魔法先生ネギま!







"麻帆良学園中等部2-A 「1月:闇の福音&ドール」"




日本のジャパニーズコミックかアニメかなんかの企画CD。


さーて今回もやってきたぞ不定期企画、ネタCDレビュー
時間が!(爆)
日本のアニメか漫画かなんかの企画アルバムでやはり俺は知らん。
他にも種類があるようだがなぜかこのCDのみへヴィリフが聴けるモダンな
メタルチューン
が収録されていると知り値段が安かった(ブックオフのアウトレットで
200円)事もあってゲットしてきたぞ!8割ネタで!!(爆)

いきなり台詞から始まるイントロの1トラック目に続く2曲目はDir en greyの
“THE FINAL”みたいなイントロ
で始まりミクスチャー系のメタリックな
リフ
が登場!グルーヴ重視のへヴィリフに思わずモッシュしたくなるわい(爆)。
しかし複数いる女性ヴォーカルのうち最初に歌うシンガーはどうも弱いのう・・・!
その次に出てくるシンガーはまぁちゃんと歌えている。ヴォーカルメロディーも
ニューメタル系の間延びしたものでフックはないがリフが無駄に
カッコいい(笑)。
ギターソロもテクニカルにピロピロやっててメタル者も十分楽しめるぞ!
まさしく女性ヴォーカルになったDir en grey、ラウドロック、
モダンへヴィネス!!
個人的にはデス声も入れてもらいたかったわい!
ヴォーーーーーーッ!!!(爆)
最後はギターのバックで女性ヴォーカルによる英語の語りが出てきてイヤでも
ヴィジュアル系バンドを思わせる(爆)。
そして3曲目は2曲目の
アレンジ違い
ピアノとストリングスがメランコリックに響きDir en greyの
“CONCEIVED SORROW”や“艶かしき安息、躊躇いに微笑み”みたいな
バラードに化けておる!!しかしヴォーカルは2曲目と同じだ(笑)。
サビではオーケストラが壮大に鳴り響くぞ!!間奏はフルートと
チャーチオルガンがクサメロを奏で
その後壮大になる!!シンフォメタラーにも
アピールできそうか!?ヴォーカルメロディーは相変わらず地味だがバックのアレンジが
たまらん(笑)。
1枚でへヴィサウンドとクサシンフォ2つを楽しめる
まさしく1粒で2度美味しいアルバムと言えるだろう・・・!4トラック目は2曲目の
カラオケヴァージョン。リフのよさが再確認できるわい!グルーヴィかつへヴィなメタルリフに
合わせてミックスヴォイス、デス声、京声で歌おう(笑)。5、6トラック目は
call≠gariの如き台詞のみのトラックなので興味無し。しかし登場人物の中に
“茶々丸”と名乗る者がいるのにはおもわず失笑だ・・・!
プログレスーパーバンド、VIENNAの中心人物にしてヴォーカル&
ギター、元X JAPANのTOSHIのソロにも参加し最近は
Gacktファミリーで地味に頑張ってる化粧の濃いテクニカル
ギタリストか!?(爆)
このキャラクターもさぞかしギターが上手いんだろうぜ!?


最近のDir en greyファン及び日本語詩、女性ヴォーカルが聴けるラウドロック、
モダンメタルファンなら聴いてみてもいいかもな!よくある「メタル風ギターがちょこっと
聴けるポップロック」
ではなくガチでへヴィロックなので
ヴォーカル以外は期待していいぞ!(笑)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 76% お気に入り曲 Maze of the dark、
Maze of the dark (Remix ver.)







もどる


inserted by FC2 system