Label Liberta







"Lost Omen"




日本のヴィジュアル系プロジェクトによるアルバム。


かつてレビューしたクサクサゴシックRoses Epicurean
葉月ゆらと名乗るミュージシャンによる新たなプロジェクトのうちの
一つらしく、このLabel Libertaっつーのもバンド名とかじゃなくて
どうやら新たなレーベル名らしいな・・・!この辺の名義とかの
ややこしさ
は他ジャンルには無い独特なもので正直判りづらいのだが
どうだろうか!?まぁそれはともかく、ジャケからしていかにもお耽美
ヴィジュ系
のオーラバリバリでMALICE MIZERMoi dix Mois、
VERSAILLES
辺りの音を期待して手をつけてみたがその音楽性は当たらずも
遠からず
でもろV系のスタイルを持った男ヴォーカルがハードロック的ギター、
打ち込みリズム、シンフォニックなシンセ
をバックにそれなりに
キャッチーなメロ
を歌い上げるものでこの手のジャンルお約束の
恥ずかしい語りも随所で飛び出すぞ!

1曲目のド頭からいきなり語り登場!(爆)そして2曲目はアコギと
ボリューム奏法によるギター、デス声風語りに導かれハードロック系
ギターリフと打ち込みリズムに乗せてヴィジュアル系ヴォーカルが登場!
ストリングスもバックで鳴りV系としてなかなかにクサく悪くないぞ!
ラストのギターソロのバックでラップ風の声が聴こえるのは微妙だ(爆)。
3曲目はトランス系のシンセ、リズムにピアノが登場しMintJamっぽい
声質のシンガーも登場しV系ツインヴォーカルが聴ける曲。語りも登場だ!
語りと共にクラシカルなピアノソロも聴ける。4曲目は恥ずかしい台詞のみの
トラックで実にこっ恥ずかしいのう(笑)。5曲目は中東風のアレンジで始まり
モダンメタルの影響を感じさせるスタイルだが音は軽いな。ヴォーカルは
加工されデス声の代わりだろうか!?だが基本は台詞でなんとも微妙だ(笑)。
ギターソロは打ち込みっぽいな。サビはメロスピ的に疾走しなかなかクサいぞ!
6曲目も語り、台詞のトラックだ。7曲目はヴァイオリンがクラシカルに舞い
MALICE MIZERというかSOUND HORIZONがヴィジュアル系と
化した
ような曲調である!なかなかにクサいな。8曲目はアコギが聴ける穏やかな曲。
ベースソロ、オシャレなオルガン風シンセも聴けフュージョンというか
ラウンジポップの雰囲気が感じられる。10曲目も語りのトラック。


そこまでHR/HM系の音では無くリズムワークは打ち込みのトランス要素
濃いのは賛否両論かもしれぬがバックのアレンジ、ヴォーカル等は
なかなかにしっかりしておりちゃんとしたクオリティーを感じさせて
くれるな。もうちょいコテコテなクサさが欲しかったがそれ以上に
台詞のみのトラックがあるのが我等音楽派のリスナーには厳しいのう・・・!
まぁ飛ばせばいいだけだがどうしてヴィジュアル系ってこういう自己陶酔
ナルシスト気取り
ばっかなんだろうなぁ・・・!?いくらお耽美振ってても人間なんて
所詮クソもするしションベンもするヨゴレ袋さ!(笑)



オフィシャルサイトで見てみる





満足度 72% お気に入り曲 ツカメヌタイヨウ、
One Thousand and One、カンタレラ







もどる


inserted by FC2 system