LIGHTNING







"SOLDIER FORCE"




国産の正統派漢メタルバンドの4曲入りデモ。


かつて“HEAVY METAL KINGDOM”名義で活動していた熱き漢メロパワ
バンド
で新たに名を変え専任シンガーを招きいれ本デモを製作、その後メジャーデビュー
フルアルバムをリリースするに至るのだ!

1曲目はミドル〜アップテンポの正統派メタル曲。奇をてらわない展開で
演奏も安定しており正統派が好きなら楽しめるだろう。ヴォーカルも
がなり成分の含まれた声質で悪くない。途中でバラード風コーラスが入り
その後聴けるギターソロもなかなか。後半の泣きが良いな!

2曲目はへヴィなリフで疾走しギターがクサい泣きのフレーズを奏でる曲。
コーラスが良くそしてギターの泣きっぷりが非凡である!まるで屍忌蛇か
マイケルシェンカーのよう
である!メロディーもクサい!

3曲目はアコースティックギターによるイントロに導かれ
一瞬メロハー的コーラスが聴けそしてスラッシーに疾走する!
まるでメタリカみたいだ(爆)。へヴィかつシャリシャリしたリフに爆走ドラム、ヴォーカルの
がなり声など完全にスラッシュメタルだがコーラスはやはりメロパワ!
ネオクラ的なクサクサフレーズを聴かせるギターソロも良い!
ツインリードもクサく泣いている!!“HEAVY METAL KINGDOM”時代にも
こういった慟哭ギターの片鱗はあったがここにきてその才覚が目を覚ましたかの
ような印象を受けたぞ!そして4曲目は曲の閉めとなるアコギによるメランコリックな調べ。


本作に収録された曲はデビューフルアルバムには一切収められていないので
どちらかが気に入ったなら両方買って損は無いだろう!泣きのギター、
ジャーマン的クサメロ
が聴きたい人にオススメだ!






満足度 82% お気に入り曲 THE FAITH (OF STEEL)、
READY FOR THE KILL







"BRAVE HEART"




国産の正統派漢メタルバンドのデビューアルバム。


かつて“HEAVY METAL KINGDOM”名義で活動していた熱き
漢メロパワバンド
でその当時産みだされたバンド名を冠した漢の聖歌
“HEAVY METAL KINGDOM”に俺はXの神曲“Silent Jealousy”の姿を重ね見て
激しく悶絶
していたわけだが此度ジャーマンメロパワから正統派漢メタルにクラスチェンジ
バンド名も新たに“LIGHTNING”と変えメジャーデビューしリリースされたのが本作である!

ジャーマンメロパワのクサさマノウォー的漢メタルの熱さ、そしてむせび泣く
漢泣きのクサクサ慟哭ギターが三身一体となったまさに漢の桃源郷である!!
HEAVY METAL KINGDOM時代からポテンシャルの高さは垣間見せていたがここにきて
その才は一気に開花したと見ていいだろう!ヴォーカルも以前は弱かったが
新たに専任シンガーを入れ強化、下山武徳タイプの熱くがなる声
好みのスタイルである(笑)。曲作り、演奏と、デモと比べてクオリティーが向上したのが
窺えるぞ!ちなみに歌詞は日本語詩と英詩の折衷スタイルだ。

イントロからいきなり熱く泣くギターが聴け漢の魂を激しく揺さぶる!
かなりの漢泣きっぷりだ!それに続く2曲目もギターがクサく泣く正統派メタルである!!
熱くがなるヴォーカルも音楽性にマッチしていて良い!サビの漢コーラスも熱い!
長めのギターソロも泣きまくり弾きまくりでたまらんわい!

3曲目はミドルテンポ曲だがメロスピ系ではなくこういった熱き
正統派漢メタルスタイルゆえのカッコよさが滲み出ていて良いな!
曲に説得力があるのだ!ギターは勿論泣きまくっておりその後聴ける
デス声寸前のがなりヴォーカルもカッコいいぞ!

4曲目はインストでギターが恐ろしいほど泣きまくっている!
屍忌蛇やマイケルシェンカー、ウリ・ジョン・ロートばりの慟哭
聴かせてくれる!ここまでの名手に成長するとはな・・・!

5曲目はイントロでメロパワ的な疾走を見せる正統派メタル曲だ!
これもギターソロがカッコいいぞ!そして途中かつての“HEAVY METAL KINGDOM”
時代の曲“THE PUNISHER!”のフレーズが導入
されるのも
過去を知る者としてニヤリとしてしまう。

6曲目はへヴィなスローテンポのインストで7曲目への繋ぎである。
7曲目も正統派色濃いメタルでヴォーカルメロディーはジャーマン的だ。
ギターソロはやはりクサく泣いている!ツインリードもツボをついたもので
たまらん!!クサすぎる!!

