2013 9/22 渋谷サイクロン LIGHTNING




2013 9/22 渋谷サイクロン LIGHTNING



前回のIRON ATTACK!ツアーファイナルから僅か一週間、続いてはLIGHTNINGの初のワンマンである!
まぁワンマンと言いつつもサポート・・・前座5150がいるが、今回はどっちもマジで観たいと
思わせるメタラー好みの実力派!
知らないバンドが思わぬ健闘を見せてくれるライヴも良いが、
やはり本気で熱くなれるのは本気で観たいと思える愛すべきバンド達である!ハコは一週間前と同じ、
定番となった渋谷サイクロンだ!連休真っ直中のライヴなんで精神的にも余裕があるのは
良い事じゃわい・・・!CD3枚聴き、映画2本観てからライヴに向かうという、
実に優雅なOFFじゃのう(笑)。

そんなわけで本日前座という扱い5150ではあるが、実質2マンにかなり近い形なので
2〜30分等という短さでは無く、正味1時間はガッツリとプレイされ“シンフォニック東方”から
“神竜物語”、“四季楽典”“ゲンソウオー”と、龍氏によるプロジェクトの楽曲が満遍無くプレイされ、
楽曲もバリバリのメロスピ、クサメタル、シンフォニックメタルに加えシンフォニックブラック
結構キャッチー寄りの楽曲も披露され、メンバーの外見こそメロコア風なれどメタル魂を存分に
見せつけておる!まぁシングルギターだからかどうかは知らんがギターの音が小さめで、
その分ベースが目立っておりこの辺が惜しいものの前座とは思えぬ盛り上がりを見せておる!
途中龍氏が上半身裸になり細マッチョなシャープさを見せる肉体を披露、さらにゲストで実力派女性シンガー、
みーや嬢
が顔を出しパワフルさ満点の歌唱で出番は少なかったがその存在感を存分に
見せつけておった
のう・・・!まぁ小柄な女性シンガーの隣に裸男がいると言う異様な光景だったが(笑)。
さらに前座としては異例のアンコールまで行われ、どうやら予定外だったようだが何とIRON ATTACK!の楽曲である
“SPARKING”を披露!
だが流石にこの曲は難易度が高かったのかハイトーンシンガーである
龍氏がサビを相当苦しそうに歌っておりこの曲の難易度の高さが伺えたわい・・・!

そして本日メインのLIGHTNINGの出番である!PV・・・MVで見られた通りの、忍ぶ気皆無の
派手なニンジャコスチューム
に身を包んだメンバーが姿を現し新譜“Raise The Sun”から
タイトルチューンが早速プレイされる!ギター2本のおかげか音響面は改善されギターも
よく聴こえるようになりドラマティックなプレイを堪能出来たわい・・・!新譜のレコ発なんで
新譜の曲がメイン
になるが、過去の名曲もバッチリ披露されツボを突いたセットリストで展開、
この辺が時間に余裕のあるワンマンの良さだな。途中のギターのソロタイムでIRON氏に続き
KOUTA氏がウリ・ジョン・ロートの名インスト“Sky Overture”を触りだけプレイ、せめて
ワンコーラスくらいは弾いて欲しかったがスカイギターじゃなきゃ無理だろうか・・・!?
さらにライヴは続き新譜と前作のボーナス曲であるアニソンカヴァーチューン“永遠のイクサー1”
“夢色チェイサー”が続けてプレイされたが、意外にも(!?)アニソン曲はこの2曲のみであった・・・!
アンコールは2回行われ、流石にワンマンの長丁場だけあって強靱さを誇る勇舞氏も多少は
バテ気味
だったが、新譜の曲は一通りプレイされ過去のキラーチューンもしかと堪能し
お腹一杯の気分になれたのう・・・!


こうしてライヴは終了、とりあえずサポートアクトもいるがワンマン形式のライヴは何気に
ここ最近あんま行かなかった
んだが、一つのバンドをガッツリ楽しむのもまた乙なモンじゃのう!
まぁそれでも今回はアンコール入れて1時間半くらいでそこまで長いわけでは無いんだが、
CHILDREN OF BODOMとか、スクリーモメタルコア、ハードコア系だと前座無しのワンマンでも
これくらいの長さである!LIGHTNING5150も共に良きパフォーマンスを披露しており、
上記したよう全部のバンドが好みだとやっぱ骨の髄まで楽しめるな・・・!知らないバンドが
思わぬ健闘を見せてくれるライヴもそれはそれで良いが、やっぱ観たいのは目当てのバンドじゃわい!









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system