LUNA SEA







"LUNA SEA"




日本の超有名ヴィジュアル系バンドのインディーズ時代のアルバム。


YOSHIKIが設立したエクスタシーレコードからデビューした有名バンド
本作はそんな彼らがインディーズ時代にリリースした最初のアルバムである。

音楽的にはXのようなメタルサウンドは皆無でクリーントーンのアルペジオ中心に
軽めのバッキングで構成されたギターリフ、疾走しているもののメタル色の無い隙間だらけの
スカスカなアレンジ、
喉で歌うナヨナヨヘナチョコヴォーカルと、
まさに絵に描いたような典型的ヴィジュアル系ロックでどう考えても
メタラーの鑑賞に堪えうる音ではない・・・!というかジャンル自体
完全な別物
なので比較するのは愚かといったところだろうが
なにせあのXの所から出てきたバンドだからな・・・!それにしても
Xとはまったく異なる音楽性に驚きを隠せないと同時に当時YOSHIKIはいったい
どういう考えでこういったバンドを自分のレーベルから世に送り出していたのだろうか
疑問である。自分達とカブらないからいいやとでも
思っていたのか!?(爆)


楽器陣は随所で光るプレイを披露しているのが評価できる部分だな・・・!
5曲目“SHADE”なんか間奏でヴァイオリンまで入ってきて面白いぞ!
ギターもドラムも暴れておりこの曲が本作では一番いい出来だろう。
他もまぁアップテンポ主体なのでさらっと聴きとおせるのは良い。
本作が持つ荒々しさはパンク寄りだと言えるだろうな・・・!


彼らのアルバムは今のところ本作と下でレビューしている“MOTHER”しか知らないのだが
コレ聴いてると“MOTHER”は相当成長したのだろうなと思わせてくれる・・・!
本作は俺のような半端者ではない、筋金入りのV系ファンなら楽しめるアルバムだ。



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 56% お気に入り曲 SHADE







"MOTHER"




日本の超有名ヴィジュアル系バンドの4thアルバム。


YOSHIKIが設立したエクスタシーレコードからデビューした有名バンド
音楽的にはXのようなメタル色全開というわけではなく喉で歌うナヨナヨヴォーカル、
メタリックながら軽めのツインリード、アップテンポな曲調に耽美な雰囲気と、
のちのヴィジュアル系ロックの礎を築いたバンドの1つと認識されていると思う。

俺が本作に手を出したのは2年ほど前BLOOD STAIN CHILDが
“TRUE BLUE”カヴァーした
の聴いてから中古で安い事もありせっかくだから
比較してみようと思いブックオフで250円の安さでゲットした。
そんなわけで本作を最初に聴いたのは今から2年前である(笑)。

レビューのため久々に聴いたのだが思っていた以上にHR/HMに通じる音作りをしており
驚いたな・・・!もっと軽いイメージがあったのだが・・・まぁシンセ、
デジタル音などでかなりコーティングされている
印象は否めないが
その分つくり込まれた音だと言える。プロダクションも当時としては
いい方
じゃないだろうか!?

だが本作をメタラーが聴くにはやはりこのRYUICHIヴォイス高い壁となって
立ちはだかる
だろう・・・!これ以降は知らんが本作の時点では実力的にも
微妙
ハズしている部分が多く感じられたな・・・。
曲はBLOOD STAIN CHILDがカヴァーした“TRUE BLUE”、そしてメロディアスな疾走曲
“ROSIER”が良かった。だが個人的につまらん捨て曲も多いんだよなぁ・・・!
アレンジ、展開等はいいかもしれんが正直メロディーが弱すぎる!
スローな曲は悪いが俺にはアカン(爆)。


とはいえこれを・・・彼らを湛えるファンが多いのもなんとなくわかる気がするが・・・!
悪い、俺は完全にX JAPAN側の人間・・・メタラーなのだ!!



Amazon.co.jpで見てみる



満足度 68% お気に入り曲 ROSIER、TRUE BLUE







もどる


inserted by FC2 system