8曲目はバンドの代表曲とも言うべき疾走メロパワチューンだ!
判りやすい王道メロパワと言えるスタイルでブリッジがクサくサビが熱い!!
ジャーマン的漢コーラスがあまりにも熱くクサくカッコいいメロディーを
歌い上げる!!ギターソロも初期ハロウィンの“RIDE THE SKY”ばりの長さ
そこにさらに泣きを加える事でパワーアップさせている!

9曲目はメイデン的なイントロのギターに導かれるクサいコーラスを持つ曲。
ちなみに歌詞は熱き漢のバイブル“北斗の拳”に登場する南斗聖拳
モチーフにしているらしい!熱すぎる!!

10曲目もイントロから激しくギターが泣いている漢泣きの哀愁メタルだ!
夕日が脳裏に浮かぶかのような漢哀愁曲である!コーラス、ギターソロはやはり良い!
ギターフレーズで上記したかつての名曲“HEAVY METAL KINGDOM”を
思わせるフレーズ
が使われているのもたまらん!ラストのピアノ
そのフレーズを弾いており悶絶だ!

ラストの11曲目は疾走するメロパワチューンである!8曲目に近いスタイルで
漢コーラスが魂を掴み取る!判りやすくカッコいい王道のメタルだな!
ギターソロもやはりエモーショナルに弾きまくっておりそして滅茶苦茶クサく泣く
フレーズ
が飛び出し失禁寸前に!!クサすぎる!!

ピアノは使われているがシンセは無くまさに硬派を極めたかのような漢メタルっぷり
である!欲を言えばプロダクションが薄いのでそこが良ければさらに満足できたであろう!


捨て曲は無くどの曲も熱き漢の息遣い漢の魂の慟哭とも言うべき泣きのギターが
配されており聴き応え十分の漢アルバムである!ここまで熱く漢らしいメタルは
最近珍しい
といえよう!凱旋MARCHと並んで熱き漢のバイブル的
アルバム
だ!マノウォー系漢メタル好きは勿論屍忌蛇や神戸の
SERPENT、ARCH ENEMY的な慟哭ギターが聴きたい人にも
激しくオススメである!漢の生き様を身に刻みたい軟弱ボーイ、
マッチョになりたいモヤシっ子はこれ聴いて漢になるべし!
なるべし!!
あべし!!!(意味不明)



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 88% お気に入り曲 Brave Heart、Shining Wizard、
Rebirth、Lightning Force、Steel Hold、Mywings are burning







"FIVE RINGS"




国産正統派漢メタルバンドの2ndアルバム。


ついに彼等が帰ってきた!個人的に常日頃からお世話になりっぱなしで
頭が上がらない
慟哭ギターの雄IRON氏率いる漢泣き超絶ド硬派
正統派パワーメタルバンド
待望の2作目のフルレンスアルバムである!
1stが廃盤になり大人の事情か何かで再発もままならず新譜も出せない
状態にあったようでその間IRON氏はIRON ATTACK!等の別名義でカヴァーアルバム
大量にリリースしアレンジセンスやテクニックを磨き、他のメンバーも
名を変え名義を変えいろいろとやっており月日は流れそしてようやく本作のお目見えと
相成った
というわけである!メンバーチェンジもあり心機一転し作られたこの1枚、
IRON ATTACK!ではカヴァーという事で正統派からネオクラ様式美、ジャーマン、
果てはちょいと変態要素の入ったスラッシュメタル等いろいろな音楽性を
披露してくれたが、LIGHTNINGはバリバリの正統派漢メタル慟哭しまくりの
泣きのギター
を取り入れメロパワ的な疾走感も持ち合わせたメタルの
美味しい所を取り入れまくったスタイル
を追求しており、さらに本作はアニソン、
ゲーム音楽
で見られるような過剰なまでにドラマティックでメロディアスな
要素
を大胆に吸収し音楽的に変化は無いが進化を見せていると言えるだろう!
ちなみにゲストでAION、VOLCANOのNOV氏、TEAM KIN-YAのKIN-YA氏がヴォーカルで
参加
しておりさらにライナーノーツをDragon Guardianの勇者アーサー氏が書いている。

