舞乙HiME






"my-OTOME BEST COLLECTION"




舞乙HiMEとかいう日本のアニメの主題歌を集めたアルバム。


ヴィジュアル系とジャパニメーションは日本が世界に誇る2大文化となり、
今や生まれつき格闘家体型のマッチョ外人モッシュしながら
「萌エ!モエ!!MOEEEE!!!」などと
ミクスチャーヴォイスで叫ぶ時代になっちまったわけだが
本作はそんな日本のアニメーション主題歌アルバムだ!

なぜ本作を俺が知っているかというとメタルサイトでこれに収録されている
“Crystal Energy”という曲がネオクラシカルなギターソロが聴ける
北欧メタル風の曲調
だとの情報を得たからだ!!ちなみにこのアニメの事はまったく知らん。
読み方も知らん(爆)。いや、よく見たらルビが振ってあったわい・・・。

どうやらこの“Crystal Energy”等を書いた栗林みな実という女性シンガーが
なかなかの曲者らしく、バックのメンバーがうちでもレビューしている
和太鼓尺八三味線ハードロックバンド“六三四”和製イングヴェイ、
太田カツ率いる“ARK STORM”のメンバー
で曲のアレンジ等ポップス寄り
ながら随所でメタリックだったりシンフォニックだったりするらしい・・・!

本作はアニメ主題歌の寄せ集めなのでまぁあまり面白みの無いポップチューン
多いがやはり目玉は7曲目“Crystal Energy”だろう!限りなくメタルに近い
ギタープレイ、クラシカルなチェンバロ、生のストリングス
が美味しいアレンジで
自己主張するキラーチューンに仕上がっているぞ!!
サビなど歌メロはポップス寄りだがギターソロ前の弦楽アンサンブルにはマジ悶絶!!
アニメソングでも探せばいい曲あるなやっぱ・・・!作曲者、アレンジャーも「どうせアニメなんて
日本じゃメジャーじゃないから・・・」
とか思ってこういう好き者の琴線に
触れるアレンジ
をするのだろうか・・・!?(爆)
他に気に入ったのはバラード曲だ。8曲目“風と星に抱かれて・・・”
まるでジャンヌダルクの“シルビア”みたいなストリングスがイントロで聴けるが
シルビアのように疾走はせず哀愁に満ちた雰囲気のバラードを聴かせてくれるぞ!
そしてなぜかボートラ扱いの10曲目“星が奏でるものがたり”
やはり弦楽、そしてフルートソロがフィーチャーされた終始もの悲しい雰囲気に包まれた
極上のバラード曲だ!!メロディーも良く泣きを愛する者ならば
悶絶
できるであろうな・・・!

だが6曲目“世界中がユメになれ”はポップながらギターソロがメタル寄り
良い佳曲だが曲が終わった後にわけわからん自己紹介みたいな喋り
始まりコケさせてくれる・・・(爆)。
ユメミヤアリカだぁ・・・!?悪いが宝野アリカしかしらんよ(笑)。

そして本作は2枚組になっておりもう一枚はおそらく劇中に流れたのであろう、
サントラ曲が収められており生のオーケストレーションが使われているのだが
やはりサントラはサントラだけに1曲1曲が短く、シンフォニックメタルの
1曲目みたいな曲ばかり
なのでどうにももどかしいな・・・!
だがラストの12曲目“舞乙女SAGA〜Memorial Medley”はこれまでに使われた
サントラ曲全てをメドレー形式で繋げた10分超えの曲に仕上がっており
中盤から後半にかけての壮大なオーケストラ、クワイアシンフォメタル者である
俺の琴線を激しくつついてきたぞ!ナイトウィッシュとセリオンを
合わせたかのような曲調
だったわい・・・!


とはいえわざわざメタラーが買って聴くほどのアルバムではないだろうなぁ・・・!
栗林みな実のソロアルバムやシングルから入るほうが正解かもしれん・・・!?



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 75% お気に入り曲 Crystal Energy、風と星に抱かれて・・・、
星が奏でるものがたり、舞乙女SAGA〜Memorial Medley







もどる


inserted by FC2 system