2013 4/29 渋谷Guilty  LIGHTNING / COUNT9 / KNIGHTS OF ROUND




2013 4/29 渋谷Guilty  LIGHTNING / COUNT9 / KNIGHTS OF ROUND



そんなわけでM3の疲労をガッツリ残した状態でのライヴ参戦である!数多くの
メタル強敵(とも)達が「疲れるから」「翌日平日だから」等という、極めてマトモで
正しい意見
を吐き参戦を辞退する中俺は疲れた身体を引き摺りライヴへと赴こう!
音のシャワーを浴びれば疲れも吹き飛ぶモンさ!(爆)

一組目は早速の登場となったKNIGHTS OF ROUNDである!彼らのライヴは何気に
久々な印象
があるがアンサンブルはタイトさを感じさせ好印象だったものの、
一昨日のクレッシェンドに続いてギターの音が引っ込み気味ドラムが
デカかった
感があるなぁ・・・!まぁそれでもソロはバッチリ聴こえエモーショナルな
泣きを伴ったメロディアスなプレイを堪能できたわい!
シンガーのCaz:nie氏は重そうな
中世の剣
を持って歌い癖を持ちつつも伸びやかなハイトーンを披露、YAZIN氏は
まるでイングヴェイのコスプレのようなコスチュームを身に纏いギターをプレイしておる!
オーディエンスにも恒例の東急ハンズ系の小さい剣が配られフィストバング、
メロイックサイン
の代わりに掲げる事に!新曲も2曲ほどプレイされ、来る新譜への
期待を煽るに十分なパフォーマンス
を披露してくれたのう・・・!

2組目はCOUNT9で、知らないバンドだったが音楽的にはメロスピ、メロパワバンド2組に
挟まれる形での出演
の割には意外にもオーソドックスなハードロックで、
演奏はなかなかにタイトでヴォーカルも上手く、全体的にJAM PROJECT的な
ムード
を感じさせてくれたのだが、いかんせん曲がハードロック系だけにブルージーな
ミドル、スロー曲が多く
個人的には好みではなかったなぁ・・・!まぁ速い曲もあったし、
リードシンガーよりもハイトーンでバックコーラスを披露するベーシスト
インパクトがあったがやはりピンとは来なかったというのが正直な感想である・・・!

そしてトリを務めるのはLIGHTNINGである!IRON氏は我々同様M3に参戦してからの
ライヴ
と言う事で疲労が懸念されるも、ステージ上ではそんな様子を感じさせない勢いある
プレイ、パフォーマンス
を見せており泣きの、慟哭ギターを存分に堪能出来たわい!
勇舞氏も相変わらず凄まじくパワフルなヴォーカルでこっちの疲労も吹っ飛ぶ勢いである!
さらにKNIGHTS OF ROUND同様新譜に向けての新曲を2曲プレイ、疾走チューンと
キャッチー寄りのアップテンポ曲
で、共にツインギターのハモリが強力じゃったのう・・・!
さらにアンコールではドラマーにKNIGHTS OF ROUNDのJuhki氏を、さらにギターでKOUTA氏改め
Bach氏が登場(爆)、
LIGHTNINGのライヴなのにIRON ATTACK!の“Star Dust”をプレイしライヴは幕となった!


しかしM3からのライヴのハシゴはマジで疲れるわい!かつて数年前同じように
M3からまさかのExtreme The Dojoにハシゴした経験があるが、あの頃は
若く体力もあり余っていたのだろう・・・!モッシュもガンガンにしたしな(笑)。
もう俺も若くは無いと言う事か・・・!まぁそれでもライヴはいいモンじゃ!だが次は
体力に余裕がある状態で行きたいのう・・・!(笑)









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system