雨、雷のSEからパワフルなバンドサウンド、ギターフレーズが聴ける
イントロに続く2曲目は早速ギターが叙情的なリフを弾きつつノリよく
展開する王道を行く正統派メタル
である!熱くシャウトするタイプの
ヴォーカル
がまたカッコよくギターのオブリも自己主張しドラムも
タイトにツーバスを踏み2度目のAメロから疾走を始める曲展開も面白いな。
ソロ前で僅かにシンセが使われそしてドラマティックな泣きの
ギターソロ
が炸裂!実にエモーショナルじゃのう・・・!3曲目はどこか
IRON MAIDEN辺りに通じるリフで始まりダーティさを出しつつ疾走!
スラッシーな雰囲気を持ちつつもヴォーカルがキッチリとメロディーラインを歌い
実にいい声してるのう・・・!ギターソロはテクニカルなフラッシーさ
見せつつもキチンとメロディーを奏でハモリも叙情的である!4曲目は
早速ハモリリフが叙情性を演出し泣きのリードギターを見せ爆走する
メロパワチューン
である!正統派メタルではあるがこの辺はジャーマンメタルの
流れ
を汲んでいるのだろう・・・!パワフルなリフはまさにそんな感じだが
ブリッジのバックでスウィープを放り込みサビはシンセも使われメロディーは
実にポジティヴでキャッチーな事この上無くコーラスは熱くも美麗さすら
感じさせる
のう!ここら辺はアニソンの影響だろう・・・!ギターソロも
やはりドラマティックで起承転結がしっかりとしており欲を言えばもうちょい
長く聴いていたかった
なぁ・・・。5曲目はキラキラしたシンセも使われた
メロディアスなミドル〜アップテンポのメタルチューンでヴォーカルがやはり
キャッチーだな。バンドサウンドはメタルなれどメロディーライン等これまた
いい意味でアニソン的な雰囲気があるぞ!ギターソロはキラキラしたチェンバロの
音色
とクラシカルにユニゾンし様式美的な要素もありたまらんなぁ・・・!
6曲目は正統派メタル然とした硬派な雰囲気を感じさせるリフがカッコよく
いきなりゲスト参加のNOV氏のヴォーカルが登場し実に熱くパワフルでなおかつ
渋い、アグレッシヴないぶし銀の空気が放たれそしてコーラスはデスVo風だ。
ギターソロはこれまた叙情的極まる泣きのメロディーを奏でそのバックで
ピロピロ弾き倒し、そしてフラッシーさを出しつつやはりよく練られた
ドラマティックな展開
を見せてくれるぞ!7曲目はメロディアスなギター
始まりシンセも登場しバンドサウンドはパワフルだが80年代メロハーに
通じる雰囲気
もありサビは爽やかで実にキャッチーじゃのう・・・!
こういうメロディー、アレンジのセンスはアニソン、ゲーム曲カヴァーで
鍛えられた証
だろう・・・!メタル一辺倒だと中々出てこないんじゃなかろうか!?
ツインリードで始まるギターソロがまた恐ろしくクサくクラシカルさもあり
ジブリ的な泣きの叙情成分も多分に含まれその後のチェンバロシンセ、コーラス等
かなりメロウでなおかつ面白い展開を見せており漢メタルでありながら非メタルの
でも鍛えられた成果が出ているぞ!そして8曲目はかつての前身バンド、
HEAVY METAL KINGDOM
時代に作られた知る人ぞ知る超キラーチューンの再録である!
原曲はIRON氏がリードヴォーカルだったが今回は去年ライヴで対バンした
TEAM KIN-YAのシンガー、KIN-YA氏がゲストで参加し超熱くドラマティックな
メロディー
をこれまた熱く歌い上げる!シンセのアレンジがまた劇的さを増しており
コーラスも厚く
曲の良さを何倍にも高めておる!この曲マジで大好きだなぁ・・・!
ライヴでプレイしてくれる事を本気で期待するぞ!(笑)
9曲目はメランコリックな
ピアノ
が聴けバラードと見せかけておいてシンセ入りの緊迫感ある哀愁メタルとなり
サビでテンポダウンしメタルバラードと言えそうな叙情性を感じさせてくれる。
この曲もKIN-YA氏がリードVoでビブラートが強烈だな!ギターソロもメロディー重視の
泣きのプレイ
でやはり素晴らしいのう・・・!もうちょい長く聴いていたいのう・・・!
アウトロもメロウなピアノでエモい終幕である。10曲目はアコギによるインスト
これまた物悲しくそしてクサい哀愁のメロディーが聴けアルバムの幕を下ろすに
相応しい1曲に仕上がっているがこのあとボーナストラックでライヴでもよくプレイされる
仮面ライダーBLACKのテーマ曲のカヴァーが収録されているぞ!パワフルな正統派メタル
アレンジされておりサビで疾走、ギターも熱いリフ、オブリ、リードフレーズを弾いておる!
ギターソロはチェンバロ系シンセとユニゾンしクラシカルさを演出しその後速弾きバトル、
ツインリード
に突入、そして泣きまくりの慟哭メロディーが顔を出し聴いているこっちまで
顔でギター弾くみたいなエモい表情になってしまうな(笑)。


