持つキャッチーさとは無縁でただひたすら
浸るための暗さを重視した雰囲気モノの要素が濃いので
ゴシカルさにクサさを求めるリスナーには合わんだろうな・・・!
この辺がポストロックたる所以なのだろう。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 72% お気に入り曲 My Funeral Rehearsal、
Evening Gleam Between Clouds







もどる


inserted by FC2 system