2013 2/2 渋谷屋根裏 アルティメイト・スパーク 〜IRON ATTACK! BURN IN HELL TOUR〜




2013 2/2 渋谷屋根裏 アルティメイト・スパーク 〜IRON ATTACK! BURN IN HELL TOUR〜



先週のMINSTRELIXから一週間、早くも次なるライヴである!この日はまさに
メタル者にとって悩み多き1日となった事じゃろうて・・・!何せ近いジャンルの
バンドが幾つも被っており
身体が2つ・・・いや3つあればいいと頭を抱えたメタラー
多かろうて・・・!CROSS VEINとSKYWINGSの対バンもあればGALNERYUSもある!D'oh!
そんな中で俺は冬コミ新譜と特典のあまりの熱さに脳を溶かされ迷った挙句IRON ATTACK!を
チョイス
する事にした!CROSS VEINとSKYWINGSはぶっちゃけ前座の前者が目当てだし、
GALNERYUS
今後いつでも観れる機会あるだろうし後悔は当然無い!そんなわけで今回
IRON ATTACK!と対バンを張るのはHalozy+DiGiTAL WiNGとIOSYSで、キャリアの長い
大ベテランであるIOSYS
のライヴがどんなもんか観てみたいと言うのも参戦理由の一つである。
ハコは渋谷屋根裏!いつも行っているサイクロンの隣だが何気に初のハコである!

1組目はHalozy+DiGiTAL WiNGだ!全く知らないバンドで初見の楽しみを取っておくために
あえて前情報無しの状態で初めてお目にかかってみたが・・・何と驚くべき事にメタルどころか
ロックですら無く、
完全にテクノ、トランス、レイヴ系のグループ(!?)であった!(爆)
YO!YOメーン!シャタファカ!ライクジスライクジスマザーファッカーメーン!
DJ
YOチェケラッチョとでも言わんばかりにターンテーブルをキュパキュパ擦り
MCがいかにもイケてる奴らマリファナキメながらハイになってるサグなレイヴの
ノリ
を放ち我らメタラーを完全においてけぼりにする!この凄まじきアウェー感!
何てこった!ケニーが殺されちゃった!この人でなしー!(意味不明)
女性Voがゲストで数人顔を出し、それぞれ異なる声質でヴォーカルをとっていたが
これもまた俺の好みとは180度異なりまくりカン高い媚び系アニメ声質!
あまりにジャンルが違いすぎて正直評価不能である!
バンドサウンド・・・
ロック、メタル等でクオリティーの低いバンドなら幾らでもボロクソに書くが、
これはただ単に好みと違うだけなんで評価は出来ない!メタラー耳で申し訳無い・・・!
ただオーディエンスは普通に盛り上がっており、これが普通にオリジナルでやってる
メタルのライヴのブッキング
だったら当然ながら有り得ない組み合わせブーイングどころか
暴動が起きるだろうが、そこは東方の名の元に纏りを見せており驚かされると同時に
やはり東方は個人的には遠い存在なんだな・・・改めて思い知った次第である(爆)。

続いて2組目はIOSYSである!相当にキャリアの長いベテランで、実はかなり昔に
少しだけ試聴した
記憶があるが音楽ジャンルはゴチャ混ぜ何でもアリ感
強くミクスチャー的な印象を持っており、ステージ上でも女性Voにギター二人、
ベース一人
と1組目と異なりキッチリとしたバンドサウンドが聴けたのだが・・・
今回ドラムがおらずリズムパートは同期音源で、ギターサウンドも相当薄くヘヴィさの
欠片も無い!
もっとラウド寄りかと思っていたが実はロキノン系オルタナの要素が強く
これまた我らメタラーにとっては畑違いも甚だしいバンドじゃったなぁ・・・!
もうちょいリズムやギターがカオティックだったら凛として時雨みたいになりそうな
曲もありそういう部分は印象も良かったが、彼らには別の側面もあり所謂“電波系”とか
言うよく判らん甲高い媚びVoよく判らん人力トランス風の曲は個人的にはこれまた
好みとまったく逆である!ここに来て再びアウェー感を強烈に思い知らされたのは
言うまでもない(爆)。
しかもトリでも無いのに何故かアンコールのコールが巻き起こり
異例のトリ前アンコールが炸裂!人気あるのは判るがこれは果たしてOKなのだろうか!?

トリを飾るのは勿論IRON ATTACK!だ!これまでの2組がメタラーにとっては見事なまでに
ジャンル違い
だっただけに我々にして見ればようやくの本番である!これまで
最後方で腕組んでボケッと眺めていた俺も前の方に行き当然のようにヘドバン開始!
今回これまでベースだった5150の龍氏ツインリードの片割れとなりステージ上の
印象も異なっていたが、実に見事なハモリを披露しており確かなアンサンブルを見せつける!
早弾きで多少トチる箇所はあれど全体はやはりタイトで、勇舞氏のヴォーカルもやはり
流石のパワフルさと安定感を見せており今回全体的にヴォーカルの音量がちょいと
デカかった印象
があるがここに来て余計にヴォーカルがデカくなる!(爆)まいなすいょん嬢も
途中から登場、こっちも安定感ある歌唱を披露しており当然ながら声量では勇舞氏に
激しく劣る
がそれは大抵のシンガーがそうなんで気にする事ではない!楽曲も実に熱く
最新のキラーチューン“BURN IN HELL”
を始め“Rain in Vain”“Sparking”等
勇舞氏の出番が多め
で、アンコールラストは“Poltergeist”で締めだ!これが
ホンマのアンコールじゃい!(爆)


こうしてライヴは終了、テクノ、トランスロキノン系オルタナ、そしてガチのパワーメタルと、
あまりにジャンルが違い過ぎて
上記したよう暴動モンだろうが、これは普通のライヴイベントに非ず!
東方でひと纏りになったライヴイベントなのだ!東方の名を冠すビッグネームという
共通点で集まった3組、故にファン層もガチのメタラー、ガチのダンス畑と言うよりも
東方のファンが集まっており、それ故に音楽ジャンルなど超越し誰が出ても凄まじい
盛り上がり
を見せておった・・・!バットマンと言う枠の中で“ダークナイトリターンズ”
“イヤーワン”、“キリングジョーク”のような激ハードなモノもあれば“マッドラブ”や
“ハーレイ&アイビー”
等と言ったファニーなモノもあるがそれと似たような感覚だろうか!?
ただマッドラブは楽しんで読んだ俺も今回のトランス、ロキノンは正直楽しむ事が出来ず
会場にいた俺のような“東方ファン”では無い“メタルファン”厳しかった事じゃろうし、逆に
“トランスファン”ガチのHM/HRは楽しめなかったのでは無かろうか!?IRON ATTACK!は
勿論素晴らしく心底楽しめた
が、ライヴトータルで見るとメタルファンは今回は
CROSS VEIN、SKYWINGSとかGALNERYUS観に言ってたほうが勝ち組だったかもなぁ・・・!(爆)
まぁ終わり良ければ全て良しって事で(笑)。









ライヴ感想にもどる

トップにもどる inserted by FC2 system