正統派メタルを基盤に時にジャーマンメタル的だったりスラッシーだったりする
疾走感を放ち時にアニソン的なキャッチーさを見せ、そしてギターは
エモーショナルな事この上無く師である屍忌蛇氏の流れを汲んだ慟哭の
叙情リフ、リードプレイ、ソロ
を聴かせテクニックはあって当然、その上で
感情表現を第一とする極めて高いレベルのプレイを披露している!
プロダクションが若干モコモコしているものの厚みがありメタルの
パワフルさがよく出ている
な。これまではずっとIRON ATTACK!で既存の曲の
カヴァー
だったがようやく本職のオリジナル曲が楽しめたわい!前作よりも
メロディアスさが向上したがだからといってマイルドになったとか、
甘っちょろくなったとかそういった事は一切無く漢らしさ、熱さを保ったまま
メロウさを身に付けており
ここら辺のセンスはやはりアニソン、ゲーソン等で
磨かれた強力な武器
であると言えよう!正統派、ジャーマン好き、VOLCANOファン及び
東方メタラー(!?)のみならずメタルにメロディアスさを求めるリスナーならば
本作はその欲求を西川口の風俗並に満たしてくれる事必至だ!(爆)余談だが
本作2曲目のPVはメンバーがバリバリ体張っており最近は小洒落たPVが多い中
実に貴重な映像(!?)となっておりこれまた必見である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 93% お気に入り曲 全部







"BRAVE HEART Re-birth"




日本の正統派漢メタルバンドによる1stリメイクアルバム。


AVALONレーベルと契約し本格的な活動が期待できる国産漢泣き慟哭パワーメタルバンド
廃盤となった1stをリレコーディングしリメイクしたアルバムである!ヴォーカルのみ当時
歌っていたJUN氏
によるものだがバンドサウンドは今のメンバーで録り直しており現在の
彼等の姿を当時の楽曲で拝む事の出来る1枚である!

過去作のリメイクではあるが今や廃盤の1stを聴けないリスナーのために製作されたような
部分があるためオリジナルと比べてソロや一部シンセ等を除きアレンジ面で大きく変わる事は無い
音圧とタイトさが段違いと言えるほどに増しており、ズンズンと迫り来るような迫力
インパクトを放ち機械的なまでに正確なアンサンブルと相まって異様なまでに
頼もしいムード
がこれでもかというほど発散されておる!クリーンで乾いた音という訳ではなく
国内レコーディングらしい湿り気を帯びておりギター、ベース、ドラムの全てが自己主張しつつも
見事な纏まりを見せておる!ベースも埋もれる事無く要所要所で顔を出し個人的には
GALNERYUSの3rdを思わせる音作りに感じられたな・・・!

2曲目のソロは和音階を取り入れたりしてソロの時間も長く泣きがさらに強調され
3曲目はコーラスワークがさらに野太く男臭さが増しておる!4曲目は原曲と差は無いギターの
泣きっぷり
が実に強烈じゃのう・・・!表現力もアップしているな。5曲目のネオクラシカル寄りの
ギターソロ
も熱いのう!6曲目もプロダクション的に重々しさが増しており7曲目は中盤以降の叙情的な
パート
シンセによるオーケストレーションクラシカルに紡がれており短いパートだが
強烈なフックとして機能しておる!その後のソロもメロディー重視の泣きのプレイでたまらんわい!
JUN氏のシャウトも実に荒々しくカッコいいのう・・・!バンド名を冠した8曲目は出だしのシャウトから早速熱く
ギターのオブリが全面的に目立っておる!ギターソロもメロディアスさ、ドラマティックさが増強されているな・・・!
ソロのラストは和音階で実にエモーショナルである!9曲目も原曲に忠実でギターのオブリに
改めて非凡なセンスを感じさせギターソロはやはり異なる部分がありLIGHTNINGとしては短めだろうか!?
10曲目はイントロのピアノからして本格的なムードがプンプンでその後の泣きのギターは原曲とちょいと
異なるメロ
を弾きオブリ、コーラス、ピアノ、シンセ等バックのアレンジが結構変わっている
部分
があり叙情性、ドラマティックさが見事に増強されておる!ギターソロもシンセやピアノが
入り混じり
この曲が最も原曲と異なるアレンジに仕上がっているな。11曲目もストリングスシンセ
チェンバロ系キラキラシンセ、ピアノが顔を出しシンフォニックなムードすら感じさせるアレンジになっているぞ!
コーラスも実に分厚くバックと相まって極めてドラマティックじゃのう・・・!ギターソロも結構
エフェクター等を変えたりして音作りに違いを持たせているな。この曲のツインリードはやはりたまらんわい!
そしてユニオンで買うと貰える特典CDには2曲目のテイク違い、10曲目のアコースティックアレンジ、
11曲目をIRON氏自らが歌うヴァージョンの3曲が収録されている。


この手のリメイクアルバムによくある新曲とかは一切無く曲順も含めて1stを忠実に再現している点が
実に男らしいのう!近々3rdをリリースする予定があるようだが本作の音作り、演奏で新曲が
聴ける
のかと思うと楽しみでならんわい!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 全部







"死闘!五稜郭!! 〜LIGHTNING vs IRON ATTACK!〜"




日本の正統派漢メタルバンドによるライヴDVD。


去年の暮れ、11月28日に渋谷CYCLONEで行われたLIGHTNING、IRON ATTACK!のライヴを収めた
初の映像作品である!俺も観に行ったライヴで龍5150氏のバンドVampire Pledgeも出演していたが
本作はLIGHTNINGとIRON ATTACK!のみとなっているものの共にMCも含め完全ノーカットで収録されており
ライヴの生々しさを伝えるに必要十分な編集に仕上がっていると言えよう・・・!

