MICHAEL ANGELO







"NO BOUNDARIES"




アメリカ出身のギター曲芸師の1stアルバム。


かつて差しさわりの無いLAメタルスタイルながらヴォーカルのハイトーンが
凄まじく
一番高い声を出すとガラスのコップが割れるとか言われていた
超音波ハイトーンを操るシンガーとともに“NITRO”なるバンドを組んでおり
そこで変形4ネックの通称“Xギター”を操り超人的な技巧をもって
全盛期のインペリテリ以上の速さでギターを弾きまくりまさにギター曲芸師、
速弾き怪人
の名をほしいままにしたアメリカが産んだギターモンスター、
マイケル・アンジェロ
の1stソロアルバムである!

本作において披露した左手の親指をネック裏に固定しそこを支点とし
まるで早回しのようなスピードで手を回転させ上下からフレットを押さえるという
人間を超越した神業“アンジェロラッシュ”マニアックな
ギターファンを激しく驚かせた
事でも知られている。その映像は彼の
オフィシャルサイトで見られるがホント、早回ししているかのような異様なスピード
かのブルース・リーの動きを思わせるに十分な凄さ、そして微妙な
いかがわしさ
があり(爆)そこがまたマニアックで良いではないか・・・!(笑)
よくTVでたまに超人芸特集があったりするがそれ見るたびになぜ
マイケル・アンジェロにお呼びがかからないのか
不思議でならない(笑)。


だがなぁ・・・音楽的には大して面白くなかったりするんだよなぁ・・・!(爆)
ギタリストによるオールインストだがネオクラ系ではなくどっちかっていったら
フュージョン系の雰囲気があるのかもしれんが彼のプレイは“聴く”より
“観る”ほうがいい
のだろうなぁ・・・!まぁタイトルチューンになっているアンジェロラッシュを
世に知らしめた“NO BOUNDARIES”は中盤ネオクラプレイが飛び出し
パガニーニのフレーズまで出て来るので満足できるが
まぁこの曲だけだな・・・!


まぁこんなわけで普通技巧だけ凄くて肝心の楽曲がつまらなかったら
ボロクソに糾弾
する所なれどここまで曲芸を極めているともう何と言うか、
認めざるを得ないと言うかマイケル・アンジェロという存在自体に
ただただ脱帽だ(笑)。
それに曲がつまらんと感じたのは俺がネオクラ人間
だからであってフュージョン系が好きな人なら気に入りそうだし
メタルのみならずジャズやブルース、ファンクやロックンロールまで
幅広い素養を持っており音楽性が低いと言うわけではなく
むしろ十分以上に高いので満足できる人は満足できるだろうなぁ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 65% お気に入り曲 NO BOUNDARIES







もどる


inserted by FC2 system