2013 6/8 幕張メッセ BRAHMAN Tour 相克 FINAL「超克」the OCTAGON




2013 6/8 幕張メッセ BRAHMAN Tour 相克 FINAL「超克」the OCTAGON



HELLOWEEN、GAMMA RAYの興奮と感動から間髪入れずに次なるライヴである!今回のバンドは
ジャパニーズパンク、メロコア系の至宝BRAHMAN!新譜“超克”におけるツアーファイナルだ!
会場は2年前にも行われた幕張メッセで、しかも今回はただのワンマンでは無く何とステージを
会場中央に配しオーディエンスがそれを取り囲む
形で展開するという変則的なステージである!
まぁかつてMETALLICAが似たような事やってたし、あっちはさらにステージ自体がゆっくりと
回転し360度1周する
さらに豪華な仕掛けだったのだが・・・!(爆)

とりあえずライヴ以外にも色々催し物的なものがあり、彼らと志を同じくするバンドマンらが
ピンでステージに立つアコースティックライヴ
のようなものもあるが、まぁ個人的にそそられる
要素は無い
ので今回は純粋にBRAHMANのみが目当てである!前回はまったく興味の無いバンドらが
前座
激しくダレた記憶があるんでこのシステムは有り難いな(笑)。何と20分押しての
スタート
となったが、会場の八方に設置された巨大スクリーンに彼ら定番のスピリチュアル映像
映し出されオーディエンスは熱く盛り上がる!早速新譜の1曲目“初期衝動”で幕を開け、
そのままアルバム収録曲が順番にプレイされまさかのアルバム完全再現か!?と思いきや
普通に過去曲も交えてライヴは展開、今回音の悪さで知られる幕張メッセなれど、
音がバカデカ過ぎるという点を除けば意外にも音響は悪く無く、勢い任せながらも熱すぎる演奏が
間髪入れず連発される!
これぞBRAHMAN名物!まるでドニー・イェン演じるイップ・マンの
高速連続突き
が如き回転数の早さを見せるキラーチューンの数々!中盤はエモいミドル、
スロー系の曲
クールダウンさせつつ熱き激情を発散させ、さらにBRAHMAN大漁旗を持った
クルーが通路を何周も掛け巡り会場を盛り上げる!MCは最初とラスト手前のみであとは
息つく暇も無く曲が続いていくのだ!二度目のMCは最初に笑いをとりつつもその後は
メッセージ性の強い内容を語りこの辺は主義主張がメインとなるパンク、ハードコア系の
強み
じゃのう・・・!メタルバンドは得てしてグダグダになりがちで、まぁそれも良いんだが
こういうシリアスなMCもまたケツの穴が引き締まる思いじゃわい!どうやらツアーの移動中
派手に事故った
ようで、終演後にはボロボロになり廃車と化したバンが展示(!?)されておったのも
実に凄まじい話である!ラストは前も同じタイミングでプレイされた“霹靂”で、さらにその後
アルバムの流れ通り“虚空ヲ掴ム”もプレイされライヴは終了、スクリーンにはツアー時の
写真やスタッフロール
が流れ余韻を残しての幕引きとなった・・・!


こうしてライヴは終了、今回幕張メッセの癖して音響が良かったのが嬉しかったのう!
前回はエコーがガンガンかかりろくに聴き取れない箇所もあっただけになぁ・・・!
ステージが中央なのが勝因だろうか!?京葉線もストップする事無くスムーズに
帰路につけて
何よりじゃわい!HM/HRも勿論最高だが、たまにはパンク、ハードコア系の
ライヴもまた良いモンである!
今回特に実感したのがBRAHMANの楽曲における緩急の
付け方の上手さ
だな・・・。ヘヴィネスと叙情性が融合させ易いというのは有名な話だが、
BRAHMANの楽曲アレンジにはメタル畑の人間も学べる箇所があるのでは無いだろうか!?









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system