そんなわけで俺もこの場でメロイックを掲げヘドバンし共にシンガロングしたんで
詳しい内容はライヴ感想を見て頂ければ判るんだが(爆)、とりあえずライヴDVDとして
判断すると非常に音質が良く各楽器のサウンドを鮮明に聴き取る事が可能でさらに
音圧も十分にあり実にプロフェッショナルな仕上がりになっていると言えよう!
そしてさらにミスやトラブル等もスタジオで修正したり後から被せたりする事無く
そのまんま収録されている
よう・・・に見えたがどうやら酷いミス等ほんの一部だけ
修正はされている
らしいがそれにより生々しさを損なう事など微塵も無く、IRON ATTACK!における
“CRYING DESTINY”のギターソロでBach氏のギターにトラブルが生じて音が
出なくなる様
もそのまんまである!まぁこれは映像作品なんで音が出てたら詐欺になっちまうが(爆)、
こういう部分もまたロックよ!

そしてLIGHTNING、IRON ATTACK!共に各メンバーの演奏も極めてタイトで、勿論多少の
ミス
とかはあるんだが主にリズム面がカッチリと纏まっておりスタジオ音源をここまで
見事に再現できるバンド海外のバンドも含めて減ってきているんで今や貴重だと
言いたい所だが本来はそれが当たり前なんでそこが虚しい所じゃて・・・!(笑)
LOUD PARK
とか観ても下手なバンドは下手だからなぁ・・・!音源じゃよく線が細いだの
高音が苦しそうだのと言われているまいなすいょん嬢の異様な安定感も特筆すべき箇所じゃ!
Avecky氏がゲストでデスVoを披露したThousand Leavesの“Dead Night Blind”
サウンドプロダクションは同じなのに見事に北欧系のメロディックデスラッシュサウンドに様変わりしており
アグレッシヴなパフォーマンスフロアの空気を見事に一変させているのも見所だな。
無精髭を生やしていることが多いんであまり語られる事が無いんだがIRON氏が異様に
男前なのもチェックして頂きたい(爆)。
LIGHTNINGのラストのスタッフロールで当日観に行った
オーディエンスの名前もバッキングVo扱いで全て出てくるのも粋な計らいじゃて・・・!勿論うちの名前もあったぞ(笑)。

そしてユニオンで買うと貰える問題の(!?)得点映像だが・・・格闘技経験者のIRON氏が
わざわざメンバーを引き連れて千葉の山奥回し蹴りバット折りをマジでやっているんだが・・・
ただバットを蹴り折るだけの、本当にオチも起承転結も無い内容でバンドとしても一切関連性の無い
極めてシュールな映像となっておりここまで視聴者を脱力させる試割りはそうは無いぞ!(爆)
あとはIRON ATTACK!のメンバーが自分達のDVDを見ながらその場でいろいろとコメントする映像
収録されているが特に裏話とか面白エピソードの類は無かった(爆)。


そして驚くべきは2枚組のDVDだというのに値段2000円を切る異様なまでに親切な
コストパフォーマンス
であろう!海外のバンド・・・輸入盤が裸足で逃げ出すこの価格!
このクオリティーでこの安さは凄まじすぎるわい!Amazonならばさらに安くなっている
ユニオンで買って得点映像も見て頂きたいんでどっちをオススメするか困るな(笑)。
意外と世間には知られていなかったらしいBach氏の正体モロに明らかになるこの一本、
マキシマム ザ ホルモンのライヴDVDが3枚組で超詰め込みまくりのボリューム満点
極まりない内容
値段も安かったんだが本作はそれに匹敵するDVDである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 95% お気に入り曲 全部







"JUSTICE STRIKE"




日本の正統派漢メロディックパワーメタルバンドによる3rdアルバム。


天下の国内メタルレーベルAVALONと契約を果たし波に乗りまくり男泣き
正統派メロディックパワーメタルバンド
通算3作目のアルバムである!中心人物のギタリストIRON氏や
KOUTA氏は別名義でもバンバン活動しているがこうやって本職バンドの活動もおろそかにしない姿勢は
流石じゃのう・・・!
また本作では新たにヴォーカルがチェンジしており、今回加わったシンガー
勇舞氏は声質的には前任者に近いスタイルで違和感を感じさせないがハスキーかつどこか
哀愁の漂った声
をしており男泣きメタルと言えるLIGHTNINGに実にマッチしたシンガーだと言えよう!
言われているように実力もかなり高くメタルを歌うに十分以上のパワフルさ、音域、安定感を持っておる!

