2013 3/7 渋谷0-East CHTHONIC




2013 3/7 渋谷0-East CHTHONIC



久々の外タレバンドにして久々のワンマン、さらにどうでもいい話すると久々に知り合いの
居ないライヴである(笑)。
本日観に行くは台湾が誇るシンフォニックブラックの雄にして
メタルシーン屈指の社会派バンド、CHTHONICである!前にLOUD PARKでもお目にかかったが
今回は何とコンセプトアルバムの名盤中の名盤、“TAKASAGO ARMY”完全再現ライヴだ!
曲も良ければコンセプトも最高、安易なファンタジーに走る多くのバンドと異なりその
徹底した現実志向、リアル志向がまさしく俺のツボよ!そんなわけで本日、ハコは何気に
久々に足を運ぶ渋谷0-Eastである!


開演時間ジャスト位に会場が暗転しメンバー登場、平日ながらオーディエンスの入りは
なかなかに良く
盛り上がりも相当なもの、熱気漂う中ライヴがスタートする!
今回はアルバム完全再現ライヴという事で収録曲順のセットリストでライヴは展開、
バックドロップにはコンセプトに合わせた映像が映し出されいやがおうにも
テンションは上がる!PVも作られた“Takao”“Broken Jade”ではライヴ用に
編集されたPV映像
が流され実に素晴らしく血の気を煽るのう・・・!特に後者は
世界一カッコいいPVだと勝手に思っておるのでな・・・!当然ながら玉音放送
バッチリ流され志の高さを改めて思い知らされるわい!やはりコンセプトアルバムは
これくらいのメッセージ性が無いとアカンな(爆)。
いやファンタジックなものもモノによっちゃ
良いとは思うしそういうのを好むリスナーも多いのは知っておるが、やはり俺は
こういうリアルなモノが好きなんじゃい!(爆)






プロダクションはやや音がラウド過ぎギターがエコー掛け過ぎな印象もあり、
演奏は勢い重視な部分がありつつもなかなかに良かったわい!ギターソロはほぼ皆無に
等しかった
ラストでシュレッドを披露、ヴォーカルのフレディも所々で二胡を
披露しており
この独特のメランコリックな音色CHTHONICの持ち味だな・・・!
まぁ実際はアテブリらしいんだが・・・(爆)。界隈屈指の美人と称される、ベースの
ドリスは部分的にコーラスも披露、まぁ上手くは無いが雰囲気は出ていたので良かったな。
HM/HR界隈では非常に珍しい、本格的社会派バンドだがMCでは笑いも取りさらに盟友関係にある
K-1の武蔵を紹介、
前に何故かフジロックに出た時はステージに上がり怪しい音程で
シンガロング
していたが
今日は単純に客として来ていたようだ・・・。現役時代は
ショッパイ判定狙い、金的アピールばかりでヒールもいい所、グラウベ・フェイトーザに
思い切りKOされた時
は俺も思わず家でスタンディングオベーションでガッツポーズしたが
もう過去の話として水に流そうではないか・・・(爆)。武蔵も俺らと同じメタラーだしな(笑)。

本編終了後は過去曲をプレイ、大半の曲が「ギャー!」で始まる前作“MIRROR OF RETRIBUTION”
曲がメインだったがラストでは何と新曲も披露され、最後は脱原発運動用の写真を撮影し終了、
やはりと言うか何というか、非常に早い終幕正味1時間20分程度で終演と
実にエクストリームメタルバンドらしい短さである!(爆)



そんなわけで早い終演となったが流石は名盤“TAKASAGO ARMY”完全再現ライヴだけに
時間の短さを感じさせない満足感が得られたわい!LOUD PARKを除いて久々の
外タレ
にして久々のワンマンである!ここ最近は複数のバンドが当たり前のように
出演するライヴ
が多かっただけに一つのバンドをじっくり楽しむのは久々だったが
やはりこれはこれで良いモンじゃのう・・・!短いながらも濃縮された感のある
良質のパフォーマンスであった!










ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system