1曲目は彼等得意の男泣きを体現するかのような勇壮かつ哀愁漂うギター、バンドサウンドが
聴けるイントロ
で続く2曲目はいきなりパワフルでアグレッシヴなシャウトで幕を開け
これまた勇壮に、ストロングに疾走開始!実にLIGHTNINGらしいムード満点のファストチューンで
バンドサウンドも過去作以上にタイトさを増し弾丸のように突っ込んでくるような印象があるが
サビはかなりキャッチーである!ギターソロは見事に泣いておりシュレッド皆無なのも
逆にインパクトを放っているな・・・!3曲目は過去のデモに収録されていた曲でAメロは
ベースメインで意外性を出しどこかノリの良さを見せるミドル〜アップテンポ寄りの展開で
やはり無骨な硬派さがあるな。中盤でベースが目立ちつつエモーショナルなコーラスが聴け
叙情的なムードを醸し出しそしてメロディアスなギターソロに突入、メロディー重視の
実に丁寧なプレイ
を聴かせてくれるぞ!4曲目はキラキラしたシンセで幕を開けバンドサウンドは
力強いが珍しくシンセが結構目立ったアレンジが施されておりミドルテンポで展開、メロディーが
哀愁漂いまくりでかなりのフック、キャッチーさを見せておるのう・・・!ヴォーカルの掠れた
声質が実にマッチしておるわい!
ギターソロはハモリで弾き倒し和音階らしき音色も一瞬聴け
メロディアスな泣きのパートは見事だな・・・!5曲目は疾走チューンパワフルな
リフ
が顔を出しネオクラシカル系のギターも聴けサビはギターがキラキラシンセとユニゾンし
様式美的な要素も顔を出すパワーメタル
となるぞ!ギターソロは日本人のツボ突きまくりの
ネオクラフレーズ
からストロングな速弾き、クラシカルなユニゾンと展開しそして哀愁漂う
泣きのメロディー
になり実にドラマティックじゃのう・・・!ラストのギターもまたクラシカルで
たまらんわい!
6曲目は何とアコーディオンかなりクサいフレーズを奏でそしてギターが
弾き倒しつつキャッチーに展開、意外なまでにポップ寄りの楽曲で並のバンドがこういう曲やると
あざとすぎて逆に引かれる捨て曲にしかならんのだがこの曲はメロディーが
物凄く良く
結果としてアルバムのハイライトになってしまっておる!(爆)このセンスは
只事じゃないぞ!
ヴォーカルがメタリックさと哀愁を醸し出しており何気にあざとさを
掻き消している
のが大きいというのもあるか!?ギターソロも見事な構築美を見せクラシカルな
民謡フレイバー
も顔を出すぞ!7曲目はどこかスラッシーさを感じさせるストロングなリフ
無骨さを出しつつもアコギがメロウさを演出、そしてパワフルに疾走しVOLCANOっぽい雰囲気
プンプン放ちヴォーカルもそんな感じである!サビのコーラスは憂いがありギターソロは
これまたクラシカルさ満点叙情的かつ繊細なフレーズを紡ぎその後はノリの良さを見せさらに
キャッチーさすら放ち泣きも当然のように登場だ!8曲目も硬派でストロングなリフが聴け
正統派のパワフルさを見事に放っており爆走こそしていないがマシンガンのようなドラムが
凄まじくアグレッシヴな曲じゃのう!
そんな中でもギターはかなり強烈な泣き、慟哭を
披露しており
ソロはまさに正統派といった所だろうか・・・!9曲目も無骨で硬派な事
この上ないストロングさ
を見せつつもギターがキャッチーなメロエモーショナルに奏で
ヴォーカルはかなりダーティーな歌い回しを見せており疾走チューンではない実に
アグレッシヴ
だな。ギターソロはどこか和のムードを見せつつやはり強烈に泣いており
その後はテンポアップシンセも登場するぞ!ピアノも聴ける2ndギターソロがまた相当な
泣きっぷり
で本作中最も泣いているかも知れんのう・・・!10曲目はメロディックパワーメタルの
王道
を行かんとするかのようなテンションの高さを見せるドラマティックな疾走チューン
バンドサウンドは勢いを見せつつも一糸乱れぬタイトさで展開しサビは非常に
キャッチー
じゃのう・・・!ギターソロも速弾きから叙情的なメロディーを紡いでおりもうちょい
長く聴いていたかったか!?
ラストのツインリードがまたキャッチーで良いなぁ・・・!11曲目は
アコギメランコリックでエモーショナルな哀愁を醸し出すアウトロのインスト。
12曲目はボーナストラックで何かのカヴァーらしく、キャッチーなアップテンポで展開し
シンセも聴けつつギターがオブリを入れ全体的にどこか80年代のHM/HRに
通じるムード
を醸し出しているな。サビのヴォーカルの歌い回しが実に熱いぞ!
ギターソロがこれまた泣きまくりテクニカルな速弾きユニゾンを見せつつもやはり基本は
メロディー重視
泣きまくり慟哭しまくりの叙情リードプレイである!

ちなみにディスクユニオンで買うと2曲のカヴァー曲が収録された特典CD-Rが付属、1曲は何と
RIOTの隠れた名曲“Storming the gates of hell”でヴォーカルはトニー・ムーアとは異なる
タイプ
だが勢いあるサウンドをタイトに再現、まぁあの愛すべきダサいホラ貝の音が無いのは
非常に残念だが・・・(爆)。もう1曲はFire Bomber“Holy Lonely Light”で知らない曲だが
いきなり様式美臭漂うドラマティックなイントロから正統派色濃いアップテンポになり
シンセも登場、
ヴォーカルメロがどこか一昔前のJ-POP風だがこれも見事に熱い
パワーメタルにアレンジしておる!
ギターソロはかなりのネオクラ系様式美サウンドだ!


方向性としては過去作と変わる事無くストロングな無骨さのあるメロディックパワーメタル、
正統派メタル
を基本としそこにVOLCANO直系慟哭しまくりの泣きのギターを取り込み
さらに部分的なアレンジやメロディーIRON ATTACK!EIZO Japanでの活動で
磨かれたアニソン的キャッチーさ、豊潤さに満ちておる!何気にこういうキャッチーさを
取り入れられる正統派メタルバンド
は国内、海外見渡してもLIGHTNING以外にはまず
いないのではないだろうか!?
バンドサウンドはさらにストロングさを増し上記したよう
まるで弾丸のような勢いを見せておる!ドラム、ベースもまるで戦闘機のようだ・・・!
意外と疾走曲が少なくミドルテンポ多めで疾走好きのメロスパーには正統派過ぎるだろうが
非疾走曲でいい曲を書けるバンドこそホンマモンなのだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 93% お気に入り曲 全部







"Raise The Sun"




日本の正統派漢メロディックパワーメタルバンドによる4thアルバム。


今や海外でのほうが知名度が高いとされている、日本が誇る超実力派正統派
漢メタルバンド
による最新作である!言わずと知れた大御所国内メタルレーベル
AVALON
から前作に続いてのリリースなんだが、今回何と忍者・・・いや、ニンジャ
コンセプトにしている
ようで、PV(今じゃMVか)でメンバーによる本格的な
ニンジャ・マーシャルアーツアクションを拝見出来るのだが、ぶっちゃけ
相当にイロモノである(爆)。だが音楽的には言うまでも無く超高品質の
王道を行く正統派のメロディックパワーメタル
をプレイしており、その世界観、志は
決してイロモノでは無く
まさに漢そのもの!

1曲目は早速の勇壮かつ漢の哀愁を湛えたギターフレーズが堪能出来るイントロで、
続く2曲目はこれまた出だしから実に熱くも叙情的なギターが聴け疾走開始!
リズム
ヴォーカルも相変わらず相当にストロングで、ブリッジではちょいと
シンセ(ピアノ?)も顔を出しサビは共に歌いたくなるキャッチーさがあるぞ!
ギターソロがまた泣いておりエモーショナルな事この上無いのう・・・!
3曲目はストロングさのある正統派メタルらしいリフが聴け無骨に突き進む
アップテンポチューン
で、中盤のギターが実にドラマティックだな。3曲目はピアノ、シンセかなりの
キャッチーさを見せるヴォーカル
が聴け、ギターもエモーショナルな泣きを見せつつも
ポップフィーリングすら内包!その後のリフはなかなかにへヴィストロングな硬派さを放つ
硬派なスローテンポになるのう・・・!サビは再びキャッチーさを見せギターソロがまた大きな
聴き所
となっているぞ。5曲目はアグレッシヴなムードを放つタイトなリフと共に疾走!
ハモリスタイルはどこかメタルコアと言うかメロデスに近い印象もあるが、そこに乗る
ヴォーカル
熱くパワフルな正統派メタル歌唱で当然のようにメロディアスさ、
キャッチーさも相当なモノだ!
ギターソロもまた劇的な事この上無く、一部でちょいと和っぽい印象も
あるだろうか!?
6曲目は正統派HM/HR路線のキャッチーさを見せつける軽快な曲となり
リフはどこかIRON MAIDENに通じる部分もあるか!?熱唱ヴォーカル、フックを見せるコーラスが
印象的
ギターソロもやはりカッコいいぞ!7曲目は切れのあるギターで幕を開け
ストロングに疾走開始!今度はRIOTに近い要素も感じられるがシンセヴォーカル
相当にドラマティックかつメロディアスで、途中メロウなアコギも顔を出し叙情性も冴えを見せており
その後のギターソロも実に熱く劇的でエモーショナル、特にソロ後半のハモリメロディーが
恐ろしくクサい美メロとなっておる!
8曲目はストロングなリフ劇的なシンセが乗り
無骨さを見せるも、その後は叙情的なアコギ哀愁バリバリのヴォーカルが聴ける
男泣きバラードとなるのう・・・!これまたメロディーが相当に良くサビの泣きが
半端では無い!
後半のギターソロもまた素晴らしくその後は疾走するぞ!
9曲目はこれまた劇的さ満点の疾走感を見せるドラマティックなメロパワとなりシンセも
効果的に使われるが、
何よりもサビが凄まじい事になっておる!分厚いコーラス豊潤極まりない
美メロの雨あられ!
ギターソロも例の如く強烈なエモーションを放っており構築美も相当のモノで、
個人的にはこの曲が本作中最高のキラーチューンだな・・・!10曲目は定番となった感のある(?)
アコギの叙情的な調べ
が聴けるアウトロのインスト。ボーナストラックの11曲目は
これまた定番となりつつあるアニソンカヴァーで、イントロから流麗なギターが顔を出し
その後は相当にストロングなリフで疾走!本編の楽曲と比べてもそんなに差の無い
馴染み具合
を見せておりアレンジの上手さを見せ付けてくれるのう・・・!ギターソロも
やはりカッコ良く得意の泣きも披露するぞ!


メンバーのルックスやコンセプトこそニンジャと化したものの、音楽的には一点の曇も無い
LIGHTNINGらしさ満点
男泣き激情ド硬派正統派メロディックパワーメタルである!
前作がアルバム前半が充実していたのに対し本作はアルバム後半にキラーチューンが
集中している
印象があるのう・・・!とは言えその一方で過去作の曲にかなり似通った
メロディーライン
が顔を出したりする箇所も部分的にありこの辺は評価が分かれるかも知れんな。
それでもクオリティーは相当に高く、ニンジャ云々関係無し高品質の
正統派漢メロパワ
がこれでもかと言う程堪能出来る1枚である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 89% お気に入り曲 Raise The Sun  Journey Of Prophecy  Somewhere In The Night
Kill The Imitator  Time Will Tell  Sail Away  永遠のイクサー1







"忍道"




日本の正統派漢メロディックパワーメタルバンドによるベストアルバム。


先日ついに俺も台湾公演に同行した(爆)、日本が誇る超絶硬派ニンジャメタルバンドによる
初のベストアルバムである!実は元々ニンジャで、最初期の頃には謎のニンジャバンドとして
何故かフールズメイトに載ってた事もある
らしんだが(爆)、前作からニンジャである事を
前面に押し出して
開き直ったかのように熱い世界観を提示、変わらぬクオリティーの高さで
我々を楽しませてくれた・・・!
その後メンバーチェンジしギターの片割れが鋼鉄兄貴氏に、
そしてベースがPHANTOM EXCALIVERでもプレイするだいごろう氏に替わったのは最近の話だな。
本作はベストアルバムだが、ただ過去曲を纏めたのでは無く何と全曲リレコーディングされており、
ギターやベースもメンバーチェンジ後のサウンドとなっているぞ!ちなみに本作は事前に海外で
リリース
されていたが、ボーナストラックを追加して逆輸入されたアルバムである。

そんなわけで本作、現代のスキル、プロダクションでリメイクされているだけに
音はかなり良く、ただでさえ十分にタイトだった演奏もさらに磨きがかかっており
パワフルな漢メタルを存分に堪能出来るぞ!部分的にアレンジもパワーアップしており
ピアノ、シンセが効果的に使われている他コーラスも厚みを増しているのう・・・!
ギターソロも気持ち和音階が増え、さらに日本人的なタメも随所で自己主張しているだろうか!?
また一部の曲は英語詩になっておりインターナショナル感が出ているな。

ちなみに日本盤の本作には輸入盤のほうに収録されていた“Raise the sun”“Stand alone”
外されているんだが、後者はAT VANCE等で知られるオリヴァー・ハートマンが歌う
“BRAVE HEART”の歌詞違いである。12、13曲目はライヴ音源となっているぞ。


全曲キラーチューンのようなバンドなので、リスナーの数だけベストな選曲が
ある
だろうが全曲疾走曲とかにはならず、勇壮でパワフルな正統派HM/HR
“Destiny Destination”のようなキャッチーな曲等何気にバランスの取れた
ベストアルバム
と言えるのでは無かろうか!?海外盤は文字通りの海外デビュー作で、
ヨーロッパで人気のLIGHTNINGの、まさしく名刺代わりと呼ぶに相応しい1枚である!
海外における日本のバンドと言えば古くはLOUDNESS、ちょい前までDIR EN GREY
そこまでは良いんだが、今やアイドルメタルなんざがその座に居座り腐ってやがる
らしいじゃねーか!
そんなモンファックだ!LIGHTNINGこそ今最も海外で
人気のジャパニーズメタルバンドなんじゃい!文句あっか!(爆)





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system